連載小説
[TOP][目次]
ロリ巨乳あまり
 一年間に及ぶ新婚旅行の末、自分の実家のある妻の店にやって来た北島 健二は妻との出会いのきっかけともなった親友の大城戸 栄太と飲もうと思いついた。妻に話すと酒場を使っていいという。早速、親友の家に電話をかける。

「もしもし」
「はい、大城戸です」
「え、うん?もしもし北島と言いますが、大城戸君はいますか?」
「北島君?いるから少し待ってくれないかい」

 聞いた事があるようなないような声に、大城戸の家へ電話をかけた北島は少し慌てた。

「おう、もしもし、北島か」
「ああ、大城戸か?今夜うちの酒場で飲まないか?18時から予約をとってある」
「良いぞ、じゃあ夜にな」

 久しぶりに友達と飲む為に色々準備した北島はさっきの謎の声に頭をひねりながら準備を始めた。

「おう、待ちかねたぞ」

 北島は妻の担当していた酒場のテーブルを占拠して親友を待っていた。

「店が閉まっているから閉店しているのかと思った」
「あ、悪い悪い。説明してなかったな」

 北島は今回は妻の都合でこの町にきたので店は開けていなかったのを忘れていた。

「まあいいや、早速乾杯しようぜ」
「分かった。おーい、ビールお願い」
「は〜い〜」

 大ジョッキになみなみとビールをついで、しかし一滴もこぼさずにサテュロスの少女が奥から現れた。大きなバストと一緒にジョッキをテーブルに置く。

「お待たせ〜」
「おお、有難う」
「ありがとう、ところで、もう子供が出来たのか」
「阿保か、何処の世界に1年前に結婚したのにこんなに大きく成長した娘を持つんだ」
「いや、お前が行っていたのは嫁さんの実家と魔界だろう。時間がおかしい場所にでもいたのかと思った」
「違うわ。この子は嫁さんの妹だ。ま、子供は間違ってない。実は子供が出来てな」
「それはおめでとう」

 頓珍漢な大城戸の言葉に北島が今回帰って来た理由を話す。親友の祝福に北島は頭をかいて照れる。

「時間が速い場所と言うのも間違いじゃなくてそう場所もあった、それはともかくもうお腹が大きくてさ、流石に酒場の仕事はきついから応援に来てもらった。嫁さんの何番目だっけ?妹の小枝ちゃんだ」
「は〜い。チーママの小枝で〜す」

 軽く手を振って小枝がアピールする。

「どうもよろしく。大城戸 健二です」

 大城戸が挨拶を返すと小枝は笑って奥に引っ込んだ。

「まあ何だ、もう少ししたら酒場も再開するからよろしくな」
「ここは珍しい酒があるから閉店しないのは有難いな」
 二人はジョッキを飲み干した後はちびちびとテーブルに並んでいた酒を開ける。

「おお、そう言えば、お前の家に電話をかけたら聞いたことがあるようなないような女性の声がしたけど、あれは誰だ」

 北島はさっき気になった事を聞いてみる。

「あ、あれか。あれはトシちゃんだ」
「トシちゃん?」
「ほら、俺達の幼馴染みの」
「ああ、トシちゃん。何でお前の所にいたんだ」

 北島は幼馴染の顔を思い出す。

「その前にちょっと聞くが、お前トシちゃんの家は何処か知ってるか?クラスとか学年とか」
「え、えっ」

 大城戸の質問に北島は記憶を探る。しかし全く思い出せない。

「いかん、飲み過ぎか、全く思い出せない」
「いや、それでいいんだ。俺も最近分かった事だけど、トシちゃんはぬらりひょんだったんだ」
「何!」

 結婚するほど齢をとってから判明した驚愕の真実だった。

「そうか、トシちゃん、齢の割には胸が大きいと思ってたら魔物娘だったのか、で、実年齢は?」
「知らない。聞くといつの間にか消える」

 驚きのまま酒を呑む北島。実は彼の巨乳好きはトシちゃんと遊んでいるせいで植えつけられた物だった。

「それでどうよ、最近は、光ちゃんとか、この前会ったロリ巨乳に変化はないか?」

 ついでの様に話を進める。北島はなんだかんだと言って気になっているのだった。

「光か、あの子は元気だぞ。最近先輩という娘が二人ほど家によく来るようになった」
「友達じゃなくて先輩?」
「いや友達も来るけど、最近はその先輩という子が多いんだ。なんでも光の体型があのロクデナシのせいでアンバランスだろう。同じような体型の先輩だから色々参考になるらしい」

 光というロリ巨乳と同じ体型という事はその先輩も一部が突出した体型という事が分かる。

「問題は、その先輩というのがリリムとデーモンなんだが、変な思想を植え付けられてないか心配だ」

 魔物娘のトップと過激派という組み合わせに、何となく大城戸の将来が見えた北島だった。

「次はトロールの葵ちゃんか、あの子は最近農業に目覚めてるな」
「トロールだから不思議じゃないな」
「良くうちに野菜とかのおすそ分けをくれる」
「出来は良いのか?」
「さあ、おいしいのは分かるけど農作物の良し悪しが俺に分かる訳ないだろう」
「それもそうだ」

 北島には植物と相性のいいトロールの娘なのでおいしいだろうと簡単に予想が付いた。

「それで、別の方向にも才能があったみたいで、精霊と一緒の事が多くなってさ」
「精霊使いの才能かぁ。トロールなら納得だな」
「あれ、土の精霊…」
「ノームか?」
「そうそう、それを連れてるな」
「精霊は見た事ないな。どんな姿形何だ」
「顔は、それぞれだな、体型は葵ちゃんに似ているな」
「ははあ」
「何か知らないが俺と会うとのしかかり攻撃かけて来るんだけど、何故だろう」
「前世の悪行じゃないか?」

 適当な返事を返しながら北島はコップを飲み干した。

「それで、一番問題はキコちゃんたち何だ」
「ああ、あの突撃鬼娘」
「実はあの後、お前も知ってるミノタウロスの美緒ちゃんとホブゴブリンの鈴ちゃん、白澤のチェリーちゃんとホルスタウロスの瑪瑙ちゃんと一緒にチーム作ってな」
「ほほう、あのメンバーという事は、お料理クラブとかか?」

 ミノタウロスとオーガだけならバトルチームという話になるだろうが、ぽややんとしたホルスタウロスとホブゴブリンが居るのでそちら方面に行きそうもない。

「それを含んで、とにかく色々勝負しようというチームだ。全員角が付いているからチーム名はホーンズだって」
「見事な中二病」

 どうも戦闘的な性格の娘さんが居るのでしっくりこない気がする北島に、大城戸はさらに言葉を続ける。

「そして、それに対抗するチームが生まれたからまあ色々とやらかしているんだ」
「対抗チームって、誰だ?」
「何人かはお前も知ってるな、まずは麻生さんちの海里」
「海里って、あの子男だろう」

 北島は小学生の頃に一緒に遊んだ元気な子供を思い出す。

「いつの間にかアルプになってた」
「そうか」

 今までと違い何とも言えない雰囲気が立ち込める。男から女に性転換すると聞くと気まずくなるのは何故だろうか。

「これに落ち武者の雪の丞、ファラオのラーラちゃんという娘を加えてチーム『男魂』だそうだ。両方とも生前は男の子だったらしい」
「何だそれ」
「元男として女に負けられないらしい」
「どっか間違ってないか」

 やっぱり中二センスあふれるチームなようだ。

「でも、人数差がひどいぞ、どうしてるんだ?」
「ラーラちゃんがファラオの命令とか言って家来らしい人たちを連れてくる。何故か俺は審査員として駆り出されてさ、変な方向に勝負が進むと酷い目にあう」
「そうか」

 北島は音を立ててコップを置いた。

「最後は商店街のメンバーだな。ここは商店街を発展させるというのでいろいろやってる」
「へえ」
「ジャブジャブの桃子ちゃんは親のつてで不思議の国の種族を連れてきているな、ほら、オークの金華ちゃんも一緒にあそこにいる」

 教えられた方には丁度店の前を通ってマーチラビットとジャブジャブのピンクコンビがオーク達と一緒に歩いていた。ガラス越しにこっちを見ると笑顔で手を振ってくる。

「マーチラビットの弥生ちゃんだ。不思議の国物産展やったんだけど、まあ見事にピンク一色で、間違っても光を連れて行けなかったから行かなかったけどな」
「金華ちゃんと一緒に居るもう一人は誰だ」
「ハイオークで金華ちゃんがつてで呼んだ肉屋のミトンちゃんだ」

 北島は無言で手近な酒を注いでいる。
「まあそんなところかな」
「貴様、あれからまだロリ巨乳を増やしやがったか」
「またかよ」

 一気にコップの中身を飲み干した北島が据わった目で大城戸を見ていた。

「貴様、

幼馴染ロリ巨乳と姫様ロリ巨乳と悪魔ロリ巨乳と大地の豊穣ロリ巨乳と弟分ロリ巨乳と侍ロリ巨乳と王族ロリ巨乳と兎ロリ巨乳と高級豚ロリ巨乳だと、

ふざけるな!」
「待て落ち着け」

 大城戸のなだめの言葉も北島の耳には入っていない。

「こっちなんかな、一人しかいないんだぞ、ハーレム作りやがって、しかも全員ロリ巨乳、さらに

ロリ巨乳と魔王級ロリ巨乳と青乳ロリ巨乳と大地の母性ロリ巨乳男の娘ロリ巨乳と忠義ロリ巨乳と砂漠ロリ巨乳と淫乱ロリ巨乳と褐色ロリ巨乳だと、

妬ましい!」
「おいちょっと、もうやめとけ」
「何か文句があるのか!」
「後ろを見ろ」
「後ろ?」

 大城戸の指の動きに合わせて勢いよく首をひねる北島は、そこに大きなお腹の自分の妻を発見した。

「やあやあ、また悪酔いしているね」
「遥さん久しぶり、赤ちゃんおめでとう」
「ありがとう、ところで旦那様、一人しかいない、とか、ハーレム、とかどういう意味かな?」
「いやその」
「別にハーレムが悪いというんじゃないよ、しかし、私に不満があるように言われるのは心外だ」
「いやとんでもない」
「きっと忙しくて今日はまだ相手していなかったから不満が溜まったんだな」
「いやいや不満何て全く」
「小枝、後は頼む」
「はーい」
「ちょっと、俺酒飲み過ぎて起たない」
「我が家の酒を呑むほど良くなる秘伝の薬もある。早速試そうじゃないか」
「お、大城戸、助けて…」

 北島の声に大城戸は顔を見ないで合掌する。

「ねえお兄ーさん。私が付いてあげるね」
「チクショー!わが義妹ロリ巨乳にして未来の部下ロリ巨乳まで〜!」
「まだ言うのか。うるさい口を塞いであげよう」

 遥かに引きずられていく北島を見ながら、大城戸は心からその幸運を祈っ
た。 
 
19/04/06 18:07更新 / 夜矢也
戻る 次へ

■作者メッセージ
 ロリ巨乳早口を書いた時のあまりにちょっと追加して作ってみました。なんとなくもったいなく思って。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33