読切小説
[TOP]
メイドと閉じ込められ少年
私はキキーモラのイドと申します。
今はあるご主人様の元で働いております。
ご主人様は温厚で、小さな村の村長をしております。
朝はコーヒーを飲みつつ資料を読み、昼はベランダで村を眺めながら軽い食事をし、
午後は村を歩いて村民との交流をしつつ買い物をし、夕方は自ら調理場に立ち、夕食を屋敷の使用人達に振る舞い、夜は1杯の赤いお酒を飲んで眠る。そんな穏やかな日々を過ごしていますが、その中で一つ、私だけがご主人様直々に任せられる非日常があります。
それは、屋敷の2階、東側の角にある部屋の中にいる、坊ちゃんのお世話です。
毎日朝昼晩に私は坊ちゃんの部屋に入り、食事を取り替え、部屋の掃除をし、静かに退室します。
この仕事を任せられる時、ご主人様は「彼の事を知ろうとしない事。彼に過剰に関わらない事。他の使用人達にこの事を話さない事。その3つを君は守ってくれると信じているよ」と仰りました。
坊ちゃんを知ろうとしないこと
坊ちゃんに過剰に関わらないこと
他の人達にこの事を話さないこと
私は穏やかな1日の朝昼晩、その部屋の扉を叩く前に心の中でこの3つを反芻します。
例えば、今。
この扉をノックし、鍵を開けて扉を開くと、きっといつもの光景が広がっています。
「坊ちゃん。失礼します。」
鍵を差し込み、捻って抜き取り、ノブを回して扉を押す。
いつも扉の重厚感に騙され、少し勢いが余ってしまいます。
そして開いた扉の向こうには。
分厚い窓から差し込む薄い朝日の光、壁に沿って並べられた本棚の中には様々な本が僅かな綻びもなく並べられていて、本棚と窓のある壁の角には小さめの机と椅子が置かれていて、本棚の正反対の壁にはクローゼットやドレッサーが佇んでいて、部屋の中で唯一。大きな柱時計が時を刻む音が響いていて、窓の下には、薄い朝日を浴びたクリーム色のベッド、純白のシーツ、掛け布団、そして、真っ白な長い髪、白いワンピース、
そして、それを身に纏う、とても薄い肌色の18歳の少年。
その少年は何をするでもなく天井を眺めていました。
「お食事を替えに、それと部屋のお掃除をしに参りました。」
その声を聞いてやっと坊ちゃんが顔をこちらに向けます。
色素の薄い皮膚、白い髪、感情を感じない眼、透き通った唇。とても整った顔と長い髪のせいで、女の子と言われても一切の違和感がありません。
「…おねがいします…」
坊ちゃんが口を開いて、小さな、それでいてとても良く通る声が私の耳に響きます。
私はベッドの上の台に置かれた綺麗な容器を取り、持ってきた食事を載せます。
チーズを挟んだパン、刻んだ野菜の入ったスープ、コップ1杯の白いホルスタウロス印の牛乳。毎日の坊ちゃんの朝ごはんです。
そして、私は部屋を点検します。机、本棚、時計、ドレッサーの上を綺麗な布で拭き、
クローゼットの中にあるワンピースを新しいものと替え、ベッドの近くのゴミ箱を見ます。が、ゴミ箱の中は毎日空です。
それらを全て終えた後、私は音もたてずに食事をする坊ちゃんとお話をします。
はい。きっとこれは「過剰に関わる事」にとても近い事です。ですが、私は衝動を抑えきれませんでした。
初めは私の鼻歌でした。
世話をしてから1ヶ月、毎日同じような事をし続けるうちに、気が抜けてしまったのだとおもいます。
うっかり鼻歌を口ずさんでいると、聞いたことのない声が私の耳にはいりました。
「そのおと、とてもきれいですね」
私は鼻歌よりもとても綺麗な声に驚いて、坊ちゃんの方を振り向くと、坊ちゃんがこちらに顔を向けていたのです。
その時まで声はおろか顔さえ正面から見たことも無かったので、私はとても驚きました。
その様子をみて坊ちゃんはクスクスと笑っていました。
それから今に至るまで約1年。私はご主人様に秘密で坊ちゃんとお話を続けてきました。
ある日は鳥の話、ある日は私の話、坊ちゃんはとても博識で、私よりも多くの事を知っていました。
ですが、最近は別の事に気を取られていて、話が弾みません。
それは、坊ちゃんが食事を口に運び、頬張る瞬間、一瞬だけ見える人のそれよりも長めの八重歯です。
話をしようと坊ちゃんの顔を見ると、一瞬見える八重歯。
私はそれが気になって仕方がありません、そして今日も怪しまれないような時間に一礼をして、部屋を出ます。
空の容器を運びながら坊ちゃんの事を考えているうちに、私はご主人様の部屋の前に来ていました。
坊ちゃんの親であり、私のご主人様。
きっとその人なら答えを知っているのですが、私はその扉をノックする事がなかなか出来ません。今日もやはり戻ろうか、いや、やはり気になる、いやいや、そもそもご主人様には知ろうとしないこと、と念を押されているから辞めるべきなのでは、いやいやいや、もう1年近くこの仕事をしているのに、やはり坊ちゃんの事を何一つ知ることが出来ないのはなにか変だ。
そんな事を考え、迷っていると突然扉が開き、ご主人様と目があいました。
「おや?イド、何かあったのかい?」とご主人様が優しい声で私に問いかけますが、
私は迷っていたままフリーズしていたので、ご主人様は心配そうに頭をポンポンとしてくれました。
私は、「いえ、なんでもありません。失礼します」と、動揺を隠して言いました。
が、やはり隠しきれてはいなかったようで、「…まさか、私の息子の話かい?」
と、微かに鋭い目線で問いかけました。
私は、はい、と頷くことしか出来ませんでした。










ご主人様は部屋に私を招き入れ、コーヒーを淹れてくれました。
「ミルクと砂糖はどのくらいいるかな?私はかなりの甘党だからどちらもたっぷりいれるが、君もそうするかい?」
と、質問をしながら2つのカップに砂糖とミルクを大量にいれました。
そして私の前にさしだし、飲むように言いました。
…とても甘く、コーヒーとは思えませんでした…料理はとても美味しいのに何故これは極度にあまいのでしょうか…

「さて、じゃあ本題に入ろうかな?」とご主人様が席に着くなり私を見据えて言いました。
「はい…」
「私は。知ろうとしない事、と君に言ったね?」
ご主人様から異様な気迫が放たれます。
「…確かに仰りました…」
私がそう答えると
「それでもなお、知ろうとするって事は、覚悟は出来てるって事だよね。」
ご主人様の気迫がさらに強くなりました。なんだか、とても恐ろしく、ご主人様が手を伸ばせば私は軽く殺されてしまいそうな、そんな感覚に陥ります。
「私は君を信用して彼の世話を頼んだ。その信頼を裏切る覚悟は出来ているのだろう?」
言葉を一文字放つ事にご主人様の気迫は強く、恐ろしくなっていきます。
まるで私という愚かなウサギを見据えた猛獣のよう。
ですが私は、
「…覚悟は出来ております。どうか、お教え下さい。」
私は、それでも坊ちゃんの事が気になって仕方ありませんでした。
あの部屋でずっと1人で、ベッドの上で毎日を時計の音と過ごし、日光を多く浴びず、動きもせず、閉じ込められたままのあの坊ちゃんの事を、私は知りたくて、そして…
「分かった。じゃあ、話をしよう。君が覚悟してまで知りたかった我が子の話を」
ご主人様がそういうと共に気迫はなくなり、私はここがまだ明るいご主人様の部屋だと気付きました。
「まずひとつ、君は多分勘違いをしている。」
勘違い…?
「我が子のもう1人の親は、もうとっくの昔に亡くなっている。そう、丁度…今から50年程前の事だ」
…え?50年前?
「君は今、我が子から聞いた話との違いに混乱しているのだろうね。」
「この話が本当なら、最低でも我が子の歳は50前後、なのに我が子はあの若々しい体で、幼い顔をしている。」
「…まさか…そんな…」
「そして、君はきっと、我が子のあの牙を見たのだろうね。」
「そんな…本当に…?」
ご主人様は淡々と、口をとても小さく開いて話します。
それは、私にとってとてつもなく恐ろしく、また、魅力的な話でした。
「さて、コーヒーは冷めたし我が子の話はこれで終わりだ。」
「そして、君の覚悟は理解出来た。」
「我が子の秘密を知っていて、さらに我が子にさえ嘘をつかれて、君は今まで通りの日々を過ごせるかな?」
「きっと君には不可能だ。」
「だって。」
「君はきっと、一瞬だけの事を気にし続けてここにいるのだからね。」
「一瞬。あの一瞬。八重歯が見えた、あの一瞬。」
「たったそれだけのために君は約束を破って、信頼を裏切って、ここにいる。」
「ああ、いや、別に責めているわけではないんだ。あの約束も、さっき言った信頼も、結局は今の状況になっても良いのか?という覚悟を知るためのものだ。」
「さて、君はこの状況で、どうする?」
私は、
「ご主人様、少し…いえ、長めに時間を頂いてもよろしいでしょうか?」
「そう。きっと君はそうする。」
「いいよ、我が子の元に行くと良い、きっとあの子もこの空気に気付いているからね。」
私はご主人様のその声を聞いて。一目散に部屋を出て坊ちゃんの部屋の前に来ました。
鍵は…
いえ、ノックすらすることなく、扉は開きました。
「…やっぱり…おしえてもらったんだね…」
そこには、ワンピースを着た…あれ?
小さなイチモツが…!
私は急いで坊ちゃんごと部屋に押し入り、クローゼットの中からワンピースを取り出し、坊ちゃんに勢いよく被せました。その間5秒。



「…それで…ぼくはきみにあやまらないといけないのかな?」
ワンピースを着せ、少しした後、坊ちゃんはベッドに腰掛け、私はその隣に腰掛たまま、話しました。
「きみにうそをついたこと…ほんとうにごめんなさい…」
坊ちゃんは少し罰が悪そうに謝りました。
「いえ、そんな…私は…その…」
そんな坊ちゃんに私はドギマギしつつ…
確かに、ご主人様が仰ったとおり、私はもう今まで通りの生活を送るのは難しそうです。
「その…聞きたい事があるのですが…」
ですが、目下の所情報集め。
今まで知らなかった事、知りたかった事を坊ちゃんに質問します。
毒を食らわば皿まで…というのとは少し違うかも知れませんが、私は少し、投げやりになっていたのかもしれません。
「ぼくの…なまえ?」
「ぼくの…なまえは…エゴ…」
エゴ…人につける名前ではないような…?
「…イドはもう知ってるとおもうけど…ぼくはにんげんじゃない…」
そう、ご主人様の妻が亡くなってから50年、坊ちゃ…エゴ様?の見た目は完全に少年
そして特徴的な八重歯
「ぼくは…ひとと…きゅうけつきのはーふ…」
「…やっぱり…そうだったんですね…?」
「…ううん…たぶんイドがかんがえてるのとはちがうかな…?ダンピールともちがって…ええと…とつぜんへんい?…あー…きゅうけつきのいいとこどりみたいな…うーん…」
エゴ様…坊ちゃん(もうこれ以降坊ちゃんと呼ぶことに決めました。今までもそうでしたしなんだかエゴ様ってなにか変ですしね)
は頭を抱えて悩み始めます。
博識な坊ちゃんがこんな事に頭を抱えるなんて…と考えているとつい笑みがこぼれてしまいます。
「ん…おもしろいことでも…あったの?」
「いえ、坊ちゃんはやはり坊ちゃんなのですねと。」
「…?」
坊ちゃんはぽかんとしていましたが、もうなんでもいいというふうに話を変えました
「イドは…ききーもら、だよね…もふもふ…」
私自慢の腕の羽を撫でながら坊ちゃんは言います。
「お気に召したのなら、顔を埋めても構いませんよ?」
「…え?」
坊ちゃんの目がキラキラと輝き、そのまま私の羽に顔をうずめました。
「もふもふ…あったかい…これが…ひとのおんど…」
坊ちゃんがとても可愛く、私は衝動のままに坊ちゃんの長い白い髪を撫でました。
さらさらとしていて、透き通ってとても心地いい髪。ブラシで梳かさなくてもこんなにさらさらになるものなのかと感心しました。
そうしてなんやかんやしているうちに、
「…おや、なかなか出てこないと思ったら…イチャついているのかい?」
ご主人様がそんな事を言いながら私の反対側に腰掛けました。丁度私とご主人様で坊ちゃんを挟む感じです。
「…エゴ、私のカワイイ息子…」
ご主人様が坊ちゃんの背中をさすっていると…
「…ううん…あれ?…お母さん?」
坊ちゃんが羽から顔を上げて…え?
「お母さん…?」
私が驚いてご主人様の方を見るとご主人様はキョトンとした顔で
「え?気づいていなかったのかい?私は女性だよ?」
と言いました…えぇ?
「え…だって、そんな…え?」
だって…ご主人様の体は女性のそれには見えません。
引き締まった体、スラリとした足、甘いマスク、男性的な仕草…どれをとっても女性には思えません(胸も男性的ですし…)
「む、今なにかとても失礼なことを考えなかったかい?」
ギクリ…
「いえいえ、そんな事考えておりませんよ」
「言っておくが私は小さいのではなく、敢えて小さくしているだけだからね?」
「…」
「…」
「な、なんだイドもエゴも疑うような眼をして!嘘なんかついていないぞ!」
私と坊ちゃんは顔を見合わせて、吹き出してしまいました。
「なっ…だ、だから!嘘じゃないんだ!決して小さいわけではないんだ!」







その後、ご主人様と一緒にお風呂に入ったのですが、胸に巻いていたサラシをご主人様が解くと確かにとても大きいそれが2つありました。
…私のより大きかったです…




















「…それで結局、君達は結婚する、と」
時間の流れは早く、衝撃のあの日からもう2年が経過しました。
坊ちゃんはあの部屋から出て、自由に村を歩いたりしています。
未だに村の人達に可愛いお嬢ちゃん扱いされたり、同じくらいの年の少年に告白されたりと苦労(?)なさっていますが、村にも溶け込み、あの時よりも笑顔を見せるようになりました。私は結局今まで通りの日々を望むことも出来ず困惑していた時、
ご主人様が冗談混じりに言った「じゃあ君はエゴと結婚すればいいんじゃないかな?」
という言葉に共感し、今に至るまで花嫁修業をこなしてきました。
使用人仲間の人たちも快く手伝ってくれました。もうお裁縫はやりたくないです(小声)
そして明日、私と坊ちゃんは晴れて夫婦になります。
「はい、私は坊ちゃんの事が好きですからね。」
きっと私は初めて坊ちゃんの声を聞いた時から恋をしていたのかも知れません。
恋心はそのまま坊ちゃんを知りたいという欲に変わって、こうなりました。
「…僕も、イドの事が好きだ…なんでもできるし…綺麗だし…もふもふしてるし…('小声」
…聞こえてますよ、坊ちゃん…
「…まあ、君達ならお似合いか…イド、私は君はエゴの世話を頼んで良かったと思うよ。正直いって君ならエゴの様な特別な子を任せられるからね。
エゴ、君も、良い人に出会えたね。きっとイドは君の事を支えてくれるよ。だからね、色々な事をやってみるといい。私はやれとは言わない、君がやりたいことがそのまま私のやって欲しい事だ…あ、犯罪はダメだよ?…なんてね」
ご主人様がうんうん頷きながら言いました。
「じゃあ、2人の良き旅路を祈って、乾杯!」
私たちは手に持っていたグラスをぶつけあいました。
18/06/01 00:05更新 / Сладкоежкам

■作者メッセージ
どうも、Сладкоежкам(ロシア語で甘党)です。
今回は急に頭に思い浮かんだメイドの恋愛ものです、ハイ。
多分句点がやたら多かったりして読みずらかったと思いますがまぁ楽しんで頂けたら幸いでございます。
…あんま書くことないや
じゃあここで一応補足&説明でもしますかね。

ご主人様
ある小さい村を統べている村長。
3階建ての屋敷に住んでいて、毎朝の甘いコーヒーが楽しみの甘党ヴァンパイア。
昔にある男性と結婚していたが、不慮の事故で夫が亡くなって以降、使用人を除き一人で屋敷に住んでいる。
子供にエゴと名付けたのは彼女で、名前の理由は「自分自身を大事にしてほしいから」だとかなんとか。
魔力を込めたサラシを胸に巻いて胸を隠しているがとくにコンプレックスがある訳では無く。夫がいる時からそうだったらしい。男装癖あり。胸自体は普通に大きい。
性感帯は首筋。本名は決めてない

イド
キキーモラの少女(自称、少なくとも少女という年齢ではn…)
村の近くを飛んでいた時にうっかり怪我をしてしまい、屋敷のご主人様に助けられた末、屋敷で働くようになった。うっかり屋で気になる事があるととことん気になってしまうタイプ。ちなみに初対面ではエゴの事を完全に女の子だと勘違いしていた。(息子だと言われていたのに)家事の腕は屋敷内でも一二を争う実力者。
甘いものは好きだがご主人様のコーヒーは流石に甘すぎた模様。冷めたコーヒーはスタッフが美味しく頂きました。
名前の由来は無意識を意味するイド(id)より。
胸は平均よりちょっと大きい。性感帯は耳元の羽

エゴ
ヴァンパイアと人間のハーフ(独自設定)の少年(吸血鬼年齢で70歳)
作者のイメージ的には人間の体をベースに吸血鬼の美貌、吸血能力、若干の怪力をもち、十字架などの影響を受けないという感じ。ダンピールとは似てて違う(つもり)
かなり希少な存在だが、やはり一番希少なのは性別である。
モン娘の特徴を持った(ご都合的な)男性という特異さの為、ご主人様に指示され、部屋に閉じこもった。ベッドの中で長い長い時間をまどろみながら過ごしたり、窓を少し開けて外の音を聞いて過ごしていた。トイレとかの事を考えてはいけない。
ぼんやりとした性格だったが、外に出るようになってから成長し、美しい青年(同じくらいの少年に告白されたり村の人達にお嬢ちゃんと呼ばれる)になり、ちゃんと漢字で話すようになった。甘党で、ご主人様のコーヒーが結構好き。
性感帯は内腿、本人曰く「内腿の感度は3000倍だからちょっとあまり触らないで欲しい」ワンピースを着すぎたせいで若干の女装癖がついた。もふもふ好き

補足

ご主人様が夜に飲む赤いお酒
赤ワインに血液をほんの少し混ぜた物であり、ご主人様以外は飲めないようになっている。

坊ちゃんの部屋
ドアを開けると正面真っ直ぐにベッドと窓があり、その左側の壁には本棚がある。
本棚のベッドのあいだに机と椅子が置かれている。
右側の壁にドレッサー(殆ど使わない)、クローゼット(ワンピースしか入ってない)置時計(落ち着いた暗めの色)が配置されている。
たまに窓が少し空いていたり、ほんの位置が微妙にズレてたりしている。

エゴの食事量
今作で出てきたのは朝食でした。
昼と夜は考えてないです。
気持ち程度の栄養バランスを考えたつもりだが、ホルスタウロス印の牛乳は毎食置かれる。エゴはこの牛乳からホルスタウロスの精を吸っているので、空腹になる事は無い

ご主人様の気迫
ヴァンパイアとしての力を圧力として放ったものをイドは気迫と認識していたが、どちらかというと殺意である。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33