読切小説
[TOP]
待ち続けた女
とある街に一人の女性が歩いていた。
長身に長い黒髪、下品にならない程度の適度に肉付きの良い体を黒い洋服で身を包む。
同性ですら憧れるような女性だ。

「ふぅ…、やっぱり夏は暑いわね」

だが彼女は人間ではない。
異世界に住む魔物娘、その中でも魔王の娘であるリリムこそが、彼女の正体であった。

「街から出て東にずっと歩いてきたけど……、今日は特に暑いわね。ちょうど良い図書館があるし、少し休ませてもらうわ」

そう言って彼女はとある大きすぎもなく小さすぎでもない程よい大きさの図書館に入っていく。

「ううっ!やっぱり急に冷房入ってる所に行くと寒いわね。
でもそんなに下げてもないみたいだし、良かったわ。
さて……、どんな本でも読もうかしら?」

彼女は近くにあった本を手に取り読んでゆく。
彼女は本が好きであった。
正確には本や舞台として、語られる物語を知るのが大好きだった。

元々彼女は、ほかの姉妹と比べると魔物娘としての本能が薄かった。
もちろん人並みに男の精は欲しいと思うし、淫らに汚れたいと思う。
だが……

「そういえばあの子は元気かしらね。まああそこはもう気温も殆ど変わらないでしょうけど」

脳裏にとある少女の姿が浮かぶ。
少女が作り上げた愛と快楽の理想郷も。

でもそれで、私は幸せになれるのか?
分からないまま、彼女はあの街から離れた。
あそこには求めていたものはもうないだろう。
あるのは愛と快楽に溺れ続けるケダモノ達だけだ。

(ごめんなさい……、姉さんやお父さん、お母さん……。
私は自分が納得できる答えを探したいの)

そんな事を思い浮かべていた時だった。
その本が目に入ったのは。
手作りなのだろう。
紙の質も悪いし、奥付もない。

(そういえば、自分が書いた本を置いても良いって入り口の所に書いてあったわね)

そんな事を思い出しながら、彼女は文書を読んでいく。
ゆっくり、じっくりと。

(これは……、一体どんな人ならこれを書けるの?)

それは、普通のファンタジー小説だった。
平凡な男が、勇気を知り、悲しみを知り、夢を浮かべ、絶望に立ち向かう。
いくらでもある使い古された物語だ。
だがこの物語は愛に溢れていた。
この世界を心から愛しているからこそ、この物語は彼女の心に響いたのだ。
彼女は館員やネットなどありとあらゆる手でこの本の作者の事を訪ねてゆく。

「ねぇ、この話を書いた人は、今どこにいるの?どうしても知りたいの!」

そうこうするうちに作者の情報が彼女の元に届けられる。
だがその中身は……。

「!?そんな!?」


〜〜〜〜〜


彼はある病院に居た。
殆ど体も動かず、声すら発する事も出来ない。数年前の事故により、もはや彼の寿命はあと1年持つか持たないかというものだった。

「あなたがこの本の作者ね……。探したわ。
でもこんな事になってるなんて……」

その部屋の中に彼女が入ってくる。
周りの看護師や医師には全く止められずに。

「……これを使うしかないわね。
私の魔力と力と薬を使えば……、ウ……マズイ」

彼女は小瓶の中身を一気に飲み干す。
そしてその彼女の手は彼の動かない手の上に置かれる。

「現実では駄目でも……、夢の世界なら……」




部屋があった。白い壁に沢山の絵が写真が貼ってある。
おもちゃも彼自身の思い出もそこら中に転がっている。

彼女は特製の夢見薬と自分の魔力を利用し彼の夢の中にいた。

「おもちゃも、絵も、作文も、思い出そのものでさえ、こんなにたくさん夢の中に詰まってるなんて……」
「どうしたんだい?君は誰だい?」

声が聞こえる。
優しい声が後ろから聞こえてくる。

「私?私は……、貴方の心を奪いにきた魔物よ」
「魔物……か。こんな所にこれるんだからそうだよね」

振り向くとそこには優しそうな風貌の眼鏡の青年がいた。
彼は彼女の魔物娘としての姿を見ても全く動揺していないようだ。

「……貴方、変な人ね」
「よく言われたよ」

二人は部屋の中心にある椅子に向かい合って座る。

「貴方が書いたこの本……、まだ未完成よね?」
「……ああ、そうだよ。でもこの身体じゃもう書けない。どうしてもあれは書き上げたかったのに……」

彼はとても悲しそうな表情で呟く

「ならその願いは私が叶えてあげるわ。私が貴方の望むように代筆してあげる」
「どうしてそんな事をしてくれるんだい?」
「私だって、この物語を最後まで見たいもの。
それにタダとは言わないわ。
貴方はもう助からない。
だからせめて貴方の魂を私の物にするわ。
それが条件よ。」
「良いよ。君がこの物語を世界に送り出してくれるなら、僕の魂をあげても構わない」
「契約成立ね」

それから二人の奇妙な関係が続いた。

二人きりの部屋で、決して触れ合うわけでもなく、言葉だけを交わしていく。

「貴方、確か子供を庇ってこうなったらしいわね。後悔はしてないの」
「子供は助かったんだろう?なら後悔はあるけど良かったよ」
「貴方……、怨みや怒り、絶望は貴方の心にはないの?」

彼女は疑問に思っていた。
彼の夢の世界は、とても純粋で美しかった。
こんな地獄のような苦しみを味わったというのに。

「僕が怒りや恨みを抱くのなら、それは僕自身に対する事だよ。
この世界に何も返してあげられない事に」

彼女は彼のある種の異常性に気がついた。
彼は世界を愛していた。
人々を愛していた。
このありとあらゆるものが入り混じる、愛も憎しみも、希望も絶望も、すべてがありのままにあるこの世界を愛していた。
全く憎みもせず、恨みもせずに。

「……ある意味私達、魔物娘の愛とは正反対ね」

魔物娘の愛は、その為なら世界さえも塗り替える愛だ。
愛する者の為なら国一つでさえ敵に回そう。
それが魔物娘の愛だ。
だが彼の愛はそれとは違う。
ただ愛していく。
決して実る事がなくてもただただありのままの世界を愛する。
綺麗な所も汚い所もすべてそのまま愛して、その世界に何ができるかを常に考えてきた。

「そうかい?そういえば君の事も聞かせてくれないか?」
「ええ、良いわよ。貴方が気にいるものかどうかは分からないけど……」

彼女は自分が今まで行ってきた事を語り出す。
平凡な家族の話から、まともな人なら軽蔑するような汚れきった話までも

「……これが私よ。軽蔑したかしら?」
「そんな事は無いよ。だって君は本当にみんなを好きなんだろう?」

彼女は驚く。
ふらふら迷い続けて、街一つを堕とすような自分に彼は全く気にしていない。

「だって魔物娘としての思いも、人間としての思いもどっちも間違っていなくて大切だと思っているから、そんなに迷っていたんだろう?
これで本当に良いのか?って……」
「…!そうかもね……。お母さん達が目指してる理想の世界は確かに素晴らしいモノでしょう。でも私はそれだけでは、駄目だと思った……。
それで良かったのよね、私は私だったんだから……。
ありがとう、少し気が晴れたわ。」

決して彼は、彼女がしてきた事を肯定も否定もしない。
ただありのままに受け入れてくれた。
自分の長年の苦しみを理解してくれた。
彼女は気づいていない、その頬に涙が伝っていた事を……。



それからも二人の奇妙な関係は続いた。
周りからは患者の手を握り続ける奇妙な見舞い客にしか見えないだろう。

だが、夢の中で二人は語り合う。
どのように彼の物語を文章にするのか、どのように書き上げるのか。
お互いに意見を出し合って校正しなおしたりしながら、本を書いていった。

とても幸せな夢のような夢だった。

だが夢はいつか覚めるから夢なのだ。
この夢も終わりの時が近づいてきた。

「これで…、完成ね」
「ああ……、ありがとう。お陰で思い残すことは無いよ」

夢の世界は、少しづつ崩れかけていた。
彼の姿も時折、薄くなっていく。

「もう、限界ね」
「……そうだね、さあ契約どおりに私の魂を君にあげよう」
「……ええ、契約どおりに……」

彼の姿に手を伸ばす。
今の私なら魂を私の物にして、彼を生きながらえさせる事も可能だろう。
姉や他の魔物娘の様に、自分だけの男として。

「……!できない!だって!!私が好きな貴方は私の事だけを見てくれないじゃない!!
優しそうに喋ってても、常に自分の好きな事ばっかやったりして!!
いつも私なんかよりも、周りに愛を向けて!!
なのに…、なのに……!なんでこんな人を好きになったのよぉ!!」

涙が止まらない。
彼女は理解した。
自分は彼に恋をしていたのだ。
理不尽で非合理な世界も、家族も、私も全て平等に愛していた彼の姿に。
最初から彼は自分の事ばっかだ。
私を置いて先に一人で行っちゃおうとする。
でもそれだからこそ彼は彼となり得るのだ。

魔物に変えれば自分だけの者になるだろう。
でもそれは、こんな度を超えた大馬鹿じゃなくなる。
自分に心を奪わせてくれないから、ここまで好きになったのだ。


「私を一番に愛してくれなくても良いの!!
死なないで!!生きてくれるだけで私は……!」
「困ったなぁ……、なら代わりに違う約束をしよう」

彼は困った様な顔をして彼女に声をかける。

「……約束?」
「ああ、どんなに時間がかかろうと君に会いに行くよ。僕が死んでも生まれ変わって君に絶対に会いにいく。
だからそれまでずっと待っていてほしい」

彼女は苦笑する。

「本当に!貴方は自分勝手ね……。待たされる方の身にもなってみなさいよ」

彼も苦笑する。

「わがままばっかりでごめん」

二人は指切りをする。

「ええ約束しましょう、貴方を待ち続けましょう。
どれほど世界が変わっても、どれ程時間が経っても、ずっと待ち続けましょう。
貴方が帰ってくるその時を……」
「ありがとう……」

その約束が彼と交わした最後の言葉になった。



〜〜〜〜〜



それから彼女は、彼が作った物語を出版社に持っていき、それは何冊もの本として刊行しされた。
普通のファンタジー小説。
だがそれらは読者の心を掴み、長く人々に愛される物語となった。

「ふふ、今度はアニメ化らしいわよ。
みんな貴方の物語で喜んでる……」

尚、魔物娘世界にも流出して人気になっているのは彼女は知る由もない。

それ以外にも小説を数本書き上げたりしながら彼女は生活していた。
時折、恋に悩む若人達の手助けをしたりもした。
少し背中を押す程のちっぽけな手助けを。

時が流れら周りから不審に思われそうになったら、少し周りの認識をいじったりして誤魔化してきた。

それを繰り返し百年以上のの時が経った。


ある公園に彼女はいた。
彼の部屋にあった絵に描かれていた公園だ。
すっかり、紙の本は殆ど見かけなくなり、みんな電子書籍で読む。
車もオート運転が主要だ。

彼女は今日も待ち続けた。

「おばさん、どうしていつも公園にいるの?」

少女が声をかけてくる。
確か少女のおばあさんの時に恋を手助けしてあげたりしたような気がする。
彼女は少女の言葉に答える

「待っているの。ずっと愛しいあの人を」
「寂しくないの?」

少女は疑問に思った。

「とても寂しいわ。でもね、約束したから。
彼は決して自分を曲げる人じゃないから。
もうちょっと簡単な人だったら、もっと楽だったのにね」

そう彼女は苦笑する。


少女が家族の元へ帰っていってからも彼女はしばらく待ち続ける。

「おばさんかぁ…、もう皺もできているものね」

彼女の顔には、皺など少しずつ年が重ねていた。
長年人間界で魔力も精も手に入れてないからだろう。

「会ったら、沢山文句を言ってあげるんだから!
でも今日も来ないみたいね……、家に帰りましょうか……」

もうすぐ日が落ちる。
家に帰ろうとしたその時だった。

「待たせてごめん」
「………え?」

初めて耳にする声、だが彼女はその声を知っている。
この長い年月と比べれば、短いひと時だったが、その声は彼女の心に常に刻みつけられていた。

「本当に…、待ったのよ。ずっと、ずっと…」

もうそれから先は言葉に出来なかった。
夢の中であった時と変わらない姿の彼に抱きつく。
涙が止まらない。
この百年以上流してなかったのに。

「会いたかった…!会いたかった…!もう二度と離さないで!!一番でなくても良い。
もう待つのは嫌!」
「僕の世界には、もう君がいないといけないんだ。
君のおかげで僕の世界はより輝いたんだ。
君こそ僕の世界から決して居なくなって欲しくない」

どれくらい抱き合っていたのだろうか
二人の体が離れた時には、もうすでに涙は止まっていた。

「貴方って本当に気が利かない人よね。
私を誰よりも愛してるって言ってくれればいいのに」

笑顔で彼に少しの不満をたらす。

「いやぁ…、それが僕だからね。
嘘は言ったらいけないだろう?
それより少し老けたかい?」

そんな馬鹿真面目を通り越して、堅物の彼のデリカシーのなさに呆れつつも、彼女は嬉しそうに答える。

「貴方をずっと待ち続けたのよ?
色々老けちゃうわよ。」
「でも何も変わっていないだろう?」
「……ええ!」

手を彼が伸ばす。
彼女もその手を握る。

「ええ、貴方も私も何も変わらないわ。
でも私、貴方を虜にするのを諦めたわけじゃないから。
私自身の魅力で貴方の一番愛してるものになってあげるから」
「……難しいよ?」

彼女は今までで一番の笑顔で答える。
あの頃よりも美しい笑顔で。

「幾らでも時間はあるもの!!
会うのに百年以上かかったんだもの。
今度は二百年以上かけても問題なんて無いわ!!
だって待ってた時よりも、絶対に幸せな時間よ、これからは!」

二人は去っていく。何処へ行くのか、何処まで行くのか、彼らはいつまで行くのか。
彼の心を奪うことはできるのか?
それは誰にも分からない。
でも、二人の間にはそんな悩みも困難も問題じゃないだろう。
ただ一緒に居て、言葉を交わして、同じ物を見て、違う考えをぶつけていく。
そんな二人で生きるこれからが今までで何よりも楽しみだった。

これはプロローグだ。
そしてこれから新たなストーリーを紡ぎ出すのだ。

19/03/17 16:58更新 / ディケタス

■作者メッセージ
これにて、私の描く物語はとりあえず終わりです。
また気が向いたら書く事もありますが、とりあえずはひとりの読者として、他の作者様の物語を読ませてもらいます。

さて、今回のリリムちゃんは前作まで出てたのと同じ人物です。
彼女は性欲と快楽に溺れる魔物娘としての本能も大切でしたが、それと同じくらい普通の人々が作り出す平凡な家族を、物語を愛していました。
その二つの思いに板挟みになってた彼女が救われるのがこの物語です。

物書きの青年は、根っからのお人好しの頑固物です。
どんな目にあっても、決して世界を他人を恨みも憎みもしなかった。
何故なら彼は、この世界の全てを愛していたからです。
まあ、ぶっちゃけ付き合うのも大変ですけど、彼女はそんな彼に惚れてしまったのです。
でも一応彼が愛する世界の中に、彼女も写っててほしいというくらいには彼女を愛しています。
1番にはできないだけで。

個人的に、良い年の取り方をした魔物娘とか居ても良いと思います。
みんなから慕われてるおばさん魔物娘いないかな?

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33