『アナタヲオモウ・・・』


「アリー、勤務時間終わったらどうする?」
「ふぇ?・・・・うぅ〜ん・・・とりあえず読書・・・かな?」

ココは天界。主神の管理の管轄外で別の女神が管轄する天使達の居住区。
その中で下位の天使達の住まう居住区の一角にてふよふよ〜、と飛びながら会話する二人の天使がいた。

「ふ〜ん・・・アリーってさ、読書ばっかりだよね? 少しは体動かしたら?」
「もぅ〜ナズリーと一緒にしないでよ。第一貴女、力天使志望でしょ?・・・私は知天使志望なのっ!」
金色の髪の毛を短く襟上で綺麗に切りそろえたストレートにした力天使志願の下位天使【ナズレイン】。
彼女と対照的に緩いウェーブのかかった金髪を腹のくびれの裏まで伸ばして、その髪と顔に良く似合う気品のある赤いフレームでレンズの小さい眼鏡をかけた知天使志望の下位天使【アリサエル】。

この二人が世間話に華を咲かせて大きなメインストリートのようなところを飛んでいる。
・・・やはり天界だけあって回りに魔物はいないが、主神の管轄であれば道の所々に貼ってあるべき『反魔運動推進ポスター』が貼られていないあたりここの管轄の女神は魔物に寛容な用だ。

「ははっ! ゴメンゴメンっ! 冗談だから。」
「もぅっ!」
ナズリーは片手でお腹を押さえて笑い声を上げ空いたもう片方の手でアリーに向けて手をプラプラさせると、頬を膨らませて腰に手をやり如何にも怒っていますよっ、という態度のアリー。

アリーのその仕草・・・普通にかわいいのでたちが悪い・・・

そして幾許の距離を飛んだ二人はやがて見上げるほどに大きな白い建物の前までやってきた。
その建物の前では門番である中位の力天使であろう彼女達が槍を地面に突き立てて建物に出入りするほかの天使たちを眼光鋭く監視していた。

「・・・ぅぅ・・・やっぱり慣れないわね・・・アレ。」
「あはははっ! 心配しすぎだってアリー。別段悪いことする訳でもした訳でもないでしょう? ほらっ! 問題ないっ!」
そういってニコッと微笑むナズリーはポンポンっ、と少し腰が引けているアリーを励ました。

「そ、それもそうだよね・・・・うんっ!」
「そうそう、その調子♪」
小さく胸の前でガッツポーズをするアリーの行動をみてクスクスと声を殺して笑うナズリーは肩に置いた手をどかすと今度はさっきよりも明るい笑顔でニカッと笑いながらアリーを建物の中に進ませるのだった・・・

門兵達へ挨拶もソコソコに中に入る為に扉を開けると・・・・

「はいっ、こちらが証明書です。紛失等した場合は速やかにここ、【職種管理所】まで届け出をだしてくださいね?」
「すいませ〜ん!! 知天使管轄所までの案内状をください!」
「こらソコっ! 嬉しいからといって飛び回るな!! 他のモノに迷惑だし通行の邪魔だっ!」

天井から吊るされた案内板・・・

白で統一された清潔感ある室内・・・

活気ある人々、いや天使たち・・・

何か嬉しいことがあったのかはしゃいでいる天使を注意する天使複数人・・・

そう、ここは天使たちの職場を決める為の管理施設【デモニス・スターツァシィ(仕分け場)】である。
ここで初めて下位天使はそれぞれの属性を決められ、それぞれの知・力・愛の上位目指して己を高めていく。
ある程度は希望通りになるのだが時折需要が多すぎて他の部署になることがあるらしい。
らしい、というのはそんなにその事象が起きないからである。

さて、話を戻して・・・

「はぁ、お互い希望通りになっているといいんだけどね・・・」
「あぅ・・・・うん。」
さっきの門外の威勢はどこへやら。
二人ともコレカラのことに不安だらけなのだろう、翼が先ほどから垂れているようにみえる・・・

ふと並んでいた列が動き出した。
そしてあれよあれよ、という間に二人が目の前にカウンターに向き合う。

カウンター越しに見えるはアリーと似たように黒縁眼鏡をかけて微笑んでいる天使だったが、よく見れば羽織っているシスター服が全て真っ白になっていて胸に中位知天使の象徴であるエンブレム・バッヂがついていた。

「はい、次の方どうぞ?」
「は、はぃ。ナ、ナズレインです。力天使希望です。」
「ナズレインさん、ですね?・・・少々おまちを・・・」
ナズリーは緊張のあまりギクシャクしながら己の素性を言うと知天使は自身の直ぐ後ろに並べられた何万冊というファイルの中から迷わずにナズリーとルビが振られたファイルを取り出してカウンターまで戻ってきた。

「お待たせしました。・・・ではこちらが辞令です。」
最初と変わらぬ柔らかな微笑のままファイルの中にある一枚の紙を取り出してソレをカウンターの上においた。
そこには【辞令】とかかれており直ぐ下にたった一文だけ『力』と書かれていた。

「・・・あら。ふふ、おめでとうございます。ご希望通りの力天使です、これから頑張ってくださいね。」
「は、はいッ! あり、ありがとうございましゅっ!」
緊張のあまり噛み噛みになりながらも礼を述べて後ろに下がるナズリーをクスクスと忍び笑いで送った知天使はナズリーの直ぐ隣にいたアリーへと視線を移し・・・

「お待たせいたしました。お名前をどうぞ?」
「は、はい。アリ、サエルです。知天使志望でしゅっ。」
アリーも噛み噛みだった。

「うふふふっ、ご、ごめんなさいっ。・・・では少々お待ちを。」
とうとう二人の緊張っぷりに笑いを堪え切れなくて笑ってしまった知天使はそれでも直ぐに息を整えすぐに業務へともどる。
そしてナズリーと同じようにファイルを引っ張り出してきて同じようにカウンターに一枚の辞令を置く。そこに書かれていた文字は・・・・








『愛』








「・・・えっ?」
「あら?・・・ファイルはあっていますね・・・?」
愛、すなわちアリーの勤続先は愛天使ということになる。これは間違いか?と知天使の方も首をかしげてファイルの名前を確認するもやはりそのファイルはアリサエルで相違無かった。

「えぇー・・・では、アリサエルさん。貴女はこれから愛天使に所属になります。希望通りにいかなかったからと言って気落ちしないで頑張ってください。」
「・・・え?あ、は、はいッ!」
アリーは上の空だった。

あの後アリーはどうやって家に帰ったのかわからなかった・・・
ソレくらい現実が信じられなかった。
そして気がつけばベッドに寝ていた。

「・・・私が・・・愛天使・・・駄目、信じられないよ・・・」
うつぶせに寝ていて時折言葉に合わせて純白の翼を羽ばたかせるアリーはクルリと体勢をかえ、寝返りをうつ。
そうすると視線がちょうど横を向く。
するとベッドに備え付けた水晶に何か映像が写っていた。
その映像には小さな男の子と小さな天使の女の子が・・・


こころなしか女の子のほうはアリーに似ている気が・・・


ソレを見て沈んでいた表情にパッと少し光がさした。

「・・・ふふっ。もしかしたらアニーの補佐になるのかもね。」
誰に言ったか、はたまた独り言か。

こうしてアリーは愛天使として【短いながら】も働くことになったのであった。



・・・・・・・・・

・・・・・

・・・



「・・・はぁ、気持ちを切り替えなきゃ・・・」
あの後ふらふらとした足取りで無意識のうちに自宅に帰ったアリーは頭が真っ白になっていた。
そして未だに気持ちを引き摺ったままとある建物へ移動したのだった。
その建物はアリーの居住区から結構距離のある場所にあるが人の出入りが頻繁であるため閑散という言葉はまったくでてこなかった。
そしてその建物に近づくと・・・

ギィィィーーッ・・・・・

「・・・?勝手に・・・開いた?」
アリーが開けようとして数ある扉から一枚選んだ扉に手を掛けようとしたその扉が勝手に開いたので不思議がっていると・・・


「・・・ん? あらあら?・・・あぁ、貴女が新しい娘のアリサエル?」


中から出てきたのは同じ女性、しかも天使からみても美しいと思えるような美貌とプロポーションをもった見目麗しい方だった。
はじめてその女性を見るアリーでもこの女性が何者かが雰囲気で分かってしまい先ほどまでの暗い気持ちが一気に吹き飛んで、体が物凄く堅くなってしまい不自然なほどの直立不動になる。

「は、はは、はじめまして女神様っ!! わ、わわ、わたs」
「あぁ〜いいわよ、アリサエル。そんなに堅くならないで。それにお互い素性が分かっているなら問題ない、・・・ちがうかしら?」
かなり性格がフランクらしい女神様はカチコチに固まったアリーを諭して楽にするように笑顔で言う。その微笑には母親のような慈しみが溢れていた。

「まぁ立ち話もなんですし・・・これからのお仕事の事を説明するついでに中へいらっしゃい。」
「は、はいっ!!」
・・・まだカチコチなようだった。

そして対照的な状態の二人は扉の中に消えていった・・・

中に入り真っ白な壁と天井、カツンツカンと女神様の靴の音が響く黒い床には真紅の絨毯が敷いてあった。その通路を暫く歩き女神様が動きを止めて横に体を向ける。その向けた先には扉があり、扉横に【執務室】と書かれた銀プレートの札があった。

「さぁ、こちらの部屋へいらっしゃい。」
「は、はいっ。」
多少は落ち着いた様だが未だに固いままのアリーは幾分かましになった動きで執務室の扉を女神様につれられて潜った。

室内は白一色の壁、天井、床で空間は広々としており・・・
皮製の黒いソファ・・・
黒基調のガラスで出来ていると思われるミニテーブル・・・
それと一番奥に立派な木工製の机が綺麗に整理されて書類はミミを揃えて山積みになっておりその根元には羽ペンがインクに浸かったまま立てて置いてあるのみ・・・

実にシンプルなレイアウトだった。

「どうぞ座ってくださいな。」
「は、はい。」
ゆっくりとソファへ腰掛けた女神様に倣いアリーも同じように失礼が無いように座る。
そしてその座り位置は顔同士を向き合わせるものだった。

そして女神様は一つ咳払いをするとアリーに凛とした表情をむけた。

「では・・・下位天使アリサエル。貴女を本日より下位愛天使として正式に配属いたします。これからの頑張りに期待していますよ?」
「っ!・・はい、謹んでお受けいたしますっ」
アリーはサッと立ち上がりぺこりと腰をぐっと折り曲げて最敬礼をする。

「・・・さて、もう楽にしていいわよ。」
「えっ?! は、はぁ・・・」
社交辞令てきな任命式を終わらせてまた柔らかな笑みになる女神様とコロコロと空気がかわって戸惑いを隠せないアリーだが手で座るように合図されたのでもう一度ソファへ座った。

「さて・・・貴女、友達とかからはなんて呼ばれているのかしら?」
「え、えっ??・・・あ、アリーと・・・」
「そう。アリー、貴女がなぜ自分が希望した場所ではない愛天使の管轄に来たかわかるかしら?」
と女神がアリーに向ける表情はとても暖かい笑顔。その笑顔はまるで子供からの疑問を優しく応える母のようだった。
対してアリーは眉間に皺を寄せて真剣に唸っている・・・

「ん〜・・・す、すいません・・・わからないです。」
「ふふっ。答えは・・・」
「?」
ワクワクして種明かしをするような笑顔に変わった女神の出した言葉、アリーが愛天使となった訳・・・それは・・・



『貴女、ズバリ恋してるでしょ? しかも人間の男の子に。』



・・・・暫しの沈黙どころか時間が止まった。



そして



「・・・えっ!? えぇ!???? な、なんで・・・なんでわかったのですかぁ!?」
「・・・ぷっ、あっははははっ〜!!お、落ち着きなさいって・・・ククッ・・ね?」
あわわ!?、っと後ろに効果音が付きそうな感じで慌てているアリーを見て女神は笑い声を上げた。
その女神様の様子を見てアリーは今自分が何をしたか思い返し・・・赤くなって静かに俯いてソファに腰を下ろした。

「ックク・・・あぁ面白かったわ♪」
「め、女神様? まさか当てずっぽうですか!?」
「ふふっ♪ いいえ。ちゃんと根拠ならあるわよ?」
未だに恥ずかしさの余りプルプル震えていながらも女神様の両目をしっかりと見るアリー。
その目をみて「あら?・・・ふふっ」と小声で呟く女神様は立ち上がり、自身の作業用机からナニカのファイルを取り出して再びソファのところまで戻り腰をかけると同時にソレを正面にいるアリーへ手渡す。

「・・・? えっと、『下界行き連絡門出入者履歴書』・・・っ!」
「わかった? 普通の天使だったら下位天使であっても月5〜6回程度なのに貴女ときたら月に8〜9回、しかも毎月、さらにはここ数年よね? これじゃあバレバレよ。」
「あぅ・・・」
イタズラがばれた子供のようにシュンとなるアリーに、「困った子ね。」と悩めしい顔と溜息をする女神様。

「主神の馬鹿には伝えていませんから安心して。」
「っ・・・では、どうして私を?」
「ふふ、それはね?」
再び優しい笑顔になる女神様はアリーに言い聞かすように話す。



『種族の壁で恋ができないなんて馬鹿らしくない?
恋は平等。それが私たち愛を司るモノだけど・・・

そこに自分が含まれていないのは変でしょ?

大方、その主神の教義に縛られて自分から身を引こうとしていたのでしょう?
そんな健気な娘がいたとなっては・・・ね?

だからココに引き抜いてきたのよ。』


・・・その言葉一言一言がアリーに、アリーの魂に溶け込んでいく・・・

アリーの親である主神はいつもアリー達天使に教義を教え込んできた。

「純潔こそ潔白。ゆえに恋はするな。
慈悲をもって、しかし特別扱いはするな。
全員平等ということソレすなわち愛。
愛を持って恋を捨てろ。
恋をすれば忽ちにその心と体を魔に食われるぞ。」

と。

そんな親のもとで育ったアリーは主神から離れ数年たったある日、下界を見学してくると言う天使育成機関の課題を嫌々ながら行っていた。

はやく終わらせたい一心で【インビジブル(不可視)】の魔法をかけるもそれが中途半端になり、とある農家の近くで切れて畑作業中だった少年と目と目があってしまった。

その時、アリーは始めて感じる急な心拍数と体温の上昇に戸惑った。
・・・それは後に一目ぼれだとわかった。

少年はアリーの姿を見た瞬間固まったものの次第に顔が赤くなっていき作業途中で胸に抱えていた種野菜をボロボロ落としてしまった。

二人はその音にハッとなりいつの間にか二人とも互いに野菜を拾っていた。
やがて拾い終わるとどちらからとも無く挨拶と自己紹介をしたのだった・・・

そして分かった事が2つと、うれしい事1つ。
1つは彼の名前。彼は『アニバース』。友達からアニーと呼ばれているそうだ。
1つは彼の歳。彼は今年で15歳になるということだった。アリーとは2歳年下だった。

そしてうれしい事。それは彼から愛称「アリー」を貰ったこと。

そして二人はこの日から数年、現在に至るまで友達として付き合っている。
周りからは秘密にしていたことであった。

が、ある日アリーは気付いてしまった。
アニーに対して抱いているモヤモヤとした気持ちに、淡い霞がかかったようなおぼろげな気持ちに。
そしてそれは日をおうごとに段々と明確になっていく。



それは



『恋心』



しかしアリーは主神の教えに従って生きる天使。
・・・このままでは禁忌を犯して堕落してしまう。

そして彼女は幾日も睡眠を欠いて出した答え。



それは彼から離れるということ。



苦渋の決断だった。・・・だがそれでも心配する彼女は時折アニーの様子を見に天界からしばしばやってくるのであった。


「・・・私は・・・っ・・・私はっ一体っ・・・」
「・・・素直になりなさいな。ふふっ。」
女神様の言葉を聴いて俯いたアリーの目には大粒の涙が溢れていた。
困った顔をしながらも女神様は微笑を絶やすことは無かった。

アリーが肩を震わせてすすり泣く事数分。
沈黙は女神様が放つ言葉で破られた。

「では、アリー・・・いえ、アリサエル。貴女に初任務を与えます。」
「ッグス・・・は、はいッ」
女神様の囁くような声でアリーへと初任務の内容を言わんとする。
その声に愚図ついたアリーもキリッとした顔へ戻し、任務を拝命する。

「任務は・・・



『アニバース』という青年を愛をもって幸せにしなさい。



・・・ふふっ、頑張って幸せにね。アリー?」
女神様はソファから立ち上がりゆったりと歩いてアリーの隣まで行き頭に手を置いて励ましの言葉を送る。

「っ!! ・・・あ、ありがどう゛・・ござ、い゛ま゛・・・ず・・・っっ!!」
その思わぬ任務に感激しあまりの感情の高ぶりに女神様へ抱きつきあらわしきれない感謝の気持ちで顔がグシャグシャになり、涙の洪水を流し声を上げて泣いた。


・・・・・・・・・・

・・・・・

・・・

「・・・アリー、また会えないかな・・・」
天井の無いテラスにある椅子に腰掛けて読んでいた本を閉じて満月を仰ぎ見る青年がいた。

「・・・アリー。もし君にまた逢えたら友達のアニーとしてでなく、一人のアニーとして伝えたいことがあるんだ。」
スッと目を閉じた青年の顔はとても寂しそうだった。


すると突然に目の前が暗くなり・・・


バサッと音がしたので青年は目を開ける。
するとそこにいたのは・・・

「そんな暗い顔して、どうしました? ・・・アニー?」

満月のフワリとした月明かりを背にアリーが今まさに降り立つところであった。
驚いたアニーはガタッと椅子から飛び上がりアリーを凝視する。

「・・・ただいま、アニー。」
「・・・あぁ、お帰り。アリー。」
お互いの目には涙が溜まっており、どちらからとも無く腕を広げてゆっくりと降りてくるアリーをアニーが優しく抱きとめた。
その瞬間二人は声を上げて再会を喜んだ。

暫し後にて落ち着きを取り戻した二人は暖かい暖炉の灯ったリビングに移動した。

そこで互いに向き合い・・・

「アリー、僕は君のことが好きだ。多分あったころから。」
「アニー、私も貴方のことが好き。」
ニコリと微笑みあう二人だが・・・

「・・・アリー一つだけ教えてくれないか?」
「・・・どうしてここ数年逢いに来なかったか、ね? ・・・実は・・・」
アニーが急に不安そうな表情になり、アリーにとってアニーに一番話さなければならないことであった。彼女は今までどうしていたか、どうしてこうしたかを包み隠さず全て話した。

「・・・というわけだったの。・・・今更だけど・・・ごめんn」
「許すよ。・・ふふっ、真面目なアリーらしいね♪」
「ちょっと! そ、それどういう意味よっ!?」
真っ赤なりんごのように赤くなるアリー。ソレを見て笑い出すアニーにつられてアリーも笑い出した。暫く笑った後アリーは真剣な顔をしてアニーに対してこう言った。

「・・・そしてこれは私の愛天使としての任務であり、私の夢であったの。・・・私、アリサエルはアニバースを愛をもって幸せにいたします。・・・・大好きです。愛しています。世界中の誰よりも。・・・・これからずっと一緒にいてください、アニー♪」
そう言い切るとアリーは正面に面と向かっているアニーの胸へ体全体を飛び込ませた。驚いたアニーだったが、ふとニコリと笑いアリーの頭を撫でながら言う。

「僕も大好きです。愛しています。世界中の誰よりも。・・・・絶対に幸せにするよ、アリー。」
「ちょっと〜幸せにするのは私なんだけど・・・」
「あっ! ゴメンっ!」
あははっ、と響く笑い声。その顔はとても幸せそうであった・・・・

・・・・・・・・

・・・・・

・・・

その様子を水晶越しに見る女神はそよ風掻き消えてしまいそうなほど小さな声でこの二人を祝福した。

『お幸せにね、アリー。そしてアニー。』

【完】

タイトル詐欺・・・かもしれない・・・((( ;゚Д゚)))ガクブル

どうもjackryです。
今回このSSを書くにあたり色々考えて天界を書いてみました。
ベースは図鑑世界ですが・・・原作の世界観を壊しそうなので私の世界にしました。
ちなみに主神と女神様は険悪の仲です。女神様は親魔派でもあります。

いかがでしたでしょうか?(´・ω・`)

11/07/13 00:55 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33