道教え

 丑三つ時。男は畦道を歩いていた。もうじき消えそうな提灯の灯りで道を照らしながら。
 辺りはとても静かで、聞こえるのは足音のみ、鈴虫の声もまるで聞こえない。夜の闇の中は完全なる虚無なのかとすら男には感じられた。
 ふっ
 そしてついに灯りが消える。すべてが闇に染まり、自らも虚無に包まれてしまった。そんな嫌な感触が纏わりついてくる。このまま呑まれて消えてしまうのではないか──にわかに男の背筋が凍る。
 しばらく、一寸先も見えぬ闇の中を歩き続けていると。
 ぼうぼう
 炎の燃える音が聞こえてきた。先を見ると遠くに提灯の灯りが見える。
──助かった。
 男はそう思いながらやや小走りでその灯りへと近づいていく。きっと人だろう、頼み込めば助けは望める、そんな期待を胸に抱きながら。
 田に落ちぬよう必死に夜目を凝らして走る。
 そして灯りに近づくとその全容が見えてくる。
「ん? なんだあれは?」
 最初は見間違えかと思った。しかし、どう見てもそれは正真正銘の光景だった。
──女の子が……燃えている。
 そう、さっきから見えていた灯りは提灯ではなかった……それは少女の全身に灯った炎だったのだ。
 それはとても珍妙な光景。だが、彼女はいたって落ち着いた表情であり、そこに猟奇的な雰囲気は感じ取れなかった。
「そこの殿方様」
 しばらくぼうっと突っ立っていると、少女が声をかけてくる。男は驚きながらも再び足を動かし、彼女に近づいていく。
 ぼうぼう
 煌々と輝く少女、齢は十ばかりだろうか、とても小さく人形のように可愛らしい。不思議なことに少女に近づいてみても全く熱くない。試しに触れてみても男は火傷一つしなかった。
「殿方様」
「はい」
「灯りをお貸ししましょうか?」
「は、はぁ……」
 どう貸してもらえるのか。なんとも珍妙、とは思いながらも男は首を縦に振った。
「では」
 少女はふわふわと浮き上がり、男の目の前で漂う。男が向く方向を変えると少女はその方向へと移動する。
「ほう、なかなか便利だな」
「ありがとうございます」
 ぼうっ!
「あつつっ!」
 炎が一段と強くなる。
 今度ばかりは熱かった。



 しばらく少女の灯りを頼りに歩いていると、だんだんと見知らぬ道へと迷い込んでしまった。少女を拾った道から我が家までは男にとって馴染み深い道であるはずなのだが、どうしてか知らない森の中へと迷い込んでしまっていた。
「ん? いつの間にか道を間違っていたようだな」
「いいえ、こちらであっていますよ?」
「そんな莫迦な」
「すぐに着くべき場所に着きます。なのでそのまま、私が照らす方へお進みくださいませ」
──なんだかおかしなことになってきた。
──あぁ、しまった。そうだ。何でこんなことをしてしまったのだ。こんな、燃えるおなごなどこの世にいるはずがないだろう。こいつはこの世ならざる者……あやかしに決まっているではないか。どうしてそこに気がつかなかったのかっ──
 しかし、嘆いても時はすでに遅し。もう引き返そうにもここは異界の森。迷うほかないのだ。
 この道の果てには何が待つのか。男は恐れおののきながらも歩き続ける。
 やがて道は終わり、門に突き当たる。それは男が近づくと独りでに開いた。まるで男を迎え入れるかのように。
──これは……宿?
 その先には古い屋敷のような建物。古すぎて人が泊まれるのかどうかも怪しいが、入り口の頭上には『嬉々怪々』と書かれた看板が掲げられていた。宿ではないにしろ、何かしらの商売をやっているのだろうと男は当たりをつける。

「──いらっしゃい──」

 しかし、男を妖艶な声で迎えたのは花魁姿の女──狐の面をつけ、狐の耳を生やしている──どう考えてもここはあやかしの巣窟であるとしか思えなかった。
 逃げ出したい。しかし、そうしようにも後ろにはあの炎の娘がいた。前に進むことも後ろに進むこともできずに男はただただ黙って突っ立っていた。
 しばしの沈黙。
「……『斑猫』ちゃん。お客様は私が迎えに行くっていつも言ってるわよね?」
「うん」
──狐面の女が口にした『斑猫』。それはきっとこの少女の名なのだろう。
「あなたの道案内は危険だし、あの入り口も本当は使っちゃいけないし、何よりも──私のお化粧が間に合わないのよ」
 どうやらこの狐面、この『斑猫』とやらに対して怒っているようである。声は平静だが言葉の端々からは怒りの念がにじみ出ている。
「でも、『玉藻』のお姉さまは仮面をつけてるじゃない」
 狐面はため息をつく。
「お化粧のことはいいとしても、あなたの方法じゃあなただけじゃなくてお客様も危険なのよ──わかってるの? ここは異界なのよ。あなたみたいな半人前の案内で来ていい場所じゃないのよ?」
「そんな危険な場所に俺を連れてきたのか?」
 『斑猫』は申し訳なさそうに頷く。
「はぁ……」
 怒るに怒れない。なんだか苛めているようで心が痛くなる。
「それにね。あなたが連れてきたからってあなたのお客様になるわけじゃ──ふぅん」
 ここで、狐面は男の顔を見て言葉を止めた。
 何かを見定めるような、鑑定するような眼光が面越しに男を貫く。
「──まぁ、今回ばかりは仕方ないのかもね──さぁてと、空いてるお部屋は……まぁ、いつもの『斑猫』ちゃんのお部屋でいいわよね?」
 そう言うと落ち込んでいた『斑猫』の顔が晴れやかになる。
「じゃ、じゃあ! 準備してきますね!」
 そしてそう言ってふよふよと建物の奥の方へと去ってしまった。
「……俺はどうすればいいんだ?」
「『斑猫』のこと、よろしくお願いしますね」
「はぁ……」
──なんだか掴めない話だ。
 そう思う男だが、先ほどの彼女の顔を浮かべると帰ることもできなかった。
──あんなに喜んでいたのだ、俺が帰ってしまっては落ち込んでしまうかもしれない。



「──さて、準備ができたようです。向かいましょう」
 狐面はすっくと立ち上がり、男の手を引いて先ほど『斑猫』が消えていった廊下へ。
「……そういえば、ここは何なんだ?」
 男は歩きながら聞く。
「何、とは」
「最初は宿屋かと思っていたが、どうやらそんな雰囲気では内容だし──」
「まぁ、宿屋とは違いますね。この建物は昔宿屋でしたが」
──やはりそうなのか。
「ふふふ、今から向かう部屋には『斑猫』が待っているのですよ」
「えっと、それじゃあ……」
──部屋におなごが待っていて、俺はそこに向かっている──
 その意味がわからぬほど男は阿呆ではなかった。
「うふふ」
「……あんな小さな子にも働かせるのか?」
「えぇ、それが彼女の望んだことですし」
「やはり……金が、絡んでいるのか?」
「そう、といえばあなたはきっとあの子におひねりをあげてしまうんでしょうね。あなたは優しいお人のようですし」
「……その言い方だと、違う、ということか?」
「えぇ、私も含め、ここの娘たちの働く理由は──」

「LOVE、なのですよ」

「ら、らぶ?」
 狐面は胸の前で手で丸を作る。しかし、その丸は上部が内側に折れてしまっていてなんだか不格好に見える。
 まだ異国のことはあまり知らない男にとって、その手の形の意味も、その言葉の意味も全く理解できなかった。
「ふふふ。まぁ、とにかく無理矢理働かせているわけではないとだけわかっていただければ」
「はぁ……」
 やがて二人は一つの部屋の前で止まる。
「さて、と。それでは『斑猫』のこと、よろしくお願いしますね」
「ん、あ、ああ」
「できれば、あの子の炎を絶やさずに」
 とん、と男は背を押されよろめく。ぶつかる寸前に襖は独りでに開き、男が中に入るとやはり独りでに閉まる。
「……よろしくお願いします」
 中にいたのは当たり前だが『斑猫』。綺麗に敷かれた布団の側で丁寧に額を畳につけお辞儀をしていた。
「あ、あぁ」
 なんだか、艶めかしかった。
 さっきまではあんなにも可愛らしい童女だったというのに、こうして向かい合うだけで彼女はオンナになってしまっていた。
──やはり小さくても遊女、ということなのか。
「どうか、お好きにこの『斑猫』をお使いください」
 顔を上げる。
 無表情──だがその瞳の奥には何かが蠢いていた。
 例えばそれは、ごうごうと燃える炎のような。
「……そういえば、今はあまり燃えてないんだな」
 先ほどまでは全身が燃え上がっていたのだが、今は違う。下腹部でちろちろと燃えるだけである。
「あんまり燃えてると疲れてしまうので」
「そうなのか──なら道案内の時、無理していたのか? だとしたらすまない」
「別にいいんです。それが生きがいですから……でも、すまない、と言うなら──」

「──私の中に油を注いでいただけませんか?」

「ちゅっ、ちゅるっ、んはぁ、ちゅっちゅっ」
「く、あ、はぁ……」
 いやらしく音を立てながら、『斑猫』は肉棒に口付けをする。幼く柔らかい唇が亀頭を撫で、時折小さな歯が軽く擦る。見た目のあどけなさからは考えられないほどの技巧を持ち合わせている。
「気持ち、いいですか?」
「あぁ、とても」
 彼女はたっぷりと油のような唾液を舌で塗り込んでいく。次第に口付けだけでなく、肉棒を深く咥えていくようになる。
「じゅぷっ、じゅぷっ、じゅるるるるっ、んくっ、ちゅるる」
「うおお、あ」
──熱い。これが少女の体温なのか?
「じぷっ、じゅるっ、んーん」
「あくっ、そ、それは卑怯だろ……」
 『斑猫』は亀頭を頬の裏側に押し付け、上からトントンと指で叩く。ぬるぬるとした粘膜が強く押し付けられ、男は精液が上り詰めていくのを感じた。
 男は聞かされたことを思い出す。

「私の力の源は男の人の精液なんです。今までは他のお姉さま方の妖力を分けてもらってたんですけども、私も一度原液を味わってみたいんです」

──本当に、言ってしまっては悪いことだが、彼女は、彼女たちはまるで男と交わるためだけに存在しているようだ。
 男は絶頂に近い頭の中でそう考える。
「はぁ、はぁ、そろそろ、出そうだ」
「はい……たくさんお願いしますね……あー、んっ」
 すると彼女は大きく口を開き、肉棒をその奥へと押し込んでいく。やがて口では収まりきらなくなり、ついには喉にまで達した。
「幼子の喉がこんなにきついとは……」
「ろーほ、らひてくらはい」
 喋るとその声帯の震えが伝わってくる。それが快楽へと代わり──

 びゅるるるるるっ! びゅくっ! びゅくっ!

「んんんんっ!」
「く、はぁ、駄目だ、止まらないっ」
 直接胃袋の中に精を放つ。
「んっ、んっ」
 苦しそうに、だがうっとりとしながら『斑猫』は上目遣いで男を見つめる。その愛らしさに男は彼女の髪を撫でる。
「んん……ぷはぁ」
 吐精が終わり、ずるりと抜かれた肉棒は唾液と精液でぬらぬらと濡れていた。
「まだ……ありますよね?」
「ま、まて、今は敏感で──あぐっ」
 しかし、間髪入れずに『斑猫』は肉棒にしゃぶりつく。丁寧に舌で付着した精液を舐めとり、先っぽを咥え中に残っている汁を吸い取っていく。

 どくっ どくどくっ

 その間にも小さく精を吐き出してしまう。
「ん……んぁー」
 そしてそれを飲み込まず、彼女は男に口を大きく開け、中を見せつける。半固形の白い煮凝りのような精液が『斑猫』の口に池を作っている。
 その光景に心臓が弾み、また、いや、さっきよりもさらに肉棒が固くなっていく。
「ん、んん、ごくっ、ごきゅっ、ごっくん……御馳走様です。けぷっ」
 すべて飲み込んだ彼女の口からは小さなげっぷが出る。しかしそれは下品には聞こえず、むしろ男の劣情をかき乱していた。
「……まだ固いですね……その、続けて……します、か?」
 真っ赤になりながら、下腹部の炎を強めつつ『斑猫』は言う。男はゴクリとつばを飲み込みながら頷いた。
「じゃあ……」
 それを受けて、彼女はゆっくりと布団の上に寝転がる。

「灯り消して下さいね──今あなたを照らすのは私だけで十分なんです」

「んやっ、ぁんっ、ぁん、んっんっ、んぁぁ」
 闇の中、彼女の灯りだけを頼りに彼女を抱く。見えるのは彼女だけ。
「はぁっ、はぁっ、んんっ、やぁっ」
 男は今、自分が何者かわからなくなっていた。腰を振る自分が本当に人間であるかわからなくなっていた。もしかしたらいつの間にか獣になってしまっていたかもしれない。
 いや、そもそも、腰を振っているのが自分であるかどうかさえわからなくなっていた。
 圧倒的な闇。何もかもが不確定で未確認──彼女以外は。
 彼女と抱き合っているという感触以外は。
「すき、ですっ、ぅっ、はぁ、好きです! んやぁっ、私、お客様のこと好きですっ! あのとき、道に迷ってるとき、助けたのはお店のためとかじゃないんですっ! 私が……私があなた様に惚れたからっ! あなた様に抱いてほしかったからここまで連れてきたんですっ!」
 彼女は叫ぶ。次第に炎が全身を包んでいく。
 熱い。ものすごく熱い。男の肉棒は焼けるほどの熱に包まれ、悲鳴をあげていた。
「はぁ、はぁ、間違った道を教えるだなんて……持ち主に火傷を負わすなんて……なんて未熟な提灯なんだ、君は」
「も、申し訳ありませんんっ、んあっ」
「そんな未熟者の君には……お仕置きが必要だな」
「お、お願い、しますぅっ!」
 男は腰の振りを強く、速くする。
「いやぁっ! あっ! あっ! あああっ! お客様のぉ……ご主人様のが、奥に、ずんずんってぇ!」
 それでも彼女は笑顔だった。だらしなくとろけた笑顔で股からは愛液をさらに溢れさせていく。
 そのせいか二人の交わりの音はさらに大きく下品になっていく。
「ご主人様ぁ! どうか、私を! ご主人様のモノにしてくださいぃぃっ!」
「わかった……今からお前の奥に注ぎ込んでやるっ、だから俺のものになれっ!」
「ああっ! いきますっ! いっちゃいますっ! だからご主人様もどうか! どうかぁぁぁっ!」

 どびゅるるるっ! ぴゅるる! どぴゅっ!

「あっ! 出てるっ! ご主人様の! 出てるぅぅぅっ! はぁっ……はぁっ……ご主人様ぁ……」
 彼女は顔を寄せ、男に口づけを求める。男はそれに答え、熱く舌を絡ませながら接吻をした。
 男がゆさゆさと腰を揺さぶると嬉しそうに下腹部の炎は燃え盛る。
──新たな火種を作ろうと。



「──あら、斑猫ちゃん」
 男と斑猫は出口で狐面と鉢合わせする。
「ふふふ、よかったわね。ちゃんと抱いていただけたんじゃない」
「はい──で、その、あの、お姉さま」
「ふふふ、お客様」
「はい」
「ちゃんと毎日使ってあげて下さいね──その子昔から寂しがり屋で。いつもまだ見ぬご主人様のお話をしてたんですよ」
「え……」
「ということは……」
 二人はお互いに向き合う。
「えぇ、斑猫ちゃん。あなたは解雇よ。だからちゃんとご主人様の側で道を照らしてあげるのよ? いいわね?」
「は、はいっ!」
「い、いいんですか? お店の子なんでしょう?」
「ここはそういうところですから……あ、帰りはきっと大丈夫ですよ。その子も一人前になりましたから。きっと正しい道を教えてくれますわ」
 狐面は笑顔で言った。
 面越しではあってもそれは二人にも十分伝わった。

17/10/06 12:34 鯖の味噌煮


 手を繋いで『嬉々怪々』をあとにする二人を見ながら、狐面は名簿を開く。
「ふぅ……ついにあと五人にまで減っちゃったわね……」
 独り言。
 しかし、返事をする相手はいた。
 それは狐面が座る受付を照らす青白い灯りから聞こえる。
「ねぇねぇ、私の運命の相手はいつ来るのかしら?」
「それは『団栗』ちゃんにでも聞きなさい。私はそこまで万能じゃないわよ」
「ちぇー、まぁ、気長に……待てないか。相手が死んだら元も子もないもんね」
「はいはい。まぁ、きっと出会えるわよ。ここはそういう場所なんだから」
 そう言って狐面は帳簿を名簿に罰をつけて閉じ、立ち上がる。
「どこいくの?」
「新しい、愛に飢えてる子を探しにね──それと愛に飢えてる殿方も」

 ここは『嬉々怪々』。
 あやかしと愛が集う小さな遊郭。



 このシリーズ次回からに連載になるかもしれませんが、そうなったらめちゃくちゃ更新速度遅くなりそうなので考え中。
[エロ魔物娘図鑑・SS投稿所]
まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33