読切小説
[TOP]
最高の性活
 私は人間に飼育されています。

「やっ、やあっ!イったばっかだからぁ!ひゃぅっ!やっ!ひいっ!あっ!」
 彼は何度目かの膣内射精をした。繋がっているところから白濁液が零れ出す。膣内だけでなく体もいたる所が精液でベトベトだ。
「ひっ、はぁっ、はぁ、もう、おわったのぉ?」
 さすがに彼も限界だったらしくチンポを引く抜いた。
「も、もう、ほんと、もうちょっと、手加減し、ひぐぅ♥」
 彼は私にアナルビーズを挿す。先端にはふさふさの毛が。多分しっぽを模した物なのだろう。
「いっ、はっ、抜いて!ぬい、ああん♥」
 更に前の穴には太いバイブが挿し込まれる。しかも電源がオンになっていて、振動している。
 アナルにもその振動は来ていて、ビーズをわずかに揺らす。
「いぃっ♥やぁっ、ぬいてぇ………♥」
 涙目になって私は懇願する。
 だが、彼は部屋を出て行ってしまった。
「はっ、はっ、んぅ♥みゅっ♥」
 私は体に着いている彼の精液を指でつまんで口に含む。
「んっ、ちゅっ、むぐ、くっ」
 咀嚼してしっかりと味わい嚥下する。
「はっはっ、おいしいぃ♥」
 私はバイブを少し動かし自慰を始めた。

 私はずっと地下室に監禁されているので日にちの感覚がなく、どれくらい前だったかわからないが、きっかけは私が食べ物を求めて彼の家に忍び込んだことだった。
「お腹すいたぁ………」
 私がキッチンでガサゴソと食べ物を物色していた時、突然電気が点いたのだ。
「あっ…………………」
 彼と目が合う。
───食べ物が欲しいか………
 彼は言った。
 私は小さく頷いた。
───じゃあくれてやるよ!
 彼はズボンと下着を脱いだ。勃起した太いチンポが現れた。
「ひっ───」
 私は空腹で朦朧としていて素早く行動できなかった。彼は私の髪を掴み乱暴にそれを押しつけていく。
 むせかえるような匂いだった。
 だが霞む意識の中私はそれにしゃぶりついた。
「んっ!ちゅぷっ、んっ、じゅるっ、むっ、」
 私は自分から顔を前後させ、チンポを舐めていたのだが、そのうち彼は私の頭を掴んで無理矢理喉の奥まで押し込み、私をオナホのように扱ってきた。
「んぐっ、ぐっ、むっ、むむむっ!」
 何回も私の喉を突いた後、チンポを抜き、彼は
───口開けろっ!
 と命令してきた。従うと、
 ドピュッ!ピュッ!ピュルル!
 私の舌の上に出てくる全ての精子をのせた。
───飲み込むなよ。
 彼はまた命令してきた。やっとありつけた食料なのだ、飲み込んでしまいたかった。
 彼は脱ぎ捨てたズボンのポケットから携帯電話を取り出し、口を開けたままの私の写真を何枚も撮り始めた。
───ばらまかれたくなかったら言うことを聞け。
 正直、そんなことはどうでもよかった。この男は魔物娘のことをわかっちゃいない。そんなのをばらまかれたところで痛くもかゆくもない。
 だけど私は怯えたふりをして震えながら頷く。
───じゃあ、飲め。
 私はこの時初めて彼の精子を飲み込んだのだ。

 それ以来彼は恐らく毎日私のことを犯しに地下室にやってくる。
 彼は性奴隷を手に入れたつもりなのだろうが、それはこっちだって同じだ。
 多分私が性奴隷を演じているかぎり、彼が私を見捨てることはないはずだ。
 一日三食、一応普通に出してくれてるし。
 一応は。

 あれから何回イったかわからなくなった頃、地下室のドアが開く。
 私の頭の中は次はどんなプレイが待っているのか、それしかない。
 大きな鏡とペンを持って彼は現れた。
 今回は落書き系なのか。微妙。
 彼は鏡をそこらへんに置いた。
 まあ、ヤれるだけまだましかな?
 オナニーを強要されたときには参った。終わった後もチンポが欲しくってたまらなかった。
 彼はビーズとバイブを抜く。
「ああん♥!あっ、ひいっ♥」
 のけぞりながら一回ずつイった。今日だけで何回イケるのだろうか。
「はっ、はっはっ」
 彼はチンポを四つん這いの私に近づけ、一気に
「いぎぃっ!あっ!やっ!」
 挿入、そのままピストンを始める。
「あん、ゃぁん、やっ、し、しんりゃうよぉぉ♥」
 肌と肌がぶつかり合う音と水音が地下室に響く。
「ぃやああああああああ!!」
 早速膣内に出された。いつも早漏だが、今日は特にひどい。まあ、連発してくれるからいいんだけども。
 彼は一旦チンポを引き抜き私をひっくり返し仰向けに寝させる。
「?」
 そして、ペンで私の左の太ももに一本の線を書く。
「…………」
 あぁ、正の字か。多分、そこらへんのエロ画像とかエロマンガから拾ってきた知識でしょうね。
 彼はそのまま挿入してくる。
「ぃやああ!ひっぐ、うっ、えっ、えっ、うっ、や♥」
 まあ、そこまでするなら今回はいつもより出してくれるってことかな?
 私もがんばろーっと。
「いっ、やぁっ、チンポ、いやぁっ」

「あ゙!やあ゙!い゙!やっ!」
 想像以上に今日は激しい。今は十六回目のアナルだ。
ちなみに口で十八回、マンコでは二十回。時折鏡で見せてくれた。
 多分全部記録更新だ。精液の量もまだ衰えていない。
「もう、やめっ!ぁ゙ん!げんっかいっ!」
 まだイケるけども少しゆっくりさせてほしい。なんか異常だ。
 彼はチンポを引き抜く。とんでもない量の精液が溢れてくる。
───舐めろ。
 彼はシーツの上のそれを指して言う。
「いっ、はっ、やぁっ」
 少し嫌がる素振りを見せると頭を押さえつけて無理矢理舐めさせようとする。
 やっぱり異常だ。ここまですることはいつもだったらない。
 私は彼の顔を見る。
 私は息を呑んだ。
 形は人間の眼だが、そこに宿る光はもう異形のものだった。
 インキュバス。昨日まではそんな兆候無かったのに。
 後で知ったのだが。彼はその日精力剤を買っていたらしい。
 それに大量のサキュバスの魔力が含まれていたとかそんな感じだろう。
 そのときの私にそんなことをがわかるはずもなく困惑しながら零れた精液を舐める。
「れろっ、ちゅ、んくっ、くちゅ、んっ」
 美味しい、さっきの倍は美味しい。
「ぷはぁっ、ね、ねぇっ」
 この際だ少し演技を止めても何も変わらないだろう。
「ほ、ほしい、チンポぉ、ほしいのぉ♥」
 私は彼のチンポに顔を近づける。
 もう、精液の匂いしかしない。私も同じなんだろうけども。
「チンポっ、ちゅ、ちゅぱっ、おいひいっ、んっ、むっ、れろっ、もっとぉ、なめはへて♥」
 精液の味が染み着いてて、オチンポミルク味のキャンディを舐めているみたいだ。
 彼の表情が変わる。
「でほお?らひて!ほのままらひて!」
 ピクピクと動くチンポ。そして、噴火する。私の口内を白く染め上げる。
「ん〜〜〜〜♥ごくっごくっ」
 すごい量だ、全然止まらない。飲んでも飲んでもまだ出てくる。
 四十秒間射精という人間離れなことを彼は成し遂げた。まあ、もう人間じゃないんだけど。
「ぷはっ、はあっはあっはあっ、もう、オナカいっぱいらよぉ♥」
 本当にやばい、飲みすぎて吐きそう。お腹タプンタプンって鳴ってるもん。
 彼は私の頬に一本線を書く。その後、私を四つん這いにしてバックで挿入。
「────♥」
 もう声にすらならない喘ぎなのか悲鳴なのかが漏れる。
 精液でいっぱいのお腹が突かれる度に揺れてかき回される。
 もう駄目だ。脳味噌の中身が精液で満たされていく感じがする。
 全身精液まみれ。体内も精液まみれ。
 もう、こびりついてとれないんじゃないかな?
 そしたら、自分の匂い嗅いだだけでイケるかもしれない。そう思うとワクワクする。
 完全に調教されちゃったなあ。
「あっ♥やあっ♥あん♥あん♥あん♥いっ♥くっ♥」

 あれから何日経っただろうか。私はずっとずっと犯されていた。
「……………♥………………♥」
 私はもう、ほとんど意識を保っていなかった。時々痙攣するように震える人形のようになっていた。
 地下室はもう、常人では耐えきれないほど精液の匂いで満たされていた。
 どこもかしこも白濁に染まっている。
 もうずっと精液しか食べてない。でも、出す度に量も多く味も美味しくなっていくのだから充分だ。
 私の正の字はもう結構前に書くスペースがなくなって、そのペンもこの精液の沼のどこかに沈んでいるのだろう。
 彼は私の耳の穴に精液を流し込む。さっきは鼻の穴だっけ、それともおへそだっけ、忘れちゃった。
 チンポをそれ程ない胸に押し当ててスライドする。ぬるぬるしてて、パイズリなんだか精液につっこんでんのかよくわからない。パイズリも、多分何百回かやったはずだ。もっと私の胸が大きかったら気持ちいいのだろうに。
 ビュッビュッビュルルルピュルピューーピュルビュッ
 ギャグみたいな量の精液が放たれどこかを汚す。

 でも、白濁に汚れた私の顔は笑顔だ。
 今までにないほど晴れやかな笑顔だ。
「………………………………♥らいしゅきぃ♥」
15/09/30 00:22更新 / 鯖の味噌煮

■作者メッセージ
どうなんだろ、これアウトかな?消せって言われたら消します。
最初は食ザーのシーンとかも入れてたんですけども、直前で消しました。さすがにキツいかなと思ったので。
ハードものを書いてみました。一応ハッピーエンドだけども。ただそれだけです。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33