読切小説
[TOP]
私の自由研究
「はぁ……しまった」
 夏休みの半ば、私は焦燥に駆られていた。さっさと宿題を終わらせ、残りの半分くらいの期間をエンジョイして過ごすというナイスな私の計画は頓挫してしまったのだ。
 別に宿題が終わらなかったというわけではない。それはとっくのとうに終わった。絵日記も最後の日まで当たり障りのないことで埋めた。
「どうしよう」
 しかし、一番大きな課題が残っているのを今まで忘れていた……いや、もしかすると嫌すぎて封印していたのかもしれない。

「自由研究……どうしよう……」

 自由研究。それは毎年私を悩ませる悪魔のような宿題。算数のドリルよりも、漢字の二十回書き取りよりも、絵日記よりも、何十倍も厳しくいやらしい課題。
「ほんと、最初に自由研究を考えた人、消滅してくれないかな……」
 私は勉強が得意だ、だが創作性に欠ける人間……もといリッチなのだ。ここで小学生という立場に見合わないような高度な研究を提出するのもありだが、それは多分夏休み中には終わらないし、同級生にドン引かれるだろうし、なによりも大学あたりまでネタを貯めておきたい。
「はぁ……」
 残りの期間はちゃんと有意義に使うつもりだったのに。同級生の男の子にじっくりと時間をかけてアプローチして最後には既成事実を作り上げるつもりだったのに!
 くしゃくしゃと自由研究についてのプリント丸め、ゴミ箱に思いっきり投げ捨てる
「消えてしまえ、自由研究……ぎゃふっ」
 しかし、それはスコーンと縁に当たって跳ね返り、私の額に命中する。
 次の瞬間、その衝撃によって普段は創作性に欠ける脳みそがフル回転する。
 自由研究のことと、この先の計画のこと、それを同時に考えていたせいかその二つがミックスされ繋がってしまったのだ。
 そして、その結果。私は超弩級に天才的な発想をえることになった……
「……自由研究があってよかった」
 ただ、それはあまりに背徳的で、狂気に満ちた発想だった。


『りっちゃーん。律子ちゃん? 自由研究手伝いにきたよー』
 思い立ったが吉日。私は思いついたアイデアが冷めないうちに意中の同級生、川崎涼人くんを呼んだ。すると一時間後には私の家のインターホンを押してくれた。
「ちょっと待っててね」
 私は自由研究の用意をし、玄関のドアに向かう。
(大丈夫、できる。絶対にできる)
 最後に一度だけ自分の背中を押す。はやる気持ちを抑え、動揺を表に出さないよう落ち着かせてから私はドアを開けた。
 そこには私の愛しい涼人がいた。
「やっほ〜りっちゃん」
「今日はありがとうね、涼人くん……さぁ、入って」
「お邪魔しまーす」
 そう言って彼を迎え入れながら後ろ手でドアの鍵を閉める。上下にある二つとも。そして彼を促し先を歩かせる。
「でも珍しいねりっちゃん。いつもは僕が泣きつく立場なのに」
「そうだね……えっとね、今回の自由研究はね、二人で作らなきゃいけないものなんだ」
「へぇ、何作るの?」
「……赤ちゃん」
「……へ? むぐっ」
 私は前を歩く彼の口元に布を押し付ける。
「んんんっ! りっひゃん……んんっ」
 涼人は私を引き剥がそうともがく。でも無駄だ、もう半分も力は出ないだろう。
「ごめんね、涼人くん。これも自由研究のためなんだ」
「んんんむっ! んん……」
 さすがは刑部狸印のクロロホルム。人間製とは違ってあっという間に効く。
「あぁ……涼人くん♥」
 ぐったりと力の抜けた涼人くん。その寝顔は安らかで、すぐにでも唇を奪ってしまいたいくらいだ。
 だが、我慢しよう。今は自由研究のための準備が最優先だ。


「んん……」
 拘束が完了し少し経つと、涼人くんは目を覚ました。
「え、なに……これ」
 彼は自身が置かれている状況を目にし、目を白黒させる。
 それもそのはず。だって裸にされて、手足をベッドのそれぞれの脚に手錠で縛り付けられている状態なんて驚くに決まってる。
「え? え? なに? やだ、こわいよ」
 ギシギシと手錠を引っ張り、抜け出せないか画策する。だけれどそんなのは無駄。小学生男子に破れる品物ではない。
「おはよう、涼人くん」
「り、りっちゃん……」
 そんな風に怯える涼人くんに、私はスケスケのネグリジェ姿で近づく。
「ねぇ! りっちゃん! 大変だよ! ぼ、僕たち、変なのに捕まっちゃったんだよ!」
「……」
 あぁ、気がついていないんだ、これは私がしたことだって。あのクロロホルムのせいで前後の記憶は曖昧なんだろう。もしかしたら今も少し効いてるのかもしれない。
 それに、涼人くんは優しい。きっと私がそんなひどいことをするリッチには見えないのだろう。私のことを大切なお友達だと、全幅の信頼を寄せてくれているのだろう。
 でもね、ごめんね。
 私、涼人くんのこと裏切っちゃった。
「ごめんね……涼人くん……ちゅ」
「っ!」
 私は涼人くんに軽くキスする。
「ごめんね……私ね……涼人くんのことが好きなの」
「! ……え? なに? ど、どういうこと?」
 震える声で不安の色を露わにする涼人くん。もう察しがついてきてしまったらしい。
 でも、そんな怖がる涼人くんも。
 すごく、ステキ。
「涼人くんをコイビトにしたいってこと……でもね」

「少しガマンしすぎちゃったみたい」

 自由研究に悩んだ結果思いついたアイデアなのだが、きっとただただ恋人になりたいと願っていただけならばこんなことにはならないはずだ。
 だからこれは私の愛の発露。我慢して、貯め込んで、ぐちゃぐちゃに潰れて歪んでしまった愛の。
「ちゅ……好き。涼人くんのこと、好き」
「んっ、りっちゃぁ、ん、んんっ」
 彼は口づけを拒む。子供ながらの倫理観では、耐え難いほどに非道徳的な行為だろう。
 それでも彼のあそこは反応する。まだ未成熟の可愛らしいペニスは。
「りっちゃぁ……」
「ごめんね。涼人くん。ごめんね。もしかしたら他に好きな人いたかもしれないけども、ごめんね」
 あと半分の夏休みでその事情も聞き出すつもりだったのに……全部すっ飛ばしてしまった。
 でも一度思いついたら止められなくなってしまった。涼人くんをすぐに我が物にしてしまいたくなった。
「はぁ……涼人くんのペニス……」
 私は早速サンプルの採取を開始することにした。これ以上続けたら埋まらない溝ができてしまいそうだ。
「涼人くん……これから気持ちよくなるけども、我慢しなくてイイからね」
「りっちゃ……あっ! りっちゃん! にゅるって! おちんちんにゅるにゅるってぇ!」
「ぺろっ、ちゅぷ……れろれろっ、ちゅじゅっ、きもひいい?」
「ああああああっ! ひっ、あああっ!」
 まだ自慰もしたことがないであろう初物ペニス。少し舌を動かすだけでビクビク震え、腰を浮かせて感じている。
「ちゅぽっ、ちゅるるるるっ、れろっ、れるっ、んちゅちゅっ」
「あ、あ、あ、あ、お、おしっこでちゃうううっ!」
 それはどっちだろうか。本物におしっこか、それとも涼人くんは初めてで勘違いしていて、精液をおしっこと勘違いしてるのか。
……どっちでも受け止めるけども。
「あ゙あ゙っ! 出るぅぅうっっ!!」

 びゅくびゅくびゅくっ! びゅるる〜っ!

「んっ」
 舌の上に、どろっとしたゼリー状の熱いものが乗る。
 あぁ……精液だ♥
 すぐさま私は試験管を手にとり、それをその中に入れていく。唾液が混ざらないよう気をつけながら。
「んべ……こくり……はぁ……涼人くんの精子」
 きゅぽ、とふたを閉める。大事に大事に防腐して取っておこう。
「はぁ、はぁ、はぁ、な、なにそれ?」
「涼人くん、もしかして射精初めてだった? ……じゃあこれは初物の精通精子なんだね」
 この世で初めて生まれ出てきた涼人くんの子たち。愛おしい子たち。
 ごめんね。君たちの子供は作ってあげられないけども、ずっと大切にしてあげるから。
 ちゅ、と試験管越しに涼人くんの精子たちに口づけをする。
「涼人くん……」
 さて、次は本番だ。私は試験管を近くのテーブルの上に置いておいた試験管立てに立て、彼の上に座り込む。
「きっと涼人くんは赤ちゃんの作り方ってわからないよね……赤ちゃん作りってどれくらい気持ちいいかわからないよね……」
「……っ」
 涙目になりながら彼は首を横に振った。
「私もね、仕方はわかるんだけども、気持ちよさはわかってないんだ……だから」

「どれくらい気持ちいいか、一緒に実験しよ」

「う、あ、ああああああっ♥!」
 にゅぷり、と彼の肉棒が私の肉襞をかき分け、奥へ奥へと進んでいく。それと同時に彼の叫び声が部屋に響く。
「あっ♥! やだっ♥! りっちゃん♥! ぬいて♥! おちんちん抜いてよぉ♥!」
「やだ」
 泣き叫んで懇願する涼人くんを無視し、私は腰を動かし始める。
「あ♥あああああああっ♥!! やめてっ♥! りっちゃん♥! りっちゃぁぁぁぁんっっっ♥!」
「やだ、だって、もうやめられないんだもん」
 すごく、気持ちいい。
 腰を揺らす度に、こつんこつんって子宮の入り口がノックされて、涼人くんと赤ちゃんを作ってるんだって実感できる。それがたまらなく気持ちいい。
「ひ、いいいああいいいいあああいっっっ♥!!」
「好き……好き……好き……好き……ものすごく、好き……涼人くん……大好きだよ」
「ううううっ♥! 僕もっ♥! りっちゃんのこと好きだったんだよ♥! ずっとずっと好きだったよ♥! だから♥! ねっ♥? こんなことやめよぅよ♥!」
「うふふ、やめてあげない」
 そっか、両想いだったか。ちょっぴり……いや、かなりうれしい。
 でもだからこそやめてあげないんだよ、涼人くん。
「うやぁっ♥! ぐりぐり、しないれぇ♥!」
 私はすっぽり根元までペニスを飲み込んだまま、小さく腰を前後に揺らす。
「こ、こんなのっ♥! だめっ♥だよぉっ♥」
「涼人くん……駄目じゃないよ。気持ちいいことはイイことなんだよ?」
「で、でもぉ……♥」
「大丈夫。私がいっぱい気持ちよくしてあげる。頭の中からっぽになって、イイもダメもわからなくしてあげる」
「ぅぅぅぅぅっ♥」
「ちゅっ、れろっ、ちゅるるぷぷっ、ちゅっ」
 ディープキスしながら動くのすごくイイ……愛し合ってるんだって上でも下でも感じられる……
 キスハメ……すごい。
「んんんぅぅぅっ♥」
「ぷちゅるるっ、れろっ、ぇろっ、んちゅっ」
 あ、すごくペニスがぴくんぴくんってしてる。
 そろそろ出そうなのかな?
「ちゅぱっ、いいよ、涼人くんの童貞喪失の初中出し精液。私の卵子にぶっかけて孕ませて」
「はぁ♥はぁ♥はぁ♥はぁ♥やだっ♥やだやだやだやだやだっ♥!」
「ちゅっ」
 最後の一押しは、優しい口づけ。

 ひゅるるるるるるっ!! びゅくびゅくっ! どぴゅっ! どぷっ! どぷっ!

「あ……子宮の中、涼人くんので……」
 お腹の中で噴水があがってる。子宮の入り口からびゅーって孕ませようとしてきてる。
「よしよし……ありがとうね、涼人くん」
「はぁ♥はぁ♥ひぃっ♥はぁっ♥」
 優しく頭をなでてあげても返事がない。気持ちよさすぎてどうしようもないみたい。
「……でもまだ欲しいかも。やっぱり、お腹膨らんじゃうくらいに欲しいな……」
「も、もう♥やらぁ……♥」
「えいっ」
「いぎぃっ♥!」


 びゅぐびゅくびゅくびゅくっ!
 確か二十六回目の射精。希望通り、精液ボテしちゃうくらいに精液いっぱいもらった。
「んひぃ……♥はぁ♥はぁ♥はぁ♥りっちゃぁん♥」
「ん、よしよし」
 十五回目の射精あたりから涼人くんの態度はどんどん変わっていった。自ら快楽を求めるようになり、自ら腰まで振り始めた。
 もう完全に牡の動物である。現に頭をなでてやると小動物みたいに頭を手のひらに押しつけてくる。
「もっと♥もっとぉ……♥」
「ごめんね、涼人くん。今日はここまで。これ以上やったら今までの分が出ちゃうから」
「うぅ……やらぁ♥」
「うぅん……じゃあちょっと待っててね」
 私は今もとろとろと精液が垂れる割れ目に絆創膏を貼る。
「ん……これでよし」
 そして、今度は彼の股のあたりに顔を埋める。
「明日までおまんこは使えないけども……おくちとおててで気持ちよくなってて」
 そう言って私はフェラを始める。
「あっ♥ひぐっ♥」
「いっぱい、いっぱい栄養ちょうだいね……パパ」
 この日私はお腹いっぱいになるまで精液を飲んだ。


 夏休み最終日になるまで、私と涼人くんの実験は続いた──




「じゃあ、次は律子ちゃん……と涼人くんの発表ですっ! じゃあ二人とも前にどうぞ」
 私は白澤先生に促され前に出る。
 隣には顔を赤くした涼人くん。今、恋人繋ぎで手をつないでいる。

「私たちの自由研究は……赤ちゃん作りです」

 そう言って私はお腹を撫でる。
 これから産まれる生命。二人で一緒に育てていかなきゃ。
17/07/30 16:31更新 / 鯖の味噌煮

■作者メッセージ
懲りずにロリ×ショタです。
こういう一夏の思い出、体験したい……体験したくない?

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33