読切小説
[TOP]
蠅の王国
蠅の王国


貧しく寂れた村の古びた教会の小さな礼拝堂で年端もいかない少年が月明かりの中でお祈りをしている。

『主神よ、天の王様よ、どうか私たちをお救い下さい・・・』

その小さな祈りは礼拝堂に小さく響き、虚しく消えていった。

男の子はガブリエルと言う名前だ。苗字は無いのは彼がこの教会の孤児院で拾われ育ったからだ。金色のくしゃくしゃの髪と麻の服は畑仕事で汚れ、手は豆だらけ。少年の体で汚れていないのは翡翠色の瞳だけで、痩せこけた頬には真新しい青アザが痛々しく残っていた。兵士と役人に殴られたのだ。

彼らはランドル・ファラン王国の辺境にあるこの貧しい村のみならず、教会の孤児院からも金と食料を収奪した。

『人魔中立 ランドル・ファラン王国、シャルル・ド・ファラン14世はブリトニア連合王国並びに異端である福音主義国家との戦争に備える為の特別税を徴収する。逆らう者はシャルル14世国王陛下への不敬罪並びに国家反逆罪として処罰する。』

『やめてください。これを取られてしまったら僕たちは飢え死にしてしまいます!』

そう兵士と役人に言ったところ、彼らはガブリエルを『汚い餓鬼め!』と罵り殴り、マスケット銃を突きつけた。孤児院から収奪した食料などを馬車に積むと彼らは『主神に祈れ』と吐き捨てて去っていった。

ガブリエルはもっと自分が大きければと、もっと強ければと自分を呪った。

孤児院には小さな子供たちがたくさんいる。間も無く厳しい冬がやってくる。食料は奪われてしまった。このままだと皆んな冬に餓死してしまうのはガブリエルにも分かっている。

村の大人たちに助けを求めようにも、彼らもまた兵士と役人から収奪を受けていた。皆ひもじい思いをしていた。助けを求めたガブリエルに大人たちは『主神の奇跡を……』とそう呟くと家の戸を閉めた。



なお悪い事に、この孤児院には子供しかいないのだ。



少し前まではヨセフ神父という孤児院を切り盛りしている老神父がいた。貧しい孤児院は平時でさえ教団から十分な支援を受けられず逼迫している。物資も資金も何もかもが足りてない。それでもヨセフ神父は笑顔を絶やさず、額に汗をして畑を耕し、自分が取るべき食事を子供らに与え、『将来、これでお腹が膨れるようになりますから……』と読み書き計算などの教育を施し、養ってくれた。

子供たちの目にはヨセフ神父は聖典に出てくる聖者のように見えた。

しかし1週間ほど前、ヨセフ神父が突然行方不明になった。彼と一緒にいた年下の子供たちの話によると、畑仕事の最中に天使に連れ去られたらしい。

主神さまがそう望まれたのだから。

話を聞いたガブリエルはそう自分に言い聞かせて、ヨセフ神父の代わりになるべく朝も夜もなく畑で働き、年下の子供達にひもじい思いをさせまいと自分はろくに食べずに水で空腹を誤魔化していた。彼は頭が良く、年長者だから逼迫した教会孤児院の状況も良く知っていたのだ。

しかし今日、ガブリエルの思いも虚しく兵士と役人は孤児院の備蓄庫から何から何まで奪っていった。もはやガブリエルには祈る事以外何も出来なかった。

『僕たちはどうしたらいいのですか?』

そう語りかけるも、応える声は無い。

ガブリエルは跪いたまま、目を閉じて祈った。

"なぜアンタは祈るんだい?"

その時どこからか声が聞こえてきた。子供の声だ。孤児院の他の子供はもう寝ているはずでガブリエルに声をかける子供はいないはずだ。

『誰……?』

ブブブ……

虫の羽音が聞こえてきた。蠅だ。今は秋の終わりで季節外れだ。ガブリエルは自分の頬に冷たい汗が伝うのを感じた。羽音は次第に大きくなっていく。

ズァァァアアアアアアアアア……

ドアから入ってきた何千もの蠅は礼拝堂を埋め尽くし、徒党を組んで黒い雲の様になると人の形をとった。ガブリエルは声も出せない。ただそれを見ているだけだ。

『なぜ祈るのかと聞いたんだよ?おチビさん。』

黒い蠅の雲から出てきたのはガブリエルと同じ歳の頃の女の子……いや、少女の様だが頭からは触覚の様なものが生え、手は虫の様なかぎ爪で、背なかから髑髏の様な模様の透明な羽があり、腰からは蠅の腹の様なものが出ていた。

少女の姿の蠅の魔物は2つに束ねた月の光のような長い髪を払うと不遜に微笑んだ。

『蠅の悪魔……ベルゼビュート』

『おや、人間の癖に随分な口を利くじゃあないか?それに正しくはベルゼブブだ。ベルゼブブ。……ベルゼビュートはファラン語だ。アタシはファラン語はあんまし得意じゃない。』

悪戯っぽい表情と傲慢な声がガブリエルにまとわりつく。

『ここは祈りの家だ。お前の様なものが来るべき所ではない!』

『聖典の受け売りだよね?それ。伝説の勇者だか聖者だかが遠い昔にアタシのご先祖に言った言葉だよ。』

ゆっくり歩み寄る。

『くるなぁ!……主神は我がやぐらなり、我が強き盾。苦しめる時の近き助け。我が力、我が知恵をたのみとせる……』

ガブリエルは目を瞑って聖句を唱える。ベルゼブブは呆れたような憐れむような眼差しで彼を見つめていた。

『……この質問3回目だけどさ、なぜ祈るんだい?そんなものは無駄だよ。』

『…………』

ベルゼブブはため息を1つ吐くと近づいてガブリエルの痩せた頬に触れた。

『主神とやらに祈って救われたの?でもさ?教団の兵士や国の役人は掠奪していったじゃない。周りの人間は助けてくれた?彼らは主神に祈れ……とか、主神の奇跡を……とか、無責任に言い放ったんじゃない?それでさ?奇跡は起きた?主神は助けてくれた?』

『…………』

『やっぱりね……ただ祈るって言うのは"逃げ"なんだよ。もしくは自己満足。現実はなんにも解決しない。誰も助けてくれない。そもそもさぁ、宗教って言うのはね?それを信じる者が大なり小なり救われないといけないんだよ。心と魂を救う?ハッ!主神がいるとして、アンタは救われていないじゃない。身も心もボロボロになって、救いを求めて祈っても救われない。それじゃあ神サマってのは存在しないのと同じ。存在しないのに等しいものに祈っても無駄だよ?アンタもわかってる筈だよ。……現にアタシはアンタに"去れ"と言われても、聖句を唱えられても、アタシはここにいる。アンタは……いや、アンタ達は主神サマに見捨てられたんだ。』

『黙れ!』

バシン!とガブリエルはベルゼブブの手を払う。

『……お前に……悪魔なんかに何がわかるんだ!たしかにそうかも知れないよ。でも、だったらどうすればいいの?僕達子供だけでどうすればいいんだよ!』

『主神も人間も助けてくれないならさ……主神なんて捨ててさ……"他の別の者達"に助けを借りればいいんだよ?その為にアタシが来たんだ。』

『……キミが助けてくれるっていうの?』

『うん。でもタダじゃあない……』

少女の瞳が緑色に光るとバタン!と次々に礼拝堂の窓や扉が閉まった。少女は美味しそうなご馳走を見るような目をガブリエルに向ける。彼は慌てふためくも本能で逃げられない事を悟った。

『落ち着いて?結界だよ。これで誰も邪魔出来ない♪……おチビさんがアタシのモノになるならおチビさんと孤児院の皆んなを助けてあげる……どう?』

『僕を……食べるの?』

『アハハハ……ある意味ではそうだねー♪』

『……本当に孤児院の皆んなを助けてくれる?』

『約束するよ。助けたいんでしょ?』

『うん。』

『じゃあきまり♪契約開始☆』

そういうと、ベルゼブブの少女はガブリエル少年を押し倒した。

『ふふふ……"我を崇めよ。さすれば汝に諸々の国を諸行として与え、地の果てを汝の物として与えん"……安心してアタシのモノになりなよ♪』

ベルゼブブはそう唱えると禍々しい魔力の塊をガブリエルに注いだ。

『うぐぁ!?』

『安心して?アンタが素直になるおまじないだよ。』

それが終わると抵抗する間も無く、ガブリエルはシャツをバリッ!っと破かれて全身を舐めまわされる。

『いゃあ……き、きた……ひぅ!……ない……よぉ!』

れろれろれろれろれろれろれろれろ

『おチビさんの汗や垢……いい塩梅になってて美味しいぞ?……』

変な声が出てしまうのを必死に抑えながら、全身をくまなく舐められる感覚にガブリエルはこれから食べられる恐怖と未知の快感の間を彷徨っていた。その身悶えている様子を見て、少女は劣情の火を燃やしている。

『脇わぁあ!……やめ、やめて!』

『〜〜〜♪』

ベルゼブブは舐めながら服を剥いでいく。あっという間にガブリエルは裸に剥かれてしまった。舐められた場所は綺麗になり、少年本来の白く絹のような肌が月明かりに照らされている。

ちゅ……

『ふふふ……こっちも"おチビさん"だね?一人前にしてあげる』

ぱくっ……

『え?……あ!?』

ベルゼブブはガブリエルの分身を口に入れて丁寧にねぶり始めた。

ちゅ……ちゅぱ……

『あっ……やめっ……うぅ!……てよぉ!』

ちゃぷ……ずる……

『もが?……ふい……なひぃふい?……(ん?やめないよ?』

これはい"けない事"だ。と少年は快楽に抗っているも、与えられる快楽を拒む事は出来ない。ガブリエルの分身は硬くそそり立つ。

ちゅぱっ……ちゅ……

しっかりと硬さを確認したベルゼブブはガブリエルのおへその下辺りにキスをした。すると蠅と鍵を模ったような紋様が現れた。

『こ、これなに?』

『……はやい話しがアタシがアンタを独り占めする魔法だよ。蠅なところはアタシの趣味。ふふふ……見てごらん?』

少女のお腹……ちょうど少年と同じおへその下辺りに蠅と鍵穴を模したような文様がピンク色に光っている。

『キレーでしょ?これから未来永劫アンタはアタシのモノだ♪ほら……ココで食べてあげる❤』

くちゃぁあ……

ベルゼブブの少女は自らの秘部を広げて見せた。開かれた花。奈落の底のような口からは甘い香りの蜜を滴らせている。これから何をされるのか、それを少年は本能で理解した。

『う……ぁ……』

秘部を少年の分身にあてがい、腰を落とそうとしたその時、少女は思い出したように少年に尋ねた。

『ねぇ、今更ムードもへったくれも有ったもんじゃあないけどさ……アンタの名前教えてよ。』

『僕は……ガブリエル。』

『ガブリエル……素敵な名前。アタシはドミナ♪……じゃあ、いただきます。』

ぐちゅんっ!!

そう言うと、何のためらいもなく腰を落としガブリエルの分身を肚の中に収めた。

『いっ!……っは❤すっ……ごぃ❤』

『ぁあ!!な、なにこれぇぇぇえ!!』

ドミナとガブリエルの結合部から、赤い血の雫が落ちる。

『ねぇ!血が!い、いたくない……の?うっ……ぁっ!』

『うん❤大丈夫……とってもキモチイイよ❤
へへっ、優しいんだね♪』

ドミナは嬉しくなって肚の中にあるガブリエルの分身をぎゅっと締め付けた。

『いやぁ!……へんだょお!なにこれ!?……おしっこ!?……おしっこ出ちゃう!出ちゃう!!漏れちゃう!!』

『ふふふ〜♪キモチイイでしょ?ほらぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅっ〜〜❤』

ドミナは密着したまま、膣を締め付けたり、緩めたりして動く事なくガブリエルを貪り始めた。

『あっ、あっ、あっ、出ちゃう!出ちゃう!!』

『〜〜♪』

ドミナは突然責を中断した。

『ひっ……あ???』

『ふふふ♪……ねぇ?おしっこ出したい?』

ぎゅ……

『え?ひぅ!』

『すっっごく、すっご〜くキモチイイよ?でもね?出したらアンタはもう戻れない……どうしたい?出したい?』

ぎゅ……

『ぁ、あぁ!……』

『ほらほら♪どうしたい?どうしたい?』

戻れない……出したい……行けない事……キモチイイ……出したい……

そんな考えがガブリエルの頭の中をぐるぐると回る。

『……ーーたい』

『ん?どうしたの??聞こえないよ?』

『出したい!お願い!!おしっこ出させて!!』

『いいよ♪……アタシもさぁ、限界なんだぁ❤ほら、出しちゃえ!出しちゃえ!出せ!出せ!出せ!!』

『いぁーーーーーーーーーっ!!!』

ドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドク

『ん❤……はっ❤これ、すっごい……お・い・し・い!!!!』

ガブリエルの初めての射精はドミナに無残にしゃぶり尽くされた。

2人に刻まれた呪印が淡く輝く。

『たくさん出したね♪ふふふ……これでアンタはアタシのモノだよ❤』

『これなに!?ぁああ!!』

『あは❤ギンギン♪……この呪印は貞操帯魔法陣だよ。さっき白いおしっこ出したろ?あれはおしっこじゃなくて、精子って言うんだ♪』

『せ……いし?』

『そう。それを、アンタがアタシのお腹にたくさん出すと赤ちゃんが出来るんだ❤』

『赤ちゃん?』

ガブリエルの分身が雌を孕ませる本能と欲望でピクリと跳ねた。

『ひゃん!ふふ♪そうだよ❤……おまけに、お腹の貞操帯呪印で"鍵"のアンタにはアタシの魔力が刻まれた。"鍵穴"のアタシにはアンタの精が刻まれた。もうお互い快楽無しじゃあ居られないし、アタシもアンタもお互い無しじゃあ居られないんだぁ❤❤』

するとまたドミナがガブリエルを責め始めた。

『あぁ!い!?……また!で……る!!』

ビュクビュクビュクビュクビュクビュク!

『❤❤❤❤❤❤』

2人に刻まれた呪印が淡く輝く。

気の遠くなる様な射精が終わってもドミナの肚の中は何万匹もの蛆が蠢くように動き、更なる快楽をガブリエルに与える。

ガブリエルの分身は硬いまま、力を失うことはなかった。

『はぁ♪すっげ❤こんなに❤❤』

『あがっ……ぁあああ!!』

ドクン!

『アタシのぉ……魔力を……はぁ❤注いだ……か❤らぁ❤まだまだ……くぅ❤出せるよぉー♪』

たんたんたんたん………

ドミナはガブリエルの上でダンスを披露する。快楽に拍車がかかるのは明白の理だ。


ビュク!ビュク!

『ーーー!?あ、あ、あ、あ、!?』

びゅるるるるるるるるるるるるるる

『お・い・し・い❤』

出すたびに、ドミナの魔力がガブリエルの身体を蝕んでいく。白い肌が足先から徐々に褐色に染まっていく。金色の髪は月のような冷たい銀色に変わっていく。彼女専用のインキュバスへと……

そうして、ガブリエルが魔力に侵されきる頃にはドミナの肚は膨れ上がって妊婦のようなボテ腹になった。

『……ひぅ……ぁぁ……』

『ふふふ♪……ご馳走様♪』

ちゅぽん!と卑猥な音を立てて結合を解くと、どろりと精が溢れて蠅の少女の腿を濡らした。

『お腹いっぱい♪さて……と……ひと眠りしてまた……ん?』

『ゔぁ"ぁ"ぁ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!』

ガブリエルがドミナの両肩を掴み、押し倒した。

ドサッ!!

『おい!いてて……ちょ?ガブリエル??』

『コフーーー……』

完全に暴走している。ドミナが "おチビさん" と称したガブリエルの逸物は見る見るドス黒く変色し大きくなり、雌を奈落の底に堕とすためだけの兇悪な姿に変化した。大人の腕ほどの太さを誇り、垂直にそそり立つそれは我慢汁を垂れ流しながら彼の胸をつついては離れてを繰り返している。

『やばっ……やり過ぎた?……魔力を注ぎ過ぎた!……ちょ……な、なぁ……話せば……ひぃ!』

蠅の王たるベルゼブブの強大な魔力が仇となった。

それに加えてドミナは致命的なミスをしていた。

ドミナが互いに施した貞操帯呪印……その効果は

1.特定の相手とのみ精と魔力の交換……つまり性行が行える。独占欲の保護。

2.お互いが与え合う快楽と精と魔力の影響を強化する。

3.片方が望めばもう片方は精や魔力の提供及び交換を拒む事は出来ない。

ドミナは3つ目を失念していた。

今更ながら呪印の効果を思い出した彼女の顔がどんどん青ざめる。……が、少々の期待も目に写している。

『シュゥゥグゥウヴァゥ"…………』

『や!!おい!!……いま、そんなきょーあくなモノぶち込まれたら……』

魔物娘の力を持ってしてもビクともしない。すごい力だ。暴走したガブリエルは正確に彼女の穴を探り当てた。

どちゅん!!!!

一突き。

『へぶぅぅぅう!!!???』

ドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドクドク

『ぉぉぉおおおおおおああおおお』

ケモノのような叫び声を上げて少女の肚にありったけの欲望を吐き出した。流石は魔物娘と言うべきか、ガブリエルの兇悪な逸物と吐精をギリギリ受け止めている。

ずろろろろろろろ…………

『〜〜〜〜〜❤❤❤❤』ビクンビクン

どちゅん!!

『お"お"お"お"お"❤❤❤❤』

ドクドクドクドクドクドクドクドク

どちゅん!どちゅん!どちゅん!

びゅるびゅるびゅるびゅるびゅる

『ごっ❤ごっ❤あ"❤出し……た❤……まま……つくのぉ❤……らめぇ❤❤』

ガブリエルが腰を引く度に彼女の膣道にあぶれた白濁液がカリに引っかかって外に掻き出される。腰を突き上げる度に彼女のボテ腹は更に形を変える。

ドミナはビクビクと虫のように痙攣し、だらし無く汚いアヘ顔を晒して喘ぐ事しか出来ない。

『お"っ、お"ぢ❤づい"……でっ❤イ"っ"でる"❤イ"❤イ"っ"でる"がら"あ""❤❤❤』

『ぉぉぉおおおおおおんんんんんん!!!』

どべぶぢゅっ!!!

『ぎゃぴぃい!!!???』

ガブリエルの逸物がドミナの子宮の入り口を無理やりこじ開けて中に侵入してきた。

ごちゅん!ごちゅん!ごちゅん!ごちゅごちゅごちゅごちゅごちゅごちゅごちゅごっごっごっごっごっごっごっごっごっ ……

『フーーッ!フーーッ!コフーーーーッ!!』

『お"っ❤お"❤お"❤ほお"❤❤』

そんな事はお構い無しに快楽を貪る。ガブリエルはドミナの頭と腰に手を回してガッチリ抱きしめる様に押さえ込み、ドミナは足をガブリエルの腰に絡ませて両手を背中に回している。俗に言う中出し固めと だいしゅきホールド。理性など最早無いにも等しいが、最大の絶頂が近いのはお互い理解していた。

ごっごっごっごっごっごっごっごっごっ……

『お"❤お"っ❤お"❤お"❤お"っ❤お"❤お"❤イ"ぐ❤イ"ぐぅ❤イ"ぐ❤❤❤』

ずろろろろろろろろろろろ……

『ぎ・も"・じ・い"・イ"!!ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ああああああああ"""!!!』

どっっっっちゅゅんんんん!!!!!

『『ーーーーーーーーーーーーーーーーーー』』

その瞬間、世界が真っ白になった。その中で、ガブリエルとドミナはお互いの目と目を合わせ口と口を重ねた。

どぶちゅどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどくどく……

白い欲望の濁流と光が2人の意識を押し流した。絶頂は止まる事を知らず、欲望は果てもない。

一瞬にも永遠にも感じるそれがようやく収まると礼拝堂には静けさの中で仲良く抱き合う2つの影があるだけとなった。



数日後……

完全にインキュバスとなり堕落したガブリエルとドミナは目覚めては交わり、目覚めては交わりを繰り返した。

孤児院の畑にはいつの間にか見たこともないような果実が実っていた。お腹を空かせた孤児院の小さい子供達はその実を食べたので、女の子はみんな蠅の魔物娘……ベルゼブブになって男の子を犯し、男の子は皆インキュバスになってしまった。

農作物がドミナの強大な魔力の影響を受けて変質したらしい。孤児院はさながら蠅の王国になっている。

何万匹もの使い魔の蠅が飛び交い、彼方此方でお構い無しに交わり合っている。

村の人々が不審に思い、様子を伺いに教会孤児院に入るも、誰一人として戻ることは無かった。消えた者の名前を呼ぶも、帰ってくるのは蠅の羽音だけ……

恐ろしくなった村の人々は孤児院に寄り付かなくなった。

ドミナの話によると、魔物娘の国は中立国であるファラン王国と共闘し、この地に攻め込んでくるブリトニア連合王国を追い出すらしい。その見返りとして魔王の娘は土地と人民を要求した。良い取り引きだそうだ。

この孤児院にも魔王軍やノーマンズランドという国から重要な拠点の運営資金として昔では考えられない様な富がもたらされている。

なんでも孤児院の畑でベルゼブブの強大な豊穣の力を使い、魔界の貴重な果実や植物を育てているらしい。月に一度、制服を着たサキュバスが植物の実を取りにくる。

でも皆んなそんな事はお構い無しに交わり合っている。

『アタシといれば永遠の富と豊穣と快楽が約束されるんだ♪』

魔物娘とインキュバスに変わった孤児院の子供達は地上の快楽を貪っている。

飽きるほどの快楽を貪り……

とても使いきれない富が湧き……

老いることもない……

なんと幸せであろうか。

『もっともっと❤快楽を貪りたい❤だから、頑張ってね?旦那サマ❤』

そう微笑むと、ドミナはガブリエルの逸物を自らの肚の中に導いた。ガブリエルはドミナの耳元で何かを優しく囁くと彼女を愛おしそう抱きしめた。

蠅の羽音が睦声をかき消していく……


おわり。
18/08/25 00:35更新 / francois

■作者メッセージ
お読み頂きありがとうございます。
ロリ×ショタ ボテ腹(擬似) 兇悪ウエポン 腹ボコ 子宮姦=作者の脳内有害物質
みたいになってしまいましたが如何でしたでしょうか?
お楽しみ頂けたなら幸いです!

U・x・Uつ ではまた!

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33