読切小説
[TOP]
嫌な顔されながらキキーモラさんに見せてもらいたい
「申し訳ありませんご主人様。私は使用人という立場にありながら、ご主人様の目の前でウトウトして大事なご指示を聞き逃してしまったようです。失礼ですが、もう1度繰り返していただけませんか」
 キキーモラのチトラは自分の額に手を当て、呆れたような声でそう言った。本当に聞き逃してしまったというより、どうか夢であってくれという意味で言ったのが明らかだ。
 寝起きでまだウトウトしている時に、寝ぼけておかしな事を口走ってしまったと素直に謝るのが誠実な態度という物だろう。あるいは聡明で優しいチトラの事だ。今からでも彼女の聞き間違いだという事で無理に通しておけば、彼女も何も聞かなかったことにしておいてくれるかもしれない。
 いずれにせよ、ここ数カ月にわたってメイドとして俺の生活を支えてくれたチトラと俺との関係に、これ以上のひびを入れる事を避ける手段はまだ残されているはずだった。
 しかし、俺の口はそんな俺自身の思惑を無視し、さっきの俺の妄言を1文字違わず繰り返した。

 おパンツを見せてくれ、と。

 チトラの口から漏れるため息が、俺の耳には嫌に大きく聞こえた。




 俺の寝室に気まずい沈黙が流れる。ややあって、チトラの声がその沈黙を破った。俺が今まで聞いてきた中でとびきり冷たい声が。
「ご主人様。確かに私は貴方に仕えるメイドです。そうなる事を選んだのは私の意思ですし、貴方を敬愛している、と申しても嘘にはなりません。しかし、私の記憶が正しければ、ご主人様と『そのような関係』になった覚えは無いはずですが」
 チトラの言う事はもっともだ。はっきり言って、自分のしでかした事に俺自身驚いている。だが、言い訳を許してもらえるなら、こうなるに至るまでに思い当たる原因も全く存在しないわけではない。
 まず、俺がチトラに対して主人が使用人に向ける以上の感情を自覚するようになり、チトラの一挙手一投足にドキリとするようになったり、その……色々と下世話な欲求を喚起されたりするようになった事。そして同時に最近俺の仕事が繁忙期を迎え、アレを処理するどころか眠る時間もろくに取れなかったのが昨日ようやく片付き、久々の惰眠を貪るという幸せにありつけた事で色々と心のタガが緩んでいたという事が。
 しかし、それで口をついて出た言葉がおパンツを見せろとは。
「まさか私がお仕えすべきご主人様として心に決めた人が、こんな変態ダメ人間だったとは」
 耳をピンと張り、屈辱的な眼差しでこちらを睨みながら、チトラはメイド服のスカートの裾をぎゅっと握る。その手がぶるぶると震えたかと思うと、少しずつ裾を上に持ち上げていく。さっきはああ言ったが、まさか本当に見せてくれるなんて。
「当たり前です。自分から仕えると決めた相手の命令から逃げ出すなど、キキーモラとしてのプライドに反します」
 なんだかよく解らない理屈を俺にぶつけながらも、チトラはスカートの裾を持ち上げていく。露出度の高い服装を好むと聞く魔物娘にしては珍しい彼女のロングスカートは1度では全部持ち上がらず、少しずつ手繰り寄せていくような形になる。裾がゆっくりと上がっていく様はまるで舞台の緞帳だ。そしてその緞帳の後ろから、鱗に覆われた脚とふっくらとした太ももに続いて、待ちに待った主役が姿を現した。
 俺は思わず息を呑む。そこにあるのは純白のショーツだった。いつも炊事洗濯をきっちりこなすチトラらしく、その真っ白な肌着には小さな汚れ1つも見られない。その完璧な白が鼠径部や太ももの白磁のような肌と見事にマッチし、まるで眩い光を放っているかのようだ。
 俺はこのささやかで美しい舞台のたった1人の観客となれる栄誉に酔い痴れていた。




 そんな俺の幸福感に満ちた静寂を、チトラの冷え切った声が再び破る。
「ご主人様。私がなぜ怒っているのか、理解していらっしゃいますか」
 チトラの言葉に俺の胸が罪悪感でチクリと痛む。俺は数カ月かけて彼女との間に築いた信頼を、セクハラという形で裏切ったのだ。しかも積み木を崩して遊ぶ子供のように、一時の気まぐれで。そう答えながらも、俺の胸を痛める罪悪感は同時に、言い知れない背徳感となって俺の背筋を駆け上っていた。
「100点満点で言うなら50点ですね」
 スカートの裾から手を離しながら、チトラは答える。そして未だにベッドの上で横になった状態の俺の許へと歩み寄りながら、相変わらず冷たいまなざしで俺の目を見据え、彼女は続けた。
「私が怒っているのは、正確にはご主人様が私を卑しい欲望のはけ口に使おうとしたからではありません。そのような欲望を露わにしながらも、私に子を授けようとしてくださる気概も、責任を取って私を嫁にしようという覚悟も見せずに一時的にご自分の目を楽しませて終わりにしようとなさった事です」
 気が付けば、チトラは俺の上に馬乗りになっていた。その気になればこうなる前に逃げ出すことは可能だったかもしれないが、彼女の視線に射竦められた俺の身体はぴくりとも動こうとしなかった。これが蛇に睨まれた蛙という奴だろうか。
「私が殿方にこのスカートの下を見せるのは、その男性の妻となり、相手の子を成すという役割を果たす時にしたいと心に決めておりました。しかしそのささやかな夢も、たった今ご主人様のお戯れによって無残に壊されてしまいました」
 非難がましく言いながら、チトラの手が再びロングスカートを捲り上げる。その下に見えるショーツには大きな染みが出来ていた。さっきベッドに上がる前に見せてくれた時までは、確かにそこに無かったものだ。
「ですからご主人様には責任を取っていただきます。私が子を成すために精を差し出して頂くという形で」
 いやいやそれは話がおかしいだろ。俺は思わず指摘する。すると、反論しようのない返事が返ってきた。
「起き抜けにメイドに向かってパンツを見せろなんて仰るのはおかしな話ではないとでも?」
 そしてチトラは右手でスカートの裾をまとめて持ち上げると、空いた左手を俺のズボンにかけ、下着ごとずり下ろした。俺は殆ど無意識のうちに彼女の動きに合わせて腰を浮かしており、ズボンの下からあっさり解放された愚息が頭を持ち上げる。
「あらあら。随分と元気ですね。私の下着でそんなに興奮しましたか」
 そう言うとチトラは今度は左手を自らのショーツにかけ、クロッチの部分を横にずらした。陰唇からとろりとした愛液がこぼれ出し、俺の股間とシーツの上に垂れ落ちる。そして彼女はそんな陰唇で俺の亀頭を咥え、一気に腰を落とした。
「んっ、あああああっ!」
「うぐあああっ!」
 俺とチトラ双方の口から、ほぼ同時に快楽の咆哮が迸る。彼女はすぐに激しく腰を上下させ、すぐに果ててしまわないように堪えるのが精一杯な俺を一気に蹂躙しようとしてきた。
「んっ、私の、下着を、見ただけで、こんなに劣情を齎すなんて、ご主人様は、あっ、本当に、変態ダメ人間ですね。この状態では、誤魔化そうとしても、無駄ですよ。ご主人様が、んっ、劣情を催せば、あっ。いちばんっ、敏感な所でっ、気付きますから。今も、こうやって、んっ、下着を見せつけている、だけで、こんなに、ビクビクしているでは、ないですか」
 確かに再びチトラの純白のショーツを目にして興奮した部分も否定はできないが、実際にはそれだけではない。俺の陰茎を包み込むチトラの膣は温かい愛液で濡れぼそり、細かいひだで擦り上げてくるのだ。それは物理的に俺の精を絞り上げようとするだけではなく、チトラが俺について指摘してきたのと同じように、彼女が口で何と言おうとその身体と本心はメスの獣として俺というオスを求めているという事実を容赦なく俺の精神に突き付け、俺をオスの獣として奮い立たせようとしてくる。間もなくして俺の愚息は、限界が近づいている事を俺に訴えてきた。
「もう、出る」
 そう小さく呟くと、俺の愚息が一気に弾けた。ドク、ドクと震えながらチトラの胎内に着実に精液を送り込んでいく。
「ううっ、出てる。ベトベトした物が、私のナカに、張り付いて……ああっ!」
 チトラの右手の力が緩み、解放されたロングスカートの裾が俺達の結合部を隠すように幕を下ろした。

「まったく。1回で私の膣内にどれだけ出す気ですか。精を差し出して頂くとは申しましたが、調子に乗りすぎです」
 自らの下腹部を手で押さえながらチトラは呟いた。口では辛辣な事を言いながらも、彼女の耳は嬉しそうに垂れ下がり、尻尾は左右に勢いよく振れて、シーツをパタパタと叩いている。それに長い射精が治まった今も、俺の愚息を下の口でずっぽりと咥えたまま、腰を上げようともしない。
 彼女は互いの結合部に覆いかぶさったスカートの裾を再び捲り上げ、その下にある結合部を覗き込んだ。俺もそれに倣うと、愛液の染みが出来ている以外には汚れ1つない純白のショーツと、そのずらされたクロッチの下から現れた女性器が見える。丁寧に剃っているのか陰毛は全く見られず、俺の陰茎が未だに深々と突き刺さっている所まではっきりと確認できた。
 この丁寧に手入れされた真っ白で綺麗な下腹部の内側では、ドロリと煮詰まった俺の欲望の塊が無節操にぶちまけられ、内部の壁にべっとりとへばりついて、たくさんの精子が彼女を孕ませようと駆け回っているのだ。それを意識すると俺の背筋を言い知れない背徳感と征服感が駆け上がり、獣じみたオスの悦びが湧き上がってくる。そしてその感情が萎えかけていた俺の愚息に新しい息吹を与えると、感触に気付いたチトラがビクリと身体を震わせ、大きくため息を吐き出した。
「本当に、ご主人様はどうしようもない変態ダメ人間ですね」
 彼女はそう呟きながら顔を背けたものの、その頬は確かに赤く染まり、上とは違って正直な下の口が俺の愚息をきゅんと甘く締め付けてくる。
 窓の外を見るとだいぶ日が高くなってきたようだが、俺がベッドから離れるのはまだまだ先になりそうだ。




「おはようございますご主人様。本日の朝食はトーストとホルスタウロスのバターに、ジャガイモとトマトのスープのご用意ができております。他に何かご要望はございませんか」
 爽やかな朝にふさわしいチトラの明るい声が、俺を眠りの底から引き上げる。俺は上半身をベッドから起き上がらせると、チトラにいつもの指示を告げた。指示を耳にした彼女の俺を見る視線がみるみるうちに氷のように冷たくなっていく。いつも通りの朝だ。
 チトラはベッドの傍に立ち、自らの着衣の裾を捲り上げていく。俺はいつも通り丁寧に洗われた純白のショーツをこの目で堪能した後、視線をその少し上へと移した。結構大きくなってきたんじゃないか。
「全く信じられません。自分が妊娠させた女性に、毎朝お腹を見せるように要求してくるなんて」
 マタニティドレスの裾を捲り上げたチトラが、さっきまでとは比べ物にならない冷たい声を投げかけてくる。しかしその頬は赤く染まり、耳は嬉しそうに垂れ下がり、尻尾は左右に揺れている。これもいつも通りだ。
「こんな変態ダメ人間の慰み者にされただけでなく、子供まで身籠ってしまったと気付いた時、私がどれだけ震えた事か」
 チトラの呟きに、俺もチトラの妊娠が判明した日の記憶を辿る。確かにあの日のチトラは手のつけようが無かった。千切れるんじゃないかと思うほど勢いよく尻尾を振りながら、両手を下腹部に当ててその顔をだらしなく綻ばせ、いくら話しかけても上の空だったのだ。
「何ニヤニヤしているんですかご主人様。それよりも早く着替えて朝ご飯を召し上がってください。冷めてしまいますよ」
 そう言ってスカートの裾を下ろそうとするチトラ。そんな彼女に俺は提案する。俺の朝飯も大事だけど、その前にお腹の子にご飯をあげたいと。
「なっ……! 解りました。その代わり覚えていてくださいね。これはお腹の子に精をあげるためにやるんですからね」
 自分に言い聞かせるように言う彼女のショーツに、新しい染みがじんわりと広がっていく。それをこの目で確かめながら、俺は近い将来への希望に思いを馳せた。

 どうかこのかわいい奥さんに、元気な赤ん坊を見せてもらいたいと。
18/07/22 13:57更新 / bean

■作者メッセージ
嫌パンシチュは魔物娘図鑑的にはヴァルキリーやヴァンパイアとかでやるのも面白そうな気がしたんですが誰かやってくれないかな(丸投げ)。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33