読切小説
[TOP]
黒髪の処女
 きこ……きこ……
 僕は小さなボートに乗って夜の川を下っている。そこは繁華街といった感じの下品なほど橙に眩い建物の群れに挟まれていて、ギラギラと写る灯りが水面で揺れなんだか酔いそうになる。
「どうかいたしましたか? 水面なんておのぞきになられて」
「いや、ぼーっとしていただけさ」
 向かい側に座る花魁姿の狐面の女が話しかけてくる。さっき街を通り過ぎる時にこの女に呼び止められ、こうしてボートに乗せられているのだ。
「可愛らしい娘、いっぱいいますよ……こちら側に来てみませんか?」
 そんな誘い文句だったか。普段ならそんな怪しい──妖しい言葉になんて誘われないのだが、何故だかこの女の声には惹かれてしまったのだ。
「ぼーっとするだなんて……お疲れなんですね……大丈夫ですよ。すぐそんな疲れなんて忘れてしまいますから」
 妖しく、笑う。狐面を着けていてもいやらしい笑い方だとすぐにわかる。
 先ほどから気がついてはいたが、どうやらこの女は人ならざる者らしい。正確にはボートが進み始めてから、か。何故ならば、僕と彼女が乗った途端にボートは誰の手も借りず勝手に漕がれ始めたのだから。きっとこの女は妖術使い──いや、もしかしたら狐そのものなのかもしれない。
「君は何者なんだい?」
「わかっているのでしょう?」
 またまた妖しく笑う。これ以上聞くのは無駄だろう。そう察して僕は押し黙ることにした。
 きこ……きこ……こと
 やがて誰も手をつけていないオールが、ピタリと止まった。
 見ると岸部にはぽつんと一つの大きな建物が立っていた。
「さて、着きましたよ。ここが遊郭『嬉々怪々』です」
「ここが……?」
 なんだか思ったよりも地味だ。周りは乱痴気じみた飾りを施しているのに、ここだけはそれをしていない。
 ボロくて、暗くて、古い。そのまんまの木造の屋敷。
「男女の交わりに必要なものは綺麗な建物なんかではありません」
「それもそうだが」
 じゃあ何なのだろうか。
「行けばわかります」
 彼女が手を出す……繋げというのだろうか。
 正直行きたくないが、乗りかかった船。僕は意を決して彼女の手を取った。


「あなた、どんな子がお好きなのかしら?」
 ギシギシと軋む薄暗い廊下を歩きながら彼女はそう聞いてくる。
「ん……」
「ふふふ、冗談ですよ。全てお見通しですから」
「はい?」
 やはり妖術でも使ったのだろうか。
 いや、しかし、自分でも好みの女性なんてよくわからないのだが……
「『美夜』、あなたにぴったりのお客様よ」
 女は立ち止まり、一つの襖を開ける。
 その部屋の中には。
「……」
 大きな黒い物があった。ろうそくで照らされたそれはなんだか化け物のようにも見えた。
「? あれは、人間なのか?」
「少し恥ずかしがり屋なのですよ、美夜は。でも御安心を。ちゃんと中身は綺麗な女の子ですから」
「は、はぁ」
「あ、あと一つ……あの子は初物です。きっととても可愛らしく鳴いてくれますよ」
「ぅえ?」
 とん、と背中を押される。僕は思わず前へ一歩踏み出す。
「あ」
 慌てて振り向くともう襖は閉まっていた。
「……」
 改めて、彼女……美夜を見てみる。
 何だこれは。本当に人間には見えないぞ。
「……あ」
 しかし、近づいて見てみると、黒く見えるのは長い髪の毛のようだ。どうやら長い髪の毛の持ち主がそこで小さく縮こまっているらしい。
 小さく……いや、でもそれにしても小さすぎやしないか?
 僕はしゃがみこみ、顔を近づけてみる。
……あぁ、おなごの香りだ。
 失礼を承知で、彼女の髪を両の手で開帳する……なんだかとても良い触り心地だ。
──そこには、人形のように美しい少女の顔があった。
 ん? 少女?
「えぇと、一つ聞いていいか」
「はい」
「君、歳はいくつかね?」
「九」
「……」
 あの女には僕が少女愛好家、いや、少女性愛者にでも見えたのだろうか。
 まさか九つの少女を仕向けてくるとは……
「……すまない」
「? どうしたんです?」
「決して冷やかしに来たわけではないんだがな……今日は帰らせてもらう」
「! な、何でですか!?」
「い、いや、流石に年端も行かぬ少女と交わるのは……」
「……」
「君もどうしてこんな所で働いているんだい? 君の歳ならもっと他にする事が……」
「したい事なんて……ないですよ」
「だ、だとしてもだな」
「……」
 彼女はすっと立ち上がる。衣服は纏っていない。纏うのは美しい髪。
「触ってみてください」
「はい?」
「いいから触ってみてください」
「いやいやいや」
 しかし、僕が後込みしていると、彼女は僕の手を取り無理やりその薄い胸板を触らせた。
「!」
「私の体……小さくても『女』でしょう?」
 薄い胸板、だが女特有の柔らかさがある。かすかに胸も膨らんでいるかもしれない。とくんとくんと鼓動も伝わってくる。
 するすると手が下へ下へと持って行かれる。その輪郭は少女というにはあまりに艶めかしく淫靡なものだった。
 終着点は大陰唇。ぷにゅりと柔らかいそれはわずかに湿っていた。
「お願いです。私を少女なんて呼ばないでください。私を一人の女として愛してください。一人の女として交わってください。それが私のしたい事なんです」
「……わかったよ」
 その凛とした態度に、僕は圧された。
 それに、彼女の体に触れてわずかに興奮してしまったようだし。
「ふふふ、『玉藻』お姉さまの言ったとおり、私にぴったりのお客様ですね。もうこんなに固くなってます」
「あ! ちょっ!」
──訂正しよう。
 少し、ではなく大いに、だ。


「く、ぁ、なんだ、それは?」
「ふふふ、私の得意技なんですよ」
「ぁ、すごく、気持ちいい」
「ありがとうございます」
 しゅっ、しゅっ、と僕の肉棒に髪を巻きつけながらの手淫。まるで絹の糸に包まれているようだ。 
「得意技、ってことは、練習でもしてたのか?」
「妬いてるんですかぁ? 大丈夫です。練習相手は『玉藻』のお姉さまですから」
 『玉藻』……それはきっとあの狐面の女の源氏名かなにかだろう。
「お姉さまはおっしゃってました。男の人って異常な状況に背徳感を感じるんでしたよね? 小さな女の子に髪の毛でいじくられるのってかなり異常な状況じゃありませんか?」
 確かに、それもあってこの快楽なのかもしれない。普通に生きていたらこんな目には逢えるはずがない。
「あぁ……先走りの汁が出てきましたよぉ……滑りがよくなってきますから覚悟してくださいね」
「き、汚いと思わないのかい?」
「私にとってはいい髪の栄養なんです……先走りより精液の方がいいんですけどもね」
「じゃあ、遠慮なくかけていいのかい?」
「もちろん。むしろ、かけてもらわないと困るくらいです」
「じゃあ……ぁ、出るっ!」
「きゃっ」
 びゅるびゅると、水鉄砲のように精液が出る。それは彼女の黒い髪の毛に卑猥な白の点を打っていく。
「ぁっ、せーえきっ、おいしいぃっ」
 白はすっと黒の中に消え、彼女は満足そうに体を震わせる。
「はぁ、はぁ、お客様の……濃くて美味しいですぅ……」
「はぁ、はぁ、はぁ、なぁ、美夜」
「はい」
「今度は──」
「──ふふふ、そうですね、私もしたいと思ってました」
 彼女は部屋に敷いてあった布団に寝転がる。布団に、というか広がった自らの髪の毛の上に。
「じゃあ、お願いします。初物ゆえ狭いですが、遠慮はしないでください」
「……わかった」
 かなり遠慮するつもりでいたが──痛いと言ったら一旦やめるつもりだったが、そう言うのなら一切遠慮はしないでおこう。
「それじゃあ、挿入れるぞ」
「はい」
 肉棒を、彼女の小さな小さな貝の中に、押し込む。
「ぃぎぃぃぃっ! ぁぁっ!」
「だ、大丈夫か!?」
「い、痛いです、痛いですけどもぉ! ……すっごく気持ちいいですっ」
 涙を浮かべ、微笑む。その顔はまさしく『女』の艶やかな顔だった。
「そうか、じゃあ最後まで入れるぞ」
「は、はいぃっ、ぁっぅっ、あぁぁぅっ! お客様のっ、入ってきてますぅぅぅっ!」
「はぁ、はぁ」
 気を抜けばすぐに達してしまいそうだ。それほどまでにきつい。その上みみず千匹の感触。死んでもいいと思えるほどの快楽が襲ってくるのだ。
「ぁぁっ! ひ、いっ、ぎっ」
「くはぁ……ふっ」
 肉棒が半分とちょっとまで埋まったとき固い何かに当たる。行き止まりだ。
「はぁ、はぁ、はぁ、お客様の、奥まで……」
 異様に膨らんだ腹を撫で、嬉しそうに微笑む美夜。その所作はまるで子を成した母のようでもあった。
「う、動いていいか? 我慢、できそうにない」
「お願いします、私の中がお客様の型になるくらいに、激しくしてください」
「く、ぉぉっ」
「ひゃぅっ」
 腰を前後に動かす。にゅるにゅると膣のひだが絡みつき、自らが孕むため精を搾りとってくる。
「美夜。美夜の中、熱くて、ねっとりとしていて、とても、気持ちいい」
「ぁっ、ぁっ、ありがとう、ぅぅ、ございぃぁっ、ますっ、ぅっ」
 中で肉棒が動く度、彼女の腹も膨れ上がる。無茶をしているのはわかっている。
 だがその無茶が、最高に気持ちいいのだ。
「んはぁ、お客、様ぁ」
「なぁ、美夜っ!」
「な、なんですかぁ」
「僕のことは、『旦那様』って呼んでくれないかっ!」
「わ、わかり、ましたぁっ、旦那様っ、旦那様っ! 旦那様ぁっ!」
 しゅるしゅると、彼女の髪の毛が僕を包み込む。きっとそれは外から見れば繭のようにも見えるだろう。
「旦那様っ!」
「美夜っ!」
 射精欲が高まってくる。たが、中で出すべきではないなんて倫理的な思考はもうできなかった。
「出すぞっ! 美夜っ!」
「はいっ! 旦那様ぁっ!」
 ぎゅっ、と彼女の腕が髪の毛が強く僕を抱きしめた。

 どくどくっ! 

「く、ぁぁっ」
 我が肉棒が脈打つ。
 ドロドロと熱い液が尿道を進み、彼女の中へ放たれているのがわかる。
 どぴゅっ!
「旦那……さまぁ」
 ぐったりと力を抜く美夜。
 そんな美夜の唇に接吻をする。
 彼女の短くて小さな舌が必死でからみついてくるのがいじらしい。
「はぁ、はぁ、美夜」
 しかし、無情なことに、今日はここまでだ。彼女は遊女で僕はその客でしかない。
 次に僕が来るまでの間、彼女は他の誰かの相手もするのだ。
「僕の……嫁にならないか?」
 でも、そんなのは、耐えられない。彼女を、僕だけのものにしたい!
 ずっと美夜と一緒にいたい。
 そんな気持ちから出た言葉だった。
「……いいんですか?」
「あぁ、君がよければいつだって」
「……うふふ」
 彼女は髪の毛を一本抜いた。それを僕の左手の薬指に結びつける。
「……婚約の証です。もう一生離れられませんよ」
「……はははっ」
 あぁ、愛おしい。髪の毛一本だけでも、愛おしい。
「……さて、そうと決まれば、ここをやめなくてはなりませんね」
「え?」
「え? だって結婚するんでしょう?」
「うん」
「じゃあ『玉藻』お姉さまに言ってやめさせてもらいますね」
「え、それでいいの?」
「はい!」


「愛さえあればそれでいいんですっ!」


 『行けばわかります』……そういうことだったのか。
17/06/25 07:27更新 / 鯖の味噌煮

■作者メッセージ
処女はおとめとお読みください。
ゲイザーちゃんの連載の息ヌきで書きました。

『嬉々怪々』の設定も今後使っていきたいなぁ(有言不実行)

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33