読切小説
[TOP]
梅雨の悪夢
 梅雨は嫌いだ。

なんといってもあの蒸し暑さ、あれを食らってしまうとこの国から出てどこか別の国へと行きたくなるようだ。
ジメジメした天気だと心まで暗くなってくるようだ。こんな時は熱いシャワーでも浴びるにかぎる。
4限終わりの青年はそう考え、そそくさと一人暮らしをすのアパートへと帰るのだった。

熱めのお湯で石鹸を泡立て、汗をかいた身体を洗う。風呂場が石鹸の香りで満たされ、青年は密かに満足感を覚える。

入念に泡を流した後、青年はシャンプーを手に取った。シャンプーを泡だてた時、青年は背筋にねっとりとした視線のような嫌なものを感じた。髪の毛を洗っている時、誰かに見られているような感覚に陥ることは誰にでもあることだ。

青年はそんなふうに考えシャンプーを洗い流し、立ち上がろうとしたその時、ぬるぬるのもっちりとしたナニカが青年の後背部を襲った。

「こんにちはぁ♡♡♡」

青年は冷水を浴びせられたかのように驚く。
一人暮らしの空間、自分だけの城への唐突な侵入者に青年は気付けなかった。
青年の家の風呂場には換気扇が無く、二階であることに油断した青年は窓を半開きにして入浴してしまっていたのだ。

梅雨になり発情していたおおなめくじにとっては犯してくださいと宣言しているようなモノであり、彼女にとって二階に這い上がることは赤子の手をひねるより簡単なことだった。

「逃がさないよ♡♡」

急いで逃げようとする青年だが、発情したおおなめくじがゼロ距離で密着してしまえば振りほどくことはおろか立ち上がることすら許されない。
普段は足が遅く、獲物(青年)を捕まえることが苦手なおおなめくじだが、じっくりと忍び寄り、一度獲物を捕まえてしまえば執念深い彼女のねっとりとした粘体から逃げることは難しい。

「やぁっと捕まえた…もう離さないよ♡」

実はこのおおなめくじ、以前から青年のことが好きで好きで仕方なく積極的にアプローチを行っていたが、青年に拒絶されてからは半ばストーカーのように彼を付け回し風呂場での視姦も日課になってしまっていた。
発情期で青年の美味しそうなカラダにとうとう我慢できなくなり、不法侵入して彼の身体をしゃぶり尽くそうという魂胆だったのだ。

青年は必死で抵抗するが、おおなめくじはそんなことを意に介さず青年にじゅるじゅるとディープキスを始めた。

「これでもう貴方はワタシのモノ♡絶対逃がさないから♡♡♡」

おおなめくじの体液には寄生虫が存在し、その寄生虫はおおなめくじにとって害はないが伴侶の体内に侵入すると永久的に伴侶の体内で媚毒を精製し永久的な発情状態にしてしまう。青年は口腔から摂取したためすぐさま口内の鋭敏化と消化管を通じてエロエロ寄生虫が体内に廻ってしまった。

「あれれ〜?なんだかおみみが赤くなっちゃってるけどどうかしちゃったのかな♡お姉さんがレロレロぉ〜って舐めてあげるねぇ♡♡♡」

背後からねっちょりとおおなめくじに包まれる体勢で、それに加えておおなめくじの大きくてぬるぬるでザラザラした舌が青年の敏感になった耳孔をゾリゾリと舐めしゃぶってくる。
青年が淫らな気分になっても全くおかしくはなかった。

「あれっ?キミのココ、触ってないのに大きくなってるね♡♡」

おおなめくじに股間の孤立を目ざとく見つけられてしまった。

「じゃあワタシのやばやばきせーちゅーちゃんとおちんちん粘膜とでファーストキスしよっか♡♡♡おちんちんの奥で媚毒ぴゅっぴゅしてあげたらきっとワタシのお婿さんになってくれるよね♡♡」

おおなめくじは早口でそうまくしたてると粘液まみれのザラザラな舌先を青年の孤立に近づけていった。

「ほらほら♡♡おちんちんにえろえろな舌先がぴとぉっ♡てくっついちゃうよ♡♡もうk確実に逃げられないね♡♡♡♡」

青年は身体中にマワった媚毒の与える快楽に耐えながらも必死で抵抗したが、おおなめくじの圧倒的な力の前には無力だった。

「3・2・1…はいあうと〜♡…ジュゾロロロロ♡♡ジュポッジュポッ♡♡♡ジュルジュル♡♡♡♡」

おおなめくじの舌先が亀頭に触れた瞬間、勢いよく射精してしまった。おおなめくじは射精を終えてヒクヒクと震える亀頭に「これでもか♡♡♡」と言わんばかりに粘液を塗り込み責め続ける。

数時間後

青年の体は媚毒に犯され尽くし、最早おおなめくじがどこに触れても身体を弓なりに反らすことだけで反応している。特に睾丸には大量の媚薬成分を打ち込まれ、風に触れるだけで常に空イキを続ける浅ましいおちんちんに改造されてしまっていたが、心は奇跡的に快楽に耐えていた。しかしおおなめくじはそのことに気づくや否や次の作戦に移行し始める。

「これは本当に最後のシュダンだよ♡これで堕ちなかったら解放してあげる♡♡もう普通の生活は難しいかもしれないけどね♡♡♡」

「まずはこれ、舐めて欲しいなぁ♡♡」

おおなめくじは青年の鼻先に青年の3倍はあるであろう逸物を突きつけてきた。彼女の逸物はカリ首のヒダヒダが重なったような構造をしており、尿道から媚薬とともに産卵を行える特注おちんぽで、肉色がぬらぬらと異彩を放っていた。

なめくじが雌雄同体ということをご存知だろうか。今やおおなめくじは青年の弛緩してぽっかりと開いたアナルに媚薬卵を種付けすることで青年の心をも完全に打ち砕き伴侶としようとしているのだ。
媚毒漬けにされた青年の身体は既にデキ上がっている状態で、いくら心で抵抗しても身体は素直になってしまう。

甘ったるい匂いとむわっとした熱気に圧倒されながら、青年は舌を伸ばしてしまうのだった、、、。

「はぁぁぁん♡貴方の舌使い上手♡♡カンタンに媚薬出ちゃう♡♡♡」

ボビュルルルッッッッ♡♡♡♡♡♡♡♡♡

粘液に混じって丸いボーロのようなものが口内に発射される。そのボーロのようなものの正体は特濃媚薬卵で、少しの刺激で濃縮されたヤバイ媚薬がプチっと弾けるように青年の口内に広がってしまう。



心まで堕ち切った青年は自らのアナルをおおなめくじのふたなりおちんぽの前に持っていき、敗北お婿さん宣言をしてしまったのだった、、、、、、、、、、、、

19/07/04 22:20更新 / ふ菓子

■作者メッセージ
せいねん は おおなめくじ の おむこさん けん およめさん に なってしまった、、、、、、。


作者はヤマナメクジが好きです(唐突)
本物は検索注意ですよ、
最近は耳舐めasmrにハマってます。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33