読切小説
[TOP]
ホワイト・アルバム
 その女の子はいつも僕を見ていた。
 僕は山の麓にある村で生まれ育った。
 毎年冬になると雪がたくさん降っていた。
 その年は特にたくさん雪が降っていたように思う。確か僕が十歳になる頃だったはずだ。
 村の他の子供たちが用事で遊べないということで僕は暇を持て余して一人で雪だるまを作っていた。
 そんなとき、彼女は木陰で僕のことをじっと見つめていたのだ。
 僕と同じくらいの歳で、とても可憐な少女。肌は青白く、今にも周りの雪に溶け込んで消えてなくなってしまいそうだった。
 そして驚くことに、彼女は着物を着ていた。彼女と同じくらい純白な着物。だが、その日も雪がびゅうびゅうと吹雪いていて、着物で外に出るのは厳しい空模様だ。にもかかわらず、彼女は袂をぱたぱたとたなびかせて立っていた。
「……………」
 気がつけば僕も、雪玉を転がすのも忘れて彼女を見つめていた。そのうちに彼女は俯いて、慌てて向こうへと駆けていってしまった。
「なんだったんだろう……あの子」
 とても不思議な女の子だった。まるで人間ではないような……
「あれ?」
 ふと気がつく。彼女が駆けていった先には何もないということに。
 そっちの方向には、民家など一軒もない。村の外だ。
 あるのは、山だけである………
 僕は彼女が去った後も、ただただそこに立っていた。
 雪だるまは結局、完成しなかった。

 次の日も彼女は僕を見つめていた。
 その日僕は、あえて一人で遊んでいた。友達と遊ぶ気は最初からなかった。
 また、彼女が、あの可憐な女の子がまた来ると思ったからだ。
 誰にも、彼女を見られたくなかったからだ。
 そして、その予想は当たって彼女はまた来たのだった。昨日と同じ真っ白な着物を着て、昨日と同じ木陰に。
 僕は今度こそ声をかけようと思って近づいてみたが、すぐに逃げられてしまった。
 その次の日も彼女は来た。今度は遠くから手を振ってみた。
 しかし、彼女は俯いて走り去ってしまう。
 その次の日も、その次の次の日も、彼女はすぐに逃げてしまう。

 何日か経って、僕は段々と我慢できなくなっていった。
 彼女に話しかけたい。彼女の白い肌に触れたい……
 僕は彼女に話しかけようと彼女に気づかれないように背後に回った。
 彼女はいつものように木陰にいた。僕はそっと近づいて彼女の肩を叩く。
 とても、冷たかった。
「きゃっ!」
 彼女は驚いて振り向く。そして、僕を見た瞬間に、青白い頬を赤く染め、いつものように俯いてしまった。
「………」
「………」
「………ねぇ、君の名前は?」
「………細……薄氷細(うすらい ささめ)です」
「ねぇ、ささめちゃん。一緒に遊ぼうよ」
「う………ごめん、この服じゃちょっと………」
 それを言ったら外に出ていること自体が不可解なのだが。その日も吹雪いていたはずだ。
「じゃ、じゃあ!僕の家で遊ば「それよりも!」
 彼女は僕の言葉を慌てて遮る。少し息が荒くなっていて、目を合わせてくれない。緊張していたのだろうか?
「そ、そそそれよりも、良いところをしってるの……そこに行かない?」
 純粋無垢な僕はそれが何を意味しているのかに気がつかず、ただ頷いて彼女についていくのだった。

「ここだよ」
「へぇ〜」
 着いたのは小さな木造の小屋。正直に言うと、僕の家で遊んだ方がいい気がした。
 中に入っても、ほとんど外と変わらない寒さだった。
「うぅ………」
 僕は震えていた。
「…………………」
 しかし、彼女は終始もじもじとしていた。青ざめていく僕とは対称的に、彼女はどんどん赤く、紅くなっていく。耳まで真っ赤だった。
「ね、ねぇ、キミ」
 しばらく沈黙が続いていたが、彼女が僕に話しかけてきた。
「キミには……好きな人っているかな………?」
 ドキリとした。
「え、ええ………いや、いないけども」
 僕は嘘をついてしまった。本当は好きな人がいるのに。
 目の前の可憐な少女に心の底から惚れているのに。
「そ、そう………じゃあさ『ちゅー』ってしたことあるかな?」
「………………」
 どくん、と心臓の鼓動が速くなるのを感じた。
「ねぇ……したことあるかな?」
「………………」
 彼女が段々近づいてくる。
「したこと……ない?」
「………………」
 すぐ目の前に彼女の顔が迫ってくる。
「…………………なら」

「しちゃお」

 耳元でそう囁かれた。
 彼女の冷たい息が、声が、僕の耳を、アタマの中を擽る。
 今にも心臓が破裂しそうだった。
 気がつくと僕は。
 彼女の唇を奪っていた。
「んっ……ちゅ」
 彼女の冷たい舌が僕の口の中を掻き回す。
 僕は彼女の身体を強く抱きしめていた。何故か、急にそうしたくなったのだ。
「ちゅっ……ちゅっ」
 彼女も僕を抱きしめる。その抱擁と接吻は長い時間続いた。
「ぷはぁ………」
 口を離すと、よだれが糸を引いていた。くすりと笑い彼女はそれを指ですくって舐めた。
「あつい…………」
 その艶やかな笑顔、はだけた着物から覗く薄い胸と太もも。
 僕は身体の中で何か熱いものが湧いてくるのを感じた。
「うふふ………おちんちんおっきくなっちゃった?」
 股間を見てみると、ズボンが大きく膨らんでいた。
「な、なにこれ」
 たまに、こうなることはわかっていたが、どうしてこうなるかはまだわからなかった。
 そして、この先に何が起きるのかも、まだ幼い頭ではわかっていなかった。
「わたしにまかせて………気持ちよくしてあげる」
 そう言って彼女は僕のズボンを下ろす。僕はそれをただ見ているだけだった。
「ふふ……パパとは違うんだね……皮被ってる」
「うぅ……」
 恥ずかしさのあまりに逃げ出してしまいたかった、けども、これから何が起こるのかが気になって仕方がなかった。
「はむっ」
「ひゃぁ!」
 冷たい粘液で僕のペニスが覆われる。幼い頭では、ペニスを口でくわえるだなんて考えられないことだった。
「やだぁ……やめてよぉ……汚いって……」
「これはね、ふぇらちおっていうんだよ、ちゅぱ、じゅぽ、きもちいい?」
「うぅ……うん」
「ふふふ、よかったぁ……じゅる、じゅ、ちゅぽ」
「う、あ」
 脳みそが溶けるような、そんな気分だった。僕は寒さも忘れて、その快感を享受していた。
「じゅるるる、ん、ぷちゅ」
「い、あぁぁ!」
「んんっ!?」
 僕は、人生初の射精を、彼女の口の中で行った。
「ん、んぐっ………ぷあ」
「はぁ……はぁ……」
「はっ、はっ、こんらに、れたよぉ」
 彼女は僕に口の中を見せびらかしてくる。何か白いゼリーのようなものが舌の上にのっている。
「んちゅ、んっ、んっ」
 それを丁寧に咀嚼して。
「ん……ごくん」
 嚥下した。
「はぁあ────♥せーし、熱くておいしいよぉ♥」
「せ、せーし?」
「ねぇ♥もっと、もっと♥ちょーだい♥こんどはこっちに♥」
 これまた信じられないことに、彼女は服を脱いで仰向けになり、足を開いて、その間の幼い割れ目を指で開いてこちらに見せつけてきた。
「んぁ♥はやく♥はやく♥」
 本能に導かれるまま、あるいは、彼女の魔物性に導かれるまま、僕は、彼女の割れ目に。
「んっ────あぁん♥」
 ぐいぐいと不慣れながらもペニスを挿入れた。
 血が、彼女の肌を伝っていく。
「い、いいよ、動いて」
「ほ、ほんとに大丈夫なの?」
「いいから!はやく!じゃないと──」

「──全部溶けちゃいそうだよぉ♥」

 喜び故か痛み故か、それはわからないが、彼女は涙を流していた。
「じゃあ──動くよ」
 女子を泣かせてはいけない。そんな幼き頃の道徳心が働いた。
「ひぎぃ♥!んぁぁ♥!」
 少し動くだけで彼女は悲鳴を上げる。それなのに、僕は動いていていいのだろうか。
 そうは考えたがもう止まらなかった。
「んやぁ♥ぁ♥いぃ♥」
「はぁ、はぁ、はぁ」
 僕は一心不乱に腰を振り続ける。彼女が嫌がっていようとどうだろうともう関係なかった。
「ん♥ん♥きもちいいよ♥だいじょうぶらから♥もっといっぱい♥シてぇ♥!」
「んっ、はっ、はっ」
「い、いぃよ♥もっと、もっとぉ♥」
「ふぅ、さ、ささめっ」
 また、何かが出てきそうだ。さっきと同じ、せーしが出てきたときと同じ。
 自然と腰を振る速度は速くなる。
「あ♥あ♥あ♥きてぇ♥なかにいっぱいらしてぇぇ♥」
「はっ、はっ、はっ、うっ、ううう」
「はぁっ♥きたぁ♥」
 二度目の射精の瞬間、彼女は足を僕の身体に絡め、離さないようにした。
 僕は、たっぷりと彼女の中に精液を注いだ。
「あつい♥あついせーしが♥おくにぃ♥」
「はぁ、はぁ、はぁ………」
 彼女はだらりと舌を出して喜んでいる。
 拘束が緩むと、僕は再び腰を振り始める。
「はぐぅ♥!まって♥これいじょうは♥こわれちゃうぅ♥だめだってばぁ♥」
 もうそんな声も届かない。僕は獣のように何もわからず腰を振る。
「いぐぅ♥おなかくるひぃぃ♥いっちゃうぅぅ♥あかひゃんできひゃうぅぅぅ♥」
 僕は何度も何度も彼女の中に精液を吐き出す。
 何度も何度も。

 終わる頃には、彼女は精液でベトベトになっていた。
 落ち着くと、僕は、大変なことをしでかしてしまったのではないのだろうか、と恐怖した。
 僕は慌てて服を着て、その場を離れた。彼女は何も言わなかった、言えなかったのかもしれないが。
 走って僕は家に入り、服と身体を水で洗い、そのまま寝込んでしまった。
 次の日になって、またいつもの場所に来てみると、彼女は来なかった。
 言いようのない罪悪感で胸がズキズキと痛んだ。





 それから十年経った。僕は村を離れ、安いアパートを借りて大学に通っている。
 あれから二度と細に会うことはなかった。
 今でも常に思う。あの時逃げ出していなかったら細は僕のことを嫌いにならなかったのではないか。
 またああやって木陰から僕を見つめていてくれたのではないか、と。
「……………」
 この十年で恋人などできなかった。彼女以外のことは考えられないのだ。
「ごめん………なさい」
 外は吹雪。嫌でもフラッシュバックしてしまう。
 もう一度彼女に会いたい。それだけが願いだった。
 他には何もいらなかった。
 コンコン
 ノックの音が聞こえた。
 僕は、涙で潤んだ目をこすり、ドアを開けた。
「………………」
 息が止まるかと思った。
 そこに立っていたのは、あの日の細だった。
「え?……さ、細……」
 細が首を傾げて僕を見ている。
 いや、違う。
「…………その子は霙(みぞれ)です」
 誰かが、こっちにやってくる。
「あなたと、わたしの子です」
 雪の白に紛れて見えにくいが……それは、紛れもなく、細だった。
 大人になった細だ。
 十年後の細───
「………てっきりわたしのことなど、忘れているかと」
 彼女は、泣きながら、笑顔で言う。
「………そんなわけないだろうが」

 ずっと、待っていたさ。
16/05/05 18:34更新 / 鯖の味噌煮

■作者メッセージ
すいません。某氏からTwitterで頂いた名前。使わないとか言ってけど使っちゃいました……申し訳ございませんorz

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33