読切小説
[TOP]
ジャイアントアントにご注意!
「1! 2! 1! 2!」
森に向かってこの国の軍隊の小隊が訓練で行進していた。
人数は10人ほど。
「1! 2! 1! 2! へんたーい、止まれ! 1、2!」
全隊止まれの間違えじゃないのか?
隊長の言葉に若干の疑問を抱いたが、部隊は止まった。
とたんに隊長が罵声を上げる。
「バカヤロイ! 俺は『変態、止まれ!』と言ったんだぞ! お前らは変態かっ!?」
止まらなきゃ止まらないで『止まれと言っただろう! 命令を聞け!』と怒鳴るくせにと兵士たちは、まだあどげなさが残る顔を軽くしかめる。
彼らは訓練兵士で、この隊長は指導教官と言ったところだ。
今日初めてこの小部隊の訓練兵士は実地戦闘訓練に望む。
「今から森に入る! この森にはいろんな魔物がいる! 奴らを相手にするのは戦争で兵士を相手にするのとは違う! 奴らは宣戦布告することなく襲い掛かってくる! よって、今この場で武装をする! 槍と盾を手に持ち、いつでも戦闘態勢に入れるようにしろ!」
「イエッサー!」
兵士たちは背負っていた盾と槍を下ろし、実際に手に持って装備した。
隊長もそのようにする。
「準備は出来たか、ひよっこども! では実際に森に入って戦闘訓練といく! 行くぞ!」
「イエッサー!」


訓練兵士とはいえ、スライムやおおなめくじくらいなら撃退することは造作もない。
『よしよし・・・感心感心』
隊列の後ろで隊長のロイは満足そうにうなずく。
彼は部隊が危機に陥らない限り手は出さない。
こうして後ろから訓練兵を見守りながら、周囲を警戒する。
『それにしてもこのひよっこども、初めての実地訓練にしては偉く黙々と進むな・・・肝が据わっているのかなんなのか・・・しかしどうも違和感があるな・・・』
その違和感は悪い展開の前触れだった。
突然、部隊がロイの指示もなく左折したのだ。
「お・・・おい! バカモノ! 止まれ! 止まらんか!」
ロイが怒鳴るが一行に効果がない。
「チクショウ・・・おい!」
大急ぎで追いかけて、まず一番後ろにいる兵士を掴もうとする。
だがそのとき、ロイはめまいを感じた。
「ど・・・どうしたというのだ・・・まさか!?」
そこで彼は思い当たった。
魔物の中にジャイアントアントというものがいる。
普通のアリと同じように、道しるべにフェロモンをつけてエサの場所と巣を結び、これに従ってほかのジャイアントアントはエサがある場所と巣を往復する行列を作る。
だがこのフェロモンは男を引き寄せる効果もあるのだ。
果たして・・・
「あ! やっぱり行列に男の人たちがまぎれているよ!」
後ろを振り向くと10数歩ほど離れたところにジャイアントアントが数匹いた。
手には背中には穀物をつめた袋を持っているようだ。
「くっ・・・このままエサにされてたまるか!」
ロイは槍をかざしジャイアントアントの集団に襲い掛かった。
ジャイアントアントは大して強い魔物ではない。
この程度なら何とか切り抜けられるかもしれない。
「わぁ! 生きがいい!」
「って、そんなこと言ってる場合じゃないって! こりゃやばいって!」
フェロモンの効果でどうも実力が出し切れなかったようだ。
ロイの槍は、先頭にいた一匹が持っていたスコップで払いのけられた。
別の一匹がロイの頭にスコップを叩きつける。
「ぐえっ・・・!」
ノックアウト。
「う〜ん・・・ちょっと重たいけど、背負って持ち帰りますか」
意識が闇に飲まれる直前にそんな言葉を聞いた・・・


『う〜む・・・頭がクラクラする・・・そして何か股間がスウスウして・・・気持ちいい・・・』
殴られた頭でボーっとロイは考えた。
だんだん意識がハッキリしてくる。
目を開けようとすると同時に音が聞こえてきた。
「チュパチュパ・・・ねぇジャックくん、気持ちいい?」
「あ・・・あう・・・気持ちいいよ・・・」
「ほ〜ら、入ってくよ〜」
「だ・・・ダメ・・・出ちゃうよ・・・」
「う〜ん・・・庶民的な味の精液ですな・・・私たちには十分だけど」
『な・・・なんじゃそりゃ〜〜!?』
一気に目を見開き、ロイは起き上がろうとする。
が、起き上がったのは上半身だけだった。
下半身は女に・・・いや、ジャイアントアントに組み敷かれていた。
ただ組み敷いているだけではない。
そのジャイアントアントはロイの逸物を口にくわえていた。
「あ、目が覚めた?」
逸物から口を離してそのジャイアントアントはロイに話しかけてきた。
やや青みがかったショートヘアー、まん丸の黒目、生真面目そうな顔つき・・・
『ちょっと可愛いかも・・・いかんいかん! それどころじゃない!』
ロイはもがいて逃げようとしたが、取り押さえられる。
「あ、コラ! 逃げちゃだめだよ! せっかくイイコトをしようとしているしているのに〜!」
「うそこけ! 俺たちを食べるつもりだろ!? こんなところでやられるわけには・・・」
「ちょっと〜、食べるなんて人(?)聞きわるいな〜。 オオカミとかみたいにムシャムシャ食べたりしないよ〜。 私たちが欲しいのはあなた達の精・・・」
「精って・・・ぬおっ!?」
ロイが奇声をあげた。
ジャイアントアントが再びロイの逸物を咥えて、そのまま頭を上下させて刺激する。
『だ・・・ダメだ・・・気持ちよすぎて、なんかどうでもよくなってきた・・・』
快感とジャイアントアントのフェロモンで頭が桃色に染まっていく。
周りを見渡してみたら、彼が引き連れていた訓練生達は他のジャイアントアントたちに性的奉仕を受けていた。
いや、性的奉仕というのは正しくない。
見た目は奉仕だろうが、ジャイアントアントたちに精を搾られていると言ったほうが正しい。
フェラ、パイズリ、手コキ・・・そして生での性交・・・
視線を自分にフェラチオをしているジャイアントアントに戻す。
見るだけでは分からないが、口内では逸物に舌を貪欲に絡めてロイの射精を促している。
こんなに真面目そうな顔をしているのに・・・
「うっ!?」
そのギャップを感じたからだろうか、絶頂は唐突に訪れた。
「んんっ!? ごく・・・ごく・・・」
彼女もちょっと驚いたようだったが、喉を鳴らしてロイの精液を飲んでいく。
「ごきゅ・・・ん〜、美味しかった♪」
肉棒から口を離して満足そうににっこりと笑い、ぺろりと舌なめずりながら彼女は言う。
真面目な顔をしてこの淫乱なしぐさ・・・しかも素面でやっている。
ロイの股間は早くも反応し始めた。
「あ、また大きくなった、うれしいな。じゃあ今度はこっちでも貰おうかな・・・」
ジャイアントアントがのしかかってきて、身体を密着させてきた。
ロイの逸物が柔らかくてぬめった何かに包まれる。
「ぬああああ!」
快感のあまりロイは仰け反る。
膣だ・・・ロイはジャイアントアントと本格的に交わっているのだ。
カクカクと昆虫じみた動きでジャイアントアントは腰を振る。
「よせ! やめてくれ! 気持ちよすぎて・・・うはっ!」
「気持ちいいなら漏らしちゃえばいいじゃない」
残酷に笑いながらジャイアントアントの少女は笑う。
その表情のままロイに顔を寄せ、ささやく。
「沢山、男から精を貰ったジャイアントアントは生殖能力に目覚めて女王になることもあるらしいの。そうでなくても、ジャイアントアントには精が必要なの。精がないとジャイアントアントは6年くらいで寿命を迎えてしまうわ・・・でも人間の精があれば3倍くらいは生きられる・・・」
ロイはろくに聞いていない。
ただジャイアントアントの膣の感触と与えられる快感に酔いしれるのみ。
「・・・種無しになる心配はないわ。アルラウネの蜜とかがあれば男性の精は回復するから・・・だから、たっぷりだしてね」
彼女がにっこりと無邪気に笑い、膣をキュッと引き締める。
「う・・・うわああああ!」
限界が来た。
二度目とは思えないほどの精液がジャイアントアントの仮の生殖器に注がれる。
「ふぅ・・・ご馳走様♪ 一応あなたは私のものだけど、精は独り占めしてはいけない決まりになっているから・・・」
ジャイアントアントが離れる。
気づけばロイは複数のジャイアントアントに囲まれていた。
皆、肉欲に目をギラギラと光らせている。
「次はアタシが・・・」
「いや、アタシが・・・」
「何言っているの、アタシよ!」
言い争っているジャイアントアントたちの声を聞きながらロイはボーっと考える。
『もうなんだっていい・・・働き者のジャイアントアントたちなら、俺たちが何もしなくても食料とかなんだとか必要なものは全て与えてくれるだろう・・・俺たちがすることはただ彼女たちに精を分け与えるだけ・・・』


こうして、軍隊の1小隊が行方不明となった。
だが悲しむことはない。
その国としてはちょっとした損失かもしれないが、彼らはとても幸せなのだから・・・
10/12/20 23:33更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
はじめまして、沈黙の天使と申します。
今回はこのサイトでの処女作を読んでくださいましてありがとうございます。
カテゴリって、こんな感じでよろしいのでしょうか・・・?

ご意見ご希望、感想、おまちしております。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33