読切小説
[TOP]
少年と甲虫
「い、いやだ……来ないでよぅ……!」
 宿屋の息子、ルトラは深夜の森に入ったことを後悔していた。友達たちがカブトムシやクワガタを持っているのが羨ましくて、自分も捕まえたくて、満月が高く上る頃、虫取り網と虫カゴ、そしてランプを手に家を抜けだして森に入ったのだが……真っ暗な森の中で迷子になってしまい、出るに出られなくなった。満月の方向をアテに帰ろうにも、月は雲に隠れてしまっている。極めて良くない状況だ。さらに彼は帰ろうとする途中で転んでしまい、足をくじいてしまった。ランプの炎もそれで消えてしまう。
 涙が滲んできたところにさらに悪いことが起きた。オオカミの群れに見つかったのだ。警戒心の強い獣と言えど、相手が抵抗して来ないと見るとその距離を縮めてきた。哀れ、子どもの柔らかい肉、甘くて熱い血が飢えたオオカミの馳走になるのも時間の問題か。先頭のオオカミの開かれた口からぽたりとよだれがこぼれた。
「パパ……ママ……だれか、助けて……」
 勇者じゃなくたって、自分は男の子だ。なにがあっても泣かない……そう健気に気持ちを保っていた少年は目をギュッと閉じる。彼の目からついに涙がこぼれた。
 そのときである。
 黒い大きな影がルトラの横を風のように通り過ぎた。そしてずしりと重たげな音を立てる。
「ぎゃわん!?」
 ほぼ同時に、先頭にいたオオカミが弾き飛ばされて悲鳴を上げる。ルトラは目を見開いた。
 自分とオオカミの群れの間に何者かが割って入っていた。その者は右手に盾、左手に剣のような物を構えている。武器を持っているということからしてその者がクマなどの野生動物の類ではなく、人の姿をしているのは確かだろう。胸元には丸い果実も見える。
 突然の乱入者にオオカミは警戒をして唸り声をあげていたが、やがてその乱入者を、その奥にいる少年を狙って飛びかかった。
 だが敵わない。駆け出したオオカミに向かって彼女は左手を振る。手に持った武器によってオオカミは空中で叩き飛ばされ、地面に転がされる。切れていないところを見ると鈍器の武器らしい。
 他のオオカミも飛びかかるが結果はほとんど同じ。空中で薙ぎ払われる。一匹だけ、彼女に肉薄したオオカミがいた。そのオオカミは彼女の腕に噛み付く。だが、響いた音は肉が引きちぎれる音ではなく、固い物がぶつかり合う音だけであった。
 煩わしそうに彼女が腕を振る。情けない悲鳴をあげながらオオカミは払われてしまった。こうしてオオカミたちは乱入者に敵わないと悟り、森の闇の中へ尻尾を丸めて消えていった。
「……少年、大丈夫だった?」
 がちゃがちゃと音を立てながら彼女は振り向いた。普通にくるりと振り向かない。わざわざ足をカニのように横に移動しながら旋回する。その音、その動き……その姿。人の物ではない。がっしりとした、四足の機械にでも乗っているかのようだ。それは例えて言うならカブトムシ……
 ルトラは知らないことだが、彼の前にいるのはソルジャービートル。魔物娘の一種である。その甲殻は剣も矢も通さないと言われている、森に住む重甲騎士だ。全体的に今少年の前にいる個体と同じく無口で感情が乏しい。
「あ、あ、ああ……」
 人ならざる者の様子に少年は口をパクパクとさせるばかりだ。だが、暗かったことが逆に幸いした。ルトラはソルジャービートルの姿をはっきりとは目にしていない。ゆえに彼には、彼女を異形の者としてではなく自分を救ってくれた者、という印象が強く植え付けられた。声が女性であったのも彼の昂った精神を撫で鎮めていく。
 しばらくルトラは言葉が迷子になっていたが、やがて「ありがとう」と小さな声で言った。少年の反応を気にすることなくソルジャービートルは続けた。
「……こんな夜の森に何しに来たの……?」
「か……カブトムシを捕まえに……」
 言ってからその姿をした者にそう言うのはまずかったかとルトラは悔恨する。だがソルジャービートルは不愉快そうな表情を見せることはなかった。もともと、無表情だから分からなかっただけなのかもしれないが。
「……やり方が良くない」
「え?」
「カブトムシとかクワガタは夜になってから探すものじゃない……あらかじめ……集まりやすそうな樹に樹液とか蜜を塗っておく……そうしてから、迷わないように目印とかつけて、夜に捕まえに行く……」
 それでも、こうして教えてくれるあたり、気分を害したわけではなさそうだ。
 下半身は人ではない。しゃべり方も無感情で静かな抑揚ない。それでも会話をしてくる目の前の強い存在の女性に少しずつルトラは慣れていった。
「……君は帰った方がいい……おうちはどこ?」
「……ぼく、まいごになっちゃったからもう分からないんだ」
 ルトラはうなだれて答える。困ったようにソルジャービートルは彼を見下ろしていたが、やがて言った。
「しかたない……私の家に来る……水浴びもできる」
「みずあび?」
「……パンツ、変えた方がいい。臭い」
 女性にしてきされてようやく、少年は恐怖のあまり知らないうちに失禁していたことに気付いた。恥ずかしさに、加えてオオカミからの緊張が切れたこともあり、ルトラは大声で泣きだしてしまった。


 しばらくして、ルトラはジールと名乗った彼女の住処に連れられてきた。小洒落たログハウスであった。彼女が言っていたとおり、水浴びするためのスペースもある。もっとも、寝泊まりするためだけの家のようで、部屋は1つしかない。つまり、水浴びするための部屋も食堂も寝室もすべて同じ部屋。
 その部屋でジールは少年にズボンもパンツも脱ぐように指示していた。
「早く脱ぐ。ルトラ、臭い」
「そ、そうは言っても……」
 人の姿をしていないとは言え、ジールは女性。その女性の前で下着を脱いで性器を出すことは、ルトラ少年も躊躇われた。だがソルジャービートルは無感情に脱ぐように続ける。ルトラは恥ずかしがるばかりだ。確かに濡れたパンツは気持ち悪いし、おしっこの匂いも不快である。それでも、脱ぐのは耐えられない。
 やがて、ジールの堪忍袋の緒が切れた。
「もういい。私が脱がせる」
 きっぱりとそういい、ズシズシとルトラに迫った。ルトラは慌てて逃げようとしたが、足をくじいている上、そもそも少年が魔物娘に、まして手だれの騎士相手に逃げられるはずがない。あっという間にルトラはジールの足に拘束された。空いている手でジールは尿で汚れたズボンと下着を手早く下ろした。
「はぅう!」
 少年は股間を隠したかったが、手まで押さえつけられているのでそれが叶わない。空中でぷるぷると、発達し始めの陰茎が揺れる。ルトラが恥ずかしがっている間にジールは彼のシャツにも手をかけた。事務的に、風呂にいれるために。あっという間に彼は産まれたままの姿にされてしまう。
「やぁあ! ジールさん、はずかしいよぉ!」
「……お風呂、入る」
 ガシガシと二本の足で何とか動いて、ジールは浴槽に寄った。そのまま、ルトラの身体を沈めた。
 驚いたルトラは手足をばたつかせて暴れまわる。水が跳び、部屋のあちこちが濡れる。無表情のジールのまゆが微かに寄ったが、それでも彼女はキャンサーよろしくルトラの下肢を洗っていく。
 汚れていると言っても液体である尿で汚れただけだ。彼の身体はすぐに清潔になった。ばしゃりとジールはルトラの身体を引き上げる。足で彼を拘束したままぐるりと身体を回転させて対面させる。そして軽く鼻を寄せて鳴らした。
「すんすん……もう臭くない……」
「ちょ、ジールさん……」
 自分の大事なところに顔を寄せてくる女性にルトラは赤面する。だが、彼もまたオス。その本能は彼が理解していなくても今の状況を肯定する。若き生殖器は、女性の手で洗われたことによる刺激と女性がそこに顔を寄せていると言うヴィジョンで徐々に力を持ち始めていた。
 そして……これまで無表情を保っていた森の重騎士もまた、メスとしての、ソルジャービートルとしての本能が刺激され始めていた。尿の匂いが落ちたことを確認したその鼻は、鎌首をもたげ始めた肉棒から離れない。それどころか、本人も気づかないうちにじわじわと近づいていた。とうとう、くちびるが先端に触れるほどに。
 ルトラの生殖器はまだ剥けていない。それでも触れたことは感じられた。
「ジールさん!? なにしてるの!?」
「……!?」
 びくりと、重騎士らしからぬ、まるで叱られた幼子のようにジールは身を竦めた。だが魔物娘の本能はその程度で引込みはしない。再び彼女の顔は男のモノに寄っていく。すんすんと、鼻を鳴らしながら。
「ルトラのここ……おしっこの匂いじゃなくて……いい匂いがする……」
「やぁあ……やめてぇ……」
 もう、おもらしの匂いはないだろう。それでも生殖器に顔を寄せられて匂いを嗅がれるのはルトラでなくても、男でなくても、羞恥の極みであろう。しかしジールは止めない。それどころかさらに大胆な行動に出る。
「美味しそう……あぁっ……」
「ふわああああっ! ジールさん!?」
 ルトラの口から上ずった声がほとばしる。彼の勃起し始めた逸物は、温かなぬめりに包まれていた。口に。
 そう、ジールはルトラのペニスを咥え込んだのだ。
「んっ……ちゅっ……れるれる……甘い……れる……」
 彼女の口内で舌がくるくると回って生殖器を撫でる。その刺激にルトラのソレはますます大きくなり、痛いくらいに張り詰めた。まさに、肉の棒と言うのにふさわしいものになる。
「おっきくなってきた……もっと、舐めさせて……んっ、れる……」
「ひあああああっ! ジールさん! それ、それぇあああ!」
 ルトラの反応が大きくなる。刺激が強くなったのだ。ジールの口内で彼女の舌は器用にルトラのペニスの皮の先端を剥いたのだ。今まで皮に守られていた亀頭にナメクジのような軟体が這いまわる。それはいささか少年には刺激が強すぎた。彼女に拘束されたまま、少年は快感に身体を戦慄かせた。
 そんなルトラをジールはじっと見つめる。昆虫のようにクリクリとしたその目は表情は読めないが、じっとルトラに据えられている。今、自分を夢中にさせている物を提供してくれている少年に。
「んっ、んふぅう……」
 彼女の口から熱い吐息が漏れる。その口内ではルトラが先走り汁を漏らしていた。射精直前の体液を舌に乗せ、それを味わったジールは夢中になる。それまで舐めていただけの口唇愛撫に、吸引が加わった。鈴口から溢れ出てくる蜜を吸い出そうとするかのように。たまらないのはルトラだ。
「だ、だめ! ジールさ……すっちゃ……あああああ!」
 股間から上る快感に彼は身体をばたつかせる。だがそれを逃すまいとジールは拘束を強める。今や彼女の腕は彼の身体に回っており、がっしりとホールドをしていた。故に彼は体液を求めるソルジャービートルの口から逃れられない。
「やめてジールさん! なんか……なんかきちゃうからぁ!」
 突然、ルトラがそれまで以上に切羽詰まった悲鳴を上げた。おもらしにも似た、だがそれとは非なる、そして経験したことのない感覚が彼を襲っていた。射精が近い。
 ジールはそれを知らなかったが、魔物娘の本能がそのまま受け入れろと彼女の全身に命じていた。ジールは口唇愛撫を続ける。その結果
「うわぁああああん!」
 がくんとジールに拘束されたまま、少年は腰を突き出した。その先の肉棒の内筒を粘液が通り、ソルジャービートルの口の中に放出されていく。
 泌尿器を口に咥え、そこに体液を放出されている森の重騎士。だが彼女は口からソレを離す様子はない。それどころか喉を鳴らして口の中に出された物を飲み下していく。彼女の表情は相変わらず乏しい。しかしその夢中になって咥えたまま飲む様子は、彼女が嫌がるどころか嬉々として貪欲にその液を求めていることを示していた。
 こうして、ルトラが初めて意識した射精は、カブトムシの魔物娘によって経験させられた。
 一方、初の体験であったのはルトラだけでなかった。ジールもまた、男の精を受けたのは初めてであった。初めて味わった精は魔物娘の、メスの本能を掻き立て、「反応」を促進させる。
「あ……」
 ぽつりとジールがつぶやく。そして自分の下腹部を、甲殻の上から撫でた。射精直後の荒い息でルトラもそこを見る。何が起きたのか。
「ルトラの舐めて、精液飲んだら、濡れた」
「せーえき……」
 自分の射精を見たことがなかったルトラには何のことかは分からない。だが、これから、今の行為がエスカレートすることは、幼い心でも予感した。
 果たしてその予感は当たっていた。ジールが下腹部を二度撫でるように動かすと、そこを覆っていた甲殻があっさりと外れた。そこに隠されていた、女の秘密の場所が、甲殻と糸を繋ぎながら現れた。
 初めて見る女の性器……きれいな桃色で、蜜で濡れてぬらぬらと光っており、その蜜はさらに滴り落ちていた。そのみだらな花の光景に、少年の牡器は若さゆえに硬直を保っていたがそれがさらに張り詰める。
 ジールは強引にルトラを床に座らせた。その上に、向かい合った体勢で自分も昆虫の足を曲げて座るような体勢をとる。そしてビキビキに硬くなったペニスにジールは指を添わせた。もちろん、手でしごくためではない。調節をするため。
「待って、ジールさん! 何するの!?」
 未知への事の恐怖に少年は思わず叫ぶ。それに対し、ソルジャービートルは淡々と答えた。
「挿れる」
「えっ?」
「ルトラのちんちん、私のここに挿れる」
 腰を動かし、ジールはルトラの肉棒に自分の女陰を近づける。恐怖と自分でも分からない期待から、少年はそこから目を背けられない。
「ダメだよ、きたないよっ!」
「汚くない。さっき洗った。それに、ルトラの精液飲んだら濡れた。だから挿れる。とても自然なこと」
 ソルジャービートルは男を襲った際、カブトムシやクワガタが樹液を味わうかのように、その精液を舐める。その上でその男を伴侶とするか決めるのだ。ルトラはジールに伴侶とすべき男と判断されたのだ。そこに彼の年齢や能力、出会った時の過程などは関係ない。
「で、でも……あっ……!」
 ルトラの言葉が途切れる。剥かれた亀頭が、ジールの媚粘膜に当たっていた。たったそれだけで声を漏らしてしまうほどの快感が走る。その粘膜に自分のおちんちんが包まれたらどうなるのか……ちらりとルトラは考える。
 少年の心配を他所に女の行動は続く。少年の両肩に手を起き、昆虫の脚を曲げる。当然、先端がハメられているペニスはそのままヴァギナの中に押し進められていった。
「うわぁああああ!?」
「んっ、あ、あはぁあああ♥」
 少年の悲鳴に混じって、それまで抑揚のない声で話していた女の伸びやかな嬌声が絡まった。ルトラはそれに驚いたが、それ以上聞く余裕はない。
 自分のペニスを包んでいる柔肉は想像以上の快感であった。ジールの中は熱くどろどろに濡れていてその蜜が自分のペニスに絡まってくる。その蜜を分泌している肉壁は襞が多く、腰を進められるたびに亀頭やカリ、竿を撫でた。そしてきゅきゅっと甘く締め付けてくる。口の中のような吸引や舌の素早い愛撫はないがそれとはまた違う極上の快感。それにルトラはよがらされる。
「あう、あううう……おちんちんとけちゃうよぉお……」
 快感のあまり少年の目には涙が浮かんでいる。挿入だけでもこれだ。だがそれで終わるはずがない。
 魔物娘の本能に従い、ソルジャービートルは腰を動かし始める。カクカクと、それこそ昆虫じみた動きで、前後に腰を揺さぶる。湧き上がる快感に寡黙な森の重騎士はとろけた嬌声を上げ、腰を振り続ける。
 たまらないのはルトラ少年だ。ジールの膣内で肉棒があちこちに揺さぶられている。そのたびに柔肉が彼のペニスを撫でしごいていた。
「だめ、だめぇええ!」
 少年は少女のような声を上げる。暴力的な快楽が下肢から全身へと回り、少年の身体を無意識のうちに暴れさせる。
「逃げちゃ、だめ……」
 そんなルトラの背中にジールの腕が回る。さらに、腰には昆虫の脚の一対ががっしりと回された。これでルトラは逃げられない。それだけではない。
 ジールがルトラを抱き寄せたことにより、身体が密着する面積も増えた。下腹部と下腹部、お腹とお腹、そして……ルトラの顔はジールの胸に押し当てられていた。そこは昆虫の装甲に覆われておらず、装甲とは真逆で柔らかであった。むにゅりとルトラの頬がジールの胸に埋もれる。
 未知の快感に対しての恐怖はまだあったが、その女性ならではの、母性を思わせる柔らかさは少年の心に安らぎを与えた。恐怖にひきつっていたルトラの顔が少し和らぐ。ルトラの方からも顔を押し当て、その柔らかさを堪能した。
 ルトラの行動に、ジールの方も盛り上がったようだ。彼女の顔が快感で緩んでいる。胸に顔をうずめているルトラは見ていないし、それを見抜くにはもう少し彼女と時と身体を重ねる必要があるだろうが。他に彼女の今の状況を見抜くとしたら、腰の動きと、秘花から溢れる蜜の量か。
「あっ、はっ、はぁ……♥ ルトラ……気持ちいっ……ルトラ……♥」
 相手を追い込んで精液を下の口で受けるべく、そして自分を絶頂に追い込むべく、ジールの腰の動きは激しさを増す。彼女が腰を動かすたびに愛液があふれ、ぐちゅぐちゅと音を立てた。
 しかしその動きは少々、少年には激しすぎたようだ。
「ジールさ……も、だめっ……! でちゃう! またおもらししちゃうよぉお!」
 先ほど味わった腰の疼きを感じ、少年は叫ぶ。このままだと泌尿器から出る得体のしれない液体を、今度は自分を助けてくれた女性の体内に出してしまう。それだけは避けようと少年は胸の柔らかさを名残惜しみつつも、女の身体を退けようとした。だが相手は森の重騎士。その程度の力でかなうはずがない。
「いやっ……そのままでいてっ♥ 私もイク……イクから……♥」
 うわ言のように言いながらジールは少年を抱え直した。自分の子宮口をこつこつと、少年の亀頭に何度もぶつける。
 その刺激に先に我慢できなくなったのは、意外にもジールの方であった。ぎゅっとより強く少年を抱きしめ、ソルジャービートルは仰け反る。
「ひぐっ♥ あ、あああああ♥」
「な、なにっ!? しまって……うわあああああ!」
 文字通り搾り出そうとするような締め付けであった。ジールのアクメに道連れにされるように、少年は達した。どくどくと、先ほどとは比べ物にならないくらいの量の体液が、ジールの中へと注がれていく。体内に流れ込んでくるその甘露を、ジールは恍惚とした表情で受け止めるのであった。

 翌日早朝、ルトラは村に帰った。時間としては両親が起きだして子どもがいないことに気付いて慌て始めたころ。子どもが元気に帰ってきて喜んだ両親であったが、夜中に抜けだし、そしてとんでもないおみやげを持ち帰ったルトラをこっぴどく叱った。そう、ルトラは手ぶらではなかった。かと言って虫カゴの中にカブトムシやクワガタを入れた訳ではない。ジールと共に帰ったのだ。
 空が白み始めたころ、ジールは情事と夜遅くまで起きていて疲れていたルトラ少年を起こし、村まで連れて行ったのだが、精液を味わい夫と認めて身体まで重ねたソルジャービートルがそのままハイサヨナラと別れるはずがない。それゆえ、ジールはルトラの家までついていった。
 年端もいかぬ、ようやく身体が大人になりかけた少年に女ができたことに両親は大いに戸惑ったが、それでも命の恩人だ。幸いこの村は親魔物領内。魔物娘と結婚している男も見かける。ルトラの両親は森の重騎士を息子の嫁として共に暮らすことにしたのであった……




「こうしてカブトムシなんかよりはるかに凄いのを捕まえてきた少年は一躍村の少年たちの話題となった」
「ほうほう」
「だがまあ、もうカブトムシとかクワガタを捕まえに行くことはなくなったな。夜はジールに求められるからな」
「ほうほう」
「そのルトラがこの俺だ!」
「ふざけんなオヤジ! ただのノロケかよ!」
 まったく……宿屋の主人が退屈しのぎにちょっとした話をしてくれと言ってみたらコレかよ。苦笑いしながら私は彼にミードのおかわりを注文した。
 その時であった。どしどしと重たい音がして、奥から女性が姿を現した。カウンターで姿は全ては見えないが、目は黒曜石だけで作られたかのような黒色のみをしており、頭からは一本角、そして今の音からして彼女が件のソルジャービートル、ジールだろう。
「おう、ジール! 今ちょうど、君との出会いをお客さんに話していたところだ」
 あのころの怯えなどはどこにいったのか、振り向いたルトラは陽気にジールに話しかける。一方のジールはどうもそのころから様子は変わっていないようだ。こくんと小さく頷いただけで表情は変わらない。
「懐かしい話……あの頃のルトラは可愛かった」
「なんだよ、もう可愛くないってのかよ」
 口を尖らせてみせるルトラにじーるは何も言わない。代わりにカウンターから出てきてルトラに身を寄せる。ルトラがいいオジサンの歳になっても、彼女にとって彼が善き伴侶であることは、傍から見ても分かった。
「お、おいジール。俺はまだ仕事があるんだが……」
「……」
「そ、そんな切なそうな顔しないでくれよ」
 ルトラに身を寄せて彼を見上げているジール。その表情は相変わらず乏しく、彼の言う「切なそうな顔」と言うのは私には分からない。が、彼女が何を求めているかは分かった。
 邪魔してはいけないだろう。私はミードのおかわりを飲み干し、料金をテーブルに置いて私は食堂から出て、宿の部屋に戻ることにした。


15/08/17 20:47更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
どうも、ご無沙汰しております、沈黙の天使です。
ここ最近忙しくて、コボルト、ショゴスが公開されていましたが、何もできませんでした、ちーん……7/21も何もできなかったしなぁ……

そんな訳で久しぶりに書いた小説ですがいかがだったでしょうか?(久しぶりすぎてジャンルやカテゴリの設定を忘れていたのだぜ)
ちょっと集中力とかも落ちたのでいろいろ大変ではありましたが……お口にあえば幸いです。

また書く機会があったら書きますので忘れないでくださると幸いです。今後共どうぞよろしくお願いします。それではまた。

それにしても暑いな……

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33