読切小説
[TOP]
火と火
「マッチ……マッチはいりませんか……?」
 人々がせわしなく行き交う冬の道路、その傍らに一人の少女が立っていた。その少女は雪風にさらされながら申し訳無さそうにマッチ箱を手に持ち、それを通り過ぎる人に差し出そうとしていた。
 少女は燃えるように赤いコートを着、そのフードを目深に被っていた。まるで自分は世間に顔を出すことはできない、そんなネガティブな雰囲気を醸し出している。
 その雰囲気にあてられ、一人の男の子──コートを着た十歳くらいの──が立ち止まった。きっとその子を助けたいと思ったのだろう、しきりに彼女の方に目をやっている。
「あ、あの……マッチ……いりませんか?」
 その少年に少女はか細い声で言う。彼は急いでポケットから財布を取り出そうとする。
「いくらなの?」
「あ、ありがとうございます」
 少年がそう言うと少女の顔は晴れ晴れと明るく和らぐ。
「じゃあ……」
 少女は少年の手を引き路地裏へと引き込む。不思議に思いながらも少年はそれに従う。そして立ち止まったのは誰の目も届かないような場所。
「? 僕はマッチを買いたいんだけども」
「クスクス……フフフ……アハハッ!」
「!」
 少女はこらえきれないといった風に高らかに笑い始める。
「ぼく……マッチなんかよりもいい火、あるよ」
「え? な、なに?」
 なんだかおかしくなってきた、そう思っても少年は逃げられなかった。逃げてもすぐに捕まってしまうだろう、少女の気迫からはそう感じ取ることができた。
「あ・た・し」
 ぼうっ!

 少女が炎に包まれる。それはマッチなんかとは比較にならない、爆発といってもいいほどの勢い。コートが、服が弾け飛び焼け焦げ灰になって消える。
 その中から出てきたのはまたしても煌々と燃える炎。だが、その中には確かに少女の姿が見えた。
 少年と同い年か少し上くらいの少女が。

「ひっ!」
「ねぇ……あたしを買ってかない?」
「な、ななな」
「こんなちゃっちいマッチよりもあたしの炎の方が強いし熱いよ?」
「いや……」
「それにあたしはね……優しい君に惚れちゃった」

「だから、いっぱい燃やしてたいの♥」

「うわあああああ!!!」
 その言葉を額面通りに受け取った少年は逃げ出す。
 しかし、振り返るとそこは炎に塞がれていた。
「大丈夫♥ほら♥おいで♥」
 後ろからは少女が近づいてくる。
 もう逃げられない。少年は悟り、恐怖のあまり固く目を閉じてしまった。
「ん……ちゅっ♥」
 だが、少年を襲ったのは文字通り熱いキスだった。
「ん、んぐむっ!」
「れちゅっ♥んちゅっ♥んぢゅぅぅぅぅっっ♥れじゅっ♥」
「んんんんんんっ!!」
 少女の火のようにメラメラした舌が、チロチロと口の中を這いずり回る。粘液が沸騰するような感覚、しかしそれでいて愛おしくてもどかしい感覚が少年の口内を満たす。
「んんんっ♥んー……♥」
「っ!!」
 少女の舌は口内だけでは飽き足らないのか喉へ、そして胃の中肺の中へと延焼していく。いや、それだけではない、強く抱きしめることで外側もじっくりと焼いていく。
「はぁ、はぁ、あちゅいぃ……」
 じっとりと汗が流れていく。冬だというのに夏のような暑さ──熱さを感じているのだ。
 それに応えたのか、ぼうっと少年のコートだけが燃え尽きる
「んんんっ──んはぁ……♥んふふ♥」
「ううう……」
「どお? これでも買う気になれない?」
「うううう……いやぁ……」
 少年は泣き出してしまう。未だに少年は目の前のイグニスのことが理解できない──だからこの行為も自分を食べるための下準備なのかもしれない、そんな不安と恐怖が蝕む。
「あーんもー」
 少女はその涙を舌でぬぐい取る。じゅっと音がして一瞬で蒸発する。
「じゃあこうしよっか」
 少女はマッチを一本取り出す。
「まだわかんないかもしれないけどね、あたしたちこれからセックスっていうのをするの。それでね、マッチ棒に火をつけておくからそれが消えるまでに先にイった方が負け。あたしが負けたら買わなくていいけども君が負けたら……うふふ」
「ううう」
「じゃあそれでいい?」
「うっ……」
 もう何もわからない。だがきっとそれをしなければここからは逃げられないだろうし、何故だが何かを求める体を抑えきれない。少年は頷くしかなかった。
「じゃあ、服脱いじゃおっか」
 再び少女が抱きつくと少年の服はすべて消えていた。だが寒さは感じない──感じるのは心の凍え。
 何かが欲しいという炎が、少年の中で燃え盛っている。
「ねぇ、わかるかな……これがおまんこで、君のおちんちんを挿すところだよ♥」
 少女はもともとほぼ全裸ではあったが、纏っていた炎を弱め見やすいように調整していた。
 彼女は壁に手をつき、尻を突き出して誘惑する。その割れ目はすでに濡れていたが、愛液が溢れる度にじゅっと音を立てて消える。
「ほらぁ……ここに♥おちんちんちょーだい♥」
 指で割れ目を開くと、愛液が零れ落ち雪を溶かす。
 少年は本能的に理解する。これが今自分の求めているものであるということ。そしてこの先どうすればいいのかを。
「はやくぅ♥」
 ふりふりと少年の肉棒を誘うように揺れる尻。少年はすべきことをした。
「んあんっ♥」
「あ゙あっ!」
 熱い。
 だけれども満たされていく。
 だがその満ちが、さらに炎を大きくしていく。
「ん、じゃあ♥よーいスタート♥」
 宙に浮かぶマッチに火が点る。
──急がなきゃ。
 言いようもない焦燥感が溢れ出てくる。それはすぐに行動に反映された。
「あんっ♥」
 腰が自然と動く。まだ性については何も知らぬ少年だが、体はどうすれば『この行為』が成立するのかはわかっていた。
「あっあっ、な、なに、これぇ、気持ちいいよぉ……」
「あっ♥やだっ♥きもちいいっ♥」
 一突きごとに炎がぼっと強くなる。
「ひうんっ♥あっ♥もっとぉ♥壁に押さえつけるくらいじゃないとイケないよ♥」
「う、うん」
 言われたとおりに強く突く。同時に少女の細い体を抱きしめ、体重を預けていく。
「はっ、はっ、はっ、ううぅぅっ」
 愛おしい。目の前の少女が愛おしくてたまらない。そう思うと手が伸び、少女の無いに等しい乳房を揉んでいた。
「んんっ♥はぁ♥おっぱい♥んんんんっ♥!」
 きゅぅ、と少女の膣が締まる。まだ幼い陰茎から精を搾り取ろうと快楽を与える。
「んぃっ!」
「はっ♥ふふっ♥ま、負けないんだからぁ♥」

 その路地裏は雪が溶けるほどの熱で包まれていた。
 それと淫靡な水音と。
 甘い子供の匂いとで。

「はぁっ、はぁっ、はぁっ、ぉぅ、ぅっ、で、でそう、何かでちゃいそう」
「出しちゃってもいいんだよっ♥それがイくってことなの♥でもっ♥イっちゃったら負けだからねっ♥」
「はぁぁっ、はーっ」
 マッチの棒はあと少しで燃え尽きる。
 もう──負けてもいいのではないのだろうか。
 熱と情欲でふらふらと酩酊する頭で少年は思う。
 彼女を買えば、こんな気持ちいいことが毎日出来るのだ。
 それなら──こんな勝負負けても──

「あっ♥! ダメっ♥も、もう♥イくっ♥イくイくぅっ♥んやぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

 突然、目の前の少女が痙攣を始める。
 これまでの比ではないほどの力で陰茎を締め付けてくる──が、射精までには導けなかった。
 ぱさり
 最後のマッチの灰が地面に落ちた。
「はぁ、はぁ、ど、どうしたの?」
「はっ♥はっ♥ご、ごめんね♥い、イっちゃった♥あたしの負けだ♥」
 勝負は終わり。少女は腰を離した。
「ごめんね……こんなことに付き合わせちゃって。でも約束は約束だからあたしは諦めるよ」
「え……そ、そんな」
 少年は少女を引き止める。
「ま、待って!」
 そして、抱きついて正面から彼女の陰唇に陰茎をこすりつける。
「んっ♥!」
「やだっ! 行っちゃやだよっ!」
 少年は未だ絶頂には達していない。強い欲求が、彼の中ではくすぶっていた。
「……んふふ。じゃあ二回戦しよっか」
 少女は笑う。
 それは策士の笑顔だった──



「んちゅるるるるるむっ♥」
「あああっ、くちっ、あ、あついぃ」
 二回戦目が終わり、少女はしゃがんで陰茎を口で掃除する。
 結果は少女の勝利。少年は少女を買うことになった。
「んむっ、あたしのお値段なんだけども♥んっんっ♥んー……ごくっごくっ♥」
 しかし、綺麗にするはずが口淫の刺激でまた射精。少女は性を飲み干していく。
「けぷっ……一日一回、こうやってお口に出してくれればいいよ♥」
「わ、わかった」
「じゃあ、契約成立、ね♥」



 さぁて、この子には色々と教えなければならない。
 あたしが親にバレてはいけない存在だってことや、セックスののとは出来るだけ秘密にするべきだということ。
 あたしは望む。
 お互いが、お互いの炎を強めていられるような関係を。
 お互い、灰になるまで焼き尽くしあうことを。
17/09/24 23:04更新 / 鯖の味噌煮

■作者メッセージ
深夜テンションのまま一日で書いちゃったSSです。
いつの間にか出来上がってこれ以上どうしようもない気がするので一応投稿です。
何回かこういう感じの投稿しちゃってるけども、多分なおらないんだろうなぁ

ちなみにタイトル初期案は『BONFIRE LIT』で、完全にネタに走ろうとしてました

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33