感想メッセージ
[TOP][小説へ]
つぼまじんの魅力を語り尽くしたい

■感想メッセージ
Name: Mail:

※メッセージのみor評価のみの投稿もできます。
…よくやった
 ネームレス 15/04/27 02:36
これが、魔に魅入られ人の力。

つぼまじんラブに満ちたSSでした。

イー仕事しましたネェ〜(中島誠之助調に)。
 K・H・B 15/04/27 07:45
これが純愛のなせるわざか…!
  15/04/27 09:01
おさえきれなかったんやな・・(良い意味で
 GARU 15/04/27 10:00
良くぞ告白した!褒美に嫁になろう
こうですねわかります
 きるる 15/04/27 19:25
あなたのつぼまじん愛と気迫に乾杯
  15/04/29 12:50
〉ネームレスさん
ありがとうございます。途中で「つぼまじん」がゲシュタルト崩壊しかけました。

〉K・H・Bさん
ありがとうございます。しかしこの壺、どんな高値がついても、売らずに大切にしようと思います。

〉名無しさん
純愛は狂気にも似ていると今は亡きK敏監督も・・・(注:言ってない)

〉GARUさん
「想いが・・・溢れて・・・ぅわあああ!!」(263 ABCD 全ゲージ消費)

〉きるるさん
遺跡の彼のその後は皆さんの想像にお任せしますが、彼があのあと幸せになったことだけは確かなようです。今頃はファラ王に「腰に壺つけてくれ!」と頼んでるんでしょうか。
ただ個人的には・・・

彼をつかんだ腕、それは、少女のように細い腕!
「アイエエ!? つぼまじんナンデ!?」
壺の中からヒロインのエントリーだ!
「ドーモ、つぼまじん、デス。寝取り、許すまじ。慈悲は無い! イヤーッ!」
「グワーッ!」
ファラオたち四人は爆発とともに四散!
つぼまじんは男をお姫様抱っこすると壺の中へと消えていった。
WASSHOI!!

・・・という展開だったらいいなあと思っています。

〉名無しさん
皆さんの生暖かい視線と温かい感想に乾杯! ところでその酒壺、覗いてもいいですか?

〉SSを読んで下さった皆さまへ
このような妄想が暴走するだけのSSを読んでいただきまことにありがとうございます。遺跡の彼が最後にメッセージを残していたので読み上げます。
「書いてもいいんだぜ・・・可憐な、つぼまじんSSをよ!」
 なげっぱなしヘルマン 15/05/05 00:02
最後、彼の手をつかんだのはおっかなびっくりの
つぼまじんちゃんですよ!
今までノーマークだったつぼまじんちゃんの魅力に
目覚めました!!
  15/05/09 00:13
〉名無しさん
その言葉を聞くために、私は妄想を振り絞ってこのSSを書いたのだなあと実感する次第でございます。
 なげっぱなしヘルマン 15/05/28 00:12
つぼまじん・・・
もしや、某ア○ビ娘はつぼまじんだったのか?。
女体化したボン・キュッ・ボンなロリじゃないつぼまじんハクシ○ン大魔王はお父さんからお母さんに・・・?。
 あのよろし 15/08/23 15:17
〉あのよろしさん
♪あれは壺の子 魔人の子
 つぼまじんのことなのさ♪
きっとすごく安産型なお尻のお母さんに・・・。
 なげっぱなしヘルマン 15/08/26 15:39

TOP | 小説へ

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33