『微笑みの似合う無口な君へ・・・・』



(・・・・うんやっぱり今日もきたよ・・・)

「ねぇ・・・そうやってジィーーーーッとみられていると仕事が出来ないんですけど・・・」
「・・・・・・」

無言のまま彼女は『水中から』顔を半分出して右の茶色と左の琥珀色の瞳で『彼』・・・『アイト』を物静かに上目遣いでみていた・・・・

(・・・・くそぅ・・・可愛いけどさ・・・・コンチクショー・・・・)

アイトの仕事・・・・それは漁師だった。


ここは親魔領の街『アトワー』。
この街はその領内どころか他の地域には無いぐらいの水の加護がある。周りの山々から流れてくる栄養を多く含んでいるのに2Mの深い水底にある小石ひとつまでくっきり見える清流が5本が絶えず流れ込み出来た大きな・・・そう『余りの大きさに海と間違える』くらい大きな湖『アトワー湖』。
この湖・・・・淵から海まで1KMほどしか無いので時間帯によって海水が淡水と混ざり汽水湖になる。
そのときに紛れ込んだ魚をとるのがアイトの仕事・・・・なのだが・・・

「・・・・・・・・・・」
この娘によって営業妨害( ? )されている・・・・ここのところ毎日・・・・

「・・・・魚が獲りずらいんですけど・・・」
「・・・・」
するとお願いが通じたのか『チャプン・・・・・』と音をたてて彼女は水中深くへ潜っていった。

(・・・・なんかわるいことしちゃったかな ?)
ほんのちょっと罪悪感がでてきたアイトだったが・・・・


ザパーーーーーン!!!


いきなり水中から『何か』が飛び出してうまい具合にアイトの船に着地した。
・・・もっと細かく言うとアイトの船は中型の船なので大人6人余裕で乗れる仕様でかなり広いが、その『何か』はピンポイントでアイトの後ろに着地した。

「のわぁぁぁぁっ?!」
流石にビビリまくるアイトだが・・・・良くみると・・・?

「・・・・・・・」

・・・・・・ズイッ

彼女だった・・・・しかも両手で網を抱えていた。それをアイトの目の前に突き出し・・・・

バサァァァーーーッ・・・・・・・・・ビチビチビチビチビチ・・・・・・・・・

・・・・網を広げると大量の魚が出てきた・・・・しかもご丁寧にアイトが常日頃獲っている種類のみをアイトが生活に必要な最低限のレベルで・・・・

「えっ・・・あっ・・・・ありがとう・・・・」
驚きながらも感謝するアイトは・・・・・実は初めて彼女の全身をみたのだった。

(へぇ『サハギン』か・・・・様相は図鑑通りだけど・・・・透き通った銀の髪に白いウロコ? 左茶右琥珀色のオッドアイ・・・・なんというか・・・)

そこでふと本音が・・・・

「綺麗・・・・」
「・・・・!!」
その本音を聞いた彼女はしっとりと濡れた手で顔を覆い・・・赤くなっていた・・・・尻尾( ? )をフリフリしながら・・・・

(何このかわいい生き物・・・・・・♪)

心の中で激しく悶えるアイトでした。

「ねぇ・・・・アナタ・・・・名前は?」
「 !! 」
彼女が話しかけてきた。

(スズの音ように澄んだちょっと高めで落ち着いた感じの声・・・・きいてて気持ちいい・・・)

「僕は・・・・アイトっていうんだ。・・・・君は?」
「・・・・・私・・・シル・・・っていう・・・」
覆った手の隙間から琥珀色の瞳をチラッと覗かせて・・・・上目遣いでこっちをみてそういう『彼女』・・・『シル』。

(・・・僕・・・もうベタぼれ・・・だよ・・・・)
「・・・お願い・・・あるんだけど・・・・・」
ふやけ気味の顔でシルを見ていると、シルがお願いをしてきた。

「えっと・・・何か?」
「私・・・・・・・・・・・アイト見たときから・・・・・・・・・好きになっちゃったの・・・・」

(な、なんだってぇー!!?)
驚愕の事実とでも言わんばかりに心の中で驚くアイトであるが・・・・

「えっと・・・・じ、実は僕も・・・・」
なんとアイトも初めてシルと目があった時から好意を抱いていたのだ。

「・・・・・///」
「・・・・・///」
・・・・・気まずいけど・・・・心地よい沈黙がつづいたが・・・

「「・・・・えっと・・・・そのッ・・・・!?」」
見事にタイミング良くカブる二人・・・・

また暫くの沈黙の後・・・
「い、いきなりですいません・・・・ぼ、僕と・・・・お付き合いしてください・・・・///」
「・・・・・・う、うん・・・・・・///」

告白するアイトに暫しの沈黙の後肯定の返事を返すシル。

「でも・・・・まずは・・・・・魚・・・・」
「えっ?! あっ!? う、うん!! そうだねっ」
・・・・その直ぐ後。申し訳なさそうな顔をしてシルが意見を言うとアイトが『仕事中』ということを思い出し魚を集めて港に向って動き出した。・・・シルは乗ったままで・・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


陸に上がり港から直ぐ近くの湖の浜辺の目と鼻の先にある自宅へ移動したアイト『達』。
・・・・一緒にシルも移動していた・・・。

ギィー・・・・・・パタン

ドアを開けて家の中へ入る2人。そしてシルはドアが締まった瞬間・・・

ガバッ!

「うわt・・・・んぐっ!?・・・・んん〜!」
「ハムッ・・・・・・・・ンクッ・・・・ンパァ・・・・アム・・・・」
近くにあったソファにアイトを押し付け・・・否。押し倒してキスを始めた。

「ハム・・・ンク・・・・ぷぁあっ・・・・・い、いきなりですか?!」
「フムッ・・・ン・・・・んぱぁっ・・・・・・好きすぎて・・・・・・・・・もう・・・・・・我慢できないの・・・・」
嬉しすぎるカミングアウトをきいて・・・・・ジリジリと理性が焼ききれはじめるアイト・・・・

「・・・・エッチな娘は・・・・きらi・・・んぐ!?」
「アムッ・・・チュパッ・・・・・ぱぁっ・・・・これが答えじゃダメですか?」
理性の耐久度がドンドン下がっていく中の不意打ちの「エッチな娘はダメ? 」発言で更に加速するっ

「アム・・・ンクッ・・・プァ・・・・」
「ジュルッ・・・・ンハァ・・・・・チュッ・・・・」
淫らな水音が響く・・・・・

(はぁ♪・・・・・・ん?)

ふとアイトがキスでふやけている中・・・・・シルが内股になってモジモジしているのに気付いた。

「ン〜・・・・・ン♪」
「アムッ・・・チュパッ・・・・・っ!?・・・・ンクゥ・・・・・♪」

ぬちゅっ・・・・・しゅり・・・しゅり・・・・

アイトは徐に抱きしめていた両手より右手を這わせて・・・・シルの秘所を尻側から前へスッと手で撫でてやさしく愛撫し始めた。・・・・・シルもよほど気持ちいいのか・・・トロ〜ンと目じりが少し下がった・・・ようなきがした・・・・

「アフッ♪・・・・ンクッ♪・・・・ぷはぁっ・・・・・・・・・・・・ねぇ・・・・・・そろそろ・・・・」
「ンン・・・・プゥア・・・・・ぱはぁっ・・・・・シル・・いいの?」
秘所を愛撫したままキスをしていた二人だが、キスを中断して『本番』をと意志を伝えるシルに確認の為聞き返したアイト。

(コクン・・・・)

シルは頷いた・・・・

今度はアイトが上になり、シルを下にして・・・・正常位になり・・・

「・・・・きて・・・♪」
シルは両手で足を抱え広げるようにして両手の指先で(寧ろ爪先で・・・)ウロコをずらしながら・・・・

くぱぁぁ♪

・・・・・・プチッ・・・・

アイトの理性の最終防衛ラインは突破された・・・・

「シル! シルぅぅぅぅ!!」
「あっ♪・・・・はっ♪・・・・・・」

ズクッ・・・ズクッ・・・・・・・

ピストン運動が開始され・・・・・・てすぐに抵抗が・・・・

「はぁん♪・・・・・アイト・・・・きて・・・♪」
「よし・・・・もらうよ・・・シル・・・・はぁっ!」

ズズズッ・・・・・プチッ・・・・

「あっぁぁ・・・・・」
「無理しないでシル。すこしやすn」

フルフルッ・・・・・

アイトの気遣いにシルは首をふり・・・

「一回だけ・・・・痛いのは・・・・・それも・・・・思い出・・・♪」
ニコッと・・・・・サハギンのはずなのにその顔には・・・・・『微笑があった』・・・・

「じゃあ・・・・うごくよ・・・・シル・・・」
「・・・・・・うん♪」

ずぶぶぶぶ・・・・・

「っはぁ♪・・・ぁぁ♪」
結合部からは血がながれているが・・・その表情はすでに蕩けていた・・・

ズンズンズンズンッ・・・・

「ぁっ♪ はっ♪ あん♪ はんっ♪」
「シル・・・シル・・・シル・・・・」
段々ペースがあがり・・・

体位が後背位にかわり・・・・
シルが涎と蜜と汗を、アイトが汗と涎をそれぞれ垂れ流していた・・・

パァンパァンパァン!!

ラストスパートに入りペースを最高潮にあげていく2人・・・

「はぁう♪あぅ♪ アッ♪ アッ♪」
「シル・・・シルゥゥ・・・もう・・・もう・・・!!」
限界が近いアイトはシルに確認をとると・・・

「アッ♪ きッ♪ きてッ♪ なかッ♪ にッ♪」
「いっいくよ! シル、シルッ 、シルぅぅぅーーー!!」

ギューーッと膣の締め付けを強くしてアイトに声でつたえるシル。
そして・・・・

ビュルルルルルルルル!! ビュルルルッ!! ビュルルル!!

「っはぁ♪・・・ぁぁぁ♪・・・・・」
プシャッ・・・・・・・・パタッ

アイトの濃い精液を子宮いっぱいに満たされて恍惚な表情を浮かべて、自身は軽く潮をふいてソファに倒れこむシル・・・・

「ハァハァ・・・・シル・・・・かわいかったよ・・・・」
「ハァハァ・・・・・///」
アイトからの褒め言葉に顔を赤くして照れるシル。そんなシルに・・・

「・・うん・・・・・・ねぇシル・・・いまさらだけどさ・・・・・」
「・・・・?」
何か覚悟を決めたように呟くと・・・・

『・・・・彼女じゃなくて・・・・妻として・・・・いてくれない・・・・かな?』

「っ!?・・・・・・・それって・・・・」
驚いて目を見開き、でも直ぐに意味を理解して・・・・・涙が溢れてきた・・・・

『じゃぁ改めて・・・・・・僕のお嫁さんになってください。シル。』
『・・・・・・はい・・・・・・アイト・・・・♪』

涙でいっぱいになった瞳で・・・・・再び『微笑んだ』シルは・・・・・美しかった・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ここは水の豊かな街『アトワー』。ココでは今結婚式が行われていた。
海にも近く海の魔物娘も多いココではシー・ビショップが神官になり行われているようだ。
その花婿・・・アイトに・・・・

『純白のドレス』に身を包んだシルと・・・・

その2人の間に『真っ白のウロコのサハギンの子供』がいた・・・

そこには『微笑み』が満ち合われていた・・・




どうか夫婦達に幸あらんことを・・・・・・・・

Fin

・・・・結構喋ってないか? シル・・・・
と思ったjackryです。(´・ω・)

うむむ・・・中々構想が決まらなくて三回書き直したんですが・・・(汗
感想などお待ちしております( ゚∀゚)ノシ

11/05/04 23:49 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33