『汗をかいたら・・・』

文明の利器が跋扈する近現代の都会。
電車が通るその上空をハーピーの郵便配達員が飛び、車行き交う車道を時折制服を着たコカトリスやケンタウロスが疾走するそんな世界。

その都会の住宅街の一角にてベッドに身を捩じらせて人参型の大きな抱き枕を抱きしめて苦悶の声を漏らすケンタウロスが一人いた。


「・・・どうしようかなぁ・・・」
はぁ、なんでココまで互いに奥手なんだろう・・・。
あたしは確かに稔(みのる)に告られたとき言ったさ?

『わ、わかった。君のその熱意に惚れたよ。・・・で、でも性交は暫く先だぞ!? い、いいな!!?』

あ゛あ゛ぁ〜!! あたしの馬鹿っ! 馬鹿ぁ〜っ!!
半年前に戻れるなら戻って自分に言う前に考え直せと説いたい。小一時間説教したい。
そんな軽はずみの照れ隠し的な発言を聞いた稔が律儀に守ってこの半年間というものキス止まり・・・

いや、稔のそういう律儀なところは大好きだけどさ?
でも・・・男は狼、っていうのに一向にてを出してくれないの。
はっ!? これが噂の草食系男子?!

・・・んぅ・・・幾度と無くあたしの方が耐え切れなくて露骨に誘惑とかしても反応が薄かったしなぁ。

「・・・よし、次がダメならあたしからイこう・・・」
むふふ♪ 絶対に稔から手を出させてみせるわ!
そして・・・

『むぅ・・・こんなに出して・・・ちゃんと責任は取ってもらうからな?』

きゃぁー♪ 稔に逆プロポーズとか!!
もう最高すぎるわっ♪
それでそれで・・・

『実は黙っていたんだが・・・あたしも稔のことが気になっていたんだが、まさか君から告白をしてくれるとは思っても見なかった。』

とか言っちゃってぇ! 相思相愛を強調してぇ!

『じゃあ今夜はたっぷり愛してあげるよ、菘(すずな)。』

いやぁーーん!! 極上すぐるぅ♪
ハァハァ・・・い、いけない・・・濡れてきた♪

「・・・ん、稔ぅ・・・んぁ♪」
やだぁ、気持c



バタン!



「ちょっと姉さん! 静かにしてよっ! 勉強に集中させてよぉ!」
「あ、あぁ・・・すまん・・・」
「さっきからドタバタ、ギシギシ五月蝿いのよっ! もぅ!」


バタン!



・・・あ、あぶなかったぁ〜

うん、妄想も程ほどにしよう。

「・・・ふふ、明日が楽しみだ♪」
なんといっても明日が決戦日だもの。
うふふっ♪

絶対に稔からてを出させて見せるわ!


・・・・・・・・・

・・・・・

・・・

時は進んでココは公園の時計台の下。
ここでよくカップルが待ち合わせをするのだが菘も例に漏れず、ココを待ち合わせ場所としていた。
その場所にはすでに一人、背が小さめで顔が中性的な子が一人待っていて、しきりに左手の手首の内側にある文字盤を女性のような仕草で見てはソワソワと落ち着き無く立っている。

「ねぇ、彼女? 一人?」
「俺らとちょっと珈琲でものまない?」
いるところにはいるもので、この待ち人を果敢にもナンパしようとするどう見てもチャラい二人組みが近づきながらお決まりの誘い文句を囁くも?

「・・・あのぅ・・・僕、男ですが・・・?」
『『・・・!!』』
その発言にどれほどの衝撃が詰まっていたのだろうか?
そのナンパ男二人のみならず、周りにいた男を物色していたサキュバスや公園に自生していたドリアード、イチャラブしまくってるワーウルフのカップルなど見物していた観衆までもが衝撃を受けていた。

(う、嘘・・・あたしよりスタイルいいし!?)
(ば、ばかな・・・どう見ても女の子だろうJK)
(合法レズですね・・・(ジュルリ・・・)

・・・一部に不純な思考が混ざっていた気がするが、キノセイダ。
ナンパ男共はがっくりしてその男の娘からいそいそと離れ、変わりに遠くのほうから軽快な蹄がアスファルトを叩く音を響かせて徐々に気配が近づいてくるとその音の発生源は額に汗の珠を貼り付けて走るのを止めて急ぎ足で男の娘のところにやって来た。

「す、すまん。待ったか? 稔。」
「ううん、待ってないよ? 菘さん。」
ふむ、無事合流できたようなのでココからは菘の視点に切り替えることにしましょう。




「じゃあ、何処に行きましょうか? 」
「う、うむ。体をもっと動かしたいんだが・・・どこか無いか?」
いやぁん♪ 頬が勝手に緩むぅ♪
あぁ、はやく稔と会いたいからって早く起きすぎちゃったのがいけなかったかな?
性欲を抑えるために走りこんでいつの間にか万歩計につけた走行距離計測が120kmを差したときは吃驚したけど・・・
そして気付いたら待ち合わせまであと数分。

いやぁ〜焦った。
危うくスピード違反(公道を走るときは原付と同じ扱いなのよ♪)で捕まりそうだったけどなんとか振り切ってきた甲斐があったわ♪

っとと、嬉しさのあまり頬がまた・・・

さて稔は何処に連れて行ってくれるのかな♪


「では・・・『ラウンドわふぅ』なんていかがですか?」
ラウンドわふぅ。
確かアヌビスが経営する総合アトラクション施設ね。
ボーリングやカラオケ、アーチェリーやビリヤード等様々な遊びができるのだけど一番のいいところは宿泊施設があることよね♪
風呂、シャワーも完備。
種族問わず寛げる広々設計。
起きたら遊び、遊んだら休む。

あまりの快適さにアントアラクネが居座る、というくらいの快適ぶり。
まだ行ったこと無いのよね・・・あ、そうだ!・・・うふふ♪

「わかった。そこに行こうか。・・・なんなら待たせたお詫びに背に乗っていくか?」
「え、い、いやぁ・・・」
「なに、遠慮するな。・・・それともあたしの背には乗れないのか?」
ふふ、稔はこういえば断らないのは知っているわ!

「えっと・・・じゃ、じゃあ・・・お願いします・・・」

かぁ〜わぁ〜いぃ〜いぃ〜♪

もう、なに?! この子っ! モジモジして上目遣いとかっ!
ほんとあたしのツボをがっちり抑えていらっしゃる♪
・・・あ、あのサキュバス鼻血出しまくっていやがる・・・

稔は絶対にやらん! 稔はあたしのだっ!!!

「よし、なら背に乗って道案内をしてくれ。」
「わ、分かりました。・・・よいしょっ、と・・・」
・・・あふん♪ そ、そんな恐る恐る腰に手を回して・・・もぅ♪
ゆっくりと歩いているのにそんなギュッとしてぇ♪

この時だけ時間が止まってほしいわぁ〜♪

「・・・さん、菘さん!」
「はっ!? な、なんだ? 稔?」
「今の道、今の過ぎた道を左に曲がってください!」
いけないいけない・・・幸せに浸かりすぎて道を間違えちゃったわ・・・

あぁん♪そんな困った顔する稔もかーわーいーいー♪

っと、また迷うとこだったわ・・・

「ここですね。・・・よいしょ、っと・・・」
「あっ・・・」
うぅ〜・・・もうちょっと一緒に居たかったなぁ・・・

「いらっしゃいませ〜ようこそラウンドわふぅへ♪ あ、ケンタウロスのお客様。当店では人型になっていただきますが魔法は使用できますか?」
「いや、できないが・・・」
「でしたらコチラのバッジをお使いください。このバッジをつけていればこのバッジを外さない限り人型になれますので。ただし当施設をお出になる際は返却をお願いしますね?」
おぉ、さすが経営者がモフい種族だけあって制服を来た従業員のほとんどがそっち系の魔物ですよ。
受付嬢ですらワーウルフとか・・・未婚の男きたらまずいんじゃないの?
あ、ホールスタッフのネコマタが客に声かけt・・・あ、なんか渡した?

「何をみていr・・・あぁ、菘さんは初めてですか? ここのスタッフ、お客と気が合うとメアド書いた名刺を渡してくるんですよ。以前発情期に入った人がいたのでそれの予防だとか・・・」
・・・それって意味あるの?
まぁ、店内でズコバコされるよりは男が勝手に自分ち着てくれるんだから・・・まぁ考えようによってはありかな?

っと考えている間に稔が話し終えちゃった。
じゃあ折角借りたバッチだから早速・・・

「ん・・・ぉ・・・お? 本当に二本足になったな。」
「・・・・。」
やだぁ♪ 稔が口あけて呆けてるぅ♪

「そ、その・・・なんだ? やっぱり変k」
「凄く・・・綺麗です・・・」
・・・もうあたし、果ててもいぃ。
天に上るような思いってきっとこのことを言うのね!

「あ、あたしに見とれていないで早く遊ばないか?」
「あ、そ、そうですね! では・・・」
あ゛あ゛〜♪ 何その仕草っ!
そのテンパリ具合っ!
もう狙ってる? ねぇ、狙ってるぅ!?
・・・あ、受付嬢のワーウルフが鼻頭抑えてる・・・しかもバタバタと尻尾が空を切る音もする・・・

だから、お前らにあたしのは渡さんとなんど言えば!

まぁ、そんなこんながあって・・・・



「ふっ! 」

カツン!

「・・・うわぁ・・・す、凄い・・・」
ふふん♪ アーチェリーは得意だからね♪
ただこの弓、弦が緩いわね・・・


「・・・いただきます。」
「ま、待て。まだ心の準備が・・・」
「えいっ・・・「あぁ!! 9番ボールがぁぁ!」」
ビリヤードでナインボールをして。
・・・ちょっと会話がエッチだった♪


「とぉりゃぁぁ!」
「・・・な、なんていう力技ですか・・・」
バッティングで8回連続ホームランとか。
・・・バットが拉げちゃったけど・・・だ、大丈夫かな!?


と色々遊ぶうちに二人とも汗でびっしょりになっちゃって・・・

「あぁ〜いい汗をかいたな♪」
「えぇ、中々楽しかったですね♪」
楽しかったです・・・
たのしかったです・・・
たのしかった・・・

もうあたし、ゴールしていいよね?

「ちょっと休憩も兼ねてシャワーでも浴びませんか?」
よし、キタコレ!

「あぁ、そうだな。どうも汗をかいたままでは着心地がな・・・」
と、シャツの胸元辺りをさり気無くパタパタさせると・・・

「・・・っ、で、では部屋を取ってきますね!」
あぁぁん♪ もうゴハン2杯はいただけるわぁ〜♪
その恥ずかしそうに顔を背ける仕草とか!

それで稔はそのまま走って空き部屋が無いか確認にいっちゃった。

「・・・もぅ最高!」
あまりのテンションに叫んじゃった♪
・・・周りの目がちょっと痛かったけど・・・

暫くして返ってきた稔は私の手を取って空き部屋へ案内してくれたの。
・・・あ、脈拍の高なりばれてないかな?

・・・・・・・・・・

・・・・・

・・・

「なぁ稔? もっと力をいれて擦ってくれ。」
「うぅ・・は、はい・・・」
あたしのターン!
空き部屋についてシャワーを浴びようとした稔だったけど残念だったわね!
シャワーはあたしが破壊しておいたわ!

シャワーが出ないのなら風呂に入るしかない。
ついでに汗だらけの服を簡易クリーニングサービスに強制的に出したからものの1時間は服が無い。
そんなに待つならとあたしは稔を説得して風呂を沸かして今は二人で風呂に入っているのよ。

しかも今あたしは元の4本足の状態になっているの♪
え、なんでか?
それはね・・・

「あぁ・・・いいぞ、いいかんじだ・・・」
「あ、あのぅ菘さん?」
「仕方ないだろう? 後ろ足まで届かないんだから。」
な〜んてね♪ 本当は私達みたいな下半身をもつ魔物娘用に得の長いブラシがあるけど稔とイチャつきたいために隠したのよ!
そんなこと知らない稔は渋々ながらあたしと一緒に風呂に入らせた、と言うわけですよ♪

稔が洗い易いようにあたしは下半身を伏せさせた状態で一生懸命にテレながら洗う稔を見てもううっとり♪
でもまだ顔には出さない!

「なぁ稔? 私の毛並み・・・どうだ?」
「う、す、凄く・・・サラサラです・・・」
・・・よし、ディナーの時間だ!
っと・・・まだ待ってあたし・・・どうどう・・・あ、尻尾がゆれちゃうぅ〜

「な、なぁ稔・・・ついでに背中も流してくれないか?」
「え・・・ど、どっちの、です?」
「ふふ・・・人のほうだ♪」
あ、顔が真っ赤っか♪
やだもぅ可愛すぎ♪

はぁい、おっぱいぽろーん♪
うふふ〜♪ もう限界突p・・・あり?

「み、みの・・る・・・?」
「・・・ぅ」
あ、あれれ? ちょっとやりすぎたかな?
俯いてなんかブツブツ言い始めちゃったけど??

「やってやらぁぁーーっ!!!」

や、やだ・・・ちょっと怖い・・・
いつもの稔じゃなくて目が血走ってるんですけど・・・

「えっ、えっ??? きゃん♪」
と思ったら行き成り馬体に文字通り馬乗りされて後ろからおっぱい鷲掴みされちゃった。
あん・・・ぅん・・・そ、そんな乱暴にして・・・でも、気持ちいい♪

「いつもいつも菘さんは僕の苦労を・・・いっつも我慢してたんですからね!?」
「ひっ・・・いぁっ! ち、乳首抓っちゃ・・・ひぅ♪」
あぁぁん♪
ワイルドな稔もす・て・き・ぃ〜♪
もっと、もっと攻めてぇ〜♪

「なのに菘さんときたら露骨に誘ってきてぇっ!」
「くひぃ! い゛、い゛だい゛、きも゛ぢい゛い゛♪」
そんなにおっぱい強く握らないでぇ・・・稔の手形が残っちゃうぅ♪
あ゛ぁーっ! ま、また乳首引っ張ってぇぇ♪

「そんなにヤりたいんだったら・・・とことんやってあげますよ!」
「あひぃぃん♪」
あぅ♪ 稔の手があたしの下のお豆をしげきしてr・・・あ゛ぁ♪ つ、摘んじゃだめぇぇ♪

「うん? どうしたんです? 人型の下がびしょびしょですけど?・・・このエロ牝馬っ!」
「〜〜っ♪」
きゃぅぅん♪ もっと罵ってぇぇ♪
体が・・体の奥・・・子宮がキュンキュンすりゅ〜♪

「罵られてふやけ顔ですか? 変態牝馬ですね!」
「ぁ、ち、ちが・・・あひゃ♪」
そ、そうですぅ〜私は稔に開発されたい駄馬ですぅ〜♪

「そんなメスは・・・指だけでいっちゃいなさいなっっ!!」
「ぁ・・・アァァーーッッ♪」
ぃあっ♪クリと乳首同時に潰れるくらい握られたら・・・
イク・・いきゅーーーー♪

「本当に指だけでいっちゃって・・・どうしようもない駄馬ですね・・・」
「ハァハァ・・・は、はぃ〜・・・あ、あたしは・・・」
も、もう地でしゃべってもいいよ、ねぇぇ♪

「稔のことを考え・・・ただけでぬれちゃう・・・変態・・・牝馬で・・すぅ♪」
あはぁ♪いっちゃったぁ♪

「ふぅん・・・本当の変態さんですね。そんな年中発情する変態牝馬にはオシオキが必要ですね?」
・・あ、稔が降りた?
・・・っっ♪ あ、あたしの前に立って・・・そそり立った稔が・・目の前に♪

「鞭をうって調教してあげます♪」
「い、いっぱいうちつけてぇぇ♪」
もぅ頭の中が真っ白ぉ〜♪

ニチャッ

あはぁー♪ きたぁぁ♪ 極太チ○ポぉぉ♪
稔の顔見ながりゃつながりゅぅ〜♪

くひぃぁ♪ あぅ、しょ、処女膜プチュンって♪
い、いたいのにいたくなぃ〜♪
やぁ〜っ♪ なにこりぇ〜?!
きもちぃ♪
もっとぉ、もっとぉ♪

「くっ、菘さん腰振って・・・そんなにチ○ポ鞭がいいんですか!?」
「いぃ♪ いいのぉ♪ いっぱい叩いてぇ♪」
や、やだぁ♪ Gスポットごりゅこりゅ削ってるぅ〜♪
くひぃん♪腰が、勝手にぐりゃいんどすりゅぅ♪

あ♪ ナカでビクンビクンしてりゅう♪

「も、もぅ出そうです・・・っ」
「な、なかにぃ〜♪ ナカにいっぱいぃぃ♪」
うぅ♪ あ、あたしもぉ♪ いきしょぅ♪

「で、でますよ!! 」
「みのりゅの、みのりゅのこどもぉ〜はりゃましぇてぇぇ♪」

ビクンビクン!

「うっ!」
「おほぉぉぉッ♪ いっぱいぃ! いっぱいぃきてりゅ〜っ♪」
あはぁ♪ みのりゅのコダネじる、いっぱいきたぁ♪

「・・・まだ足りないのですか?」
でもまだたりないのぉ・・・♪
だから〜♪

「ちゅぎはぁ〜うしろのウママ○コにぃ〜♪」
「やれやれ・・・とんだ変態牝馬ですね・・・♪」
しゅき! みのりゅ、だいしゅきぃぃ!

「みのりゅ〜だいしゅきぃ〜♪」
「僕もですよ♪」

・・・・・・・・・

・・・・・

・・・

「うぅん・・・・・はっ!? あ、あたしは一体・・・?!」
「おきましたか? 菘さん?」
あ、稔だぁ♪・・・・じゃないっ!
稔はベッドに寝てるあたしの横で簡単に着替えて椅子に座って待っていたみたい・・・
・・あれ? いつあたしはベッドでねたんだっけ???

「あ、あのぅ・・・」
「菘さん、3回目で気絶しちゃったんですよ?」
あぅ・・・なんかそんな気がしたのよね・・・。

「ご、ごm・・・すまない。」
「でも成り行きとはいえヤっちゃってしまっいましたね・・・」
うぅ、ぐぅの音も出ません。

「菘さん。」
「は、はひっ?!」
あうあう、声が緊張のあまり裏返っちゃったよぉ・・・



『結婚してください。』




え・・・・ぱーどぅん?



「責任取ります。だから結婚してください。」
答えは、答えはどうする!? あたしッ!
はい? イエス? それとも喜んでっ??

「あ、ぅ、えぅ、あぁぁぅ〜」
うぁぁ! い、いざ本番になるととてもシュミレーション通りにいかなくなっちゃうぅ〜!!

「・・・ぷっ、菘さん慌てないでください。返事はいつでもまっt」
「ふ、ふちゅちゅかもにょでしゅが! よ、よろしくおねがいしましゅ!!!?」
あ゛あ゛あ゛ーーーー!!! 噛んじゃったぁぁぁぁ!!!!

うぅぅ、は、はずかしぃぃ!!!

「・・・はい、こちらこそ♪」
・・・はうぅぅ♪ 稔の笑顔で癒されりゅぅ〜♪

「あと・・・」
「は、はぃ?」


「もう僕の前では素でいてくださいね?」
「・・・はいッ♪」



シュミレーションと違ったけど・・・ま、いっか♪


この後もう一戦やったのは・・・ヒミツダヨ♪

【完】

ケンタちゃんの穴をどっちも満たしたいっ!(ハァハァ
・・・失礼、ちょっと情熱の滾りが先走ってしまいましたww

今回はケンタさんとお風呂をメイン(?)に書いてみました。
いかがでしょうか?(´・ω・)

11/11/04 22:51 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33