読切小説
[TOP]
とある温泉にて
1台の車が旅館の駐車場に止まる。
車に乗っていたのは1人の男性で1度車から降りて腕を伸ばす。
そして伸ばし終えたあとに助手席の扉を開けて宿泊用に持ってきた鞄を持って扉を閉める。

「ふぅ・・・久々の温泉だな♪」

男はウキウキ気分な足取りで旅館の方へと移動して旅館へ入る。
旅館内に入ると1人の仲居が近づいてくる。
しかしその女性の姿は上半身は女性だが、下半身は"蜘蛛"の魔物娘。

"ジョロウグモ"だった。

「ようこそ、魔交聖(まこうせい)温泉へ」

「蜘蛛の・・・魔物娘」

出迎えた仲居に少し驚く男。
だが男はすぐに、っはっと我に返る。

「す、すみません蜘蛛の魔物娘を見るのは初めてで、つい・・・」

少し頭を下げて謝罪する男。
しかし当の本人は気にしているどころか、くすくすと笑っていた。

「うふふ、お客様は誠実なのですね私は気にしておりませんのでお気になさらないでください、えっとご予約の方でしょうか?」

「は、はい!大宮和鳴(おおみや かずなり)です」

フロントで予約名簿で名前を確認していく仲居のジョロウグモ。
そして確認を終えて、フロントにある奥の待機部屋に移動して鍵を取りに行き。
鍵を取った後和鳴の元へと移動する。

「確認しました、ではお部屋へご案内しますね」

旅館内を移動する2人。
そこで和鳴はふと思い出したかのようにゆっくりと口を開ける。

「あのつかぬ事をお聞きしますが・・・」

「はい、何でしょう?」

目が明らかに泳いでいた。
 何かを知っているが、それを言っていいのか。
  はたまた言ってはいけないのか、迷っているように。
   だが和鳴は意を決して口を開けて質問をした。

「・・・この温泉って、その彼女ができるというのは本当なんでしょうか?」

「あらあら、お客様は"そっち"の目的でご宿泊を?」

「・・・誠にお恥ずかしいことです」

和鳴の顔が少し赤く照れており少し頬を掻く。
しかし仲居は笑うことなく、真面目な顔をする。

「恥ずかしい事ではありませんよ、お客様のお歳では普通の事で一般的だと私は思います」

移動しながら途中、エレベーターの前で立ち止まって上に行くボタンを押す。
そしてエレベーターが来るまで少し待つ2人。
黙って待っていると今度は仲居の方から声を出す。

「・・・失恋ですか?」

「い、いえ失恋ではないです!」

「そうでしたか、それは失礼しました」

ぺこりとお辞儀する仲居。
するとエレベーターの扉が開きその中に入る2人。
仲居が3階のボタンを押しエレベーターが動き出し3階で停まりゆっくりと降りる。

そして右側の廊下を歩いていき。
304号室部屋の鍵を開ける仲居。

「こちらがお客様のお部屋となります、ではお茶お持ちしますね」

ぺこりとお辞儀をすると部屋を出る。
1人になった鞄を置いて和鳴は少しリラックスする。

「・・・はぁぁ勢いできちゃったなぁ」

少し天井を見つめつつ溜息を吐き出してしまう。
それは"色恋"というものを知らないから。
だから今1番噂になっている旅館に宿泊を決意したのだ。



夜になり夕食を終えて2回ほど温泉に入りテレビ等を見ていると、時計を針は23時を指していた。
流石にそろそろ寝ようと思いテレビを消して、布団の中に入り「ふぁ〜っ」と欠伸を出し。
眠り始めた。



          時刻は誰もが眠る丑参つ時の頃・・・。



合い鍵を使って、和鳴の部屋に入る1人の魔物娘。
その魔物娘は音を立てないようにゆっくりと移動する。
しかし念には念をと思って

          "糸のようなものを出して窓を開けないようにする"

そして唇を少し舐めて、眠っている男性。

                  "和鳴に近づく"

「これで二人きり・・・邪魔者はいない・・・♪」

浴衣をゆっくりと肌蹴させると綺麗な肉体(彼女からすれば)だと頬を赤くなってしまう。
だがここで、我に返りゆっくりと和鳴の体に顔をうずめてみる。

「ああ、この香り・・・この心臓音・・・堪(たま)りませんわ♪」

起きないように最善の注意をして、胸をペロ、ペロっと舐め始める。
右から舐めて次に左へと舐め胸を舐めた後は体を重点的に舐め始める。

「ペロペロ、うふふこの味・・・とても美味しいです・・・癖になりそうです♪」

体を舐めて、舐めて、舐めていくと和鳴の顔の目元がピクピクと動く。
そして「う、う〜ん」とうめくが起きることがなかった。

「・・・ふぅ、これで起きないとは・・・!いい事思いつきましたわ♪」

下半身のパンツを手に掛けて脱がす。
すると若干ではあるが、チンポが勃起している。
それを見て両目が ♡ ♡ になって見つめてしまう。

「ああ、これが・・・これがチンポ・・・」

ごくっと生唾を飲み込んで、ゆっくりと手で掴んで手コキを始める。

"シュッシュッ、シュッシュッ"と手で気持ちよくすると、徐々に勃起していく。
その雄々しく勃つちんぽに惚れ惚れしてしまいゆっくりと舐め始める。

「ああ、あむ、レロチュパ・・・」

優しく丁寧に舐めていく。
その姿は"献身的"な女性という印象だろう。

「ん、んん・・・」

ここでようやく和鳴の意識が少しずつ覚醒する。
それに気づき射精させようと今度は頬張り口の中に入れる。

「じゅぷ、じゅるじゅる・・!!」

口の中に含んでしゃぶり吸い上げていく。
その快感に流石に違和感を感じて和鳴も目を開ける。

「だ、だ・・・!?っ!!な、な・・・仲居さん!?」

「♪じゅぷ、じゅぷレロレロ・・・ちゅうぅぅっ!!!」

さらに吸い上げて、精液を射精させようとする。
あまりの快感に限界に達し。

「っくぅ・・・も、もう限界っ!」

和鳴の精液が。
"ドピュドピュドピュ、ドピュドピュドッピュ"
口の中に射精して、こぼれないように。
大事な精液を・・・飲んでいく。

「ん、んん・・・ごく、ごく・・・ごくごく・・・おいしゅうございました♡」



「な、仲居さん・・・い、一体・・・な、何を・・・」

「お客様・・・いえ、旦那様♪私のお口おまんこ気持ちよかったでしょうか?」

妖艶に見つめられて、ドキドキと緊張する和鳴。
だがなぜ自分にこんな事をという疑問が湧き出てしまう。

「あ、あのな、何故・・・こんなことを?」

「何故?決まっているではありませんか♪」

ゆっくりと近づいて和鳴の体を覆う。
そして両手で和鳴の顔を包むように触れる仲居。

「貴方が愛おしいから♪愛おしくて・・・鼓動が止まらないのです」

包んでいた手を離し、今度は自分のおまんこを触るとそのまま広げる。
自分で広げるおまんこを見た和鳴も思わず生唾を飲み込む。

「旦那様・・・旦那様のおちんぽ、ここに入れてもよろしいでしょうか?」

「・・・え、あ?」

戸惑い少し口が開いてしまう和鳴。
そして有無を言う前におまんこにチンポを自分から挿入する。

「んん・・・だ、旦那様のおちんぽ・・・おちんぽぉっ♪」

ゆっくりと入っていくチンポ。
しかし少しだが血が出ている事に気づく和鳴。

「あ、ああ・・・気になさらないでください旦那様♪」

根元までチンポが入り、腰を動かしていく。
おまんこの中は温かくそれでいてウネウネとヌルヌルと快感を与えていく。

「っくぅ・・・き、気持ちいい」

「うふふ、わ、私も気持ちいいですぅ♪」

腰を動かしていく。
顔の表情も少しづつトロけ始める。

「ああ、はあぁぁん、ああん・・・き、気持ちいい♪気持ちいいですぅ旦那様ぁ」

「な、仲居さん・・・」

快感に段々と我慢できなくなる。
しかし、不意に腰を動かすのをやめる。

「火姫(ひめ)・・・です、私の事は・・・火姫と呼んでください」

「火姫・・・」

あむっと唇を交わし深く深く舌を合わせる。
そしてキスをしたまま腰を動かすのを再開する。

「はぁはぁ・・・ひ、火姫・・・も、もう限界・・・」

「はぁんん・・・んん出して下さいまし旦那様、私の膣(なか)にぃ!!」

腰を動かしていく火姫。
 そして快感を味わおうとする和鳴。
  互いを求めるように交わり、認めてしまう。

              "彼女の事が好きだと"
「で、でる・・・火姫!!」

我慢の限界を超えて2度目の射精をしてしまう。
"ドクドク、ドクドク"と射精して満たされていく火姫。
そしてゆっくりと蜘蛛足をまげて、和鳴と密着する火姫。

「ああ、気持ちよかったですか?旦那様」

「気持ちよくなかったら、射精なんてしない・・・こんなこといまさら言うのもあれだけど・・・」

少し顔が赤くなる和鳴。
気恥ずかしいの一目でがわかるが意を決して言う。

「俺と結婚を前提に・・・付き合ってください!」

「はいっ!!よろこんで!!!」

ギュッっと抱きしめる火姫。
そして見つめあい、キスをする。



夜も明けて、朝になり朝食を食べる和鳴。
その隣には告白した相手である火姫がいる。
何故ここにいるかというと。
早朝、和鳴が起きる前に温泉の仲居をやめると言ったからだ。
最初は困るとか言ったんじゃないか?と思った和鳴だった。
しかし旅館の方は「おめでとう」と祝福してくれたという。
そして朝食を終えて、火姫と少し分かれて帰る準備をして旅館の部屋の鍵を掛ける。
移動して火姫(私服姿)と合流して1階のロビーに行くと。


旅館に務めるスタッフと仲居が出迎い2人を祝福する。
拍手と祝福に嬉しさと恥ずかしさを噛みしめる和鳴。





その旅館は"魔物娘"と旅行客と"交わって""聖なる"夜にする・・・

                           人は魔交聖温泉と人は言う。
15/03/08 14:01更新 / シャルロット♂

■作者メッセージ
皆様お久しぶりです
シャル・ロットです
2月の終わりに泉には行きました
なのでちょっと投稿が遅くなりましたが、何とか書き投稿できました
まぁ気長に待っていて下されば私も気が楽になりますw
ではまた次回作をお楽しみに♪

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33