読切小説
[TOP]
How much!? デーモンさんはいくらで買ってもらえますか?
「はぁ〜い☆デーモンのサワーちゃん、じゅうななさいでぇ〜す☆キラッ おにーさまー、今回はどんなプレイで…」
「チェンジで」


「クソが!」
 私は出門白淡(いでかど さわぁ)。
 デーモンだ。
「ったく、あのロリコンどもめが!!デーモンをなんだと思ってるのよ!」
 私はとあるデリヘルを経営している。
 あらゆるメディアに召喚魔法陣をバラまき、それを男が手に取った瞬間に従業員を送り込む、というほぼ違法な方式の店だ。
 そんなことをするのも人間を堕落させ、さらに資金を得て人間界へと侵攻するためである。
 が、しかし、従業員が比較的雇いやすいデビルばかりなせいで、ロリコン向けのデリヘルという口コミが広がってしまい、そのせいで私への仕事が回ってこなくなってしまった。
 極めつけに、従業員がそのまま客と結婚し、料金すら回収せずに人間界に止まることがほとんどだ。
 頓挫一歩手前である。
 家でやけ酒である。
「やってらんねぇよまったく!」
 私は魔界酒を一気にあおる。
 まったくなんてざまだ。昔はこんな無様ではなかった。
 そう、私がまだ『魔物』だった頃。それはもう腕利きのスーパーエリートだった。
 それはもうバンバン成果出してたし、魔王様にも一目置かれていた存在だった。
 しかし、魔王が代替わりし、私の身も心もサキュバスの魔力に染まってしまった。
 それからは仕事は何一つうまくいかず、恋人もできていない。
 今では、部屋着はダサいジャージだし、部屋には酒やつまみのゴミが散乱している。
 こんな姿、他の連中には見せられない。
「あぁ…ん…もう…………やん………なっちゃう……」


「あ、あのぉ………」
 誰かが私の体を揺さぶっている。
「ん、んんぅ…………」
 酔いが醒めない頭のまま、私は体を起こす。どうやら、酒を飲んでそのまま眠ってしまって──
 ──え?
「んぁ───あんた、誰?」
「えぇと……ま、魔界デリヘルの………客?です」
 目の前の少年はそう言った。
 寝ている間に、召喚されてしまったのか……
「あ………やばっ!」
「!?」
 私は慌てて、そのへんの布団で身体を隠す。
 身体というか、女子力0のイモいジャージを。
「す、すみません!こんな格好で!」
「え?いや、あの、そういうプレイの一環じゃないんですか?」
 ジャージでどんなプレイするのよ!?それとすごく残念そうな顔しないでよ!
「あのぉ、お客様。未成年のご利用は禁止しているのですが」
 一応、魔法陣にはそういう審査──年齢、家庭の有無など──をしてもらってはいるのだが、うまく作動しなかったのだろうか。
 目の前の少年はかなり幼く見える。
「え、えっと、僕もう二十三ですよ?」
「そうなの?とてもそうは見えないけども……」
「これ、免許証です」
 見てみると、確かに彼の言うとおりだった。
 だが、それにしても、信じられないくらいに可愛らしい容姿をしている。私の好みのタイプだ。
「………ねぇねぇ、君、彼女とかいないの?」
 そういえば、彼女の有無までは審査のうちに入っていなかったかもしれない。今度追加しておこう。
「………………先日別れちゃいまして」
「あ、ご、ごめんね?」
 しまった、変に傷を開いてしまったか。
「大丈夫です。その傷をいやすために、デリヘルを喚んだわけなんですから」
「ふぅん」
 強がりが抜けていないその笑顔を見て、私の中の何かがパチパチと火花を放つ。
「じゃ、じゃあ……」
 ポフ…
「今日は目一杯、お姉さんに甘えてちょーだい♥」
 彼を抱きしめ、頭をなでてあげる。
 チャンスかもしれない。

「いきなりおっぱいで挟めだなんて変わってるわね」
「いや、白淡さんの胸が魅力的で……」
「そ、そうなの?照れちゃうなぁ♥」
 そういえばそうか。普通男は大きい胸が大好きだったか。最近はロリコンの相手ばかり──いや、相手すらできていないんだけども──していてそんな当たり前のことも忘れていた。
「じゃあ、始めるよ」
 お互い既に全裸である。
 彼を布団に仰向けに寝かせ、私は自慢の柔らかな胸で彼のチンポを挟む。
「ぁっ、柔らかい」
 その瞬間、チンポがビクリと跳ね、びゅっ、と精液を吐いた。
「………………………………早い」
「すいません」
 危なく目にかかるところだったじゃないの。
 私は顔についた精液を指ですくって舐める。
「んっ………けっこう美味しい♥ねぇ、まさかこれで終わりじゃないでしょうね?」
「まだ大丈夫です」
「じゃあ、二回目いくね」
 唾液を垂らし、潤滑油代わりにして胸を上下に動かす。
「あっ、あっ」
「どぉ?気持ちいい」
「すごく気持ちよくて…すぐ出ちゃいそうです」
「駄目だよ」
 私は彼のチンポに魔法をかける。
「すぐには出ないようにしたから……いっぱい楽しんでね♥」
「は、はい」
 またパイズリを始める。
 上下上下に胸を揺らす。チンポの先っぽが出たり隠れたり。
 舌先でチロリと舐めてみると、少しだけ精液が出てきてしまった。
(本当だったら今のでイっちゃってるんだろうなー……魔法かけておいてよかった)
 正直、性的な気持ちよさというか快楽はあんまりないのだけれども、目のやり場困り、顔を真っ赤にしながら私の胸や顔を見てくる彼が可愛いのでそんなのはどうでもよかった。
 魔法なしなら七回位射精したあたりで、魔法にも限界が来たようだ。
「そろそろ出そうでしょ?」
「は、はいっ!」
「いいよ♥我慢してくれたし、思いっきりびゅー♥ってしていいよ♥」
 私は責め立てるように動きを速くする。
「はぁ、あぁっ!」
 びゅー♥びゅく♥どぴゅっ♥
 私の胸の谷間から、白濁の噴水が吹き出してくる。
「はむっ」
 それを口で蓋をする。
 七回分、その量の精子が私の口内を存分に犯していく。
「んぐっ」
 とうとう口では収まりきらず、喉の奥の方へと精液が逃げていった。
「むむ………ちゅぽ」
 ゆっくりとチンポを引き抜き、口を開けて彼に見せつける。
 白く、濁った色に染まった淫らな口内を。
「ろぉ………いっはいれたね……♥」
 自分の精液が目の前の女性の口を満たしている……そう考えて興奮してしまったのか彼のチンポは元気を取り戻した。
「ごくっごくっ………」
 ゆっくり、じっくりと、喉で味わうように私は彼の濃くてぷりぷりとした精液を胃の中に流し込む。
 一滴、胃に落ちるだけで、私の身体はビクビクと痙攣してしまう。
「はあぁ…♥おいしぃ♥」
 これが、男の子の味なのか………病みつきになってしまいそうだ♥

「じゃあ……本番といきましょ♥おまんこにいっぱい子種汁飲ませてほしいなぁ♥」
 今度は私が寝転がり、正常位の体位で本番をすることになった。
「えっ?ちょっと!?ゴムとかいいんですか!?」
「そんなのあったら」
 足で彼の身体を引き寄せ、無理矢理挿入させる。
「妊娠できないじゃない♥!」
「ぅぁあああ、白淡さん、ちょっと、落ち着いて!」
「いやだ♥はやく♥おちんぽミルクだしてちょーだい♥」
「くっ……えぇい!もうどうにでもなれ!」
 吹っ切れたかのように腰を振る彼。
 それでもぎこちないその姿を見て、私の理性は吹っ飛びかける。
「ぃぁ♥もっとぉ♥もっと♥気持ちよくしてぇ♥!」
「はぁ、はぁ、は、はい!」
 顔に似合わず太い彼のチンポが私の膣を、子宮を、絶えず何度も犯す。
 そのうちに、彼の腰の振り方も上達していく。
「あぁ────♥そのっ、調子♥」
「ありがとうございますっ!」
「あん♥いぃ♥すっごくいい♥」
 舌を出し、だらしない顔で悦ぶ私。
 多分このままだと私が堕ちてしまうだろう。
 デーモン失格。これでは雌犬だ。
 そんな姿、やっぱり他の人には見せられない。
 見せられるとしたら───
「んっ♥」
 彼が私にキスをしてくる。
「んん────はっ♥」
「そろそろ、出そうです……」
「いい、よぉ♥いっぱいおちんぽミルクでわたしのお腹に種付けしてぇ♥!」
「でる……っ!」
「あぁ、イっちゃうぅぅぅぅ♥」
 情けない嬌声を上げ、私は悪魔をやめた。
 やめて、そして────


        答え:給料三ヶ月+人生の半分
16/05/14 15:46更新 / 鯖の味噌煮

■作者メッセージ
現在ランダムで魔物娘を選んでSSを書いています。
次はどんな娘でしょうか

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33