読切小説
[TOP]
狂愛
「んん・・・んん・・・」

口、両腕、両足を縛られ動けずにいる。
ここはどこだろうと辺りを見渡すと誰かの部屋という事だけはわかる。
誰がこんなことを?何のために?と理解できずにいる 光 紅一(ひかり こういち)。

「んん・・・んん」

なんとか、ここを出なければ・・・と体を動かして縛っている縄をほどこうとする。
だがガチガチに縛られており解こうにも解けずにいる。
するとガチャリっと扉が開き何者かが入ってくる。

「あぁ・・・ご主人様♪お目覚めになられたのですね」

入って来たのはメイド服を着た1人の "キキーモラ" だった。
だが紅一からすれば、全くと言っていいほど接点がないが彼女の名くらいは知っていた。
彼女は狼 深鳥(おおかみ みどり)。
紅一が知っている範囲では "容姿端麗" で紅一の周りでは憧れの存在だ。

「うふふ、ここがどこかわかりませんよね?ここは私の家でここは私の部屋です」

「んーんんー!」

「そんなこと聞いていない?早くこの縄を外せ?い・や」

まるで読唇術を使いのように自分が思ったこと当てられて驚く。
そして、ずいっと、目と目が合う位置で紅一を見つめる。
だがその瞳はドス暗い "黒" 色をしていた。

「何故こんなことをするかわかりますか?ご主人様を愛しているから、誰にも渡したくないから・・・なのに」

っぞっと、体から悪寒以上殺気未満な鳥肌がたった。
そして一気に狂気に満ちた顔になり叫ぶ

「なのになのになのに、私には声を掛けず、目もくれずほかのメス豚共とイチャイチャイチャ・・・あぁ憎い憎い憎い!!」


容姿端麗と言う言葉には似ても似つかぬ姿に驚く紅一。
まるで憎悪に心を乗っ取られたかのように叫ぶ。
これがあの、狼深鳥だなんて信じられずに少し目を逸らしてしまう。

「で〜もぉ・・・そ・れ・も・今日まで・・・」

くるりと、こちらを振り向いて口を縛っていた縄を解く。

「ぷは!お、おい・・・あ、あんたな、何が目的なんだよ?」

「開口1番がそれですかご主人様?」

「まぁそんなことどうでもいいです」と言いながら懐から "タブレット" を出して口に入れる深鳥。
そして動けないことをいいことに紅一にキスをして口に入れたタブレットを紅一に飲ませる。

「ん、んんゴク!?」

飲み込んだ事を気にせずにキスを続ける深鳥。
そしてゆっくりと唇を引く。

「こほ、こほ・・・な、何を飲ませた!?」

「安心してください "毒" ではありません」

ニタァっと身も凍るような笑顔をする深鳥。
その表情は狂気的且(か)つ恍惚に見える。

「今、ご主人様に飲ませたのは、白蛇様の魔力で作り上げた水に私の愛液と血液を混ぜ合わせて固めて作った薬です♡」

「さらっと変な物を飲ませるな!!」

なんとか吐き出させようと努力する紅一。

「無駄ですよご主人様、その薬の原料は先ほどいったように "水" つまり飲み込んだ時点で溶けてなくなります♪」

「そして効果もすぐに発揮されます」っと付け加えると同時に体の奥底から "異変" を感じた。
体が熱く、目の前にいる深鳥が愛おしく感じ始める。

「な、なん・・・何だ・・・こ、これ」

紅一の変化に気づき喜ぶ深鳥。
そしてゆっくりと両腕、両足を縛っていた縄を解いていく。

「さぁ・・・ご主人様、もうご主人様は自由です・・・家に帰るなり、好きにしてください」

「す・・・好きに、して、いい?」

ガクガクと震えながら問う紅一。
その問いに笑顔で「はい」と答える深鳥。

「・・・す、好きに、好きにしてい、いい、な、なら・・・」

自由になった瞬間、紅一はキスをする。
深く、深く・・・糸ができるくらいに。

「・・・うふふ、それでこそ私のご主人様・・・です」

「はぁはぁえっと・・・」

いきなりキスをしてみたもののなんて呼べばいいか。
どうすればいいかわからずに悩み始める紅一。

「・・・深鳥・・・とお呼び下さいご主人様」

ゆっくりと体を起こし立ち上がる深鳥。
そして・・・自分で開けた扉を閉め、鍵も掛ける。

「さぁ、今度は私の体をご存分に、ご堪能下さい♪」



メイド服を少しだけ肌蹴て、部屋にあるベッドに横になる深鳥。
それに釣られて、紅一もベッドへと行き深鳥を覆いかぶる。

「み、深鳥・・・さ、触るぞ?」

「いちいち断りを入れずとも、ご主人様は私を貪って無茶苦茶にしてくださればいいのです」

「わ、わかった」

手を伸ばし胸を触り始める。
小さいが丸みがある胸を触っていく。

「んん・・・ご主人様、もっと強く、揉んでください♡」

言われた通り、胸を強く揉み始める紅一。
だが揉んでいるうちにブラが邪魔になり。
1度胸を揉むのをやめて、ブラのホックに手を伸ばしホックを外し適当に置く。

「こ・・・これが、な、生のむ、胸・・・」

ごくと生唾を飲み丸みのある "美乳" を揉み始める。

「ああぁっ!き、気持ちいいですご主人様の手とっても気持ちいいですぅ」

胸を揉まれて喘いでいく。
そして喘ぎながら両腕を伸ばして抱きしめて、紅一と密着する。

「ご主人様・・・私の胸、どうですか?」

「や、柔らかい・・・す、すごく」

互いに互いの匂いを確認するように密着して。
匂いを貪っていく。

「はぁはぁ、いい匂いですぅこの香りぃ最高です♡」

「み、深鳥・・・深鳥いい匂いだ」

匂いとフェロモンが交わって紅一のチンポも雄々しく勃起していく。
それと同時に深鳥の秘部も濡れ始める。

「はぁはぁ、ご主人様ぁ・・・お、お情け・・・お情けをくださいまし」

ゆっくりとズボンのベルトに手を掛けてズボン脱がす。
そしてそのままトランクス越しでチンポを触っていく。

「ああ、ご主人様のおチンポ・・・雄々しく勃起してますぅ♪」

はぁはぁっと息を切らしながらチンポをさらに勃起させる。
チンポの竿から玉袋を揉んでいく。

「うぁ・・・っくぁ」

チンポの竿をシゴかれ。
玉袋揉まれ一気に射精感を煽っていく。

「み、み、深鳥・・・や、やばい・・・やばいって」

「で、出そうなんですね?ご主人様」

ゆっくりとチンポのシゴキを緩く、揉む力も弱くなって。
やがてシゴクのをやめる深鳥。

「こ、今度はご主人様が横になってください」

ゆっくりと、紅一を横にして。今度は深鳥が上になっておまんこを広げる深鳥。
するとトロぉっと愛液が垂れていく。
それを見た、紅一は生唾を飲みこみ。



そしてゆっくりと腰を下ろして紅一のチンポをおまんこに入れていく。



「ああ、ふぁぁああっ!は、入ってきてますぅ」

「っく・・・き、きつい」

チンポを奥へ奥へと入っていく。
だが深鳥が締め付けるおまんこの快感に、自らも腰を振り始める。

「ご、ご主人様ぁ・・・ああっ奥に入ってきますぅ、んぁぁご主人様ぁう、動きます、ね・・・」

「あ、うぁぁっ・・・」

ゆっくりと上下に動き腰を振っていく。
リズムよく、リズミカルに "バコバコ、バコバコ" っと部屋中に響く。

「ご主人様ぁ、私のおまんこぉき、気持ちいいですか?私はご主人様のおチンポ気持ちいいですぅ♡」

「お、俺も・・・き、気持ちいい・・・気持ちいい」

快感に身を任せるように腰の振るスピードが徐々に上がっていく深鳥。
強く、激しく、腰を振っていく。

「み、深鳥・・・そ、そろそろ・・・そろそろで、出そうだっ」

「ん、んん!うぁああっ、ご主人様ぁど、どうぞ・・・私の膣(なか)に、膣に出してくださいまし!!」

腰を振りながら紅一と密着してを抱きしめて拘束する。
まるで逃がさないように、まるで膣に出させるために。

「はぁはぁ・・・も、もう・・・もうで、出る!!!」

勢いよく、精液を射精する。
チンポが栓の代わりをしているが、それでも精液があふれ出る。

「き、き・・・き、来ましたぁぁ・・・ご主人様の、お、お情け・・・あ、熱い精液がぁ私の膣を・・・み、満たしています♡」

全部出し切って、少しずつ腰を上げて引き抜こうと・・・。
だがそれよりも前に、深鳥が紅一の両腕にどこから出したかわからない "手錠" を腕に掛け。
そしてすかさずベッドの柱に手錠を掛けて逃げられなくする。

「お、おい・・・な、なんだよ・・・これ」

腕を引っ張るが、逃げられるわけがない。
そして手錠をかけた当の本人は、恍惚にうっとりな顔をしていた。

「うふふ・・・これでご主人様は私の物・・・私だけのご主人様♪」

ゆっくりと体を起こし鞄からある物をだす。
それはまた違うタブレットだった。

「お、おいま、また俺に?」

紅一は恐怖した、また薬を盛られるのか?と思ったからだ。

「ご安心くださいご主人様これは私が飲む薬です」

薬を口に入れてそのまま飲み込む。

「・・・うふふ、さぁご主人様・・・」

紅一は深鳥が口にした薬を見て絶句する。
その薬はテンタクルの粘液から抽出し作ったと噂されて人気のある "排卵促進剤" なのだから。

「私を・・・」

孕・ま・せ・て・く・だ・さ・い♡
15/08/24 00:30更新 / シャルロット♂

■作者メッセージ
気付けば、8月の下旬・・・あはは

皆さんこんにちはシャルロット♂です
最近「もうダメかもしれない」と思う事が多々あります
まぁ1つ1つ言うと完全な愚痴になるので伏せますが、とにかく精神状態が異常という事だけは確かでしょうねw
こんな私ではありますが、今後ともよろしくお願いしますw
ではまた次回・・・って次で20作品目だわww

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33