『ニャン♪ ニャン♪ ニャン♪』

その日も『サトル』はレストランのバイトを終えてマンションの自宅に帰ってきた。
・・・相当疲れているみたいで・・・テンションがグダグダのようだ・・・

カチカチ・・・・カチャン・・・・・ガチャッ・・・

「・・・・はぁ・・・・ただいま〜」
『『『にゃーーー!!』』』

鍵を開けてドアを開けるとお帰りとでも言うように鳴きながら玄関でチョコンと座っている白と黒と茶色いもの。
・・・サトルが一年前から飼ってる愛猫たちである。

「はぁぁぁ♪ お前たちだけが心の癒しだよ〜♪」

とふやけた顔で一匹ずつ撫でていくサトル。
勿論、猫は全員ノドをならしてご満悦のようで・・・・♪

『『『(ゴロゴロゴロゴロ〜♪)』』』
「はぁぁぁぁっ♪・・・・最ッ高ぅぅだ♪」

帰宅時のローテンションはどこへやら・・・・(汗

そして軽く食事をして猫の食事タイム・・・
「うなー」
と、スリスリと顔を擦り付けるのは『リム』・・・茶虎の腕白ッ娘である。
・・・ちなみにサトルのウチには『都合よく』メスしかいません。

「よしよし♪ 直ぐあげるから・・・」
「・・・にゃん♪」
と、ゴロンと転がってお腹をみせて「はやく〜っ」と意思表示しているのは『ネリー』・・・黒の甘え上手だ。

「はぁぁ♪・・・・・でもなでさせてくれないのな・・・・」
と、ショボンとしているサトル・・・そう飼い始めた頃から一匹として頭以外撫でさせてもらったことが無い。・・・・撫でようとすると直ぐに距離を置かれるからで・・・・

「はい。できまs」
「にゃっ♪」
「あっ! 『ララ』っ・・・・またお前は・・・かってに・・・もぅ♪」
皿に餌を盛りリム、ネリーにソレを床に置いていき、最後の皿を持つ為後ろを振り向くと・・・最後の一皿はテーブルの上で尻尾を振りながらおいしくいただいている猫が・・・『ララ』がいた。・・・『ララ』は全身真っ白の猫で、かなりせっかちである。
それをみてもニッコリしながら許してしまうサトルであった・・・

そして夜・・・

「はぁ〜いい湯だった・・・さて明日のために早く寝るか・・・」

と、ベッドルームのに向うと・・・

『『『お待ちしておりました〜旦那様(サトル、ご主人)♪』』』

・・・床に三つ指立ててペコッとお辞儀をする三人の『ワーキャット』が・・・?

「えっと・・・・どちらさん?」

いきなりで困惑するサトルに・・・

「もう、分かってるくせに♪」
「こら『リム』っ、もっとご主人を敬いなさいっ」
「『ララ』の言うとおりです。貴女は敬うと言う気持ちがないのですか?」

と、口論が始まった・・・だがサトルはその口論の中で『気になるフレーズ』があった。

(・・・『リム』? 『ララ』??・・・・じゃあ・・・まさか・・・???)

口論で白熱している3人に向って・・・自分の中で最終確認のつもりで・・・サトルは『まだ出てない名前』を呼んだ。

「・・・『ネリー』?」

ピクピクピクッ

「はっはい!? な、なんでしょうか旦那様っ。」
・・・サトルの中で確定した。

『この娘たちはあの猫たちだ』と。

その証拠にネリーと呼ばれたワーキャット(?)は名前に対して両ミミを三回ビクつかせた。・・・猫のネリーと同じ癖だった・・・

ネリーと呼ばれた彼女は白熱してた口論を強制的に中断し「すいません!!」とでもいいそうな顔でサトルに反応した。

「やっぱり・・・君たちは・・・」
「はい。私達は『ネコマタ』と呼ばれる種族の一端です。」
「そしてネコマタは・・・猫の姿になって人と共にいたりします。」
「まぁその人が『自分の夫』にふさわしいかみるためだけどね〜。」

・・・毛色からして・・・黒い毛で丁寧な言葉遣いをスルのが『ネリー』、白い毛で女友達同士の喋り方するのが『ララ』、茶虎の・・・ガチでタメ口なのが『リム』のようだ。
って・・・ネコマタって・・・・図鑑にのってなかったんだけど・・・・

「ちなみに私たちの種族が表に出始めたのはつい最近ですので・・・」

と、心情を察した『ネリー』が説明してくれた。・・・・いい娘だ・・・。
・・・ん?! さっきの会話・・・なんかおかしいフレーズがっ?!

「・・・夫って・・・・どいうこと?!」
『『『そのままの意味ですが ?』』』

三人してハモッたよっ!?

「そしてネコマタはその人を夫としてふさわしいと判断いたしますと・・・・」
「このように・・・」
「目の前に現れるってわけさ♪」

・・・あれ? それって・・・つまり・・・

「・・・・俺?」
と、人指し指でサトルが自分自身を指差すと・・・

『『『 他に誰がいると? 』』』

また見事に・・・

「というわけで・・・」
「旦那様・・・」
「僕達を・・・」

『『『愛してください。』』』

「・・・ははっ・・・もうなにがなんだか・・・・はは・・・」
ちょっとクラっときたサトルだが、空元気の笑い声を引っ込めて深呼吸して・・・

『ぼくでいいのかい ?』

『『『はい。』』』

『それじゃ・・・期待にこたえないとね♪』

『『『 ♪ ♪ ♪ 』』』

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「ハムッ・・・ンパッ・・・・チュ・・・・ンハァ・・・」
「ハァ・・・ン・・・アム・・・・チュル・・・・」

サトルと三匹は裸になり今ネリーとサトルがキスで互いを高めていた・・・
その傍では・・・

「んん・・・・レロレロ・・・・ハミッ」
「んはぁ・・・やっぱり立派だな・・・サトルの♪」
ララとリムでサトルのものを愛撫していた。
裏スジから亀頭にかけてちょっとザラザラする舌をスルスルとゆっくり・・・時折レロレロしなから・・・上がっていき・・・軽く皮を噛んだララ。
その様子を自慢の茶虎の手の肉球で文字道理の球転がしをして見つめるリム。

「・・・私がキスしたかったのに・・・」
「はいはい我慢我慢。変わりに・・・ンッ・・・チュパ・・」

サトルとキスが出来ないことを愚痴ってミミと溜息を垂らすララにリムは空かさず舌を入れる!

「っ!・・・・ンッ・・・チュパッ・・・ハァ・・・ンン・・・・」
「チュ・・・チュパ・・・ン・・・」

下半身をキスにより愛撫できなくなったララは・・・代わりに自分の手でサトルのものを優しく扱き始めた・・・

シュ・・・シュ・・シュ・シュッシュッシュッシュシュシュ・・・・

段々とスピードを上げていくララ・・・

「ハァハァ・・・んくっ・・・・」
「ハァハァ・・・いき・・・そう・・・なんですか・・・・はむっ」
息が荒くなるサトル・・・限界は近い・・・
その様子を見ながら再びキスを始めるネリー。

「チュッ・・・・ぱぁっ・・ふふ・・・じゃあ・・・止め・・いこっか♪」
リムはララとのキスを中断して・・・怪しく微笑んだ・・・瞬間!

ずずっ・・・

サトルの菊門に尻尾をねじ込んだ!!

「!! んんっ!?」
ギュッ!
「っぁぁぁぁぁっっ!!」

その未知の刺激にサトルは驚きネリーの腰に回していた手が思わず尻尾を握ってしまった・・・サトルの不意打ちに皆より早く達してしまったネリー・・・そして・・・

ドピュルルッ!! ドピュッッ! ドピュッ・・・・・ドピュッ・・・

『『ん〜〜〜〜〜〜♪』』

・・・互いにキスを史ながらサトルにより真っ白に染まるララとリム・・・二人も軽くイッタみたいだ・・・


・・・・・・・・・
・・・・・・


「では・・・おねがいいたします♪」
「「・・・いいなぁ・・・」」
ネリーが仰向けのサトルに跨り、サトルの左右から『その』これからの行為に思いを馳せて羨ましそうにみるリムとララ。

「それじゃ・・・いくよ?」
「はい♪・・・・んくっ・・・・あぁぁぁぁぁぁぁっ!」

ズズズッ・・・・・・プチッ・・・・

サトルがネリーの中に入って暫くして何かを破る音がした・・・・

「っはぁ・・・・あぁ・・・これで旦那様の・・・ものに・・・♪」
「「・・・いいなぁ・・・・・・ひゃぅぅ!?」」
「二人も満足させないとな♪」

痛みで暫く動けないネリーに羨む二人に対してサトルは二人の秘所をそれぞれ弄り始めた。

「はぅぅん♪・・・じ、自分でするより・・・ハァン・・・き、気持ちぃぃ・・・です・・・・アン・・・♪」
「きゃうん♪・・・手、手つきが・・・ヒゥ・・・エロッエロ・・・イグ・・・・だぞっ・・・・イヒィ・・・・♪」
「ははっ、まぁね♪」

物凄い恍惚とした顔で涎を垂らし名がら、なすがままに弄られる二人。ソレをみて・・・

「はぁはぁ・・・も・・・もう動いて・・・大丈夫でS・・・・ひゃゃゃん♪」
ズンッ・・・・ズンッ・・・ズンッ・・・

一回一回のストローク量を大幅にとりつつ・・・抜かないで上下を始めたサトルにやはり恍惚に・・・いや、もうアヘ顔になるネリー。だらしなく口からも・・・下からも涎を垂らし始めた・・・

ズンズンズンズン!!
グチュグチュ・・・・コリコリ・・・
グチュグチュ・・・・シュシュッ・・・

「あっ♪ はぁん♪ しゅ♪ しゅごしゅぎぃ♪」
「はぅぅん♪・・・うきゅっ♪ おまめっ♪ コリコリ♪しちゃらめぇぇ♪」
「きゃうん♪・・なっ♪ そんなに・・・クリ♪ こすちゃ♪ だ、ら、めぇぇぇ♪」

4人はとても幸せそうに絶頂への階段を登り始めた・・・・

そして・・・

パァンパァンパァン!!
コリコリコリコリコリ・・・・
シュシュッ・・・コリコリコリ・・・・

「も、もう・・・でちまうっ」
「はぁっ♪ あっ♪ あっ♪ き、きてぇぇぇ♪」
「はぅぅん♪ わ、わらひも♪ も、もう♪ きちゃいまふ〜♪」
「きゃうん♪ おりぇも♪ おりぇもぉぉ♪」

もう4人は色々な体液で身も心もドロドロになっていた。

「っく・・・ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
・・・・ギューーーッ・・・・・

ドピュルルルルルルルルルル!!

『『『っ!! はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん♪』』』

ネリーはサトルに染められて・・・
ララとリムはサクランボを摘まれて・・・

4人はほぼ同時にイッタ・・・・

・・・・・・・・・
・・・・・
・・・

「ハァハァ・・・スゴ・・・かったよ・・・三人とも・・・」
「ハァハァ・・・♪ あ、ありがとうございますぅ・・・旦那様ぁぁ♪」
「ハァハァ・・・・・///」
「ハァハァ・・・ふふ行き過ぎてもどってないのがいるよ・・・サトルっ♪」

その後、ララとリムも処女を捧げてくれた・・・

(・・・幸せだな・・・♪)

心の中でサトルは『物凄く疲れた』体とは反対に幸福をかみ締めていた・・・



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここはとある高級住宅街の一角にあるレストラン『キャットテイルス』。学生だったサトルはあの日以来メキメキと腕を上げていき、今では日本屈指の名料理店から暖簾分けして店のオーナーシェフを勤めるようになった。

その店の看板には3匹の猫の彫刻があしらわれている・・・

カランカラン・・・

『『『いらっしゃいませぇ』』』

と挨拶をするのは・・・『6人』のネコマタだった。・・・うち三人はかなり若いが・・・


興味があるなら一度行ってみてはいかがだろうか?

暖かい御飯に、暖かい雰囲気、・・・・そして・・・

『暖かい笑顔達』があるレストランへ・・・・・


fin

・・・・ちょっと猫ひろってくる!!

どうもjakryです。ねこはいい・・・癒される・・・
だが妖狐と稲荷の次だがな(`・ω・´)キリッ

感想などまってまーす・・・・(´・ω・)

11/05/03 09:55 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33