読切小説
[TOP]
公園にて・春夏秋、そして…
私はアイシス、この町に来て三年強経ちそれなりの規模にまでサバトを広げたバフォメットだ。

アイシス『?』

私が春のある日その若者を見つけたのは偶然だったのかもしれないが、今となってはどうでも良いことだ。

アイシス『若者よ、なぜボーッとしておる?』

???「…?」

その若者はしばらく辺りを見回して自分を指差した

アイシス『そう、お主だ』

ベンチに座っていた若者は少しして…

???「桜を見ていたんだ」

アイシス『確かに、満開じゃな。』

???「ここで飯にしようかと」

アイシス『なるほど…』

若者の手元には、近くのコンビニで買ってきたのであろうサンドイッチとサラダとぺったりの茶が袋から見えた

???「俺は太一、君は?」

アイシス『私はアイシス、バフォメットだ』

太一「アイシス…ああ、この街のサバトの総責任者なのか」

アイシス『そうだな、そうなる。』

太一「では、いただきます。」

アイシス『して、太一』

太一「?」

アイシス『なぜお主はこんな昼間から公園に?働いていないのか?』

太一「まあ、ね」

アイシス『…』

太一「俺には親はいない」

アイシス『???』

太一「君たち魔物が来る少し前に俺は施設に預けられて、その数日後に遺伝子上の親であった男女は行方不明になったんだ」

アイシス『なるほど…辛いことを思い出させた…』

太一「いや、大丈夫。」

思えば、この若者の顔にはどこか諦めたような物が浮かんでいたがそれは親がいないことではないのに私はそのとき気づけなかった。









アイシス『お主、天気の悪い日以外の日中はここにいるのか?』

太一「大体はね」

季節は夏になった、だがこの男は相変わらずベンチで座っている…

アイシス『暑くないのか?』

太一「暑いけど、でもこの暑さは今年だけのものだろう?」

アイシス『まあ、確かにな…』

太一「だからある程度体感しておこうかなって」

それから少し話すと彼はどこかいくところがあるらしくそこに向かった。











アイシス『やはり居たか』

秋になったが、彼は居た。天気の悪い日以外はほぼ毎日私一人か或いは配下の魔女やファミリアを連れて彼と話をしに行った、春から何か引っ掛かるものがあったのだ。

太一「お、今日はお伴いないのか」

アイシス『お主の紹介のお陰で旦那を得られた、感謝する』

太一「それは何より」

彼の表情には影があった、春からその影はどんどん強くなっている…

アイシス『…ひとつ聞いても良いか?』

太一「なに?改まって」

アイシス『お主は親がいないと言ったがそれは嘘だろう』

太一「ありゃ、流石に上位の魔物は騙せないか」

アイシス『だが大事なのはそこではない』

太一「???」

アイシス『お主、何を一人で抱えている…?』

太一「やっぱり上位の魔物には隠せないか…」

アイシス『…答えてくれ』

彼はのらりくらりとやり過ごそうとしたが聞かねば後悔する、自分の感覚が警笛をならしていたのだ

太一「俺の身体は、腫瘍、それも悪性のものの巣だ。」

彼は諦めたように、そしてどこか自嘲気味に言う

アイシス『何と…!?』

太一「でも、君たちには感謝している。」

アイシス『?』

太一「余命3ヶ月って君に初めて出会った日に言われたんだよ」

アイシス『何と…』

太一「君たちに出会えて、少しだけど命が伸びた。それだけじゃない」

アイシス『…』

太一「君の仲間に幸せを運べたんだ、これで…」

アイシス『!!!!』

私は理性より先に身体が動き、胸ぐらをつかんでいた

アイシス『何故言わなかった!!!!!』

太一「これも運命だから」

アイシス『…?』

太一「俺が生まれたとき、俺の祖父がある的中率九割超えの占い師に俺を見せたらしい」

アイシス『…』

太一「この子は、九割の確率で早死にする。だが死のうが生きようがその前に誰かを幸せにするって占いの結果が出てたから」

アイシス『なるほど…それで運命と…』

太一「それに、生き物って必ず死ぬだろ?」

アイシス『アンデッドの魔物は、生き物ではないと…』

太一「あれは例外かな、一度死んで復活したのがほとんどだろうし」

アイシス『…』

私は有無を言わさずに彼をサバトへ連れ帰った

太一「何を!?」

アイシス『お主は死なさん…』

太一side

太一「だから、これも運命だから」

アイシス『ならばその一割になろう…』

彼女はどこかに連絡をしているらしい

太一「?」

そこに来たのは白衣を来た魔物の少女たちだった。

太一「君達は?」

???『医療サバトのマーガレットだ、よろしく。』

太一「え、あ、はい、よろしく」

その後、彼女は俺の体を調べ始めた

マーガレット『こんな状態でよく生きているものだ…』

太一「我ながら悪運の強さに驚いてる」

アイシス『治すことが、できるか…?』

マーガレット『確証は持てないね…』

太一「まあ、そうだろうな。人間の医者は俺にスプーンを全力で投げつけてきたのばっかりだし」

マーガレット『はっきり言えば、五割。』

太一「???」

マーガレット『君の助かる確率だ』

太一「お」

アイシス『???』

太一「四割増えたか、なら、やってみる価値はあるか」

アイシス『それで良いのだ、死ぬとしても、死ぬとしても足掻いてみろ…』

彼女は絞り出すようにいう

太一「…わかった、その半分に賭けてみよう」

そして、治療が始まった。

太一「…」

体を洗い、ベッドに寝かされる

アイシス『…』

マーガレット『私のできるところはここまでだ、後は君達次第だ。』

彼女は帰っていった

太一「治療って専門家じゃなくても出来るのか…」

アイシス『ならば、始めるぞ?』

太一「了解」

彼女はなんというか黒紫色の球体を手のひらから浮かべて大きくしている

太一「???」

アイシス『はぁ…はぁ…』

彼女は息を切らしている、恐らく彼女は相当精神を集中しているのだろう…

アイシス『はっ!!!!!!!!』

ボーリングの玉ぐらいまで大きくなったその玉を俺に押し込んでくる

太一「!?」

その玉は俺のからだに入っていった

太一「がっ!!!!」

そしてすぐに全身を激しい痛みが襲う

太一「がぶぁっ!!!!!」

彼女の用意した洗面器に赤黒い塊を吐き出す

太一「これに耐えられたなら、助かるなら…まだまだ…」

そしてどのくらいの時間が流れただろうか…激痛と内側から出てくる赤黒いものが出てくる感覚はなくなった

太一「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…」

アイシス『良く…良く耐えた…!!!!!』

太一「???」

アイシス『お主を蝕んでいた病魔は全て滅びお主から吐き出されたのだ!』

太一「これ、俺の身体にいた悪性の腫瘍?」

アイシス『その通りだ…』

彼女は俺の体に起こったことを説明してくれた

太一「インキュバスになったのか、噂では聞いたことがあったが…」

俺の体に起こったことを具体的に説明するなら

俺の体をインキュバスへ一気に変換したらしい。激痛と吐き出したあれは身体の細胞をインキュバスへ一気に変えるために起きたことで、体内の細胞を超高速で破壊と再生を行いその成れの果てが俺の吐き出したものらしい。

太一「なるほど…」

アイシス『本当に、本当によかった…。』

彼女は俺に倒れかかるように倒れた、俺も意識を保っていられなくなりそのままベッドに仰向きで倒れた…



















太一「…」

目を覚ます、今までで一番良い目覚めかもしれない

太一「え」

が…

アイシス『お目覚めのようだな…❤️』

太一「どうなっているんだ…」

アイシス『あの治療は体力消耗が激しいのだ』

太一「転生した俺からそのエネルギーはもらうと、でも、良かったのか?」

アイシス『???』

太一「魔物がそういうことするってことは…人生を…」

アイシス『ようやくわかったのだ、なぜお主にあのとき声をかけたのか。それはお主だの精が欲しかったのだ、分かりやすく言えば』

太一「感性に来たのか…」

アイシス『そうだ。だから…』

太一「…わかった」

アイシス『???』

太一「元より、君に生まれ変わらせて貰ったようなもの。それならこの新しい命は君のために使おう…。」

アイシス『…❤️』

そのまま半裸の彼女は俺を押し倒し、貪るように、しかし優しく深いキスをする

太一「ん…!」

アイシス『…❤️』

んちゅ…❤️ぢゅるる…❤️るぇろぉ…❤️といとおしそうに舌を絡めてくる

太一「はぁ…はぁ…はぁ…!」

アイシス『お…❤️滾っておるな…❤️』

太一「どうなってるんだ…俺の体…」

アイシス『回復したことで魔力の第二の効果が現れたのだ❤️さぁ…❤️背徳と快楽を味わおう…❤️』

太一「快楽はともかく、背徳?」

アイシス『サバトの教義とも言えるな、分かりやすく言えばロリコンの欲望が叶うと言うことだ』

太一「なら尚更背徳はないな」

アイシス『???』

太一「俺はロリコンというよりは俺が好きになった女が結果的に幼女だったから微妙に違うと思う」

アイシス『なるほど…❤️』

太一「正直言うと、君以外の幼女はどうでもいい、俺は君の覚悟に応えたいし君が好きなだけだから」

アイシス『…❤️』

いつの間にか俺の男性器は今までに無いくらい膨れ上がり排泄以外の役目を果たそうとしていた

アイシス『魔物として、女として幸福を…感じた…❤️』

そのまま一気に腰を落とす、明らかに無理があると思ったが…

アイシス『ぁぁ❤️ぁ〜❤️』

大丈夫そうだ

太一「血出てるぞ、大丈夫か?」

アイシス『ふふ…❤️大丈夫だ…❤️』

太一「よかった…」

アイシス『さぁ…❤️好きなだけ出してくれ…❤️』

気が狂ったかのように腰を叩きつけてくる、そんなのに耐えられるわけもなく…

太一「!!!!!」

アイシス『ぁ…❤️いっぱい…❤️』

太一「…」

荒れ狂う快楽の余韻に浸っていると…

アイシス『気持ちいいか?』

太一「もちろん…」

彼女の肢体は美しい、可憐な肢体を貪る、もしかしてこれが背徳か?

太一「背徳って言ってたのがやっとわかった気がする」

アイシス『ふふ…❤️それでいい…❤️そのギラギラしたものを見せてくれ…❤️』

理性がとんだ…




















アイシス『良く、頑張ったな…❤️』

転生したてなので流石に疲れた…

太一「流石に疲れた…」

アイシス『なら…❤️』

一度俺の男性器を引き抜き、俺を抱き起こした

アイシス『あまりにも嬉しくて、子供もいないのに出てしまったようだ…❤️』

彼女の小さな膨らみの先端からは白い液体が一筋垂れていた

アイシス『飲んで、くれるか?』

太一「いいのか?」

アイシス『勿論だ❤️』

太一「なら…」

そのまま目の前にある膨らみの先端に吸い付く

アイシス『…❤️美味しいか?』

太一「ん…優しい味だ…」

アイシス『…❤️』

体こそ小さいがさすが魔物、母性や慈愛は一通り高いレベルで持っているらしい

アイシス『おっぱい美味しいなら私も嬉しい…❤️』

彼女はそのまま引き抜かれた男性器を手で擦る

アイシス『快楽も背徳も思う存分味わって…❤️』

そのまま乳首だけを少し強く吸う

アイシス『んぁ…❤️』

太一「ふう…」

アイシス『次はこっちも…❤️』

反対側にも吸い付き、中でねぶり回す

アイシス『太一、ずっとずっと、一緒にな…❤️』

太一「俺を好きになってくれて、ありがとう…」

アイシス『!!!!!』

今度はアイシスの理性がとんだらしい…



















結局、朝から翌朝までやっていたらしい

魔女『さくじつは おたのしみ でしたね』

アイシス『まあ、な』

太一「…」

俺の人生の始まりはなんともなものになったが、俺達らしいと言えばそうなのかもしれない、
19/10/14 02:30更新 / サボテン

■作者メッセージ
どうも、サボテンです。

友人からバフォ様メインデ話を書いてくれと頼まれたので書いてみました、いかがだったでしょうか?

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33