読切小説
[TOP]
サイクロプスとチョコチップクッキー
「えっ、ペアルック?」

「そう! 毎年お菓子をあげるだけじゃ面白味がないでしょ?」

サイクロプスのマーシャはそう言うと、チョコチップクッキーを頬張る恋人の少年ーーリオの前に白いセーターを差し出した。

「ワーシープの羊毛で作られた特注品だよ! バレンタインデーの日の為に奮発したの! 眠気がする効果は無くしたタイプだけどね」

リオは上着を脱ぐとマーシャから渡されたセーターに頭を突っ込んだ。
特注品というだけあって、ふんわりとした肌触りと包み込まれるような暖かさが、とても心地よい。着ているだけで体の芯まで温まりそうだ。

「これ良いね。ありがとうマー……シャ……」

リオは言葉を詰まらせてしまった。リオが着替えている最中に、マーシャも同じ色のセーターを着込んでいた。

今になるまで意識していなかったが、このセーターは縦に折り目が付いていて、体のラインがくっきりと浮き出るタイプの代物だった。そのようなものをマーシャの様な豊満な肉体の持ち主が着たらどうなるか。


「(は、裸よりエロい……!)」

言うには及ばず。特にセーター越しでも抜群の存在下を放つ巨乳は、少年の目を釘付けにするには十分過ぎる破壊力を手にいれていた。

「どうしたのリオ……目付きが怖いよーーきゃっ」

考えるよりも先に、リオの手のひらはマーシャのおっぱいに吸い寄せられていた。むにむにと揉みしだくたびに、真っ白なセーターと共に形を変える膨らみがとてもいやらしい。


「あ……もしかして、おっぱいが気になるの? それじゃあ胸でしてあげよっか?」

マーシャが頬を赤らめながら、ズボン越しに膨らみ始めたペニスを優しく撫で上げると、リオはコクコクと頷きながら慌ただしい手付きで自身の愚息をズボンから取り出した。

「セーターの上からでも出来るかな……」

マーシャは両手で二つの乳を広げるようにして、セーターの上から少年の若い肉棒を谷間へと誘い込む。弾力のある双丘の中にペニスを挟み込まれると、リオの口からは小さな矯声が漏れ出した。

「大丈夫? 痒くない?」

「だ、大丈夫……すごく、エロい……」

マーシャが遠慮がちにおっぱいをふるふると揺すると、セーターの羊毛の絶妙な肌触りと、その向こうにあるもちもちとした弾力が合わさり、ペニスを優しくくすぐる感触がリオを追い詰めていく。

「わぁ……リオのおちんちんすごく、ピクピクしてるよ……」

「ま、マーシャ、それだめ!」

リオが上擦った声で制止するのにも耳を貸さず、マーシャは心底楽しそうな表情で左右の胸を交互に擦り合わせてリオのモノをむにむにと弄ぶ。

「マーシャ……そろそろ出ーーああっ!


「えっ、早すぎ……きゃっ!」

セーター越しの膨らみが作り出す谷間から覗いていた亀頭が震えたかと思うと、その先端から大量の白濁液が飛び散り、マーシャの紺色の顔面を真っ白に汚していく。

「うう……ベトベト……」

顔から垂れた精液は顎をつたって、純白のセーターを更に白く染めてしまった。

「もう、出るなら出るってもっと早く言ってよ。セーターが汚れちゃったじゃん!」

「ご、ごめん……」

少年は大きさはともかく、耐久性はまだまだ未熟なペニスをひくひくさせながら謝った。

「敏感おちんちんには……お仕置きしなくちゃ♥」

マーシャは口元に垂れたザーメンをぺろりと舐めとりながら淫靡に微笑むと、セーターをまくりあげて桃色のブラジャーに包まれた、たわわな巨乳をさらけ出した。

「見てて。リオのおちんちん、おっぱいで食べちゃうから……」

「うぅ……出したばっかだから少し優しく……んんっ」

マーシャは精液でぬるぬるの先端の位置を調整して下乳の谷間に合わせると、そのまま飲み込むようにしてペニスを挿入していく。

「うぁ……オレのちんぽ、食べられちゃった……」

「このまましごいちゃうよ〜♥」

ぬちゅ、ぬちゅ、ぬちゅ……

両手で胸を押さえながら上下に動き始めると、先程の射精でペニスにくっついたザーメンが潤滑油となり、いやらしい粘液の音を奏で始める。

「マーシャ、それぬるぬるして……気持ちよすぎ……」

「ふふっ、良かった」

白い粘液が付着した谷間からピンク色の先端が出たり入ったりする光景を、少年はドキドキしながら眺めていた。

「さきっちょ、膨らんじゃって可愛い……んちゅっ」

マーシャは柔らかな唇を先端に被せると、尿道口を下でくちゅくちゅと虐めながら、亀頭全体を吸い上げた。その間も竿を擦る乳の動きを止めたりはしない。

「ひうっ……そんなにシたらダメだって……」

「えへっ、今度はちゃんと口に出してね……」

嬉しそうに単眼を細めてにっこりと笑いかけるマーシャ。先程放たれた精液で汚れたその笑顔は可愛らしく、同時に淫らな雰囲気を醸し出していた。

柔らかく包み込むおっぱいを一際強く押し付けた瞬間、少年のペニスに限界が訪れた。

「んむっ! ……んん……じゅる……」

口内で弾けた若い性欲に満ち溢れる白濁液を、一滴もこぼさないように喉を鳴らして飲み込んでいく。射精を続けるペニスを乳で揉み上げるような動きで刺激する姿は、精液を搾り取っているようにも見える。

「(ああ……絞られてる……全部吸い出される……)」

睾丸が空っぽになるのではないかと錯覚してしまいそうなほどのいやらしさに、リオは完全に抵抗する気を失い、矯声を漏らしながらザーメンを吸い出されることしかできなかった。

「んしょっ……」

ようやくマーシャのパイズリ搾精が終わり、リオのペニスが抜群の破壊力を誇る双乳から解放される。

あれだけの量の子種を放ってなお、少年のペニスは硬さを維持していた。

「うふふっ、リオのおちんちん元気だね。それじゃあセックス、しよっか?」

「う、うん……」

正直言って、リオはマーシャを満足させる自信がなかった。先程2回連続で大量に射精している所為で、彼のペニスは相当敏感になってしまっている。セックスで長持ちするには事前に出しておけばいいとする説もあるだろうが、少なくともリオの場合はは出せば出すほど栓が緩くなるのが定石だった。

だからと言って、こちらに向けて大きな桃のような尻を突きだし、蜜壷から愛液を滴らせて愛しい少年を迎え入れようとするサイクロプスを焦らせる訳にもいかない。リオは腹を括ると、マーシャの腰を掴んで背後から一気に貫いた。

「ああんっ ♥ 」

「(うう……やっぱりすぐ出ちゃいそうだ……しょうがない、一気にイカせちゃおう)」

リオはマーシャの背中に覆い被さるとブラジャーを、剥ぎ取って後ろから彼女の豊かな乳を揉みしだいた。それと同時に腰を出来る限り速く前後させ、膣肉を抉っていく。

「あっ、はぁん! リオったら激しすぎ……」

マーシャは下の口からだらだらと涎を流し、勃起した乳首をこねくりまわされながら恥ずかしげもなく雌の声をあげる。彼女の膣は少年のペニスにねっとりと絡み付き、精液を欲してぐちゅぐちゅと 蠕動している。

リオは堪らずマーシャの背中にすがり付き、亜麻色の髪に顔を埋めてその香りを吸い込んだ。心地よいシャンプーの香りが肺一杯に広がる。お互いを求め合い、激しく交合する肉の音が段々と大きくなっていく。

「(あっ、もうヤバイ、出そうだ)」


限界が近いことを感じたリオは、がむしゃらに腰を振りたくってマーシャの膣内を掻き回していく。結合部から白く泡立った愛液がトロトロとこぼれだした。

「り、リオ……わたしそんな、だめぇ……きゃっ!?」

「あっ、あっ……あぁ……」

未成熟な肉体でペース配分も考えずに突きまくっていれば、魔物の膣の感触に耐え続けることなど不可能に近い。

愛おしげに絡み付いてくる膣の感触の中で、若いペニスはピクピクと震え、その先端からたっぷりの子種を噴出した。少年は恋人の肉付きの良い体にしがみつき、子宮口に届くように必死に腰を押し付けながら、彼女の柔らかさの中で射精する幸福感を味わったのだった。

「ご、ごめん……オレだけ先にイッちゃった……」

粘液の音と共にペニスを引き抜くと、濃厚な蜜でトロトロになったとば口からつつ、と白濁液が零れ落ち、辺りに淫靡な臭いが漂った。

「少し休ませて……」


リオは大きく息を吐きながらベッドの上に寝転んだ。そこに覆い被さるようにしてマーシャが顔を近づける。

「んっ……」

マーシャの唇によって少年の口がこじ開けられ、舌を絡ませながら唾液を吸われる。このキスは彼女にとっての「二回戦開始宣言」だ。

「(駄目だ……このまま犯されるしかないな……)」

リオはマーシャの柔らかい舌の感触を味わいながらぼんやりと考えた。

サイクロプスは少年から唇を離すと、ぺろりと舌舐めずりをして色っぽく微笑んだ。魔物娘らしい表情だ。そのまま射精直後の脱力感で力の入らないリオに馬乗りになり、唯一生命力に満ち溢れる部位であるペニスに狙いを定める。

「あんっ……ん……」

「うう……」

ペニスがマーシャの中へと沈みこむと同時に、二人は震える声で矯声をあげる。そのまま上半身を倒してリオの頭を抱き抱えると、捲り上げたセーターの裾からまろびでる乳が、リオの顔面に押し付けられる。

「マーシャ、あっ、激しすぎ……あっ」

「ん〜 ♥ 」

マーシャは組み敷いたリオの体をガッチリと固定しながら、押し付けるようにして激しく腰を振りたくっている。

「ねぇリオ……私、リオの赤ちゃんが欲しいなぁ」

「えっ! ……うあっ!」

マーシャの告白と同時に膣肉がきゅっと締め上げてきたため、リオは思わず上擦った声をあげてしまった。

「ねっ♥ 赤ちゃん作ろ♥ 私の中に一杯出して、私を孕ませて♥ 」

「そ、そんなこと急に言われたら……!」

愛しい女の子に妊娠させることをせがまれて、反応しない男などいないだろう。リオは顔を真っ赤に染めながらも、堪らず本能で自分から腰を動かし始めた。

「んんっ、ぐちゅ、ちゅ……んむっ……♥ 」

お互いに貪り合うかのようにキスを交わし、愛情を確かめ合う。 柔らかい胸が少年の体の上でたぷんと吸い付くように変形し、胸板を這っている。重なりあう肌は汗で滑り、火傷しそうなほど熱を帯びて、結合部から発せられる水音と、腰を打ち付け合う肉音は最高潮に達した。

「「んんーーっ!」」

二人は同時に絶頂を迎え、その瞬間に発した甘い悲鳴は、唇が塞がれていたがためにくぐもってしまった。

リオはひくひくと腰を小刻みに震わせて、マーシャの中にたっぷりの子種を注ぎ込んでいく。サイクロプスは一滴も残さず搾り取ると言わんばかりに入り口を締め上げ、脈動するペニスを中でムニュムニュと揉みしだいた。



「ねぇ見てリオ……こんなに出ちゃったよ」

しばらくの間リオと繋がったまま余韻を味わっていたマーシャが腰を離すと、秘貝からドロドロのザーメンが滴り落ちた。頬を赤らめ、熱い吐息を漏らすサイクロプスの性器から零れる白濁液と愛液の混合物は、二人の欲情と愛情の証である。

マーシャはリオの上に零れ落ちた白濁液を丹念に舐めとると、亀頭に唇を被せてそこに付着したザーメンを、尿道に残った僅かな分と一緒にちゅるんと飲み込む。

「お疲れ様♥ 」

最後に文字通り精根尽き果てた少年の額に優しく口づけて、にっこりと微笑んだ。




ーーーーーーーーーー

交わりが終わった後、リオはベッドの上でセーター越しの柔らかな乳の谷間に顔を押し付けながらマーシャに話しかけた。

「ねぇマーシャ。人と魔物って、特別な技術とか使わなくても、子供は作れるの?」

リオが疑問に思うのも無理はない。二人が住んでいるこの街はつい最近まで反魔物領だったが故に、大衆には魔物娘の生態についての知識は殆んど広まっていないのだ。

「んーとね、一応Hをすれば普通に子供は出来るよ。だけど人間同士と比べると、やっぱり人と魔物の間には赤ちゃんは出来にくいみたい」

「そっか……」

「だから、リオには今まで以上に頑張って貰わないとね ♥ 取り敢えず、明日からは今までの二倍ぐらいにはHの回数を増やさないと♥」

「ええ!? 普通に平日でも4回、休日はそれ以上の回数シてるのに!?」

「そんなんでへばってちゃ駄目だよ。妊娠したら赤ちゃんの成長の為にもっと精が必要になるんだから♥ 」

「し、死ぬ……」

「大丈夫。私自身も頑張って、リオにたっぷり気持ちよくなってもらえるようにするから♥」

「そういう問題じゃないんだよなぁ……」

リオはマーシャの胸の中で溜め息を吐いたが、今後はどんなHなことをしてくれるんだろうと考えて、内心ドキドキしていた。


--Happy valentine!
16/02/14 02:04更新 / SHARP

■作者メッセージ
忘れていたんだ……! バレンタインデーが近いってことに……!

……というわけで急遽更新スケジュールを変更して、いつものサイクロプスさんを書きました。全国50万(推定)のロリババアファンの皆様、バフォ様SSは次回の更新時に上げるのでもうしばらくお待ちくださいませ……。

余談ですが、「愛しき愚者の冒険」の内容の一部に以下のような修正を行いました。

第3話:山賊長が銃を使用しているシーンを修正

第5話:「ウィルザード中の、被害者に有力者を含むあらゆる失踪事件に〜」の「失踪事件」を「猟奇事件」に、「何でも、彼が消息不明にしてるっていう人間は〜」の「消息不明にしている」を「制裁を加えている」に修正

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33