『気弱×3+偶然の遭遇=???』




ここは親魔領の街『イロトワーホル』。その中心街にて医者の卵として生活する一人の若い・・・のか?・・・とにかく男がいた。

名を『蓮(れん)』という。マダムが好みそうな童顔、成人男性の平均身長に余裕で足りない低身長、ちょっとの物音にもびっくりするガラスのハート・・・・と保護欲旺盛な女性方と一部の男性から絶大な支持を得る。

が・・・

「まってぇぇぇ! 蓮くぅぅぅん!」
「ひぃぃぃっ・・・・ぼ、僕は・・・と、年下にしか興味ないんですぅぅ」
・・・必死に化粧の濃いおばちゃん達(人間♀)から走って逃げながら叫ぶのだった・・・
・・・これが日々の日常なのだが・・・これでもちゃんと医者として仕事しているのだからある意味凄い蓮だった。



そして・・・『運命の夜』・・・・



重い足取りで自宅である3階建ての集合住宅の3階の一室へ帰宅。

「はぁ・・・今日も疲れた・・・」
かなりお疲れの蓮。・・・まぁ仕事4割:逃亡6割の疲労配分だが・・・

「まったく・・・僕は・・・年下が好きだとッ・・・」
沸々と湧き上がる怒りに・・・

バタンっ!
と窓を開けて・・・

「何度もいってるだろぉぉぉぉぉ!」
鬱憤を叫んだ。

すると・・・

バタァァン!

「うるせぇよ! 今何時だと思っているんだ!#」
「す、すいません・・・」
下の階のオジサンに怒られた・・・ざまぁww

「はぁ・・・寝よう・・・」
・・・おとなしく疲労を癒す為に早めに寝る蓮。


・・・・・・・・・

・・・・・

・・・


時間は過ぎて・・・現在日付が変わる少し前・・・
連のマンション近くにフラフラ歩いている影が2つ・・・
1つは・・・

パッカポッコパッカポッコ・・・

「はぁ・・・今日こそは入らないと・・・もうおなかが・・・」

ぎゅるるぅぅ〜・・・・

・・・かわいい泣き声のおなかを撫でて歩いているのは・・・
『ナイトメア』でした・・・

もう一方は・・・

てくてくてくてく・・・・

「はぁ・・・今日こそは化けないと・・・もうおなかが・・・」

きゅるるぅぅ〜・・・・

・・・こちらも可愛い音で泣くおなかを撫でながら歩いている・・・
彼女は『ドッペルゲンガー』だ・・・


「といっても・・・」
「どこかにイイ男・・・」
・・・二人は種族上『臆病』である・・・そんな彼女らがもしも・・・そうもしも・・・


【鉢合わせたら?】

『『・・・・ぁ』』
・・・お互い下を向いたままだったが・・・ちょうど蓮の住宅の前の死角の辻角でばったり鉢合わせした・・・

「きっ・・・」
「きっ・・・」

「きゃぁぁぁぁっ!? か、影のおばけぇぇぇぇぇっ!?」
「きゃぁぁぁぁっ!? う、馬のおばけぇぇぇぇぇっ!?」
お互いにびっくりしてしまった二人。そこへ・・・

バタァァァン!

「うるせぇぇぇよ! 今なんじだとっ! ####」
「「すっ、すいませんっ・・・」」
再びオジサン登場。そして二人とも怒られた・・・

「・・・え、えっと・・・は、はじめまして。」
「は、はじめまして・・・」
そして今度は小さめで・・・でもちゃんと聞こえる音量で喋る二人。

「あの、私・・ナイトメアの『月夜(つくよ)』っていいます・・・」
「えとえと・・・わ、私は・・・ドッペルゲンガーの『詠(えい)』って・・・」
自己紹介から始まり何かと喋り出した二人・・・

〜〜数分後〜〜

「それでその時思うんですよぉ・・・」
「あぁ・・・わかる。すっごく分かります、その気持ち・・・」
・・・見事に意気投合していた・・・

・・・と会話(主に互いの愚痴や不満の言い合い)に華を咲かせていると不意に上から静かな寝息が・・・

「すぅぅーーー・・・すぅーーー・・・」
「でそn・・・あら? 何処からか寝息が・・・」
「うんうn・・・あら? 本当ですね?」
・・・寝息の発信源をたどっていくと・・・・『蓮のもの』だった・・・

「・・・今日はここにしようかなぁ・・・」
「あぁ・・では、月夜さんここでお別r・・・・」
折角見つけた熟睡者・・・これを逃すと・・・ソレを察して詠が別れを述べようと言い出した・・・ところで・・・

ぐぅぅ〜〜〜・・・・

「・・・///」
「あ、あらら・・・詠さん『も』?///」
「ぇぇ・・・ん?・・・『も』?」
可愛くおなかが空腹を訴えてそれに赤面している詠に月夜が話しかける。
すると・・・実は二人とも精が枯渇しかけてて摂取しないとヤバい事がお互い判明して・・・

「・・・!! ・・・・♪・・・・ねぇ、詠さん。名案が・・・ゴニョゴニョ・・・・」
「・・・!?・・・・♪・・・それ、凄くいいかも♪」
おやおや・・・月夜が何か閃いたらしく、詠に合わせるように屈んで喋り始めて・・・詠もソレに乗り気のようだ・・・

一体如何するのだろうか?

・・・おや? 月の出てる空に少し雲が出始めたみたいだ・・・

・・・・・・・・・

・・・・・

・・・

ここは『ある場所』・・・・


「はぁ♪ こんなにも仕事がしやすいなんてぇ♪ここは夢ではなかろうかぁ〜♪」
ホクホク顔で患者を凄い速さで診察していく蓮。彼にとっての夢はこんな夢なのか?

そう、これは『蓮の夢の中』です。

・・・普段の日常と違い来る患者が全て普通に接しているだけという・・・ハーレムでも悪夢でもなく・・・いたって『普通の日常の一日』・・・みたいだ・・・

・・・それだけ現実は苦労している・・・ということか・・・哀れなり・・蓮・・・・・・・・・・・


と、寛いでいた蓮のところへ・・・


「先生、次の患者さんが来てますが・・・いかがなさいますか?」
「お連れして構いませんよ。」
わかりましたと、告げて去っていく看護婦・・・すると間をさほどあけずに患者さんが入ってきた。

「こんにちは、蓮先生♪」
「え、えぇ・・・こんにちは・・・」
連は戸惑ってしまった・・・なぜならかなりの美人さんだったからだ。
そしてその美人さんはニコニコとしながら蓮をじっと見て連の向かいの椅子に座った。
・・・自ずと唾を飲み込んでしまう程の美人を至近距離でみてしまいシドロモドロになっていた蓮だったが・・・

「あのぅ〜先生?」
「はっ!? す、すいません。ちょっと頭がぼうっとしてしまいました。・・・・初診の方ですか・・・・お名前をよろしいですか?」
不意の一言で我に返り通常営業を再開した蓮は初診な事を確認すると新しいカルテを机から引っ張りだして・・・・名前を聞いた。すると美人さんは・・・・



「名前は・・・月夜です。」



「゛つ・く・よ゛っと・・・・では、今日はどういった症状で?」
なんと月夜であった。・・・・そう彼女は自然に蓮の夢の中に入り込んでいるのであった。
そして蓮はそのことなど知らないので・・・

「実は・・・ココ最近・・・妙に『ココ』が火照ってしまいまして・・・・」
「っ!?・・・・・・・・・・・・ゴクリ・・・」
月夜はそういうとスッ、とゆっくりと立ち上がり・・・・・・・スカートの前をズリズリと引き上げた。
・・・・そこには布も毛もなく・・・・プニプニした合わせ貝が・・・てらてらしている液体を股に滴らせていた・・・

これでグッとこなかったら・・・・医者に行ってくれ、という状況だった・・・

「せんせ〜ぃ♪ このウズウズを・・・・せんせぃのお注射で治療していただけませんかぁ〜♪」
「・・・・ははっ・・・・」
医者としてでなく、蓮は・・・・理性と格闘していた・・・「患者に手を出すのか!?」「据え膳食わぬは漢の恥っ」とか言う風に・・・・
そこに月夜から『止めの一撃』が・・・・



「わたし・・・せんせぃになら・・・・・全部あ・げ・るっ♪」
と、丁寧にウィンクと投げキッスのおまけ付きで言い放った・・・・



・・・・・・・・・・・・・・プチン・・・・・・・・・

「いただきまーすっ!!」
「あん♪ どうぞ召し上がれ♪」
理性の崩壊と共に野生となって月夜に襲い掛かる蓮。
月夜を強引に引っ張り、連の横にあったベッドに押し倒し、お互いの服を半ば剥ぎ取る様にして互いを全裸にした。
体位は正常位。月夜は恥部丸出しの状態である。
まずは・・・というか、もう入れ始めていた・・・

ずぷぷぷぷ・・・・

「あぁ〜ん♪ 太くて・・・ガチガチっ・・・・しかも・・・長いぃぃ♪」
「ふーーっ・・・ふーーっ・・・」
ゆっくりと沈み込むようにはいっていく・・・

ずぷぷ・・・・ぷちゅんッ

「はぁぁん♪ お、奥まできたぁぁ♪ 子宮口ついてるぅぅ♪」
「ふーっ・・・ふーっ・・・」
そして根元までずっぽりと入る・・・・

ずっ・・・ずりゅっずりゅっ・・・・

「は、はぁぁん♪ う、動いてるぅぅ♪ 壁ゴリゴリけずってりゅぅぅ♪」
「ふっふーっ・・・ふーっ・・・」
徐々に加速していく前後運動・・・
蓮は理性がもうほとんどない状態であり、吐く息しか声がない状態だ・・・

ずっずっずっずっ・・・・・

「はぅぅぅん♪ じ、Gスポットあたってりゅぅぅぅ♪」
「ふっふっふっふっ!!」
前後の動きに今度は上下を加えてさらに月夜を攻め立てる。月夜はあまりの快感に舌をだして涎をたらし、眉尻を下げて蕩けた目をして、自慢の胸を自分で鷲掴みして更に快感を加速している様子だった。

じゅっじゅっ・・・じゅぷんっじゅぷん・・・

「あっ♪ あひっ♪ んくぅ♪ い、いっちゃいそぉぉ♪」
「お、おれも・・・いく・・・」
肌を打付けあう音に水音が更に追加されていき・・・・互いに限界が近いことを呟きあう。
そしてラッシュがはじまった・・・

じゅぱん・・・じぱん・・・ぱん・・ぱんぱんぱんぱんぱんっ!

「あっ♪ な、なかに♪ ちょう♪ だいなっ♪」
「い、いく、いくぞ、っぁ・・・」

ぱんぱんぱんっ・・・・・ズパァァン!

一番奥に・・・・子宮口にぴったり付けて・・・

「ぁぁぁぁっ!!」
ビュル、ビュルルルルルルルっ、ビュルルルっ・・・・・・

「あはぁぁぁぁぁぁぁん♪ きたぁぁぁーーーっ♪」
ビクンビクンっ

・・・・ふたりとも互いにいった・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・

・・・

「・・・責任とります。責任とって結婚しますっ!!」
蓮は素面に戻って自分が何をしたか即座に理解して・・・直ぐに謝罪し結婚するとまで言った。・・・それに対して月夜は・・・



「お断り♪」



・・・清清しい笑顔の拒否だった。

「・・・・えっ? なんで?」
「それは・・・・」
謝罪の為腰を折っていたが・・・・驚きで顔を上げて月夜の顔をみる蓮に対して月夜が理由を述べようとすると・・・

がら・・・がらがら・・・・

風景が崩れ始めた・・・

「えっな、なにこr・・・・うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」
その崩壊に蓮は巻き込まれ・・・暗闇に落ちていった・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・

・・・

そして『現実』へと戻り・・・

「・・・・ふぅ・・・もう少しでおきますよ〜」
と、蓮の近くにいた月夜がうしろで控えていた詠に声をかけた・・・

「うんわかった。・・・・『イメージ』・・・」

ゾゾゾ・・・・

そして詠の影が変化していき・・・

「・・・ふぅ・・・これでどうかな?」
・・・そこには『夢の中の月夜』がいた・・・

「上出来♪っと・・・・あとはがんばってねぇ〜・・・」
「まかせてぇ〜♪」

パァン♪

ハイタッチをして静かに部屋の外へ出て隠れる月夜と・・・

「では・・・いただきま〜す♪・・・・あむっ・・・ンクッ・・・ンチュ・・・」
・・・フェラを開始した詠だった・・・

「・・・ん・・・ん〜」
「ンン・・・っぱぁっ・・・あら? やっとお目覚めかしら? せんせぃ?」
フェラを中断しわざとらしく問いかける詠。
蓮はベッドから上体を起こして確認してみる・・・

(ここは・・・自分の部屋・・・?)

蓮は大混乱である・・・

「へっ!? あれ?! コレって・・・夢? 」
「もぅ♪ ナニを寝ぼけているんですか〜♪ さっき先生が私を押し倒したときに先生【勢いあまってベッドに強く頭を打ち付けて気絶してしまうんですもの】・・・びっくりしたわよ・・・」
・・・詠は嘘で先ほどの月夜の行為を無かったことにして、宛もここが【まだ夢】だと言わんばかりにして現実と夢を曖昧にした・・・
普通だったら気付くだろうソレに蓮は混乱中だった為・・・・

「あぁ・・・そっかまだ夢か・・・」
「ねぇ〜そんなことよりぃ〜♪」
夢と結論付けた連に詠は・・・蓮の下半身に尻を落とし、両足を広げて、秘所を両手の指先で連に【確りと見えるように】くぱぁをした・・・



『アナタの注射針で私をちりょうしてぇ〜♪』



・・・・プチッ・・・・

「やてやらぁぁぁっ」
「あぁん♪ そんなガッツかないでぇ♪」
第二ラウンドがはじまった・・・

ずぷぷぷぷ・・・・

「あぁ〜ん♪ 太くて・・・ガチガチっ・・・・しかも・・・長いぃぃ♪」
「ふーーっ・・・ふーーっ・・・」
ゆっくりと沈み込むようにはいっていく・・・

ずぷぷ・・・・ぷちゅんッ

「はぁぁん♪ お、奥まできたぁぁ♪ 子宮口ついてるぅぅ♪」
「ふーっ・・・ふーっ・・・」
そして根元までずっぽりと入る・・・・

ずっ・・・ずりゅっずりゅっ・・・・

「は、はぁぁん♪ う、動いてるぅぅ♪ 壁ゴリゴリけずってりゅぅぅ♪」
「ふっふーっ・・・ふーっ・・・」
徐々に加速していく上下運動・・・
蓮は理性がもうほとんどない状態であり、吐く息しか声がない状態だ・・・

ずっずっずっずっ・・・・・

「はぅぅぅん♪ じ、Gスポットあたってりゅぅぅぅ♪」
「ふっふっふっふっ!!」
前後の動きに今度は前後を加えてさらに詠を攻め立てる。詠はあまりの快感に舌をだして涎をたらし、眉尻を下げて蕩けた目をして、自慢の胸を自分で鷲掴みして更に快感を加速している様子だった。

じゅっじゅっ・・・じゅぷんっじゅぷん・・・

「あっ♪ あひっ♪ んくぅ♪ い、いっちゃいそぉぉ♪」
「お、おれも・・・いく・・・」
肌を打付けあう音に水音が更に追加されていき・・・・互いに限界が近いことを呟きあう。
そしてラッシュがはじまった・・・

じゅぱん・・・じぱん・・・ぱん・・ぱんぱんぱんぱんぱんっ!

「あっ♪ な、なかに♪ ちょう♪ だいなっ♪」
「い、いく、いくぞ、っぁ・・・」

ぱんぱんぱんっ・・・・・ズパァァン!

一番奥に・・・・子宮口にぴったり付けて・・・

「ぁぁぁぁっ!!」
ビュル、ビュルルルルルルルっ、ビュルルルっ・・・・・・

「あはぁぁぁぁぁぁぁん♪ きたぁぁぁーーーっ♪」
ビクンビクンっ


(・・・あれ? デジャヴ? ・・・いやまて・・・なにか変だぞ?!)

蓮は不意に異常に気付いた。・・・体位が違うだけで同じなのである。
そのデジャヴに恐怖を感じていると・・・


・・・・・・・・・フッ・・・・・・

・・・・【月が雲に隠れてしまった】・・・・


その瞬間・・・・イッテしまって連に圧し掛かっていた詠の体が・・・・

ゾゾゾゾッ・・・・・

「・・・・へっ?」
「・・・・えっ?」

元に戻ってしまった・・・・・

バタンッ!

「た、大変だよ詠ちゃん月・・・が・・・」
そして入ってきた【現実世界の月夜】・・・
それはもう少し早く言うべきだったね・・・と詠がふと思った・・・

蓮の一物を見て月夜が・・・←気弱
自分の元の体の裸体を見られた詠が・・・←気弱
詠と月夜の姿をみた蓮が・・・←気弱

『叫んだ』

「「「き、きゃ〜〜〜〜っ!?!!?」」」

バタァァァン!!

「うるせぇぇって何回も行ってんだろうがっ##」

「「「す、すいませんっ!!!」」」

・・・・叫びが当たりに木霊し、下の階のオジサンに怒鳴られた。
そして同時に謝る三人・・・


「・・・・」
「・・・・」
「・・・・」
一気に訪れる沈黙・・・

そして・・・

「ぷっ・・・」
「・・ふ・・・ふふっ」
「ぷふっ・・・」

『あははははっ』
・・・笑い出した三人だった・・・

・・・・・・・・・

・・・・・

・・・

結局、三人はそのまま同居する事になった。・・・・気弱同士何か惹かれるものがあったのかもしれない・・・・



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここは親魔領の街『イロトワーホル』。その中心街にて心理カウンセリングを主に扱う医院がある。彼のカウンセリングは実に的確で、種族の垣根を越えて丁寧に接するその態度から大陸でも屈指の『心療医術士』と言われる腕前であった。
そしてその名医の直ぐ傍には『蒼い看護服に身を包んだナイトメア』と『桃色の看護服に身を包んだドッペルゲンガー』がいた。彼女達の働きもまた患者さん達の間で『癒される』と評判だった。
その親子を部屋の奥から眺める2対の視線が・・・『彼女達の娘』である。

アナタもなにか心に抱えている物があるのならば一度そこで診察してもらうといい。
『すこし気が弱い』院長と、看護士の妻、娘達がアナタの心労を軽くしてくれることだろう・・・

FIN

時間にルーズでごめんなさい・・・jackryです。

ふとこんなのもありかと思って作りました。
ついカッとなってヤった。反省はしている。後悔は・・・あったらココにあげない(`・ω・´)キリッ

・・・いかがでしょうか?(´・ω・)

11/05/15 02:25 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33