読切小説
[TOP]
兄と妹のジュウの約束〜サハギンちゃん〜


サハギンちゃんとの約束



イチ《とりあえず甘いモノが食べたい…らしい》

「何が良いんだ?」

「…」ジッ

「上目だけで見られても兄は困るぞ?」

「…」マルー

「手で丸を作ってもな…。ドーナツかクッキーか、イチゴ大福か。」

「…」パァァ

「大福か。」





ニ《眠くないから起きてるかの確認をしないで欲しい…らしい》

「でもコックリコックリ船をこいでるじゃないか。」

「…」ムッ

「怒るなよ。いやお前が眠くないなら良いんだけどさ。」

「…」コクコク

「ちなみに、何で夜遅くまで起きてるんだ?」

「…」ソデツカミー

「?」





サン《最近一緒にいないから努力しろ…らしい》

「…」

「お前なぁ」

「…」ジロリ

「いや、仕事なんだから仕方ないだろ?」

「…」フルフル

「お前だって学校行って友達と遊んでバイトして忙しいだろ?」

「…」フルフルフル

「うーん、どーしろっていうんだ。」

「…」ウデダキツキ
 




ヨン《毎日ご飯作ってるから早く帰ってこい…らしい》

「なるべく早く帰ってきてるだろ?」

「…?」

「いや、精一杯早く帰ってきてるぞ。乗り換えなんて走るときだってあるんだからな。」

「…」シュン

「良いんだけどさ。この年の妹が飯作ってくれてるんだからな。」ヨシヨシ

「…んっ」





ゴ《風呂に入るときは一言欲しい…らしい》

「なんでだ?一番風呂は譲ってるだろう?」

「…」テヲニギッ

「まさか、一人で入りたくないのか?」

「…」コクコク

「困ったな…流石に年齢が年れ…」チラチラ

「…?」

「まぁ、発育的に大丈夫か。」ボソッ

「…!」ポコポコ





ロク《もう知らないからあっち行ってくれ…らしい》

「良いんだな?」

「…」コクコク

「お兄ちゃん行くぞ?」

「…」コク

「じゃあな…」

「…」ツカミ

「どーした?」ニンマリ

「…行かないで」ボソッ





ナナ《側にいないと…怒る》

「黙ってれば、好き勝手言う。」

「ごめんごめん、可愛い妹だからどーしてもな。」ナデナデ

「騙されない。」プイッ

「…今日風呂どーする?」

「……………………一緒」

「了解♪」





ハチ《甘えるのは素直に受け入れろ…らしい》

「兄はずっと甘やかしてるぞ?」

「…」バシバシ

「いてっいてっ。分かった!分かったから!」

「…」ムゥー

「可愛いなぁ、可愛い。ホント可愛い。もう可愛すぎて食べちゃいたいなぁ。」ナデナデナデナデ

「///」





キュウ《もっともっと可愛がれ…らしい》

「今結構可愛がったよな…わかった、わかったから叩く準備をするな。」ヨシヨシ

「…」モットモット

「いくつになっても甘えん坊だなぁ。」

「…」コクコク

「あれ?否定はしないのか。」

「…しない。だから、もっと。」

「…ふふっ」ヨシヨシヨシヨシヨシヨシ

「…」マンゾク♪





ジュウ《ずっと一緒に居て…らしい》

「…」ギュゥゥゥゥ

「兄は逃げないからそんなに一生懸命に抱きつかなくても良いよ。」

「…」ヤダヤダ

「ま、良いか。今日はいっぱい喋って良い子だったな。明日も頑張ろうなあ」ギュッ

「…」コクコク






「可愛い妹をもって兄は幸せだ。」

「///」  

「こんな歳になっても抱きついてくれるしな。こんなに柔らかいモノが当たって…当たって…あれ?」

「〜〜っ!!」バシバシバシバシ

「ご、ごめん。痛いから!分かったから!」

これが妹とのジュウの約束。




18/05/02 00:35更新 / J DER

■作者メッセージ
はい、まぁ証明になるかは分かりませんが過去挫折したモノを掘り起こして肉付けしたものなので割と早く上げられました。

気づかれた方はいるか分かりませんがこの兄妹は“まだ”ヤってません。
図鑑の愛情表現が営みという所をまだ関係を持ってない二人にすれば自ずとイチャラブ(全年齢)にしても良いかなと。

と言うわけで約束シリーズ10個目がリクエストに答えられる形で自分でも嬉しいです。でも最後というわけではなくこれからもあげていきますのでよろしくお願いします。
長くなりましたね、それでは。



宜しければ、以前の物もお読み頂けると幸いです。

では最後に皆様の余暇のお供になれることを願いましてー。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33