連載小説
[TOP][目次]
動き出した気持ち
朝だ。
目を開き、ゆっくりと体を起こす。
あまり良い目覚めとは言えない。
少し熱っぽく、身体に力が溜まっているかのような感じ・・・繁殖期だ。
またきたか、と小さく鼻を鳴らす。
ベッドから起き、タンスを開けてブラとショーツを身につけた。
無意識のうちに上下おそろいの魅惑的な下着をつけていることに気付き、また嘆息させられる。
『落ち着け、情けない。いつも通りだ、いつも通り・・・』
いつも通りにしなければいけない・・・
繁殖期だと悟られて変な男に言い寄られるのも癪だ。
魔物娘だからと言って誰でもいいわけじゃない。
努めていつも通り、歯を磨き、ハニートーストと目玉焼きとソーセージの朝食を済ませる。薄く化粧をし、自分の鎌に鞘をし、白いブラウスとグレーのスーツを身にまとい、アパートを出る。
「・・・・・」
三度嘆息する。
やってしまった。
無意識のうちにストッキングをパンストではなく、ガーターストッキングにしてしまっていた。


『しっかりしなければ・・・』
会社で係長の席に座り、頼まれた文章を打ちながら私は自分に言い聞かせる。
係長に就いてから数カ月たち、上に立つ仕事にも慣れてきた。
部下もそれなりについてくるようになってきている。
繁殖期だから集中できないなんて言い訳は通用しない。
そう言えば、この課の係長に就いてから初めての繁殖期だ。
「係長、頼まれていた書類ができました」
声をかけられ、主を見てみる。
吉田だった。
今日はライトグレーのスーツを着、紺色のネクタイを締めている。
短く切られている髪をツヤのあるワックスか何かで立てており、白い歯を見せてにこやかに笑っている。
爽やか・・・まさしくそんな言葉が似合っていた。
・・・何を私は観察しているんだ。
「ありがとう」
考えていたことを振り払うように私は短く礼を言い、書類を手に取る。
互いの手が触れた。
「・・・・っ!?」
思わず私は火傷でもしたかのように手を引っ込める。
「・・・係長?」
くそ、繁殖期とは言え、なんだこの反応は・・・情けない!
「顔が赤いですよ? 大丈夫ですか?」
自分の頬に手を当ててみる。
熱い・・・恥ずかしい!
吉田の様子を見てみると・・・彼も少し頬を赤くしていた。
「・・・」
私は無言で手を伸ばし、吉田の書類を手に取った。
「・・・行って」
「あ、はい。失礼します」
吉田が去って落ち着いた後、私は彼の書類に目を通した。
・・・
・・・・・・
ん!?
ミスタイプを発見したが・・・本当にミスタイプか?
繁殖期でボーっとしているから見間違いでもしたのかと思い、目をこすってもう一度見てみる。
間違いない、ミスタイプだ。
『しかも・・・なんてミスをするんだ!』
私は彼を呼ぶ。
「吉田・・・」
「は、はいっ!」
ぽつりとした私の呼び方でも、吉田はいつも通り元気良く返事をして神速の勢いで私の机にやってくる。
「・・・このミスタイプは・・・何?」
私が指さすところにタイプされている文字は・・・
【受領淫乱】
本当は【受領印欄】のはずだ。
「ひええっ!? すんません! すぐ直してきます!」
「・・・ちゃんと他のところもチェックしておいて」
こつこつと鞘に納められている鎌で机を軽く叩きながら私は言う。
次こんな破廉恥なミスをしたら・・・服だけを・・・って、私はまた何を考えているんだ!?
「はっ、はい!!」
ビシッと直立して気をつけをしてから彼は神速の勢いで自分の机に戻り、パソコンに向かった。
私はその様子を漫然と見る・・・って、何私は彼を目で追っているんだ。
時計をちらっと見てみる。
2分は見ていたようだ、まったく・・・
顔にまた熱を感じながら私は仕事を再開する。


夜・・・
私はベッドについていたが、まだ眠っていない。
火照っていた身体はぬるめのシャワーでは納まらなかった。
今夜も自分で自分を慰める時間が始まる・・・
「ん・・・はう・・・うあ・・・」
仕事中に抑圧されていた反動か、もうすでに私の股は濡れている。
胸を左手でつかんで頂点を指先でいじりながら、右手を下腹部に伸ばす。
『えっ? 何これ・・・?』
いつもより濡れている気がする・・・
「ひっ・・・あっ・・・!?」
表面を撫で上げただけで蜜がたっぷりと私の指に絡みつき、身体が快感ですくみあがる。
『どうして・・・? 今まで・・・今までこんなことなかったのに・・・!?』
10年近く続けてきた自慰だ。
自分の身体の事は自分が良く分かっていたつもりだったのに・・・こんなにまで感じたことはなかった。
なぜ・・・
「くっ・・・ふうぅん・・・!」
指を一本、膣内に潜り込ませるだけでぞくぞくするような快感が這い上がってくる。
二本入れるともうたまらない。
身もだえしながらいつも通り、私は初めて交わった男のぬくもりを思い出そうとした。
しかし・・・
『変・・・変だ。晋太の顔が思い出せない・・・』
彼の肌の温かさ、彼の愛撫の感触は思い出せるのに、彼の顔はイメージできない。
『なぜ・・・なぜ!? もしかして・・・私はただの淫乱なのか!?』
とまどう心などどこ吹く風で私の身体は快楽を求め、私の指はそれに答える。
指を動かすたびに私の秘裂からにちゃにちゃ、くちゅくちゅと粘液質な水音が立った。
その音がさらに私を高ぶらせる。
全身が絶頂への階段を駆け上がり、頭の中が白く塗りつぶされていった。
『も・・・もう・・・イキそう・・・膣内だけで・・・イキそう!』
自分への攻め方を変える余裕などない。
膣内で指をぐねぐねと動かしながら、膣肉をえぐるように、蜜をかき出すように手を動かす。
もう何も考えられない・・・その何も考えられない世界の中で一人の男の顔が浮かんできた。
『え、えっ!? 吉田!?』
それと同時に快感が私の閾値を振り切った。
「あっ! ああっ!? ああああああ!!」
膣壁が私の指をきゅきゅっと締め付け、全身の感覚と力がそこに吸い寄せられようとしているように感じた。
絶頂の快感に私は声を上げながらごろごろとベッドを転がる。
しかし無意識のうちに指は膣から抜かない。
「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」
あらしのように吹きすさんだ快感が過ぎ去り、私はぐったりしながらベッドの上でいつも以上に荒い呼吸をしていたが、だんだん呼吸が整ってきた。
落ち着くと同時に羞恥と混乱が心の中に湧き上がってくる。
ガバッ
誰かに見られているわけでもないのに、私は隠れるように毛布をかぶって丸くなった。
『なぜ・・・なぜあの時、吉田の顔が・・・!?』
分からない・・・だが、吉田のことを考えたと同時に身体の奥がまた熱くなり、蜜がわき出るのを感じた。
もしかして、私は晋太のことは忘れ、吉田のことを・・・
それ以上は考えられなかった。
魔物としての本性が思考を彼方に押しやり、再び快楽を求める。
月明かりが妖しげに差し込む私の部屋に、淫らな吐息と水音が再び響きだした。
11/09/18 10:23更新 / 沈黙の天使
戻る 次へ

■作者メッセージ
「大人+スーツ+マンティス=最強」とおっしゃっていた方がいらっしゃいましたが・・・いやいやいや。
まだ「剥いだらエッチな下着だった!」要素があるじゃないですか!
いや、剥がなくても「エッチな下着がブラウスから透けて見える」要素も捨てがたい(殴
と言うわけで、繁殖期に入るとついついエッチな下着を身につける梅軒さんなのでしたw(普段はシンプルなものや、グレーのスポーツタイプを好むようです)
ちなみに、この日の梅軒さんの下着の穿き方は間違っています。
本来はガーターベルト&ストッキングを身につけてからショーツを穿くのが正しい穿き方です。


さて・・・繁殖期に入りました!
またオナニーww
しかし、いつもと違うオナニーのようです!
いや、いつもと違うのは仕事の段階から・・・
さぁ、梅軒さんはこの気持ちをどう自分でとらえるのか・・・!?
次回に続きます。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33