読切小説
[TOP]
おさかりキャット〜うちの猫は発情中〜
「フンフン─────グルルルル」
 恋人のケット・シーが現在。
「んぁぁぁぁお♥」
 絶賛発情中です。
「フンフン───うぅ、セックスしたいぃぃ♥」
 座っている僕の顔に何度も何度も自分の顔をこすりつける。
 そして、股間の辺りを揉みまくってきやがる。ガチ発情だ。
「ねぇねぇ………セックスしようよぉぉぉ♥」
「……ゴム付きなら」
「いやにゃあ♥ナマじゃないと赤ちゃんできないぃぃ♥グルルルル」
「考えなしに赤ちゃん作らないためにあるんだろうがよ……」
 今は駄目だ。まだ子供を作るには時期が早すぎる。
 ちゃんと今の職が安定してから、と言い続けているのだが……
「なぁぁぁぉぉぉん♥やらぁ♥やらぁ♥ナマでセックスしたい♥!赤ちゃん産みたいにゃぁ♥!」
 尻尾をビンビンにおっ立て、腰をフリフリ。
 シてあげないと夜中ずっと鳴き続けるパターンだな、こりゃ。
「だけども、今は子供を育てる余裕なんてないぞ。それでもいいのかよ」
「んんんんん♥わかったにゃぁ♥」
 彼女は、きっと二本足で立つ力さえ入らないのだろう、猫らしく四つん這いでゴムを口でくわえて持ってきた。
「みゃぁ♥早くシよ♥?もうオマタジンジンして切ないのにゃあ♥」
 泣き出しそうな顔でそうおねだりする。
 わかった、けれどもさ。
 その牙の刺さったゴムを使うのは無しな。


「さりっ、さりっ、チンポ♥濃くてしょっぱくて……しゃりっ、さりっ、たまらないにゃ♥」
 猫特有のザラザラの舌。これでペニスを舐められるのがとにかく気持ちいい。
「さりっ、ぴちゃっ」
 先っぽを優しく。
「れろっ、るれろっ」
 竿全体を豪快に。
 何回も何回も下から上に舌を伝わせていく。
 時々僕もお返しとして尻尾の付け根辺りをポンポンと叩いてやる。
「ぅに゙ゃっ♥ぁうっ♥」
 ビクビクと背中が動き、とても気持ちよさそうな声を上げる。それでも舌は止まらない。
「でそう♥?」
 そろそろ射精、というタイミングで、彼女は上目遣いでそう聞いてきた。
 僕の身体のことは知り尽くしているようだ。
「あぁ、出そうだ」
「わかったにゃ♥ちゅっ、ちゅぷ」
 すると、彼女は精液が飲めるように鈴口の辺りだけを咥える。
 そして。
「ちゅーっ♥ちゅっ♥ちゅっ♥ちう〜〜♥」
 その小さなお口で吸い上げてくる。
「ちゅっ♥ちるっ♥ちゅぅ」
 にゅっ、くちっ、ぷにっ
 さらに、ふにふにでもちもちの肉球でしごきあげられる。肉球コキである。
「うぉぉっ………」
 脳がアラートを鳴らす。振り切れてしまいそうだ。
「だ、出すぞっ!」

 ビュククッ!ビュクッ!ドクドクッ!

「ふにゃぁぁぁぁ♥にゃぁぁ♥」
 彼女のザラザラとした舌の上に白濁液が広がっていく。
 いつもは小さくて可愛らしい彼女の口が、この時ばかりはこの上なくエロくて卑猥なものに思えてくる。
「ぁっ♥ふにゃっ♥」
「口の中、見せて」
「は、はぁい♥」
 デロンと白い濁りが口の中で溜まっている。
「フーッ………フーッ………」
 荒い呼吸で中の精液がぷるぷると揺れる。早く胃の中に流してしまいたいのだろう。
「じゃあ、しっかりと味わって飲み込んで」
 しかし、すぐには飲み込ませない。彼女の顔が嗜虐心をそそるのも理由の一つなのだが、これくらいいじめてやらないと少しM気味の彼女は満足しないのだ。
「くちゅ、もぐっ、くちゃ、ぐちゅ」
 顔をしかめながらも丁寧に丁寧に僕の子種を噛み潰し、その舌で味わう。
「むちゅ、ぐちゃ、ぶちゅ、にゃぁぁ♥」
 どうやら耐えきれないらしい。彼女は手を股へと伸ばし、割れ目に挿入れてオナニーを始めた。
「はみゅっ、くちゅ、はぐっ、はぅっ♥ぴちゅっ、むぐっ」
 指を動かす度に、または精液を一噛みするごとに彼女は小刻みに身体をふるわせる。
「じゃあ飲んでいいよ。感想も聞かせて」
「こくっ、んっ♥んくっ♥んん♥…………ぷはぁ………けぷっ」
 喉に引っかかって苦戦していたようだが、なんとか飲み下したようだ。可愛らしいげっぷがまたいじらしく愛らしい。
「ふ、ふにゃぁ♥●●くんのせーし、イカくしゃくて、濃くておいしいにゃあ♥舌の上でプルプルしてて、喉に引っかかるくらいドロドロしてて……最高だったにゃ……また、ビューって出してもらってごっくんしたいにゃあ♥」
 終始身体をもじもじさせて羞恥心に耐え、僕の子種の感想を口にする。そんなプレイを彼女は望んじゃいないのは百も承知だ。
 焦らしプレイはここまで。
「よし、じゃあお尻向けて?」

 彼女は四つん這いでこちらにお尻を向ける。擦り付ける勢いで密着する。
「んんぅ♥にゃぁぁ♥」
 もふもふで艶やかな毛並みのお尻がチンポを、精液を求めてふりふりと左右に揺れている。
 僕はゴムを装着したペニスを、ぐしょぐしょのアソコに押し付ける。
「ひんっ♥オチンポきたぁ♥」
 ぐにぐにと先っぽで弄り、そして挿入する。

「なぁぁぁぁぁぁぁん♥ぁう♥あっ♥」

 キッツキツのおまんこが僕のペニスを咥えて離さない。
「ぅあっ♥オチンポぉで♥おまんここすれてきもちいぃぃぃ♥んなぁぁん♥」
 尻尾の付け根を軽く撫でてやると、さらに締め付けてくる。
「いやぁ♥しっぽのつけねトントンしないれぇぇ♥」
 ビクビクと、膣内が痙攣してペニスを搾り上げてくる。
「うきゅぅぅ♥あぁぁぁぁぁ♥きもちいぃぃぃよぉぉ♥おまんこじんじんしてあちゅいぃぃぃ♥」
 じゅぷっじゅぷっと一突き一突きで愛液が溢れ出す。自然と腰のピストンも速くなっていく。
「あ♥あ♥しょんなに♥はやく♥しないれぇ♥おなかこわれちゃうぅぅ♥」
 ちょうどさっきみたいに、子宮の入り口が僕のペニスをフェラしてくる。ゴム越しなのが残念だが仕方がない。
「はっ♥はっ♥はっ♥セックス♥セックスぅ♥きもちいいっ♥」
 また将来、じっくりとこの身体を味わい尽くそう。
「いっちゃぅ♥もういっちゃうよぉ♥」
「ぼくもだっ!いっしょに、イこうっ!」
「インランなおまんこにいーっぱい♥たねづけしてぇ♥!」
 彼女の奥深くに、ゴム越しではあるが、思いっきりありったけを空になるまで注いだ。


「あ♥う♥」
 ペニスをゆっくりと引き抜く。
「きゅぅ♥ぅ♥」
 すると、彼女のおまんこからドロリと精液が垂れてきた。
「ふぅ………疲れ───はぁっ!?」
 慌てて、ゴムを外し、確認する。
 中にはほとんど精液が残っておらず、穴から流出していた。
「な、さっき変えてもらったはず」
 まさか、全部に穴が空いてたのか?
「お、おい」
「すーーーーっ──んにゃん♥」
 満足げな顔で、寝てやがった。
「───────なら」
 こっちにも考えがある。

「んにゃうっ♥!な、なに?」

 もうヤってしまったものしょうがない。
 ならば存分に楽しんでやろう。


「ご、ごめんにゃしゃいぃぃぃ♥」
 その日は夜通し、猫の盛りきった甘い声が響いていたらしい。
16/06/26 09:32更新 / 鯖の味噌煮

■作者メッセージ
また息抜きで書いちゃいました。
なかなかメインの方は進まない。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33