読切小説
[TOP]
桜花に我が身を捧ぐ
 目の前の川面は橙の灯火で煌びやかに彩られていた。
 私はそれを石造りの橋の上から眺める。
「……はぁ」
 何となく無性に腹が立ち、その微かに揺れる川面に向かって石を投げつけてやった。
 どぽん、と音を立てて川面がぐわんぐわんと揺れる。途端に灯火の橙は夜の闇とぐちゃぐちゃに混ざり気持ちの悪い色合いになる。
 何だか見ていると酔いそうになる。私は川面から目を離し上を見上げる。街の灯りにかき消されたのか星は一つも見えない。真っ暗。まるで私の心のように。
「……よし」
 そんな暗黒の夜空を見て決心がつく。
 欄干によじ登り、天を仰ぐ。下は見ない。見たら決心が鈍る。
「……ふぅ」
 呼吸とともに、足を一歩踏み出した。


「……あれ?」
「どうかされましたか?」
 目を覚ますとそこは二人乗りの舟の上。目の前には花魁に狐面をつけた女。
「……あれ?」
「もしかして、『自分は死んだはずなのに、何故ここにいるのだろう?』……でしょうか」
「そうそうそれそれ」
 いや、納得している場合ではない。
「あー、もしかして、舟の上に落ちちゃったとか?」
 下を見ていなかったからな……迷惑をかけてしまった。
「いいえ」
「え? するとじゃあ、川で溺れている私を助けてくれて……?」
 いや、だとすると服が一切濡れていないのがおかしい。
「いいえ」
「じゃあ……」
「もうここは半分あの世……異界なのです」
「……うん」
「なんだか薄い反応ですね」
 そう言われても、あまり実感がわかない。ようするに、私は半分死んでいるということなのだろうか。
 助けてもらったところ悪いが、余計なことをするなと言いたいところだ。
「そのまま死なせてくれれば良かったのに」
「きっとあそこから飛び降りてもあなたは死ねませんでしたよ。ならばいっそこちらに来てもらったほうがよろしいかと思って」
「……」
 狐面の女はいやらしく笑う。今にでも逃げ出したいくらいだが、何故か舟から飛び降りようという気が起きない。その間にも舟は独りでに進んでいるというのに。
「大丈夫ですよ、怖がらなくても。何もあなたを取って食うわけじゃないんですから」
 怖がっているわけではない。いや、怖がっているのか。私が見ているのは取って食わけれる結末などではなく、取って食われるよりも恐ろしく終わりの見えない絶望に包まれた結末である。もしかしたらこのまま何者かの奴隷になり、死ぬまで過酷な労働を続けなくてはならない、そんな結末も待っているのかもしれないのだ。
「さて、着きましたよ。大丈夫です。この先、待っているのは可愛らしい娘たちだけですから」
 舟は古びた屋敷の前でごとりと音を立てて止まる。なんだか寂れてて薄汚くて気味が悪い屋敷。
「……ついてこないんですか?」
「そりゃあ、そんな怪しい屋敷に入る莫迦はいないだろう」
「ふぅん……でも、もうここまで来てしまってはあの屋敷に入るほかありませんよ?」
 確かに、ここは小島のように陸から切り離されていて独立──いや、孤立している。
「ならばこの舟を使って帰る。漕げばいつかはどこかにつくだろう?」
「お試しになってみては?」
 無駄だった。オールがびくともしない。妖術か何かで固定されているようだった。
「……嘘だろ」
「うふふ、さぁ、行きましょう」
「あっ、ちょっと、待って」
 私は女に手を引かれ、屋敷の中へと足を踏み入れてしまった。
 中も外見と同じく古い。普通に歩くだけでギシギシと音が鳴り、今にでも崩れ落ちてしまいそうだ。
「……ここはどこなんだよ」
「直にわかりますよ」
 手を引かれるまま廊下を何回か曲がり、とある襖の前で止まる。
「『桜』、あなたにぴったりのお客様よ」
 狐面の女はそう言って襖を開ける。
「ん、わかった」
 そこにいたのは銀髪褐色の異国の女。綺麗な顔立ちだが、どうにも乱暴な印象が強く見える。豪華な着物を着ているがしかしそれが絶望的に似合わない。第一着物を着て大胆にあぐらをかいている時点でおかしい。下着を着けていないようで中身は丸見えなのだが色気というものが全く感じられない。
 多分、ここは娼館か何かなのだろうけども……この『桜』という女は相手を誘う気があるのだろうか?
 現に彼女は私には一目もくれず。
「かりっ、こりっ」
 ただただ壺の中に入った小さな骨をかじり続けている。
「あ、私嘘言いましたね……もしかしたら食べられちゃうかもしれないので、お気をつけて」
「え?」
 背を押され、中に一歩踏み出すと襖は閉まった。
「……」
「……まぁ座れや」
 壺を挟んで彼女の向かい側、私はそこに同じようにあぐらをかいて座る。
「……」
「食うかい?」
「……何の骨なんだい、これは」
 まさか人の骨とか言わないよな……
「鶏の骨だよ。味付けされてるし不味くはねぇよ」
 よかった。
 私はほっと息をつく。
「ちょっと前までは親切な娘もいてさ、よくしゃぶらせてもらってたんだけども、この店やめちまったからこれで我慢するしかねぇんだよ」
「……」
 なんだこの女は。改めてそう思う。
「なんだこの女は、って顔してるな。オレはな、魔物娘だ」
「魔物娘……」
「もっと細かく言うと、グールっていう人食い鬼なんだけどな」
 人食い鬼。
 その言葉を聞いた瞬間、さぁっと全身から血の気が引く。『もしかしたら食べられちゃうかもしれないので、お気をつけて』、さっきの狐面の女の言葉が何倍にも恐ろしく感じられた。
「魔物娘についてよく知らないらしいな……大丈夫だ。人に対する食欲なんてもうないからな」
「でも、さっき、他の娘のを、しゃぶるって」
「しゃぶるだけ。口寂しい時もあるんだよ。でも食ったりはしねぇ、ほんとしゃぶるだけ」
「……」
「はぁ……ま、信用しろって方が無理な話だな──ならば」
「ひいっ!」
 どんっ
 一瞬のうちに、私は押し倒される。頭の横には彼女の手。覆い被さられて逃げられない。
「実力行使だな」
「っ、ぁぁあ……」
 ガチガチと歯が鳴る。怖い。怖い。
「んだよ……聞いたぜ、『玉藻』のねーちゃんから。お前死のうとしたんだってな」
「……」
「だのに、なんでお前は今怖がってるんだ?」
「そりゃあ……食われるのはきっと痛いに決まってるから」
 死ぬのはいい、ただそこに至るまでに痛いと感じるのは嫌だ。
「はぁ、餓鬼かよ……心配すんなって、痛いとか、怖いとか、死にたい、なんて感じられないくらい一瞬でトばしてやるからさ」
 そう言うと、彼女の顔が迫ってくる。思わず目を閉じてしまう。
──食われるっ!!
 私は終わりを覚悟した。
 だが。
「んんっ、じゅるっ、れろっ」
 やってきたのは、猛烈な接吻。捕食と極めて似た、接吻。
「んんっ」
「ぢゅぅぅっ、ほら、舌出せ」
「は、ふぁい」
 大人しく舌を出す。すると彼女はそれに噛みついてきた。
「っ!」
「どーだ? 気持ちいいだろ?」
 痛い。痛いはずなのに。
 どうしようもなく気持ちいい。
 胸の高鳴りが止まらない。
「れろっ、じゅぷっ、じゅるるるるっ」
 そしてそのまま舌を呑まれる。じゅぷじゅぷと汚く音を立てながらしゃぶり、味わい尽くされる。
「ちゅるるっ、ははっ、久しぶりだな、人の味は。病みつきになっちまいそうだ」
「はぁ、はぁ、さ、『桜』、さん」
「さん、なんてつけなくていい。『桜』でいい……はむっ」
「はうっ!」
 また噛まれる。舌が電撃を受けたかのようだ。
 心地よい。なんだか溶けていってしまいそうだ。
「はむっ、ちゅるっ、れるれろっ、ぷちゅぅ、……ちゅぽっ」
 ようやく解放されると、私の口の中、周りは彼女の唾液だらけだった。思わず、それを舌で舐めとってしまった。
「はぁ、はぁ、くくっ、やべぇな、お前、死ぬのもったいないよ。こんなにおいしいのに死ぬなんて、本当……もったいない」
「はぁ、はぁ」
「なぁ、死なないでくれ。生きる理由がないってんならオレのために生きてくれ──オレの口を慰めるために生きてくれ」
「はぁ、はぁ」
 もう勝手にしてくれ。
 もともと自暴自棄になって死を選んだのだが、どうやらその方向性は少し変わってしまったらしい。
「黙ってるってことはそれでいいんだな? さて、まだだぜ。ここまで来たら舌だけ味わってサヨナラなんて無理な話だ」
 彼女は乱暴に着物を脱いでいく。その一糸纏わぬ姿は芸術のように見えた。ろうそくに照らされる褐色の肌と銀色の髪。どこかの芸術作品から切り取ってきたかのような色彩の世界。それが目の前に。
 今度は私の衣服が剥がされる。大きな快楽を受け、私の肉棒は熱くいきり立っていた。
「一番のご馳走、いただきます」
 そう言って下の口を指で開く。もう既に糸を引くほど湿っていた。まるでよだれを垂らすように。

「んっ、あぁぁぁんっ!」

 粗暴で男勝りな第一印象の彼女からは考えられないほど甘く濡れた声。腰を落とし、肉棒を飲み込むと彼女は歓喜と快楽に打ち震える。
「はぁんっ、いいっ、お前の、すごくいいよぉぉっっ」
 雌。
 人食い鬼とは思えないほど淫らだ。
「はぁっ、この時を、んんっ、何百年も待ってた。ゃぁ、誰にも出会えないような、極上の味ぃ、っっぅ」
 下の口からも、上の口からもよだれを垂らし、彼女はだらしなく惚ける。だが腰は力強く、獲物を蹂躙する。
「ひ、ぃぃっん、すきっ、好きっ、一生、味わってたいいいっ」
 そんな彼女が、愛おしく思えてしまった。この身を捧げたいと思ってしまった。
 だからか、私は彼女に体を差し出すように、腰を突き上げてしまった。
「は、んんんんんんんっっっ!! き、たぁぁぁっ! いいっ! 突かれるのすごくいいっ!」
 ぎらりとした目が、こちらに向く。そして、迫られる。
「はっ、はっ、ぁっ、でもぉ、まだ満足できないっ! 下だけじゃなくてぇ、上もっ」
 ガジリ、と耳たぶをかじられる。
「あぐぁっっ!!」
 あまりの快楽に、思わず精を吐き出す。
「あぁぁっ、子宮にっ、アツくて、おいしいのっ、きたぁぁ……もっと、もっとくれよっ」
 また耳たぶをかじられる。するとまた吐精。今度は首筋。
 噛まれる度に、その衝撃で壊れたように射精が起こる。
「あっ、ぴゅっ、て、お腹、たぷっ、て、うぁ、さ、さいこぉ……」
 射精する度に、彼女は腰を速くする。まるで菓子をねだる子供のように。
「はぁ、はぁ、もう、らめっ、離れらんないっ、お前の、ザーメン、中毒になるううっっ!」
 最後にまた接吻。技も減ったくれもない、ケダモノの接吻。
「いくっ! いくっ! いくぅぅぅぅぅっっっ!! あぁあぁあぁぁぁっっんっ!」
 びゅるるるるっ
 彼女の中で、白く淫靡な花火が上がる。彼女は子宮でそれをごくごくと飲み干す。
「ぁっ……はぁ、はぁ、ま、まら、いける、だ、ろ?」
 それでも、満足はできない。その何百年かの飢えを、私は埋めなければいけないようだ。


「ぺちょ、ぴゅっ、ちゅるるぅ……んっ」
 気絶していたらしい。気がつくと交わりは終わっていて、『桜』は肉棒に残った精液を啜っていた。
「ごくっ、ごきゅっ、ごきゅっ、んくっ……ごちそうさまぁ……ちゅぱっ、ちゅっ」
 そう言いながらもうっとりとした表情でまた肉棒を一舐め。どうやら離れたくないようだ。
「……『桜』」
「ぢゅぶっ、なんだ?」
「……そろそろ、いかなくちゃならない」
「……まさかまた」
「いいや、死ぬのは止めた。どうせまた助けられるだろうしね」
 今度は君に。
「ちょいとね、自暴自棄になってたせいで色々とやらかしたことがある。それを片付けなきゃならない」
「……それが終わったら、また来てくれるか?」
「あぁ、必ず……来れるんだよな?」
 自信を持って頷いたが、ここへくる方法は良くわかっていないのだった。
「大丈夫だ。来たいと思ったら来れるから」
「そうか、それじゃあ、すぐ戻ってくるよ」
「じゃあな、頑張ってこいよ」
「あぁ」


 嘘をついた。
 やらかしたことがあるのは事実だがそれを片づける気は全くない。
 持つもの持って、こんな地からはおさらばだ──『桜』と二人で。
 金はどれくらい残っていただろうか。
 できれば。
 指輪を二つ買えたら、言うことなしだ。
17/10/05 21:46更新 / 鯖の味噌煮

■作者メッセージ
ゆるゆるな時代設定ですみません。
許してくださいっ!

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33