読切小説
[TOP]
或る一つの堕落
 死の間際に訪れる絶望は二種類ある。
 世界への絶望か、または自分への絶望である。
 私の元にはどうやらその二つが同時に来たらしい。
 これから私は世界に絶望し、かつそんな世界に生まれてきてしまった自分にも絶望しながら死んでいくのだ。
 なんとも空しい最後だが、今更どうすることもできまい。今はただ、その時を待つのみだ……
 そう思っていた。

「おじーさーん、これから死ぬの?」

 これから死の床に就こうというときに、その悪魔は現れた。その悪魔は私の思っているのとは違う、青い肌をした少女の姿をしていた。
「……」
 ベッドに寝る私の口は動かない。そんな力すらも残っていない。
「ねぇ、死ぬならさ、魂ちょうだいよ、魂」
 ふむ、見た目に反して悪魔としての仕事はちゃんとするようだ。彼女は私の魂を奪い、それを糧にしようとしているのだ。
「……」
 それも、良いのではないだろうか。
 どうせ今まで誰の役に立つこともなく生きてきた私だ。この際、死んだ後の魂ぐらいは役立ててもらった方が良いのではないのだろうか。例えそれが悪魔だとしても。いや、むしろ好都合か。私の嫌いな世界に害をもたらしてくれるのなら、それはそれで万々歳だ。
「……」
 私は最後の力を振り絞り、首を縦に動かす。
「あはっ♥契約成立だねぇ♥」
 彼女は嬉しそうに笑う。随分と邪気の多い笑顔だが。
 でもまぁ……くだらない人生の最期としては上出来ではなかろうか。可愛らしい少女の笑顔で見送られるなんて。
 すっ、と体から力が……いや、もっと大事な魂のようなものが抜けていく。
 それではにっくき世界よ、我が身よ、さらばだ──

「はいストップ〜! んしょ、キャンセルキャンセル! BBBBBBBBBBBBBB!」

 ぎゅっ、と。
 天上へと浮かびかけていた魂が悪魔の手によって押さえつけられる。
「!」
「おっ! 結構生きがいいなぁ! どんだけ死にたいのさ」
「!? !?」
 そのまま、ぐいぐいと魂が体に押し付けられ、ついにはその中に戻っていってしまった。
「おい! 死なせてくれるんじゃなかったのか!?」
 私は身を起こし悪魔に抗議する。完全に蘇生してしまった。
「え? ……え!?」
 そして驚くべきことに気がつく。ついさっきまで私は死にかけの老いた体を携えていたはずなのだが……何故か少年の若々しい体になっていた。
「はぁ? 何言ってんのよ。このご時世魂だけなんて悪魔が求めるわけ……あ〜、おじーさんあれだね、旧時代のまま知識が止まっちゃってる人だね?」
「旧時代?」
「ふふふ、どうせ魂食べられちゃうとか、永遠に奴隷にさせるだとか思ってたんでしょ? そんなのはもう時代遅れよ」
「じゃあ、どうするつもりなんだ!?」
「簡単よ」

「恋人になるんだよ♥その魂と永遠に♥」

 軽く、口づけを食らう。
「なっ!?」
「あ、照れてる〜おじーさん結構ピュアだね〜」
「っ……」
「全くもー……ちゅっ♥」
「!?」
 追撃。今度は深い深い、官能的でそして甘美なキス。
「ちゅっ♥はむっ♥ちゅっ♥ちぅ♥ちゅっ♥」
「んっ、んぐむっ! んんんんんっ!」
 それこそ魂を吸われるかと思うほどに強い。引きはがそうとしても絶対にはがれない。
 八十三年は生きてきたがこんなのは初めてだ。
「ちゅ〜〜〜〜っ♥……これからもっといやらし〜ことするんだからこれぐらいで照れてたら駄目だよ?」
 な、こ、この先って。
「こ、この先って……そういう、ことだよな?」
「もちろん♥」
 嘘だろ!? 私は、こ、こんな少女と交わることになるのか?
「うおっ!?」
 彼女は私の肩を掴み、そっと押し倒す。抵抗は……してはみたが思った以上の腕力で返されたので無駄だった。
「はぁぁ……♥やっぱり男の子っていいなぁ♥見てるだけでおまたきゅんきゅんしちゃうよぉ……♥」
「中身は爺だが」
「そういうこと言わないのっ♥」
「お、おいっ! やめろっ!」
 するすると服が脱がされていく。彼女の手を止めようとするもやはり無駄に終わってしまう。
「はぁい、準備完了♥これからすっごく気持ちよくなるけども覚悟はいい?」
「ぅ、うう、こ、こんなの、屈辱的だ……」
 小さくされ、少女に裸に剥かれる。これまでこんな恥を晒したことはない。
「大丈夫、すぐ病みつきになっちゃうから……んぷっ」
「ぐぉっ!」
 悪魔はキスの時から何故か固くなって戻らないペニスを咥える。生ぬるい、ねとねととした感触が攻め立ててくる。
「ぐぽっ♥じゅぷぷぷっ♥」
「あぁっ! ぐっ! いぃぃっ!」
 一応は長かった人生、何人かの女性と情事をいたすことはあったが、こんなにいやらしいフェラチオは経験したことがない。
 凄まじい勢いで吸われながらも、口内で舌がペニスをぐにゃぐにゃとかき混ぜる。  あまりの快楽に腰が浮き、無意識のうちにシーツをぎゅっと握りしめていた。
「じゅぽっ♥れろれろれろっ♥ちゅぱっ♥れろっ♥れろれろっ♥」
「あぅっ! あっあっあっぁっ」
 いったん口を離したかと思うと、今度は真っ赤な唾液ののった舌でペニスをなで上げる。まるでその肉棒の中にある子種を上へと導くように。
「ちゅっ♥ちゅぱっ♥ちゅっ♥ちゅっ♥ちゅっ♥」
 そして激しいキスの嵐がペニスの先端を襲う。柔らかくて湿った唇がふにゅふにゅとペニスを揉む。
「ぁっ! くっぅうぅっ! ぇ、で、るっ!」
 呆気ない射精の瞬間、彼女は待っていましたとばかりに亀頭を咥え、そのどろどろの精をこぼさないように受け止めた。

 びゅくびゅくびゅくっ! びゅるるるっ! びゅ〜〜〜〜〜……

「ぁっ……ぅぃっ」
 こんな、こんなに気持ちのいい射精は初めてだ。
「んっ♥んっ♥んっ……ぷはぁ」
 恍惚の表情でペニスを引き抜く悪魔。
「ぁっ♥ぁっ♥ぺちょ♥ぐちゅっ♥ぐちっ♥」
 そしてそのまま私に見せつけるように舌でその精液溜まりをかき混ぜる。
 ちゃぷちゃぷといやらしく赤い舌が白の中で泳ぐ。
「ぐちゅっ♥ぐちゅっ♥んっ……ごくっ♥んくっ♥んんっ♥ごっくん♥……んゅっ♥!」
 どうやらこの淫蕩悪魔、精液を飲み込んだだけで達してしまったようだ。体をびくんびくんと震わせ、だらしない表情でその快楽を受け止めている。
「はぁ……♥おちんぽミルク……おいひい……♥今度はこっちにもほしいなぁ……♥」
 そう言って自分の子宮のあたりを押さえる悪魔。恐ろしい、逃げたいという気持ちとこのまま彼女と快楽に溺れたいという欲求が私の中でせめぎ合う。
 だが、彼女の前では何をしても無駄なのだろう。きっと私が世界の果てまで逃げても、彼女が世界の果てまで追ってくるだけなのだろう。そう確信していた。
 だから私は。
 もうどうにでもなれ。
 そんな気持ちで彼女に体を委ねることにした。


「はぁ♥はぁ♥はぁ♥おちんぽ♥おちんぽがっ♥ふにっふにって♥」
「あっ、うっ」
 彼女は私の上に跨がり、その濡れそぼった割れ目でペニスを撫でていた。
「ふふふ♥まだじらしちゃうよ〜♥んっ♥しょっ♥」
 くちゅくちゅ、と少しだけ湿った割れ目がペニスの先端を呑み込む。気持ちいいことには気持ちいい。だが絶頂はできない。生殺しだ。
「ねぇ♥イきたい♥? ロリおまんこにぴゅっぴゅってしたい♥? 悪魔の娘にどくどくって白いの種付けしたい♥?」
「う、うううっ」
 もう駄目だ。強がってなんていられない。このまま彼女の中で果てたい。このまま彼女と堕落したい。彼女と激しく交わり続けていたい。彼女の子宮を精液で満たしたい。
 そんな、理性のかけらもない考えが頭を支配する。
「じゃあ言って♥! 『愛してる』って、その一言だけ言って♥」
「……あ、愛してる」
 私の口からその言葉が出た途端、彼女の表情が変わる。
 さっきまでは余裕綽々な表情だったのに。
 それは一瞬にして淫らに溶けていった。
「あ──っっっっ♥!! わたしもっ♥わたしもっ♥だいしゅきぃ♥」
 にゅぷり
 彼女は勢いよく腰を下ろした。
「あぁぁぁっ!」
「ひ、いぃぃぃっ♥! にゃぁぁぁぁぁっ♥!」
 彼女の粘液が絡みつく。火傷しそうなほどに熱い。
「ゃあんっ♥あっ♥きもひいい♥きもひいいっ♥きもひいいよぉぉぉっ♥」
 もはや理性などない獣のように、よだれを垂らしながら彼女は私の腹の上で躍る。
「おちんぽっ♥おちんぽ♥おちんぽおちんぽおちんぽぉっ♥ひぐぅっ♥」
「あっ、あっ、あっ」
 ずん、ずん、とリズミカルに腰が弾む。彼女の柔らかな臀部が叩きつけられる。
「ひゃうぅぅんっ♥! こ、こんなに気持ちいいなんて……し、知らなかったよぉ♥」
「わ、私もだ。まさか悪魔のナカがこれほどとは……」
「イくっ♥イっちゃうぅっ♥イく♥イく♥イくっ♥おまんこイっちゃうぅぅぅぅぅっっっ♥んぁぁああああっんっ♥」
 きゅっ、と彼女の中が一層きつくなる。
「う、あ、でるっ!」

 びゅるるるるるるるるるるっっっっ!! びゅくびゅくびゅくっっっ! びゅるるっ! どぴゅっ! どぴゅっ!

「ぃやあああぁぁぁぁぁぁぁっ♥おなかっ♥おなかアツいぃぃぃいっっっ♥」
 じわりと、彼女の下腹部にハートのようなマークが浮かび上がってくる。
「はーっ♥はーっ♥はひっ♥アツいぃぃっ♥これが、淫紋なの……?」
 彼女は愛おしそうにその印を撫でる。するとそれはぽわぁと淫靡な桃色に輝き始める。
「あっ♥あぅっ♥」
 ぐりっ、ぐりっと密着したまま腰を揺らす。中がうねり再び私のペニスを搾り始める。
「ううっ♥とまんにゃいぃぃっ♥せっくすとまんにゃいよぉぉっ♥」
 獣のような交わりが再び始まる。


「あっ♥あっ♥あっ♥あっ♥イっちゃうっ♥イっちゃうぅぅぅっ♥!」

「んんんんんっ♥また熱いのっ♥熱いの出てるぅっ♥」

「駄目っ♥ちゃんとリードするって決めてたのにぃぃっっ♥」

「こんなの気持ちよすぎるよぉぉぉっっ♥んにゃあああっ♥」

「あっ♥また♥また出てるぅっ♥もうお腹いっぱいなのにっ♥おなかのナカ真っ白でたぷたぷなのにっ♥」

「こしっ♥とまんないぃぃぃっ♥」

「きゃんっ♥あっ♥だめぇっ♥もどれなくなっちゃうぅぅっ♥こんなの♥もうっ♥だめっ♥」

「あかちゃんできちゃうぅぅぅっ♥やぁぁぁぁぁっんっ♥」


 その激しい交わりが終わる頃には私の意識は絶え絶えで、恐らく彼女も同じだっただろう。
 何十発も……いや何百発も彼女の中に種を打ち込んでしまったようだ。
 もう結合部からはだらだらと精液が溢れ出してしまっている。
 だが、それでも彼女の腹は不自然に膨らんでいた。まるで妊婦のように。中には大量の子の素が詰まっているのだ。
 ごぽっ……
 引き抜くと噴水のように精液が彼女から溢れ出してくる。
「あひぃ……♥もう……りゃめ……♥」
 彼女はその場に倒れ伏す。私に覆い被さるように。
「しゅき……♥しゅきっ♥ちゅっ♥」
 そしてそのまま私の唇をむさぼり始める。もちろん、抵抗する気力などない。されるがままである。
「しゅきぃ……♥ちゅっ♥はぅ♥」


 もう堕ちるとこまで堕ちてしまった。これからどうなってしまうのだろうか。
 きっと休むことなく交わり続ける日々が続くのだろう。
 きっと休むことなく彼女は腰を振り。
 きっと休むことなく私は彼女に精を放つのだろう。
 この先……私は交わるだけの獣になってしまうのだろうか。
 あぁ、なんてことだ。
 これならさっさと死んでしまえば良かった──もう、こんな発想すら浮かばなくなってきてしまっている。
 もう、彼女との未来について考え始めてしまっている。
 もう、これが幸せなんだと。
 考え始めてしまっている。
17/07/08 01:34更新 / 鯖の味噌煮

■作者メッセージ
無理やりロリショタ要素をぶち込んだらなんだか、思わぬところに着地してしまいました。申し訳ありません。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33