読切小説
[TOP]
僕のお城においでよ
とある町のとある場所で、1人の少年が道端にしゃがみ込んでいた。

「これ、なんだろう……?」

その少年は地面に落ちていたカードのようなものを拾い上げる。そのカードの表面には、可愛らしい女の子が描かれていた。

「スペードの、A?もしかして、トランプが一枚だけ落ちちゃったのかな?」

可愛らしい女の子の大きな胸の辺りには、スペードのマークと「A」の文字があり、トランプの存在を知っている少年はトランプのセットから一枚だけ零れ落ちてしまったのではないかと考える。

「わぁ、凄くツルツルしてる。きっと、高いトランプなんだろうな。傷も無いし、ま、曲がらない?」

少年はそのカードの手触りを気に入り、高価なトランプなのだろうと予測した。また、非常に頑丈なことに気付き、軽く曲げようとしても曲がらないカードに奇妙な感覚を覚えた。

「届けた方が良いのかな?きっと、落とした人もスペードのAだけ無くなって困って……。
でも、絵柄の女の子、とっても可愛いし……」

しゃがみ込んだまま、少年はカードを大人に届けるか、自身のものにしてしまうか、迷ってしまった。そしていけないことだとわかっていながら、少年はカードを胸ポケットにしまってしまう。

少年は、トランプの絵柄の女の子を好きになってしまった。その後、少年はトランプのカードを肌身離さず持ち歩くようになり、辛いことがあった時や、悲しいことがあった時は、そのカードの女の子に語り掛けるようになっていった。





『そんなに辛いことが多いなら、僕のお城においでよ』





ある日、少年に強烈な立ち眩みが襲う。何処からか声が聞こえたような気がしたが、そのことを気にする余裕が少年には無かった。ふらっとよろけた少年は何とか踏みとどまるが、現状を認識した途端に、恐怖を感じる。

「ここ……どこ……?」

少年の全く知らない風景が、眼前に広がっていたからだ。



「もう、また迷い込んだ人が来ちゃったのね」

立ち尽くす少年の背後から、チェシャ猫が語り掛ける。その声にビクッとした少年は恐る恐る振り返ると、猫耳の生えた、猫のような女の人が近づいてくることを認識した。

「あら?なかなか可愛らしい男の子ね?
ねえ?お姉さんと良い事しない?」

チェシャ猫は、少年の視線が自身の双球に注がれていることに気付き、誘惑を始める。少年を怖がらせないように、語り掛けるように喋りながら、ゆっくりと近づく。

そしてチェシャ猫が固まる少年に触れようとしたその瞬間、少年は胸ポケットに入れたトランプのカードから、声を聞いた気がした。

『早く僕をあの発情した猫に見せるんだ!』
「え!?えっと、こう?」
「……あらら、お手付きだったのね」

少年は指示通り、スペードのエースをチェシャ猫に見せる。すると淫靡な表情だったチェシャ猫は頬を膨らませ、少年に一言だけ告げると、そそくさと去って行ってしまった。

「ここは不思議の国。ハートの女王が治める国よ。
本当は案内役をしたかったのだけど、お邪魔みたいだからお姉さんは別の人の所に行くわね」



さて、綺麗な女性に言い寄られて固まっていた少年は、不思議の国と聞いて困惑し、完全にフリーズした。不思議の国とはどこなのか、ハートの女王とは誰なのか。

そして、何故トランプの絵柄が動いているのか。つい先ほどまでただの絵だと思っていた女の子が、『大丈夫?』と声をかけながら、手を振っているのだ。非現実的な光景を目の当たりにし、微動だにしなくなった少年に対し、トランプの少女はさらに語り掛ける。

『本当は僕自身が迎えに行きたいのだけど、ハートの女王様にお城の留守番を任されちゃってね……。
案内するから、僕のお城で待っててくれる?』
「う、うん。
えっと、君が僕をここに連れて来たの?」
『そうだよ?まあ、僕を拾っちゃった君が悪いんだから、元の世界に帰るのは諦めてね?』

少年はトランパートのエースと名乗る女性から、この世界についての事を教えられる。魔物娘の中でも好色な存在が至る所にいること、襲われたらもう逃げられないこと、エースが招いたこと。

少年にとって、エースとの会話は夢でもあった。何せ少年が絵の状態でも一目惚れした女の子だ。少年はエースと楽し気に話しながら歩いていると、時折魔物娘が話しかけて来る。

「美味しそうな男の子だ〜!子作りしよっ!子作り……頑張って下さい」
「ショタっ子はっけぇん!ねぇねぇ、何処から来た…のですか?」
「……はは。ビリビリを食らわせなくて、良かったぜ」

エースとよく似た、ハートの7と描かれた服を着ている女性に対し、少年はエースを見せると、その女性は慌てながら丁寧な言葉遣いになり少年に敬礼する。またスライムのような、卵のような女の子に少年がエースを見ると、蕩け切っている顔が真顔になる。ハーピーのような、電気を纏った女の人に至っては、一瞬で青ざめた顔にすらなっていた。

「ねえ、エースって偉い人なの?」
『うーん?そこらへん僕もわかってないから何とも言えないけど、下級の神に等しい力は持ってるよ?』
「か、神様!?」

ひょっとすると、エースは凄く偉い人なのでは無いか?と思った少年は素直にエースに聞き、神様と同じぐらいという返答に震え始めた。そんなに凄い人になんて言葉遣い話していたんだろうと、自責の念に駆られたからだ。

『もしも僕に敬語なんて使ったら、怒るからね?辺り一帯が発情するぐらいに怒るからね?』
「わ、わかったよ。あ、あのお城がエースのお城?」
『そうだよ。もうそんなところまで来てたんだね。それじゃあ留守番はキングに押し付けて、僕はお城の中で待ってるよ』

エースの案内により、無事にスペードをモチーフとした小さな、それでも堂々とした城に少年は辿り着いた。城門の前に少年が立つと、門は少しずつ開き、トランプの中にいるエースはおいでおいでとジェスチャーする。

庭には噴水があり、噴水の中央にはエースとよく似た石像があった。また、庭では槍を持った女性があちこちで少年に向けて、敬礼を送っている。よく見ると女性の服にはスペードの2やスペードの3と描かれており、まるで自分が偉くなってしまったかのような感覚に陥った少年は気まずそうに、速足で城内へと駆け込んだ。

『あっはっは、大丈夫だよ。彼女達は君を襲ったりしないから』
「でも、敬礼を向けられるなんて思ってなかったから……」
『うーん。僕に対して敬礼しているわけでも無さそうだし……何で君に敬礼するんだろうね?
あ、そこの階段を昇って正面の扉の向こうに、僕がいるよ』

城の中央にある階段を昇り、少年は大きな扉の前まで歩く。大きな扉の前、その両端にはスペードの10が描かれた服を着ている女性が佇んでおり、少年を視認するとやはり敬礼をする。

「この扉の向こうでエース様がお待ちです」
「決して気をやらないよう、お気をつけ下さい」

同じ服を着た、少し似ている2人の女性は扉を開いて少年を中へと招く。そのまま少年を中に入れてある程度歩かせると、女性達は一瞬で姿を消し、それと同時に扉が閉じた。

女性達が一瞬で消え、困惑する少年はきょろきょろと辺りを見渡してから、正面にいるエースと向き合う。玉座に座ったエースを視界に映した少年はあまりの神々しさに膝を折り、頭を下げてしまう。

「こら、駄目じゃないか。立ち上がって、ここまでおいでよ」

そんな少年の姿を見たエースは膝をパンパンと叩き、エースの座る場所まで来るように指示する。少年はそれを聞き、ふらふらと覚束無い足取りでエースの座る玉座まで辿り着いた。そして、そこで少年の意識は途絶える。

「あらら、眠っちゃった。ここまで歩いて疲れちゃっただろうし、仕方ないか」

少年はエースの胸に飛び込み、寝息を立てていた。大きな胸の谷間でぐっすりと寝ている少年の後頭部をエースは右手でゆっくりと撫でながら、左腕で少年の身体を抱き締めた。








「おかあさん………………??ぅ???え!?」
「おはよう。よく眠れたかい?」

少年が目を覚ますと、そこはベッドの上だった。ベッドの上で横たわるエースに覆い被さるように少年はうつ伏せで、おっぱい枕に顔を埋めていた。

「あ、あの!!」
「どうしたんだい?」
「どうして僕を招いたの、ですか?」
「もう……敬語を使ったら怒るって言ったのに……。
君を招いた理由は、僕の夫になって貰うためだよ」

少年は自身が招かれた理由を聞き、驚き、また震えた声でエースに問う。

「夫、ですか?」
「そう。君と結婚して、幸せな家庭を築きたいなって」
「でも、僕のような取り柄なんて無い……」
「あはは、大丈夫だよ。もしかして君は人を好きになる時に、その人の持っている何かに惚れるのかな?」

少年を抱き抱えたまま、エースは上体を起こし、少年の顔を覗き込む。整った美しい顔が吐息のかかる距離まで接近したことに少年は赤面し、目を逸らそうとするが、エースの眼から視線を外すことが出来ない。

「君に武術の才能が無くて、勉強があまり出来ないことも、特技らしい特技が無いことも、全部知ってるよ」
「うぅ、そこまで言わなくても」
「でも、そんな事は関係無いんだ。僕は君を一目見た瞬間に、君という人を好きになってしまったんだから。
そこにどんな装飾が有ろうが無かろうが、関係無いんだ」

エースは少年の頬を両手で固定し、さらに顔を接近させる。額がくっつき、少年からはエースの透き通った青い目しか見えなくなった。

「それに君も僕の顔にぶっかけるぐらい、僕の事が好きだったんでしょ?両想いだし、連れ去っても問題無いかなって」

そしてトランプの絵柄として描かれていたエースで自慰していたことを口にされ、あわあわとする少年を強く抱き締めたエースは、少し屈んで少年にキスをする。突然のキスに頭がついていかない少年は、柔らかなエースの唇の感触を味わい……ぬるりとした舌が口の中に入ってくる感触を味わった。

「ん〜?!」

エースとの唾液を交換し合うようなディープキスに、少年は思わず勃起し腰を引いてしまう。そんな少年を見て、一旦キスを止めてにこりと微笑んだエースは太ももでペニスを挟み込んだ。

「あっ、わぷっ」
「ふふ、やっぱり君は可愛いなぁ」

いつの間にか、少年は裸になっていることに気付く。エースも下半身に履いていたズボンが無く、少年の肉棒は直にエースの太ももに挟まれていた。また、おっぱいをさらけ出したエースの上半身に抱き着く形になった少年は、頭をエースの胸で挟まれた幸福感だけで達しそうになった。

「おっと、太ももでイかせても良いけど、どうせなら中出しが良いよね」

張りのある太ももの肉に挟み、小刻みに力を入れているエースは少年が早くも射精しそうになっていることに感付き、少年の男性器を掴んで女性器に宛がう。まだ幼い男根は、エースの蜜壺に迎え入れられたその瞬間に、発射してしまった。

「あ、ぁ……」
「んっ、全部挿れる前に出ちゃったか。
……あれ?意識飛んじゃった?
まあ良いや。挿入したまま、まったりするのも悪くないしね」

エースの上でしがみ付いたまま、少年は意識を飛ばしてしまう。そんな少年を腕でがっちりとホールドしたエースは、羽織ったまま消していなかったマントで少年を包み込む。少年はエースの暖かさを全身で感じながら、夢見心地なまま、何度もエースの膣内に射精を繰り返す。



「あ、あれ……?」

少年は奇妙な感覚を味わい、意識を覚醒させた。夢精のような、夢現なままで射精を何度もした気がするのに、少年の陰茎は未だに硬く隆起してエースのおまんこに突き刺さっているのだ。

「もう起きたかい?それじゃあ、今度は眠らないでね」

少年はエースの肉壺に挿入していることを知覚した時、肉棒に気の遠くなるような快楽を感じた。肉ヒダが竿に絡みつき、離そうとしない。しかも、エースが少年の腰を動かす度に、脳が受け付けなくなるぐらいの快感を与えて来る。

(あ、れ?後ろから、誰かが腰を持って)
「「ああ、君が腰を動かせ無さそうだから、僕が分身を作って君の腰を動かしてるよ」」

ふと、少年はエースの腕が4本あることに気付く。気付いたその瞬間、背中には2つの脂肪の塊と、その頂点にある突起を感じ、声が二重になって聞こえる。女体に挟まれ、理性を焼き切られた少年はとぷとぷと、漏らすように精液を膣内へ出し続けた。



「……?」
「あ、起きた?寝たまま僕のおまんこにびゅるびゅる出し続けてたけど、そんなにエッチな夢を見てたのかな?」

少年は目を覚まし、身体を震わせながら、刺激を与え続けてくるエースの女陰へ吐精する。先程まで感じていた背中からの気持ち良さは無くなったが、代わりに顔へと押し付けられる巨乳の感触がより鮮明に感じられる。

(おっぱい、やわらかい……)
「君はおっぱい大好きだもんね。ずっと僕の胸の感触を味わいながら、腰を押し付けて精液どぴゅどぴゅして良いんだよ?
あ、喉が渇いてるなら、母乳を飲ませてあげるよ?」

むにゅむにゅと顔全体に押し付けてくるエースの胸を感じながら、少年は中出しを続ける。エースの乳房を咥えて母乳を吸うと、少年のペニスは一段と大きくなった。

すぐに意識が遠のくような感覚に陥った少年は腰を押し付け、ぴゅっ、ぴゅっ、と精液を吐き出しながら、エースの言葉を聞いた。

「君はずっと、夢と現を繰り返しながら、僕の中で射精し続けるんだ。夢の中で僕に犯されて、現実で僕を犯す。とりあえず簡単に意識を飛ばさなくなるまで、何度も繰り返そうか」

少年は夢見心地なまま、夢と現を行き来して射精を繰り返す。きっと夢見心地が終わるまで、エースへの中出しを強要されるだろう。夢心地の終わる時が何時になるかは、誰にもわからない。

18/08/22 20:18更新 / インスタント脳みそ汁大好き

■作者メッセージ
まずは未熟者の文章を最後まで読んでくださり、ありがとうございます。誤字脱字、おかしな表現などがあれば指摘してくれると嬉しいです。

綺麗に纏まった話を書きたかったです(願望)
途中から方向性を間違えた結果、元気な僕っ子に騎乗位で犯される話から僕っ子女神ママに甘やかされる話になりました。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33