連載小説
[TOP][目次]
第3話「突入」
「おい」

「ああ?」

「誰かに見られてる気がしないか?」

「気のせいだろ」

「だよなぁ……」

「疲れてんだよ。もう少ししたら見張りを代わってもらえ」






ルフォンの中心街から南に4キロほど離れた、放棄された砦の入り口で、二人の見張りがぼそぼそと話し込んでいる。

見張りの片方が抱いた違和感は錯覚などではなく、実際に二人の魔物娘が少し離れたところから砦の様子を伺っているのだが、夜の闇と岩場が作る影が、コレールとクリスの姿を包み込んで隠していた。

「場所はここで間違いないよな?」

「ええ。でも、入り口が一つしかないわ。こっそり忍び込むのは難しそうね」

コレールは、数時間前に教会でシオンから聞いた仕事の内容を思い出していた。


ーーーーーーーーーーーーー

「(アルフレッドの旦那の一人娘が誘拐されただって?)」

「(はい。名前はエミリアで、種族はゴブリン、見た目の年齢は10歳前後です。これがお嬢様の顔写真です)」

「(身代金の要求は?)」

「(ありません。このことから、恐らく人身売買目的の誘拐と思われます)」

「(人身売買……)」

「(ウィルザードでは今の時代でも珍しく無いのです。無論、魔物娘が一枚噛んでいるものとは違って、売られた女は家畜以下の存在として扱われます)」

「(衛兵は助けてくれないのか?)」

「(ルフォンとその周辺地域の衛兵があまり役に立たないことは、公然の秘密ですので)」

「(分かる気がするよ)」

「(どうかお願い致します。奥様の方はお嬢様の安否が心配で寝込んでしまっているのです)」

ーーーーーーーーーーーーーー

ーー同時刻、砦の中。

「おいニック、騙しやがったな!」

地下牢に繋がる落とし戸から這い出てきた山賊の一人が、憤慨した様子で仲間に吠えたてた。

「何の話だ?」

「今地下牢に閉じ込めてる商品の話だよ! 上物だって言ってたのに、小便臭いガキじゃねえか!」

「趣味に合わなかったか?」

「当たり前だこのアホ! たっく馬鹿馬鹿しい……」

「無暗に手をだすなよ。顧客は健康な娘を望んでいるんだ」

椅子に座っていた別の仲間が口を挟んだ途端、広間に繋がる通路の奥から、入り口の扉を叩く音が鳴り響いた。

「誰だ!!」

広間の山賊達が一斉に身構えると、外からはっきりとした軽快な声が届いてきた。

「こんばんは!『ペパロニたっぷりごちそうピザ』のお届けに上がりました!」

山賊達は顔を見合わせた。

「どこの馬鹿がこんな時間にピザなんか頼みやがったんだ……」

山賊の一人が呆れた様子で入口へと繋がる通路を進んでいく。

「おい……なんだお前だれオゴボッ!?」

入り口の扉が開け放たれた音と同時に、ゴスッ、ゴスッという鈍い音が2回ほど響き、静かになった。

山賊達が固まっていると、広間に気絶した仲間を引きずりながら、大柄なリザードマンが姿を現した。

「だ、誰だてめぇは!」

「ピザ屋だよこのボケ共!」

コレールが引きずってきた山賊の一人を連中に向かってぶん投げると、何人かがもんどりうって倒れこむ。

その隙を突いて、慌てて剣を抜き出そうとした男に向かってドロップキックを放つと、壁に叩きつけられた男は潰れたような声を出して動かなくなった。

すかさず起き上がり、別の男の腕を掴むと、関節を曲がってはいけない方向に思いっ切り曲げることでへし折る。背後から斬りかかってきた男の腹に全力の蹴りを叩き込むと、その男は吐瀉物を撒き散らしながら転げ回った。

「ああ、なんて酷いことを! 犯罪者である彼らも人の子でありィ! 家族がいてェ! 幸福な生き方を目指す権利がァ!」

「おい、ベント。それ本気で言ってるのか?」

「冗談に決まってるでしょウ! さぁ、全員叩きのめしておやんなさイ!」

ベントは興奮した様子でコレールに言い放った。

「コレール、危ない!」

下階の異変に気がついた山賊の仲間達が急いで階段を駆け降りてくる。その動きに気がついたクリスが青く輝く閃光を階段に向けて放つと、階段は一瞬でツルツルの氷の膜に覆われ、男達は滑った勢いのまま下まで転げ落ち、クシャクシャになってしまった。





「お前らのリーダーはどこだ!」


「う……上の階の……部屋にいる……」

クリスとの連携で全員を戦闘不能に追いやったコレールは、のした山賊の一人を尋問すると、凍結が解除された階段を上って山賊の頭の陣取る部屋へと向かった。

かつて軍の司令官が使っていたであろう部屋には鍵がかかっていたが、コレールが全体重をかけて木製の扉に体当たりをすると、蝶番が弾け飛ぶと同時に開通した。

「くそ! イージスの回し者か! 近寄るんじゃねえ!」

山賊の頭は動揺した様子で押し入ってきたコレールに弓を向けたが、コレールは焦らず懐から小さなダガーを取り出すと、素早い動きでそれを投げつけて、男の肩を串刺しにした。

男が悲鳴をあげて矢筈から指を離してしまい、矢は見当違いの方向へと飛んでいき、壁にぶつかって虚しい音を立てる。コレールは男に一気に駆けよって首根っこを捉え、彼の手から弓をもぎ取った。

「ゴブリンの女の子だ。どこにいるんだ?」

「な、何の話だ……」

コレールは壁に立て掛けられた松明の炎に男の頭をかざした。

「ぎゃあぁぁぁぁ! 分かった、言う、言うよ! 地下牢だ! 下の広間の落とし戸から行ける!」

「鍵は!」

「ここの机の引き出しの中だ! それで全部の錠が開けられる!」

コレールが男を壁に向かってぶん投げると、炙られた頭を壁に強打してそのまま気を失った。

「えーと……魔物娘って、人間が傷つくのは嫌がるんですよネ?」

ベントが恐る恐るクリスに尋ねた。


「普通はね……でも、コレールはちょっと……昔、人身売買を仕切っていた輩との間にトラブルがあって、嫌なことがあってね……こうなると、私でも止められないのよ」

「鍵があった。とっととゴブリンの女の子を助け出して、ずらかろう」


コレールはクリスに言った。




「よし、開いた!」

地下牢に閉じ込められていたのは、イージスの娘、エミリア一人だった。他の牢は空っぽだったのだ。

「あぁ、ありがとうございます! 独りで心細かったです!」

牢の錠が解き放たれると、一人のゴブリンの女の子が感極まったと言わんばかりにコレールに抱きついてきた。そんな彼女を見下ろすコレールの目は、驚愕に見開かれている。

「……なんてこった……こんなの、聞いてない……」

クリスに至っては、目から光が消え失せ、体が動揺で小刻みに震えていた。

「嘘よ……これは悪い夢か何かだわ……そうに決まってる……」



ーーーーーーーーーーーーー



月明かりが照らし出す夜道を、魔物娘を乗せた2頭の馬が悠然と歩いている。イージスから借りた馬はこの二頭だけだったので、シャールはクリスの背中にしがみつく形で、一頭の馬に同乗していた。

「助けてくださって本当にありがとうございます。もう少しで山賊さん達にあんなことやこんなことをされていたかと思うと……」

「気にするな。それよりどうやって捕まったんだ?」

コレールがエミリアに問いかける。

「……お父様に内緒で家を抜け出して、街中をうろうろしてたら、路地裏から男の人が覗いてきて、『外国の珍しい物を見せてあげる』って言ってきたんです。そこから記憶が……」

「警戒心無さすぎだろ……」

「ごめんなさい……」

コレールは掌で顔を覆って溜め息をついた。

「まぁ、結果的に助かったんだから良しとしよう。ところでクリス、お前はなんでさっきから黙ってるんだ?」

コレールの言ったとおり、クリスはエミリアを助け出してから、一言もしゃべっていなかった。表情も、魂が抜け出してしまったかの様で、眼に精気が感じられない。

「……クリス? 聞こえてる?」

コレールが改めて声を掛ける。するとクリスは馬に揺られながら、喉から絞り出す様な音を何とか発し始めた。

「……だってさぁ……あり得ないでしょ! 何でこんな幼い子なのに……何なのよ、この背中に押し付けられる2つの脂肪の塊は!」

そう。エミリアはゴブリンはゴブリンでも、平均的なゴブリンとは異なり、その胸部に豊満な2つの果実をたわわに実らせたゴブリンーーホブゴブリンだったのだ。

「いや、確かに最初は驚いたけど……そういえばあの写真は首から上までしか写ってなかったな……」

「とんだサプライズよ! 何なのこの魂を黒く蝕まれていく感覚は!
理不尽よ! この世界は理不尽だわ! 」

「あの……何だかよく分からないけど……おっぱい大きくてごめんなさい……」

「謝らないで! 惨めになるだけだから! 昔知り合いの子供にオスだと思われてた記憶が甦るじゃない! この鬼! 魔物! ロリ巨乳!」

「あの〜ちょっといいですカ? クリスさン?」

いつもの冷静さをかなぐり捨てて錯乱するクリスを見かねたベントが、優しい声で語り掛ける。

「女性の価値は胸の大きさで決まるわけではないですヨ。貴女は堂々と生きればいいんでス」

「うう……ありがとう、ベント……」

「まぁぶっちゃけ、輪郭だけ見たら背中と正面の区別さえ付かないような貴女の体型は哀れとしか言いようが無いですけどネ! アッハッハッハ!」

クリスは獲物を捉える豹の様な無駄の無い動きでベントの魂を閉じこめた宝玉を杖から取り外した。

「次下らない事言ったら重りをくくりつけて、もう一辺海の底に沈んでもらうわよ……!」

「は、ハイィ!」

ぶちギレたクリスの威圧感に動揺したエミリアは、話題を変えようとして、コレールに話しかけた。

「あの……コレールさん? 助けてもらっておいて、更にお願いするのは無遠慮かもしれませんが……一つお願いがあるのです」

「ん? 何だ?」








彼女達がルフォンの街に着いたのは、夜が明ける前の時間帯だった。



ーー続く。



16/02/07 09:13更新 / SHARP
戻る 次へ

■作者メッセージ
特に悪意のない暴力(おっぱい)がクリスを襲うーー!


山賊さんはたとえロリ巨乳でも、子供は子供だという考えの持ち主だったんですね。山賊の癖に変なところでまともな感性の持ち主です。はい。

ちなみにピザ屋の下りは、「イレイザー」でロバート・パストレリ演じるジョニーが、宅配ピザ屋に変装したシーンのパロディとなっています。見たのは中学生の時で随分昔の話なのに、妙に記憶に残っているんですよ、あのシーン。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33