読切小説
[TOP]
Smell Fetish
「ウノ、お疲れ様!」
「…………」
 今日の仕事が終わり、俺はウノにハイタッチを求める。
 が、あっさりスルーされ、彼女は鍛冶場から出て行ってしまう。
「あ、ちょっ、ウノ………」
 ずっと前からアタック──とは言わないまでもスキンシップを仕掛けているのだが……一向に彼女の俺に対する反応は変わらない。
 無視、である。
「はぁ…………せめて仕事のパートナーらしい関係は築きたいもんだなぁ」
 仕方なく、空しい気持ちを抱えたまま鍛冶場を後にする。


 ウノに惚れたのは、俺がこの鍛冶屋に就いたその日だった。
 クールな佇まいもそうなのだが、俺が一番惹かれたのはその瞳だった──二重の意味で一目惚れである。
 そのどんな金属にも、鉱石にも負けない輝く大きな瞳に、俺の視線はすべて呑み込まれていった。
 しかし、彼女の僕に対する態度はクールだなんてものではなかった。絶対零度である。打つ手なしだ。
 それでもアプローチを続けていたのだが───成果は無し。
 そろそろ諦めた方が良いのだろうか。
 そんなことを考え始めていた。


 ──そんなことを考え始めた瞬間に俺はあることに気が付いた。
「あっ、タオル忘れた」
 自分の愛用のタオルを、恐らく鍛冶場に忘れてきてしまったのだ。
 今日も一生懸命仕事をしたせいでかなりの汗を吸い込んでいる……一日放っておくだけでもかなりまずいことになりそうだ。
 俺は慌ててリターン、そして鍛冶場へ。
「あ、ウノ」
 すると、そこにはウノがいた。てっきり宿場へ帰ったとばかり思っていたが……彼女も忘れ物だろうか。
「ウノ………」
 声をかけようとしたが、彼女が手に持っているものを見て、引っ込んでしまった。
 正確には、手に持って──匂いを嗅いでいるものを見て。
「スンスン──────♥」
 間違いなく俺のタオルである。
 しかもなにか様子がおかしい。僕は物陰に隠れ、彼女の動向を監視することにした。
「クンクンクン─────スーはぁぁぁぁ♥」
 たっぷりと堪能しているように見えるのは……俺の錯覚なのだろうか。
 しかし、どうやらそういうわけでもなく、彼女はあたりをキョロキョロ見回し、タオルをポケットに入れて鍛冶場を出て行った。
「…………?」
 とりあえず、尾行することにした。


(んっ♥ぁっ♥はぅ♥んんんっ♥)
 宿場の、彼女の部屋の前。
 少し耳を傾けると、あえぎ声が聞こえてくる。
(こーがくんのっ♥におい♥あぅ♥これだけでイっちゃいそぉ……♥)
「……………」
 どうやら………そういうことらしい。
(こーがくんっ♥こーがくんっ♥こーがくんっ♥こーがくんっ♥────ぅきゅぅぅぅぅぅっっっっ♥♥♥!!!)
 どうしよう──どうしよう。
 今すごくチャンスな気もするんだけれど、これをチャンスって言うのは人間としてどうなんだろうか。
(あっ────♥ちゅっ、ちう♥おいひい♥すきぃ♥)
 でも、この状況、人間として──男として

 我慢なんてできるはずがない!

「ウノ!」
 鍵は開いていた。
 俺はドアを勢いよく開けた。
「!? こ、鋼牙くん!?」
 目を見開き、彼女は裸体を毛布で隠す。
「え、えええええ、こ、鋼牙くん、ま、まままさか」
「ごめんっ!ウノ!」
 覚悟を決めた。ただ彼女の姿に欲情しただけなのかもしれないが。
「いきなりで悪いけれども───「鋼牙くんっ!」
 えっ?
「ええ?」
「鋼牙くん鋼牙くん鋼牙くん鋼牙くん───スンスンスン」
 俺は呆気なく床に押し倒され、彼女に匂いを嗅がれる。
「ふぁっ───はぁぁぁぁぁぁぁぁん♥ナマの鋼牙くんらぁぁぁぁ♥」
「ふがっ、ウノ!?」
 思いっきり抱きしめられ、彼女の大きな胸に埋められる。
 まだシャワーを浴びていないのだろう、汗の匂いがする。
 でも、心地よい。きっと彼女が感じているのはこの心地よさなのだろう。
「ねぇねぇ、鋼牙くんはシャワー浴びてないでしょ?───じゃあ」
 いったん俺を離し、彼女は俺の股間に目をやる。
「こっちの匂いも嗅がせてほしいな♥」

「ずちゅ♥ちゅっ♥じゅぷ♥じゅ〜っ♥こーがくんのオチンチン、すっごい濃い匂いぃぃ♥味も、香ばしくって、クセになりそ♥」
「くぅっ、あっ」
 いっそ襲う気でいたのだが、甘かった。
 相手は魔物娘とはいえサイクロプスなのだ。力で勝てるはずがなかったのだ!
「ぐぽっ♥ぐぽっ♥ぐぽっ♥ずじゅるるるる♥」
 すごい勢いと吸引力でフェラしてきやがるっ!
「ぶちゅっ♥ぐぽっ♥ごぽっ♥はやくらひてっ♥イカくさぁいざぁめんだひてっ♥」
「で、でるっ!」
「ぉぐっ♥────────ごくっ♥ごくっ♥んきゅっ♥ごく♥───はぁぁ、しゅごい、息が、ザーメン臭いぃ♥」
「はぁ、はぁ、ごめん、ちょっと休憩」
「やだっ、だめっ!」
「えええっ!?」
「だめ、だめ、ずっと鋼牙くんの匂い嗅いでたいの。今すぐお腹の中鋼牙くんの匂いでいっぱいにしたいの…………だめっ」
 断れなかった。

「あっう♥す、ごいぃぃ♥鋼牙くんのっ♥鋼牙くんのがぐりぐりって、おまんこの奥、ほじくってきてるぅ♥やぁぁ♥」
「ちょっと!す、ストップ!」
「はぁ♥鋼牙くんがいくら嫌がってもぉ♥はぁ♥やめてあげないんだからね♥」
「そ、そうじゃなくって」
 折れるっ!
 使い物にならなくなるっ!
 しかし、そんな声は彼女に届いていないようだった。
「あん♥ぁ♥ぁ♥ぁ♥ぁ♥わかる? 鋼牙くん♥鋼牙くんは今、赤ちゃんのお部屋の中に挿入ってるんだよ?だから♥はやく、そのお部屋に鋼牙くんの匂いでマーキングして♥」
 いや、このままじゃあ、出るものも出なく──
「んぐっ」
 また言葉を遮られる。
 熱い口づけによって。
「こーがくん♥むちゅ♥こーがくんの匂いは♥んちゅ、ちゅる♥わたひのものなんだからっ♥」
 彼女の大きな目が、すぐそこにあった。

 ビュルルルル!ビュクッ!

 その瞬間、彼女の子宮に大量の精液が浴びせられる。
「ぁ♥キてるっ♥おくにっ♥あっ♥んぁああああああ♥あああっん♥!!」
 彼女の膣が万力のような圧力で俺を絞り上げた。
「────────っ!」
 俺は、そのあえぎ声と熱に包まれながら。
 意識を失った。


「………………」
「………………」
「おはよう、ウノ」
 翌朝、鍛冶場で彼女に挨拶してみた。
「………………」
 今回も彼女が応えることはなかった。でも今までと違って、顔を真っ赤にして俯いてしまっている。
「えっと……昨日はごめんね」
「……………」
「……………」
 しばらく黙っていると、彼女が俺のシャツの裾を掴んできた。
「………────」
 そして、消え入るような声で言った。

「今日、お風呂入らないでね?」
16/08/01 21:37更新 / 鯖の味噌煮

■作者メッセージ
単眼の日なので書いちゃいました。
かなりノリだけで書いちゃいました………だけれども愛があれば問題ありません………よね?

そんなことよりも、単眼娘ちゃんと汗だくでイチャつきたい

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33