『素直になれなくて・・・』


「〜♪」
夕暮れ時。日の光が開け放たれた窓よりカーテンを靡かせるちょっと早い夜風と共にやって来た。その風たちは様々なものにぶつかりながらやがて一つの影へとたどり着く。
とても清清しい、ほんのりと温みを纏ったそれは影の主に当たるとまたどこかへフワリと消えていってしまった。

部屋の照明によって床に写っている影を見るからに女の子のようで、自己主張の強い胸を薄い桃色の臍だしキャミソールで包みデニム生地のショートパンツという組み合わせの健康的な女子の服装だからである。

その影は何をしているのかというと鼻歌を口ずさみ見るからに「上機嫌です♪」と言わんばかりにその場でステップとターンをして服をクローゼットより選んではベッドに、選んではベッドにとある種お決まりのようなパーターンではあるものの笑顔で悩んでいるようだ。

「ん〜・・・ヒロ、どんな服なら振り向いてくれるかなぁ・・・♪」
ある程度纏まった数の服が彼女のベッドに山となって積み重なり今まで選定していた彼女は手を止めてその山へと向き直り一着一着再び手に取り今度はその山の中からの第二審査にはいる。
その間もやはり鼻歌がやむことは無く、その澄んだ声に電線に止まっていた小鳥達もわれもわれもと歌いだす。

「・・・あぅ・・・どっちにしよう・・・」
鳥の大合唱が始まってすぐ彼女は鼻歌を止めて彼女の最終審査に見事残った二着を見比べて悩ましげに顔を顰めて小さく唸るような声で黒いハート型の尻尾を一緒に揺らしている。
それと一緒に背から生えた黒い翼も小刻みにパタパタとそよ風を仰ぐようにして風を作り出しているが、無意識なのだろう。

彼女は人ではない。
彼女はサキュバス。

だがこの現代、彼女のような存在はさほど珍しくも無いもので今や人間とともに文字通り共学する校舎や仕事など様々なところで己の存在を偽る事無く暮らしているのだ。
お国柄、の為だろう。

まぁ、そんなサキュバスの彼女は一体何に悩んでいるのかというと・・・おや?
どうやらその原因がやってきたようだ。

「おぉ〜いユキぃ? まだかぁ〜??」
「も、もぅ! もう少し待ってよ! レディの準備は時間がかかるって何度言えば・・・」
「あぁ〜はいはい、んじゃ外でもう少し待ってるよ。」
悩ましい声を上げていた彼女・ユキの部屋の下、いまだ熱が残るアスファルトの上では紺色の作務衣を上品に着こなした男の子がユキの窓へ視線を定めつつ呼びかけるとユキもそれに気づいて可愛いキャラクター物のスリッパをパタパタと心なしか嬉しそうに、でも表情は困った顔で窓の外の待ち人・ヒロに対して不満げに待つように伝える。
はぁと言うため息と共に俯き、頭を左手でポリポリと掻くその仕草からは仕方ないなとの意思表示だろう。

いくら夏場と言えども流石に夕飯時になると暗くなっていくもので。

「おまたせ。」
「遅い。もう少し早くなんないかなぁ・・・」
結局のところ中々服を決められずヒロが来てから30分も経過してようやく決めたその服で玄関を出るユキは出口で腕組みして不満を億尾も出さずに仁王立ちするヒロが不満を第一声にして出迎えた。

そのユキの服というものは浴衣である。
紺色を主体として爪先あたりから山吹色の帯の下まで金魚が二匹寄り添うようにして泳いでいる様を描かれた絵が入り、浴衣に合わせて普段はすっと伸ばした腰まである黒髪を今日は左右の後頭部の絶妙な位置でお団子にしていた。

「ご、ごめんってば・・・どう?」
「ふむ、凄く似合っているよユキ。」
まるでカップルのようなやり取りをする二人だが厳密にはカップルではない。
彼らは幼馴染である。
家が偶々隣だからと幼少の頃からの付き合いで今や通う中学校も同じでクラスも同じ、というまさに鉄板であった。
しかしながらまだカップルではないが体の付き合いはもうすんでしまっている。

話がそれた。

顔を紅くしてちょっと恥ずかしげに上目遣いをするユキに対してちょっと心拍数が上がるヒロは表情に出さずにユキの服装の評価を即答すると先ほどまで若干翳っていたユキの表情がぱぁっと明るくなった。

「そ、そっか・・・良かった♪
「ん? なんかいった?」
「っ! べ、別に。 ヒロですら良かったっていうんだから私の吹く選びの妥当なセンスをもってて良かったとか思っただけよ!」
なにやら言い訳がましく聞こえなくも無いがヒロは「そっか。じゃぁ祭りに行くよ?」とさらりと流してユキに手を差し出してエスコートするそのさまはとても中学生とは思えないが、しかしヒロが元々もっている雰囲気がその違和感を消していた。

「えっ、あっ・・・うん♪」
そっと触れ合った手をきゅっと握って二人は並んで祭りの行われる【口逢神社】(くちあわせじんじゃ)までゆっくりと今この時をかみ締めるようにして歩いていくのであった。
しかし終始会話がなかったのは如何なものかと思うのだが。

やがて神社につくとそこには様々な人魔でごった返していて方々から呼び込みや楽しそうな声、時折駄々を捏ねる子供の声が飛んできて如何にも祭りですという雰囲気でにぎわっていた。
その数たるや本殿前の石畳のみならず長い石段を越え大鳥居を過ぎ参道の終わりごろまで
人魔の海が出来ていて時折ケンタウロス種やアラクネ種らしき方々が申し訳なさそうに移動しているのも見え少しほほえましい。

「うわぁ・・・相変わらずこの神社ってすごいね?」
「あぁ・・・なんせ1000年以上の歴史があるからなぁ・・・」
・・・というよりもここに住む白麗九尾妖狐さん自身が御神体の扱いだが今は語るときではないので省略しよう。

それほどの歴史があるものならば勿論それなりの知名度があるので毎年盆前になるとこのように観光客と地元の人達で溢れかえるのである。

「さて、俺らも飲まれるとするかね♪」
「えっ? ちょ、ちょっと?!」
目の前の荒波に戸惑うユキだったがそんなことはお構い無しに突貫するヒロに殊更焦るも一向に引く力を緩める事無く突き進むヒロにちょっと嬉しくなったのは秘密だ。

と?

(あっ・・)

「(クイクイ)・・・・・・・・・ん? どうした? ユキ。」
二人は様々な障害物ともいえる人垣の流れに揉みくちゃにされながらも進み続けると途中でユキがふと目にしたとある屋台の少し手前でユキは手を繋いでいるヒロの袖にもう片方の手を持っていきヒロの服の袖を摘むようにして弱弱しく引っ張る。
するとすぐさまその感触に気付いたヒロは後ろに振り向き少し縮こまったような姿勢から物欲しそうにその屋台にチラチラと視線を送り上目遣いを向けるユキに問いかけてみた。

「あの・・・その・・・綿飴食べたいから・・・買って?」
なんだそんなこと、と思いもするだろうが普段からツンケンしているユキからしてみれば少し変に見えた。
現にヒロもぽかんと口を開けて呆けている有様なので。

「・・・っっ・・・ほ、ほら私だってさ?
人に随分となじんでいるけれど・・・一応悪魔でしょ?
だ、だから・・・そのぉ・・・そ、そう!
中々純粋に贈り物をもらったことが無いのよ!
偏見で貸し作ったら魂とられるとか思う人もい、いるし・・・
あ! い、一応いっておくけどね!?
私だってモテないわけじゃないのよ?!
む、寧ろヒロよりモテモテなんだからっっ!!
ホワイトデーだって・・・」
そんな彼の様子を見て何か心に思ったのか先ほどまで袖を掴んでいた手を離し空中をワタワタと忙しなく上下させ言い訳を述べていく。
ついでに器用に尻尾と翼もバタつかせて。

そんなユキの様子を観察してヒロは何かを閃いてしたり顔になるもののユキは言い訳を述べるのに一生懸命になってしまってそれ所ではなかったり・・・。

「ふぅん・・・そうなんだ・・・」
「え、えぇ! そ、そうよ! 」
「じゃあ・・・」
ヒロがそう言うとユキは心の中で飛び上がっていたがヒロから放たれた言葉は?


「だが断る!」
「ありが・・・・へっ?」
感謝を述べようとしたユキはあまりの事態に先ほどのヒロのように呆けてしまった。

「ほら、それより神社まで行こうよ?」
「・・・うがぁぁ!」
そのユキの反応ですら流して神社の本殿へと行こうとするヒロに対して静かな怒りが込みあがっていたユキは人目を憚らずヒロを押し倒してそのまま青姦して男として辱めを与えてしまおうと怒りの為に混乱気味の脳から下された疑問符がつく命令を実行しようとするもヒロが手を再び強めに握り急ぎ走り出したため機を逃してしまい、その燻った感情のまま結局は神社の本殿まで行ってしまった。

「ふぅ〜流石に走り辛くてキツかったな・・・」
「・・・」
未だ不満げな顔をするユキは先ほどより頭が冷えて冷静な対応が出来るようになったのでヒロに対して先ほど何故あの回答だったのか聞いてみることにした。
神社の本殿のすぐ脇には臨時のベンチが多くセットされていたためそのうちの一つに腰掛けた二人。
今がチャンスとユキはヒロに対して・・・

「ゴメン、今飲み物買ってくるからちょっと待ってて?」
「・・・・ぁ・・・」
質問しようとしたがうまい具合に逃げられてしまい走り去っていくヒロに対して先ほどまで繋いでいた手を宙に翳した形で止まってしまう。
仕方ないのでその場に座って待つことにしたユキは待っている間に今までのヒロとの思い出を辿っていくことで暇を潰そうとした。

(・・・そういえば私ヒロからプレゼントもらったことないや・・・)
過去を振り返り思った。
ユキは誕生日などの際は必ずプレゼントを贈っていたのだがよくよく思い出せばヒロから物のプレゼントをもらったことがないことを思い出した。
いつもヒロはケーキや飲み物などを買ってきてくれてはいたがユキに対して何かしらプレゼントしたことはなかった。

(・・・わたし、実は嫌われているのかな・・・)
ユキは普段からツンツンした態度で人に接してしまうがこれは言わば好意の裏返し。
特に人一倍強くヒロに対して当たってきた節があり、今思えば・・・

「お待たせ! ・・・ん? どうした?」
「・・・・・・・・・・っぇ? うぅん・・・なんでも・・・」
額に汗を作ったヒロが帰ってきてその両手には紙コップの飲み物が注がれていた。
それを零さぬように慎重に且つぬるくなる前にと急いで持ってきたうちの片方をずいっとユキの眼前へ差し出すも目尻と眉が下がって憂いの表情になったユキは表情同様に声にも元気が無くヒロは一瞬戸惑った。

「・・・どうかしたのかい?」
「・・・うぅん・・・なんでもないの・・・」
心配したヒロが膝立ちになってユキと目の位置を合わせて声をかけるも目が合った瞬間に逸らされた。

しばしの沈黙の後。

「・・・帰ろう? ヒロ。」
「えっ、う、うん。」
行きと違って重い空気の二人は一言も喋る事無くとうとう参道の終わりまできてしまう。


「・・・ユキ。」
「・・・ぅん? なn」


(ヒュン! )


「えっ? きゃっ!?(パシッ)」
人気がもうほとんど無い参道の終わりすら終わるあと一歩で公道になるというところでヒロは急に立ち止まり少し後ろを歩いているユキに向き直ると一言ユキを呼び、ユキが名を呼ばれたことで顔を上げた瞬間を見計らって【なにか】を投げた。
ユキの方は急なことに吃驚するも両手で見事キャッチして自身の胸の前に握りこむようにして抱える。
そして何を投げたか気になったのでゆっくりと手を広げて行くとそこには・・・


「・・・指・・・輪・・??」
「その・・・な・・・」
出店のガラス細工でよくありそうな蒼い石に金のリングという安い玩具に等しいチープな
指輪が手のひらに現れて行き成りのことで全く思考が追いつかないユキに対してヒロは更に混乱に拍車をかけるようにして呟く。

「い、いままでお前にプレゼントしたこと無かったし・・・その・・ヤっちゃったし・・・だ、だからさ・・・」
恥ずかしいのかヒロは少し下を向いて腕を組んで上に組んだ腕で頬を掻いて顔を紅くしていた。
































『こ、婚約指輪・・・がわりに・・・貰ってくれないか・・・な?』















「っっ・・・・・・・」

その言葉でユキは今まで悩んでいたことが杞憂ということがわかって安心した。

そして自分が思っていた以上に自分の事を見てくれていた幼馴染に感動し、

自分を異性としてみてくれた大好きな人にうれしさがこみ上げて、

その人の告白に幸せに胸がいっぱいになって・・・


「うん・・・ありがとぅ・・・ヒロっっ!!」




ーーーーー涙が止まらなかった。ーーーーー



その日で二人の関係は終わって、次の日から新たな関係が始まる。



幼馴染ではなく、恋人として。



【完】

・・・アマズッパイ!(エッ

さっきゅん、じゃなくてもよくね?

という声が聞こえてきそうでちょっとビクビク・・・
純愛ものいかせていただきました。
いかがでしょうか?感想お待ちしています・・・(´・ω・)


あ、ちなみに作中の【口逢神社】(くちあわせじんじゃ)・・・お気づきの方がいるかどうかわかりませんが、【白いということ・・・】の妖狐さん、もふラジでもお馴染みになりつつある「白光:しかり」の神社ですw

11/11/08 02:50 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33