読切小説
[TOP]
のどごしナマっ!
「やっほー、セイレーンのセレナだよ!」

「……いや、ちょっと、今、カラオケ中なんで。あと早くドア閉めて、恥ずかしいから」

「まぁまぁ、ちょっと話を聞いてほしいんだよ」

「うわぁ、入ってきちゃったよ……」

「ねぇねぇ、一人で歌ってて寂しくないの?」

「開幕十割はやめてもらえませんか……よけいなお世話だよ」

「寂しいならさー、一緒に歌わない?」

「いや、歌わないよ。なんで知らない女の子と、それも魔物娘と歌わなきゃいけないのさ。それに君はセイレーンだろ? 歌わせたら即アウトじゃないか」

「むー! せっかく君の歌が素敵だったからゆーわくしてあげたのにー! このにぶちん!」

「うわわ、羽根で顔パサパサすんな、やめろ! どんなに言われてもその誘惑にのるつもりはないからな!」

「じゃあのるまで出てってあげなーい」

「はぁ? 居座るなら金払えよ!」

「やだよーだ! ……あ、でも、私とゲームしてくれたら出てってあげなくもないよ?」

「はい?」

「ルールは簡単なんだよっ……リモコンぴぴぴっと」

テッテッテッ♪テテテテッ♪
〜恋はLOVE SONGのごとく〜

「え、なに? 歌勝負なの? だから君に歌わせたらどうしようもないんだって!」

「うー、違うの。ただ歌うんじゃなくて……えいしょっ!」

「おあぁぁ!? 一瞬のうちにチンポが丸出しに!? その手でどうやってやったんだよ!?」

「へへへ、修行したんだもんね……それじゃあ、あーーーー……んぐぐむっ」

「うあ、ちょっ、きつっ、それ口だけじゃなくて喉まで入ってない!?」

「むふふ……ほれでひっひょくふたふはら、ほのあひはひひゃへーひなかったらひみのはひ。へへっへあへるね(これで一曲歌うから、その間に射精しなかったら君の勝ち。出てってあげるね)」

「くぁ……喋らないで。喉の震えでもう出ちゃいそう!」

「もひひゃへーひたら……ほのほひのおはほひみ(もし射精したら……その時のお楽しみ)」

「それ絶対恋人になる的なやつだろ!? やめろ! こんな無理やり──」

「ふはふひ〜」

「ぐあぁっ! やばい! 声帯の震えが直にチンポに!」

「ふふふふは〜」

「くぅっ……咥えてるくせにけっこう歌になってる……しかも上手い!」

「ふはふは〜んぐんら〜ら〜ら〜」

「はぁ、はぁ、やばい、これ、無理──なんか、あれだ、萎える想像を」

「んんもあ〜んあんあ〜」

「くっ、あああっ! いぃっ……サビの盛り上がりがかなりきついぃ……ぁぁぁっく」

「んぁんらるら〜」

「駄目だ……まだ一番なのに……」

「んぁんんららぁあぁ〜ぁ〜ぁ〜ぁ」

「やめろ! ビブラートは、あっ、あっ、もう駄目っ、イくっ──!」

 どびゅるるるるるっ! どぴゅるるるっ! ぶぴゅっ! どぷっ!

「んんんんんんっ♥! ……んれろ、んぁ……♥ごくっ、こくっ♥すごぉい……濃くてたいりょお……♥けぷっ……お腹いっぱいだよぉ♥」

「うぁぁ……負けたぁ……」

「んふふ、勝っちゃったぁ……♥じゃあ、お兄さんに罰ゲーム♥」

「ううう……見逃してくれたりはしないんですか?」

ガチャリ
 
「あのぉ、もしもし? 延長お願いしたいんですけども……はい、はい、あと六時間ほど」

「はぁっ!? 六時間!?」

「はい、おねがいしま〜す♥ガチャリ……んふふ、じゃーあ、一杯たっぷり歌おうね♥」

「いやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」
17/10/16 22:59更新 / 鯖の味噌煮

■作者メッセージ
思いついたら手を動かす……その結果がこれだよ!
ほんと、雑なSSですみません! 許して下さい! 何でもしますから!
速く書かないと多分書く気無くなっちゃうような気がしたんです!

それはそれとして。
最近、咥えてもらいながら喋ってもらうプレイが好きなんです。(*´ω`*)

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33