感想メッセージ
[TOP][小説へ]
師匠とお前とオレと弟子

■感想メッセージ
Name: Mail:

※メッセージのみor評価のみの投稿もできます。
ついにユウタ君が師匠になりましたか……いつかは武闘家系魔物娘を鍛えると思ってましたが。
さて、本人は教えることはもうないとは言ってましたが、実際どこまで教えたんですかね?
ユウタ君の持つ技には人を殺せるレベルのヤバイもありますからね……。
燕飛などの空手技はともかく、『鎧通し』や『砕』とかの必殺技はまだ教えてなさそうです。

それはそうと、もしユウタ君が弟子を持ったことを師匠が知ったらどうなるんでしょう?
シャンヤオちゃんの師匠であるユウタ君の師匠を見た時の反応も気になるところです。
まあ、ユウタ君の師匠は女性(魔物娘)なので嫉妬の対象になりそうですが。
しかもユウタ君の弟子も女性(魔物娘)なのもあって、修羅場になる可能性が大きすぎる……。
ユウタ君を取り合う姿が目に浮かぶようだ……。
 6(`ロ)9 15/03/10 01:38
これは……窮鼠猫を噛む?
そんな言葉が浮かんだ今日この頃。
ゆうた君とうとう師匠か〜。だが押し倒された時点で弟子は師匠を超えたな。

挿絵の兎はマーチヘアさんか〜。って事は不思議の国か。ふふふ、絶対乱れるな。
次回投稿を楽しみに待っています!
  15/03/10 14:33
あの女性のように。
オレの先を進んでいた彼女のように。
共に同じ師匠の元で学び、そして去って行った先輩のように

自分の記憶がおかしい可能性大ですが「先輩」というキャラは出てきましたかね〜?
これは読み直さねば!!!
 ダオト 15/03/11 02:11
15/03/10 14:33の時に名前出すの忘れてました!済みません!アスクです!
クロスさんがssページを映したそうなので自動で記録されていたネームが消されていた様ですね。
 アスク 15/03/12 01:31
988からいきなり999....?誤字ってませんか?
  15/03/17 04:17
>>6(`ロ)9さん
ご感想のお言葉いつもありがとうございます!!
実は連載にする場合は事細かに書くつもりでした
彼が教えたのは基本的なことと少しの技ばかりで必殺までいくものは全然教えていません
もしかしたら見せているかもしれませんが

師匠がこれをみたら修羅場ですね
力の差は歴然ですがそこは師匠なので子供っぽく駄々をこねることになりそうですがw

>>アスクさん
ご感想のお言葉いつもありがとうございます!!
正しくそれでしたね
彼もその気になった鼠には勝てませんでした
師匠は実力よりも度胸の面で負けてますのでw

>>ダオトさん
ご感想のお言葉いつもありがとうございます!!
先輩はまだ登場しておりません
ですが現代編で師匠のもとで共に空手を学んだ先輩として登場予定です
燃え上るような魔物となりますよ!

>>15/03/17 04:17さん
ご感想のお言葉ありがとうございます!!
誤字報告ありがとうございます!助かりました!!
 ノワール・B・シュヴァルツ 15/03/19 22:49

TOP | 小説へ

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33