読切小説
[TOP]
お隣リリムさん
お引越しのマナーって、なんだっけ?

インターネットでそんなことを検索し始めたのは、段ボールを三つひっくり返した昼下がりだった。
じーわじーわとセミの鳴き声はアスファルトを焦がす音にも聞こえる、そんな真夏日。

気になりだしたらどうにも作業に手が付かず、そんなこんなで30分。
いの一番に組み立てた扇風機を傍目に、うぅむと首を傾げる。
引っ越しソバとか言われても、そんなもの生憎と一個もないんですがそれは。

「それくらい教えといてくれよ母さん……」

理不尽に愚痴ってみても、じーわじーわとしか応えはなかった。
それもそのはず、今頃母はバングラデシュである。
控えめに言って、先行きが不安になった。



事の始まりは二週間前の夕食だった。
いつも通りの食卓、献立はムサカとサラダ、ついでに冷ややっこと今でも覚えている。
もともと家内でも口数の少ない僕は、もそもそと黙ってサニーレタスを咀嚼していた。
そんな夕食をみんなで囲っていると、突然に母が言った。

「実はお父さんの海外赴任が決まったの」

サニーレタスを思わず噴きそうになった。

「…………お、沖ノ鳥島?」
「あんな更地でお父さんどう働くのよ。海外って言ってるでしょ?」

どうやら冗談ではないらしい。
というか、当の本人である父はなにを呑気に晩酌してるのか。

「いや、あの、僕海外とか普通に嫌なんだけど……」
「あなたくらいの歳だと意味もなく海外に行きたがりそうなものなのに」
「僕の英語の成績が致命的なの母さん知ってるでしょ……」
「大丈夫よ、公用語は英語じゃなくてベンガル語だから」
「なにそのベンガルトラと喋れそうな未知の言語……」

父はそのベンガル語とやらを喋れるのか……。
珍妙なものを見るような視線を送ると、なぜか照れたように頭を掻く父。
違う、そうじゃない。

「それで、一緒に来る? もちろん私はお父さんと一緒に行くけど……」
「えぇ、何さ? 一人暮らしって選択肢もあるなら断然そっちだけど……」

おい、露骨に肩を落とすな、しょんぼりんとかあざとく呟くな父。
なんか謎の罪悪感が湧いてくるから。

「あら残念、でもそれならそれで条件があるの」
「ここを通りたくば私を倒していけ的な?」
「DVな発想止めなさい。いや、いまの高校転校してもらいたいのよ」
「は?」

にっこり笑って言うことじゃないだろう。
何故かと問えば、いまの高校に近いアパートが一件も空いてないらしい。
あと単純に、僕の生活能力を危惧して身内の近所に住まわせたいとか。

「まぁ、ぶっちゃけ別にいいけどさぁ」

そんなこんなで慌ただしく、転校が決まったのが一週間前。
時期が時期なせいか、仲良くしてくれた友だちにも言いそびれてあれよあれよとお引越し。
幸いにも学区は近いし、別に今生の別れというわけでもあるまい。

両親が帰ってくるときは、母方の祖父母の家に住むらしい。
いつ帰って来るか分からないが話を通していると言っていたが、それをOKする祖父母も祖父母。
祖父は父の肩をバシバシ叩いて激励してたし、祖母は母にお土産を頼んでいた。
この大らかさがきっと母に遺伝したんだろうなと、なんとなく無意味に納得した。
でもいつでも頼ってねって言ってくれたのは嬉しかったです。



それはそれとして、問題は現状である。
お引越しの挨拶って、引っ越しソバ以外にないのか。
型遅れのスマートフォンをカチカチいじるも、どれもこれも微妙なラインである。
強いてまともにこなせそうなものとして、引っ越しタオルだろうか。

父が会社からもらった『粗品』と大きく刻まれたタオルを片手に立ち上がる。
幸いにも僕の部屋は角部屋だから、挨拶する相手も一人だ。
そんなにハードルの高い話ではない。

「よっこいせ、っと」

サンダルを履いて外へ出ると、むわりとした暑さと耳鳴りするほどのセミの声が鬱陶しい。
勝手で悪いけど、さっさと済ませてしまおう。
ぴんぽーん、と隣の部屋のインターホンを鳴らす。



……………………。



おや、返事がない。もしやいらっしゃらないのだろうか。
さすがに郵便受けに突っ込むわけにもいかないし、時間を改めるかと踵を返した。
その時だった。

『どちら様ですか?』

呼び止めるかのような声にぎくりと振返る。
インターホンをよく見るとカメラがついていて、キィィ、と機械的に鳴っている。

「え、あ、ど、どうもこんにちは……! と、隣ににゅ、入居? したので挨拶に……」

いかん。変に大人ぶろうとしたせいか言葉遣いが変だ。
これやっちまったなぁ、と頭を掻いていると、ガチャリと鍵の外れる音がした。

「これは、ご丁寧にどうもありがとうございます……」

現れたのは、絹のような白髪に黒いツノの美人さん、というかリリムだった。
ジーパンにシャツと随分ラフな格好だが、街中を歩けば10人中10人が振返りそうな美貌である。
瞬間、マジかよお隣さんリリムさまかよとミーハー魂が疼いたけど顔には出なかった。
平静を保って、なるべく愛想よく箱入りのタオルを差しだす。

「えぇっと、これお近づきの印に……」
「わざわざありがとうございます……」

胡乱げに頭を下げる彼女と、まったく視線が合わない。
遠慮がちに口端が吊上がるその笑い方を、何度か見たことがあった。

この人、コミュ障だな。

察したらあとは早かった。

「それではこれからよろしくお願いします。なるべくご迷惑をおかけしないようにしますので」
「……え?」

最後にぺこりと頭を下げてにっこり母上直伝スマイルを浮かべる。
リリムさんは呆けたようにこっちを見ていたが、慌ててぺこりと頭を下げ返した。
それを見て、僕も「それでは!」と手を振って切り上げた。

「ふぅぅー……」

自室に帰り、サンダルを脱ぎ捨てて、扇風機の前に陣取る。
なんか無駄に緊張した気がする…………。



……あ、そう言えば名乗ってねぇ。
……まぁ、向こうさんもよろしくしたくなかろうし別にいっか。

◆ ◆ ◆

さて。
一人暮らしともなれば自炊くらいはしないといけない。

昨晩はさすがにドタバタしていたし、ろくに食材もなかったせいか何も食えなかった。
まぁ、料理の腕もたかがしれてるけど、何もないよりはマシだろう。
そんなこんなでスーパーマーケットも開きはじめる九時ごろ。
欠伸をかみ殺して玄関から外へ出ると、ぱっちりとした赤い瞳と目が合った。

「…………!」

驚いたように飛びのいたのは、お隣のリリムさんだった。
間がいいのか悪いのか、ちょうどウチのインターホンを押そうとしてたらしい。

「お、おはようございます……?」
「……お、おはよう……」

相変わらずキョロキョロと視線が彷徨い、目線が合わない。
……何しに来たんだろう? とか以前に、世間話とか振った方がいいんだろうか。
何か言おうとしては口を閉じる彼女に、あーと声を出してみる。

「朝、早いんですね?」

……違う。
たぶん今言うべき言葉はそれじゃない……! というか別に早くない……!
しかし、彼女はそんな適当な言葉に気を害した様子もなく、あははと照れたように笑った。

「て、徹夜明けで……」

やらかした……!!
顔を押さえたくなる衝動を全力で堪えていると、彼女は言葉を続ける。

「その、昨日はタオルありがとうございました……」
「あぁいえ、詰まらないものですいません。気にしないでください」

事実、でかでかと『粗品』なんて書いてあるタオル渡しても使い道に困ろうもんじゃないか。
それが礼儀、なんて理由も考えずにネット知識に縋った己が恥ずかしい。

「どこか、行くんですか……?」
「はいっ? あ、あぁ、これからちょっとスーパーに……、ご飯買おうかと……」
「そ、そうですか……」
「そうなんですよ」
「…………」
「…………」
「…………」
「…………」

おぉう、沈黙。
向こうも気まずそうだし、よかったら一緒にどうです? とかナンパ臭くて言えない。
これは、無理やりにでも会話を切った方がいいかなぁ?

「それじゃあ、また今度」
「はい、また今度……」

そう言って片手をあげてとりあえず会釈する僕たちは、紛うことなきコミュ障だろう。
ていうか……、今日も最後まで目線合わなかったなぁ。
ひょっとして僕の顔がおかしいんだろうか、そう厳つくもブサイクでもない気がするんだが。

そんなことをぼんやり考えつつ、僕はスーパーに向かった。



それから数日、そもそも僕が出不精というのもあるのだが、あれから一向に彼女に会わない。
生活時間が合わない、というのもあるのだろうか。
夜中にぼんやりしてると、隣からもそもそと動きだす音がよく聞こえる。
たぶん、失礼ながら昼夜逆転の生活を送っておられるのだろう。

まぁ、変に気にしすぎてもストーカーみたいでキモいだけだ。
自意識過剰が許されるのはー小学生までよねー、キャハハハハ。

「はぁ……」

まぁ、仲良くやらなきゃいけない理由もなし。
命短し楽しめ自分、笑う世間は事なかれである。
折角の一人暮らしだ、それなりに一人を謳歌しなきゃ損である。

「……よし。今晩はデザートでもつけてみるか」

もちろん、そんなオシャンティーなもん作れるほど女子力はない。
せいぜいコンビニで100円プリンを買ってくるのが関の山である。
部屋着に上着を羽織り、財布を片手に小走りでコンビニへ向かう。
ボチボチ遅い時間だし、パパッと済ませてしまおう。

そんなこんなで、イヤホンを耳にはめて入ったコンビニは時間のせいか商品も少ない。
が、狙いの100円プリンがあったのだから、僕はそこそこ運がいいのだろう。
焼きプリンを片手にレジへと向かい、うん? と見覚えのある後ろ姿が視界に入った。

「あれま……」

白い髪に黒いツノ、惜しげもなくすらりとした色白の生足を晒したるは紛うことなきお隣さん。
ウィンドブレーカー一枚羽織っただけの部屋着姿は、思春期の自分には目に毒である。
しかも、改めて見てみると店員さんと手元のサイフの間を視線が右往左往している。
その必死なサマから察するに、お金が足りないと見た。
店員さんも困ったように笑っている。

「あぁー……」

そんな風にしどろもどろと慌てているうちに、後ろに並んだ僕の後ろに一人二人と列が。
おいやめろ、早くしろオーラを僕に当てるんじゃない。僕は無実だ。

あぁー……あぁー……。

仕方なく、僕はひょいっと彼女のとなりに身を乗り出してプリンをレジに置いた。

「すいません、お会計これも一緒でいくらです?」
「えっ……?」
「はい、ありがとうございます! お会計は520円です!」
「あ、ちょうどありますわ。……あ、袋は分けてくださいー」
「はい、かしこまりました」

渡された商品を受けとって外に出ると、慌てた様子で彼女もついてきた。
その白い手に、どうぞと彼女の分の袋を手渡す。

「あ……っ、ありがとう……」
「どういたしまして」

さて、と家路につくわけだが、当然彼女も同じ方向である。
ここで僕が走るのも変な話で、ぼんやり歩いていくと当然彼女も後ろをついてくる。
そんな風に、無言でポコポコとサンダルを鳴らしながら歩いていると「あの」と声をかけられた。

「はい? 何でしょう?」
「あの、あー……、えっと、キミ、なんでこんな時間にコンビニに?」
「無性にプリンが食べたくなりまして?」

暗にあなたもでしょ? と彼女の手元の袋を見ながら答える。
なお、彼女が注文してたのはコーヒー牛乳とクリームパン、それにチーズタルトだった。
太りそう、とかド直球に言わなかった僕のデリカシーを誰か褒めてほしい。

「うぅ……、私も他人のこと言えなかった……。あ、でもこんな時間に一人で出歩くのは危ないよ」

おぉ、語調が崩れた。
なんだか気を許してくれたみたいだ。

「それ、お姉さんが言います? 普通、女性に言うべき言葉じゃないです?」
「そ、そうだと私も思うけど……、ほら、この近辺って私たちがよく住んでるし……」
「あぁー……」

言わんとすることは分かる……、魔物娘による逆痴漢とかよく聞くし……。

「以後注意します……」
「そうするといいよっ!」

なぜこのタイミングで満面の笑みになるのか。
よく分からないけど、リリムさんが嬉しそうで何よりです。

そこで会話が途切れたせいか、また不自然な沈黙が訪れる。
僕は特に気にならないけど、彼女は居心地悪そうにそわそわとした雰囲気を醸しだしていた。
そんな風に、微妙な雰囲気でしばらく歩いていると、再び彼女が声をかけてきた。

「あの………………、ごっ、ごめんね?」
「……はい? え、何がですか?」

さっきのレジのことだろうか?
なんて考えていると、どうやら全然別のことだったらしい。

「いや、その……、ずっと余所余所しくて……」
「あぁ、別に……。話すの、苦手なんでしょう?」
「そういうわけじゃなくて、ちょっと男の人が苦手なんだ……」
「いやあんたサキュバスの娘っ子が何言ってんですか」

盛大なツッコミ待ちか。
すかさず突っ込むと、彼女は苦笑いで頬を掻いた。

「いやぁ……その……、ほら。私って………………かッ、かか、可愛いでしょ……っ?」
「そんな無理して言わなくても……、いやまぁ、可愛いと思いますけど」

耳まで真っ赤にして自分を可愛いとか言うあたり、初々しくて可愛いと思います。
こんなリリムさまもいるんだなぁ、としみじみ思った。
うぅー、と唸りながら顔を押さえながら、彼女はぽつりぽつりと零した。

「何もしてないのに褒められたり、何もしてないのに大切にされたり、って、ちょっと苦手でさ……」
「うっわお姉さんマジ可愛いね、てかラインやってるぅー?」
「あの……、いまシリアスなこと言ってるから棒読みで茶化すの止めてくれないかな?」
「あっすいません……」

割と刺々しい怒気を含ませた声に急いで頭を下げた。
悪いなのび太、長い物には巻かれる主義なんだ。我ながら情けねぇ。
いや、でもお前、そんな悲壮感滲ませても私可愛いの自慢にしか聞こえないんだもん……。

「なんだか、私を見てるのに見てないっていうか、そういう視線が怖くなっちゃって。
 自然とその、男の人が怖くなっちゃったんだよね」
「はぁ……。僕もイケメンだったらその悩みが分かってたかもしれないんですが、ご愁傷様です」

いや、正直な話、そこは仕方ないと思うんだけどね。
カワイイ娘がいたら、持ち上げたくなるのが男のサガです。悲しきかな。

「……なんというか、キミは可愛くないというか、随分女の子慣れしてるんだね」
「ドライなだけですよー。僕はまだまだ子供ですし、大人とは住む世界が違います」
「普通、子供だったら舞い上がっちゃいそうな気がするんだけどなぁ」
「ハハハ抜かしおる」

自意識過剰が許されるのは小学生までです。
世界を誰も中心に回ってないし、渡る世間には主人公もヒロインもいないのです。
そんな勘違いは、みっともなくてとても出来ない。
魔王の娘がお隣さんだからって、僕は特別でも何でもないんだぜ。

「ていうか、別にそんな大事でもないでしょう」
「え、何が?」
「男性からチヤホヤされるのは美人の特権ですし、どっしり構えてればいいんじゃないですか?」
「…………キミもチヤホヤするの?」
「そんなことよりも明後日発売のゲームの方が重要なお年頃です」

スパッと言いきると、彼女はポカンと呆けた。
花より団子、美女よりゲーム、歩く姿は小学6年と3年と2年生。

「お姉さんはゲームとかやらないんですか? ちな僕はスーパーメトロイドとか好きです」
「随分と古いチョイスだね!? え、っと、私はFPS系とかちょこちょこやるくらいかな……」
「おぉ、意外と渋い趣味ですね。BFです?」
「CoDかなー」

あんれまー、と他愛ないゲーム談議に花を咲かせる。
ほら、別に特別でもなんでもない。

「CoDはソファで轢き殺したりとかないんですか?」
「なにそれ!?」

あはははは、と無邪気に笑うリリムさんに合わせて、僕も適当に笑っておいた。
そんな風に歩けば、いつの間にやら家についた。

「あぁー、着いちゃったねぇー」
「そうですね。もう、プリンぬるくなっちゃいましたよ」
「私もいったん冷やさないとだよー」

それじゃあね、と玄関をくぐるリリムさんを、ひらひらと手を振って見送る。
僕も帰ってシャワーでも浴びるか、と入口を開いた時だった。
合わせるようにガチャリと、リリムさんの玄関の扉が開き、覗きこむように彼女が顔を出す。

「………………」
「………………」
「………………」
「………………」
「よ、よかったらさ」
「はい」
「………………」
「………………」
「今度、ウチで一緒にゲームする?」
「はぁ………?」

生返事に彼女がズッコケた。

「なんでそこだけ歯切れ悪いかなぁ!?」
「いやぁ、僕も一応健全な男子なので邪推しまして……」
「んなっ!?」

からかってみると、彼女は顔を真っ赤にしてのけぞった。
これで世界を支配したサキュバスの娘なんだからちゃんちゃらおかしい。
なんて渇いた笑いをわざとらしく零している時だった。

「……………さい」
「……はい?」
「その時は…………その、パジャマも一緒に持ってきなさい…………」
「………………………………………………………………………はい?」

答える間もなく、バタンと勢いよくドアが締められた。



…………どういう意味なんだろうか。

僕はとりあえずインターネットで検索することにした。
16/08/18 12:23更新 / ぽんぽんぺいん

■作者メッセージ
初め(まし)ては、気まずい。

あっ、どうもこんにちわ、結社です。生きてます。
半年近くSS書いてなかったけど元気です。
でもSSの腕は元気がないので、リハビリも兼ねて小作品をちまちま出しながら磨きなおす所存ですな。
広がれ、庶民っぽいリリムさんの輪。

可愛くない思春期ガキンチョもショタに分類されるのかそんな下らない事が気になる昨今ですが。
以上お粗末さまでした。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33