読切小説
[TOP]
女門犯事件 ― oh my god! ―
― ドラゴニア郊外 ―

上質な大理石を使って作られた大広間。その中央には一組の男女の姿があった。

「ねぇ、あなた・・・・本当にいいの?」

傍らの青年は静かに頷く。
成年に語り掛ける女性の身体からは人間にはないはずの翼手種めいた翼が広がり、その四肢には爬虫類の鱗が衣服のように纏わりついていた。ショートカットにした深紅の髪がいいアクセントになっている。
彼女は人間ではない。魔物娘の「ドラゴン」という種族、人間を超える高い知性と一軍が束になっても敵わない強大な戦闘力を秘めた美しき魔物娘だ。通常、ドラゴンに代表される竜種の魔物娘はレアでかなりエンカウントが難しいものだが、ここ竜皇国ドラゴニアでは代表的な種族である。
その観点から彼女を見ると、目を引く赤い髪以外に特に変わったところのない、ドラゴニアではありふれたあくまで「普通」のドラゴンだ。しかし、数時間後彼ら夫婦は「伝説」― 当人たちにとっては災難ではあるが ― となった。

「クリム、君は美しいよ・・・・、どんな姿でもボクは君を愛する、絶対に!」

「じゃあ・・・いくわ」

青年の目の前でクリムと呼ばれたドラゴンが目を閉じるとそのシルエットが眩しい光に包まれていった。



さて、諸兄はドラゴンという種族に一体どのようなイメージを持っているだろうか?

傲慢で尊大で鼻もちならない?

一度怒るとてがつけられない暴君?

生きた厄災級の魔物?

諸君、それは「偏見」だ。特に、希少な竜種が多く生息する竜の楽園、この「ドラゴニア」においては。
武を極めるために竜騎士団に所属する生粋のドラゴンもいれば、チェーン店「ラブライド」などのレストランで平和なウェイトレスをしているドラゴンもいるくらいだ。皆、観光客に優しくドラゴニア観光に花を添える。彼、クリムの伴侶である長谷川蒼佑も元はと言えば「門の向こうの国」からドラゴニアへ観光に来た観光客だった。
「外地」においてドラゴニアは比較的平和な土地だ。しかし、ドラゴニアを観光する上で守らなければならないことがいくつかある。特に、名物料理の一つであるドラゴンステーキを頼む際に決して「ドラゴンを喰わしてくれ」と言わないこと。これは出版されている各種ガイドブックにおいても必ず明記されている。なぜならばこのワードは独身のドラゴン達にとってベッドへのお誘いに他ならない。彼もそのちょっとした「ミス」でクリムと出会い、文字通り「ドラゴンを喰う」ことになったのだ。もっとも、クリムの容姿は彼にとってはどストライクだったらしく、三日三晩ドラゴンを「お代わり」していたが。



余りの眩しさに蒼佑は目を瞑る。

「あなた・・・・もう目を開けてもいいわ」

蒼佑が目を開くと、全長三メートルを超える「原種」のドラゴンが彼を見下ろしていた。

「怖い、かしら?」

目の前のドラゴン、クリムが口を開く。口の中は鑢のように鋭い牙が生えている。噛みつかれたら最後、ただ口を閉じるだけで磨り潰されるだろう。それこそ、痛みなど感じる暇もなく。恐怖を感じても無理からぬことだ。
ドラゴンの持つ強大な魔力は魔王の代替わりで例外なく魔物娘へと変わってしまった現代において、あくまで一時的だが前魔王時代の姿をとることができる。とは言え、その精神まで前魔王時代に変わったわけではない。人を傷つけることを禁忌としていることは変わっていなかった。

「クリム・・・・」

蒼佑はクリムを抱きしめた、否、その身長差から蒼佑がクリムにしがみついていると形容した方がいいだろう。変温動物である爬虫類独特のひんやりとした体温が彼の全身を包み込む。
彼は決して爬虫類マニアではない。ただ純真にクリムを愛している。この奇行も愛故の行動だった。
夫婦の交わりはいつも「人間体」となったクリムとしている。彼女の肢体はドラゴンらしく、引き締まっているがそれは決して硬いというわけではなく、女性相応の柔らかさを兼ね添えていた。いくら抱いても、いくら彼女の子宮に精を放とうとも蒼佑は彼女に飽きることはない。だが、繊細な彼は気付いてしまった。

― 自分は「人間体」をとったクリムだけを愛しているのではないか? ―

こんなことを他の魔物夫婦に相談しても笑われるだけだ。君は彼女を愛していないのか?、と。人間体だろうがドラゴン形態だろうが、愛する妻であることに変わりはないのだから。
だが、自分の中に生まれた疑念はどうやっても晴れなかった。答えを知ること方法はとうにわかっている。後は、それを妻に話して協力を仰ぐだけ。

「その・・・なんと言っていいのかわからないけど・・。ドラゴンになってもクリムはクリムなんだって思うよ」

「あなた嬉しい!!」

ギリギリッ!

「ちょwwwww、締まってるwww」

彼の身体をドラゴンが抱きしめる。全身の骨が悲鳴をあげ、哀れ蒼佑は愛するドラゴンに引き裂かれ・・・・ることはない。竜化といっても「見た目」が変わるくらいなのだ。その状態で抱きしめられても「ちょっと」強く締まるくらい。


ボキボキッ!


死ーん・・・・・


「あ、あなたしっかりしてぇぇぇぇ!!!!!」

・・・・とりあえず命に別状はない、はずだ。



「本当にするの?」

クリムが蒼佑を見る。表情の分かりずらいドラゴン形態をとったクリムでもはっきりと困惑しているのがわかる。なぜならば・・・・。

― 竜形態でのクリムとのセックス ―

狂ったのか、それとも超ド級のド変態なのか、彼の妻であるクリムとてちょっと・・いやかなり引く告白だが、蒼佑はいたって真面目だった。

「見てくれじゃなくて、本当の意味でドラゴンの夫になりたいんだ!!」

真剣に愛を語る夫の姿にちょっと濡れてしまったのは内緒だ。

ズズズ・・・・

クリムが大広間に横になる。ドラゴニアでは定住する夫婦に格安で住居を貸与している。彼らの住む家 ― ドラゴンからすれば家、人間からすれば城といえる大きさなのだが ― はドラゲイ帝国時代の貴族の邸宅で大広間はドラゴンになったクリムが横になっても翼や角が引っかかることはない。

「クリム・・・足を開いて」

「恥ずかしいよ・・・蒼佑」

クリムがゆっくりとM字開脚の体勢をとる。クリムの脚の付け根にあるヴァギナは濡れそぼり、開きかけた花弁からはピンク色の肉襞が見え隠れしていた。勇ましいドラゴン、その奥に秘めた熱情が蒼佑を滾らせる。

「ちょっ!!蒼佑何を!!」

「何ってクンニだけど。いつもしているだろ?」

「そ・・それはそうだけど・・・。私、臭くないかな?」

「臭くなんてないよ。多少大きいけど、いつものクリムだよ」

蒼佑はマジックボール大のクリトリスを口に咥えると甘噛みしつつ、フェラチオをするように舐める。

「アッ!そんな・・・大胆な・・」

「美味しいよクリム。じゃあ・・・」


ジュププッ・・・・


クリトリスが勃起し、十分にヴァギナが濡れているのを確認すると蒼佑はその手を奥底に差し込んだ。「フィストファック」だ。

「ヒッ!」

クリムの身体が軽く痙攣した。

「ドラゴンになって感じやすくなっているのかい?いつもよりも締め付けがいいよ」

そう言うと、挿入した手を膣内を傷つけないように細心の注意を払いつつ、ゆっくりと動かす。

「は・・・はぁッ!」

「そう言えばクリムは舐められながらポルチオを弄られるのが好きだったね」

「待って・・・イったばかりだから!!」

クリムが声をあげるが、一度火が付いた情念の焔は蒼佑を焼き尽くしていた。ヴァギナに挿入した手を開き、掌全体でポルチオを刺激する。クリムを身が引き裂かれるような快楽の波が襲う。

「ああああ・・・あっ・・!」

全身を痙攣させてクリムが快楽を貪る。鞭のようにしなる尻尾が壁を破壊してしまったがそんなことはどうでもいい。今は愛おしい伴侶とこの快楽を分かち合いたかった。


スプッ!


何かが彼女のヴァギナに入り込んでくる。

「蒼佑も興奮してる?いつもより大き・・・・い?!」

蒼佑の姿が見えない。いくら竜化しているといっても正常位なら愛おしい伴侶の姿が見えるはずだ。

「まさか!!!」


死ーん・・・・・


そこには竜化したクリムのヴァギナに「頭から」突っ込んだ蒼佑がいた。そう、達したクリムが痙攣した拍子に蒼佑の頭が彼女のヴァギナに突っ込まれてしまったのだ。

「きゃぁぁぁぁ!!医者医者!!早く竜化を解いて!!今縮んだらもっとヤバい!!!!」

人間パニくると碌なことがない。本当は落ち着いて自分のヴァギナから蒼佑の頭を抜けばよかったが、パニくってしまった彼女は「そのまま」空を飛んで医者に行く羽目になった。

翌朝の事だ。


― 成人男性を出産しながら空を飛ぶドラゴン現る! ―

― 新魔物の疑いがあり特捜班は魔界、魔王領に問い合わせするも回答を得ず ―

― ついに主神との闘いに終止符が!!インキュバスを出産するドラゴン!! ―

― 「私は成人男性を生んだ」、美人ドラゴンのD女史が重い口を開く ―


当人達にとっては必至だが、傍から見れば喜劇だ。伴侶を助けようと必死なクリムの姿を目撃した何も知らない人間から東スポのネタよろしく未確認生物、つまりはUMA扱いされてしまうのは仕方ないだろう。
一命を取り留めた蒼佑はクリムと一緒に引きこもりになった。しかしそれは精神的なショックからではなく・・・・・。

「あなた早く早くゥ!!!」

大広間には竜化したクリムの巨体すら受け止められる特注のベッドが置かれていた。その上には竜化したクリム。四肢を魔界銀製の拘束具で拘束された彼女は痛々しいが、その表情は快楽に蕩け切っている。

「こんなに濡らして!クリムはいけない子だな・・・・」

「クリムはいけない子ですぅ・・・・。クリムのはしたないオマンコをお仕置きして!!」

結局の所、二人は「ドラゴンカーセックス」もとい、竜化しての「ドラゴンファック」にハマってしまった。蒼佑から与えられるミリ単位の愛撫はクリムに新世界を見せ、蒼佑とて身体全体で伴侶の「愛」を感じることができるのだ。二人とも新たな快楽の虜となっていた。


ギシギシ!!


魔界銀製の鎖が軋む。


ジュブ!


蒼佑がクリムのヴァギナにいきり立ったペニスを突き立てる。正直、ドラゴンサイズのヴァギナの大きさに人間サイズのペニスはあまりにも小さすぎると蒼佑は考えたが、それは創意と工夫と夫婦の愛でなんとか乗り越えることができた。

「いくぞ・・・」

予め服用した濃縮タケリタケエキスでブーストさせたペニスを挿入しすぐさま全体を彼女のポルチオに擦り付ける。その瞬間、締まりが万力のように強くなるが彼は快楽に流されずペニスを回すように動かす。そしてカリを使って彼女の肉襞をミリ単位で責め立てるのだ。同時にインキュバスのスタミナを利用して激しく突くことにより流れ出る愛液の奔流を押し戻し彼女の子宮を打ち付けることにより彼女の膣にペニスのサイズを誤認させる、人間サイズのペニスを持つ蒼佑がクリムをイかせるために編み出した秘技「ドラゴン殺し」だ。

「ダメダメダメぇぇぇぇ!!!!」


ブッシャァァァっァァっァァ!!!!!!


クリムの膣全体から「ドラゴン汁」もとい、潮が噴き出す。その勢いで飛ばされそうになるが、蒼佑は踏みとどまり猶もクリムとの情交を続ける。

「イくぞクリム!!!この雌蜥蜴が!!」

「はい!ご主人様!!」

ドクッドクッ!!

「う、うぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」

「ああああぁっああぁつあああああぁ!!!!!」

二人は頂点へと昇りつめた。



「で、クリム。これはどういうことかな?」

今、蒼佑はクリムのリクエストで蒼佑のサイズに仕立てられたベビー服を着用している。羞恥のあまり蒼佑の顔が赤く染まっていた。

「子育てドラゴンのコスプレよ。あ・な・た!」

当然のことながら、クリムは竜化している。
旧魔王時代、人と魔物が殺し殺される時代とてドラゴンが口減らしのために捨てられた人間の赤子を育てたという伝説が各地にある。伝承によるその結末も様々で、竜神の血を受けて雄のドラゴンとなって育ててくれた母竜と一生を添い遂げたとか、母の背に跨り竜騎士となり異民族から国を守ったなどロマンチックなものが、日々吟遊詩人たちの口から語られている。

「さあ!母の胸に溺れなさい!!!」

クリムがその豊満な乳房に蒼佑を押し付けた。


ギュッ!!


蒼佑をマシュマロの海が襲う。

「ちょwwwwwまじで溺れるwwwww」

「こら!暴れないの!!我儘な赤ちゃんでちゅねぇ」

「ちょwwwキャラ変わってる!うぇwwwwっうえww」

「はらほらおっぱいの時間でちゅよ」



真の愛を探す二人の前途は多難である・・・・・。















18/03/31 22:06更新 / 法螺男

■作者メッセージ
一週間前の私

「ダンヒルのマイミクスチャー965が廃盤?これから何を楽しみに生きれば・・・」

今週の私

「ビンセントマニル美味めぇwwwwwww最高wwww」


誰か浮気性な私を嬲ってください。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33