読切小説
[TOP]
Wash Out
ざざーん、ざざーん……
「はぁ、はぁ……」
 さざなみの音が響く中、勇者フランツは荒い息をついていた。両手剣を持っているがその切っ先は砂浜に落ちており、彼が疲れ始めているのを見せていた。
 彼に相対している相手は一人の女性だった。赤みがかった髪をツインテールにしている。つやつやしている肌は少し日焼けをしており、陽の光を受けて輝いていた。服は薄ピンク色の衣を羽織っている。髪型や大きな目から幼い印象を受けるが、胸元では大きな膨らみが羽織っている服を押し上げていた。
 そこまでは極普通の女性と言えよう。だが下半身は異形の代物であった。赤くて硬そうな甲殻、それに覆われた五対の脚。彼女の腰周りは白い甲殻に覆われており、内側はブラシのような物が備わっている。その横ではオニキスのような目玉がフランツを見据えていた。そして何より特徴的なのは、女性の上半身ほどもありそうな巨大なハサミだ。そう、彼女の下半身は、まさしくカニ。
『噂には聞いていたが……キャンサーがここまで強いとは……』
 キャンサーとは見た目通り、カニの魔物娘である。その甲殻は極めて硬く、ハサミも強力で挟まれると逃げられないらしい。
 フランツは自分の国、イルトスト王国の王にこの砂浜に住み着いたキャンサーの討伐を頼まれてここに来た。なんでもここに造船所を造りたいらしい。追い払うくらいは簡単だろうと思い、他の任務から帰還したばかりであったがフランツは頼みを受けた。だが少々甘かったようだ。フランツの両手剣の攻撃は全て硬い甲殻に弾かれてしまう。人間の部分を狙おうかとしても爪でガードされてしまう。厄介な敵に出会ってしまったとフランツは腹の中で舌打ちした。
「……」
 無言でキャンサーはカチカチと爪を打ち鳴らしている。威嚇の仕草だ。追い払おうとして剣を振り回したのだ。無理もないだろう。
「なあ……もう止めないか?」
 なんとかしてこれ以上の戦闘を回避しようとフランツはキャンサーに声をかけてみる。キャンサーは爪を打ち鳴らすのを止めない。
「俺はまだ魔法攻撃を残している。別にお前を殺しても構わないんだが……お前がこの砂浜から去りさえすれば俺は教団の思想とかどうだとかなんでもいい。引いてくれないか?」
 キャンサーは首を横に振った。
「……いきなり喧嘩をしかけてきて、それはない。それに……私一人が退いても、私の他に仲間がたくさんいる……」
「くっ……」
 やはり逃げてくれないか……しかも仲間がいるとは。フランツは歯噛みする。
「ならば仕方がない。くらえ……!」
 フランツは右手を振り上げた。その手のひらに光が収束する。光はあっという間に一抱えほどの大きさとなった。その光の玉をフランツはキャンサーに投げつける。これで怪我でもすれば相手も退いてくれる。そう思った。いや、そうでないとフランツが困る。
 しかし、その困る事態が起きてしまった。光の玉はあっさりとキャンサーの爪によってまっすぐフランツの方へ跳ね返されたのだ。
「ぐわぁあああっ!?」
 光の玉が直撃し、フランツは跳ね飛ばされた。そのまま二回転ほど浜辺を転がり、突っ伏す。倒れたフランツにキャンサーがゆっくりとにじり寄った。
「……危ない魔法ね。でもその魔法を、警告してから使うなんて……あなた、意外と優しい?」
「う、うるせぇ……」
 剣を杖にしながらフランツは立ち上がった。甲殻が硬くて物理攻撃が通らないなら魔法で……その考えが浅はか過ぎたようだ。
立ち上がるフランツをキャンサーはじっと見る。いつの間にか彼女は威嚇をやめていた。そしてぽつんとつぶやく。
「ルックスもいいし、強そうだし……いいかも」
 まずいとフランツは思った。どうやら自分はこのキャンサーに気に入られてしまったらしい。とすると、逃げても追いかけられる可能性が極めて高い。疲労と今の魔法のダメージで逃げ足も鈍っているだろう。とすると、逃げ切れる保証は全くない。
『とするとコイツに接近戦を挑んで、顔面を殴ったりしてひるませたり気絶させたりする他ない……』
 それも上手く行くかどうかは怪しいが、他に手はない。ゆっくりと息を吐きながらフランツは剣を構えた。
 かち、かち……再びキャンサーが爪を鳴らし始める。しかしその音は先ほどの威嚇と比べるとどこか軽い。その音に合わせるようにしてキャンサーが小刻みに身体をゆすり始めた。先ほどと構えが違う……だが警戒したところで道は開かない。
「うおおおおお……!」
 両手剣を振りかぶり、フランツはキャンサーに襲いかかる。そして剣を振り下ろした。今までハサミで弾いて防いでいたキャンサーだったが、ここで横に体を開くようにして避けた。まるで舞踏のような動きだった。ハサミのリズムに合わせて舞われる踊り。
「はあああっ!」
 縦に振り下ろした剣を今度は横に振り抜く。それもキャンサーはステップして躱した。剣は彼女の腰から宙に浮かび上がるあぶくを数個壊しただけに終わる。泡が弾けてフローラルな香りが浜辺にただよった。
「まだまだ、ぜやあああああっ!」
「……」
 身体を揺すってキャンサーはフランツの刃を躱す。その身体の揺すりがだんだん大きくなっている気がフランツはした。踊りに熱が入ったかのように、彼女の動きは激しくなり、腰から沸き上がる泡も多くなっていく。上下に揺らされていただけの彼女の身体は今や前後左右にもくねらされていた。その動きは魔物娘らしくどこか艶かしい。
 これ以上彼女のペースに合わせていると勝てなくなりそうだ。フランツは勝負を急ぐことにした。
「はっ、ぜやああああ!」
 フェイント攻撃を仕掛けてみる。軽く右上へと斬り上げて見せてから素早く踏み込んで今度は斬り下ろす。かかった。身体は相変わらず揺らしているが、片方のハサミでフランツの刃を受け止めた。これで拳撃の間合いだ。
「でやああああ!」
 左手を剣から離して握りしめ、彼女の顎を狙って撃ち抜こうとする。
『彼女の顎にはこのまま振りきれば当た……』
 当たるはずだった。しかし当たらなかった。キャンサーが身体を反らせて避けたのもあったが、もっと大きな要因があった。フランツのアッパーは途中で鈍り、失速していた上に軸もぶれたのだ。
『くそっ、俺としたことが……!』
 空振りしたアッパーを天へと振り抜きながらフランツは自分に毒づく。アッパーを失敗した理由は彼も分かっていた。キャンサーの間近に寄って彼女の顔を見た。その彼女の顔を傷つけるのを無意識にためらってしまったのだ。
 ばきん!
 左手で掴んでいたフランツの剣をキャンサーはハサミで砕いた。恐るべき怪力だ。そしてもう一方のハサミでキャンサーはフランツの身体を挟む。そのままキャンサーはフランツの身体を持ち上げた。噂に聞いていた通りの力だ。
「捕まえた」
 フランツを持ち上げながらぽつんとキャンサーは言う。表情は相変わらず無く、声も抑揚がない。しかしその脚は嬉しそうに砂浜でタップを刻んでいる。獲物を捕らえた魔物娘が、喜ばないはずがない。
一方、挟まれているフランツは身動きしない。このハサミに挟まれたらもう逃げられないと分かっていたから無駄な抵抗をしないと言うのもあった。だが、それとは別に抵抗をする気力を削がれていたという理由の方が大きい。
『見れば見るほど、意外とかわいいな……じゃなくて、それじゃダメだ! ……でも、かわいいな……』
 頭を振ってみても目の前の女から目が離せない。整った顔立ち、少し潤んでいる大きな目、かすかに開かれて中から覗くピンク色の可憐な舌……そこから目を逸そうとすると、いきおい胸の谷間に目が言ってしまう。目を閉じても脳裏に先ほどの彼女の踊りが沸き起こって振り払えない。
「ねえ……名前、教えて……」
「フ、フランツ・ヴィトリーニ……」
 無意識のうちに応えてしまってからフランツはハッとする。なぜこのように馬鹿正直に応えてしまったのか。なぜさっきからこのキャンサーの女性の姿を魅力的に思うのか。なぜ彼女の踊りが脳裏に灼きついているのか。考えられるのはひとつ。その踊りと踊りの最中に発せられた泡には、チャームの効果があったのだ。もうすでにフランツの心はこのキャンサーに魅了されていた。
『あー……でもいいんじゃないかな。この娘、やっぱり可愛いし……勇者止めてこいつと一緒に過ごすのも……悪くないのかもなぁ……』
 目の前にいるキャンサーを見ているとそんな気分になってくる。もともと教団の教えに疑問を持っていてどうでもいいと思っていたことも、その気分を後押しした。
 フランツの名前を聞いたキャンサーは頷き、自分はクララだと名乗った。
「ところでフランツ……」
 ぽつんとクララが口を聞いた。その声はキャンサーらしからぬ、困惑した物がどこか混じっていた。クララは続ける。
「最後にお風呂に入ったの、いつ?」
 顔から火が出るかと思った。臭いと言う自覚はあった。王都を出てからこの浜辺まで、村によったりせずあまり休まずにこの浜辺まで来たのだ。かかった日数は二日間ほど。その間、もちろん風呂など入っていない。臭うのは仕方がないと言える。しかしそれを異性に指摘されるのは極めて恥ずかしかった。
 そんなに勇者っていうのは忙しいのかとクララは尋ねる。フランツは頷いた。
「かわいそう……それならまずは、身体を洗ってあげる」
 クララはフランツの鎧に爪をかける。そしてまるでオレンジの皮でも剥くかのように、たやすく剥いだり切ったりし始めた。あまりにも容易に防具を壊して脱がせようとするため、フランツはわずかに戦慄した。このキャンサーが本気を出せば、自分の身体を真っ二つに折ったり切ったりすることなど朝飯前だろう。しかし魅了されている彼は、実際にはそんなことはしないだろうとも思っていた。剥かれることに対する羞恥心で身体を動かしたりこそするものの、恐怖で逃げようとする様子は露ほども見せない。
 あっという間にフランツは生まれたままの姿にされた。そっとフランツは砂浜の上に横たえられる。キャンサーも服を脱ぎ、全裸になった。ぷるぷると揺れる胸にフランツの目は吸い寄せられる。
「綺麗に……してあげる……」
 ぱかっと、カニの下顎の部分が開いた。とうぜん、彼女の秘密の陰りの部分も露出する。胸以上に官能的な場所にフランツの目がそちらに移った。だがそこはぶくぶくと大量に出てきた泡で見えなくなってしまった。
 下顎から出た泡はあっという間にフランツの半身を覆った。顎から出る泡やフランツの身体にかかっている泡を使って、クララはフランツの身体を洗い始める。柔らかな手を使って胸、肩、腕をこすっていく。汗と垢にまみれていた肌が清められている感覚がフランツにも分かった。身体を弛緩させ、クララによる体洗いのサービスに身を任せる。クララの垢擦りは続き、少し身体を浮かせて背中を擦り、腹を擦り、脚を擦った。
「あああ……」
 汗と垢と一緒に、他のことも一緒に流されているような気がした。今回ここに来た目的、勇者としての責務、魔物娘への抵抗感……全てが流され、このキャンサーと共に過ごすことのみに染められていく。その証拠に……フランツのペニスに血が滾り始めていた。今、自分の身体を洗っている軟らかい手が自分のペニスを擦り立てたら……その事実と感触を想像したら、興奮が止まらない。
「ここは……一苦労しそう」
 ぽつんとクララがつぶやく。彼女の言う"ここ"とはもちろんペニスのことである。たしかにそうだろう。そこは泌尿器。セクシャルな箇所ではあるが尿も排泄する場所でもあり、匂いがたまりやすい。そして風呂に入れていなかったフランツは、恥垢も溜まっていた。
 彼女の手によって洗ってもらえないのか、そう思うと少し残念だ。だが、それ以上のことが彼には待ち受けていた。
「まずは……こっちであらかた落とす」
 そう言って彼女は下顎を動かして変形させた。前に倒されるように開かれていた下顎が、左右に開くような形に変わる。下顎にはブラシのような毛がびっしりと生えており、彼女が吐き出す泡をたっぷりと含んでいた。驚いて目を丸くするフランツの前で、その下顎が彼の下腹部に近づき、閉じる。フランツの肉剣も当然、下顎に挟まれた。
「うあ、あ、あああ……!」
 思わずフランツは声をあげていた。下顎の中で、毛が動き始めていた。ワシャワシャとブラシがペニスを先端から根本まで、カリ首や裏筋までしごき立てる。ブラシはやや硬めだが、泡が痛みどころか心地良い摩擦感を提供していた。
「あ、がっ……! 先っぽまで……うくううう!」
 敏感な亀頭をブラシで擦られる感触にフランツは逃げるかのように身体を攀じる。しかしハサミほどではないものの下顎の拘束も強力だった。逃げることは能わず、フランツのペニスはブラシにて洗浄され続ける。無慈悲なまでの擦り洗いに、フランツの身体に限界があっという間に迫る。
「大丈夫……そのまま、出しても……」
 クララの声は相変わらず無表情。しかし、射精を望んでいることは下顎による攻めがさらに激しくなったことから明らかだった。ただでさえ絶頂が近かったのに、さらに激しくなって耐えられるはずがない。フランツの身体がびくびくと跳ねた。下顎に納められているペニスの先端からドクドクと精液が放たれる。溢れでた白濁液はクララの泡と混じり、じゅるじゅると下顎から漏れてフランツの下腹部を汚す。せっかく洗っているのに汚すのは本末転倒とばかりに、クララはすかさずその精液を指で掬った。そのまま自分の口の中に運んでしまう。
「お、おい……そんなもの舐めるなんて……汚いぞ……」
「ん、んちゅ……大丈夫、汚くない。おいしい……」
 そう応えるクララの顔は少し緩んでいるようにフランツには見えた。
 かぱっと下顎が開かれ、フランツの肉棒が解放される。だが本当に解放されたのではない。これはただ、大雑把に汚れを落としただけだ。これから本洗浄が始まる。四肢体幹を洗った時と同じように、泡をまぶされた手がフランツの肉棒に近づく。そのままクララはフランツのペニスを握りこんだ。そしてその手が、いやらしく上下に動き始める。
「あ、あ……!」
 肉棒を中心にぶくぶくと泡立ち、下腹部全体が温かい泡に包まれてしまう。その泡立ちの中にクララはもう一方の手、左手を突っ込んだ。泡まみれで見えていないはずだが彼女の手は的確にペニスの先端を捉えていた。フランツのペニスの先端が泡にまみれた指で揉みしだくかのようにぎゅっと摘まれる。
 ぬるぬるした泡で竿を扱かれ、亀頭を攻められる感覚はこれまでに味わったことのない快感であった。
「あ、ちょ、そんなに激しく……!」
 少し手を緩めてもらおうとフランツは股間に手を延そうとした。だがその手はハサミによって押さえつけられてしまった。こうしてフランツは抵抗することも許されず、竿と亀頭の同時攻めを受け続ける。右手でぬちゅぬちゅとしごきぬかれ、ぬるぬると先端を這い回られる。
 いや、それだけではない。クララは右手をひねるかのような動きを加えてきたのだ。手洗いで手首も一緒に洗うときの、あの動き。あれが棒に、カリ首に施される。こんな動きは禁忌を破ってやった自慰ですらしたことがない。
「うあ、あ……! それ、気持ちい……うああああ」
 あられもなく勇者は嬌声をあげる。先ほど下顎で出したばかりだというのに再び射精感が彼の身に迫っていた。
「ダメ……だ……また、で……」
 びくびくとフランツの身体が震えて硬直し始める。クララの手の動きがまた変わった。左手の手のひらが亀頭に押し当てられ、練り転がすかのように動かされる。そして右手はラストスパートとばかりに激しくしごかれた。フランツの嬌声に混じって、泡を潤滑油としてペニスとクララの手がこすれあう音が響く。そして
「う、ううううう!」
 フランツが腰を突き上げた。また射精したのだ。どくどくと放たれた精液はクララの左手が受け止める。しかしフランツの身体だけに任せていない。射精の最中もクララはペニスを握りこみ、根本から先っぽへと搾るかのように動かして扱く。絶頂は男も敏感となっており、その刺激は強烈すぎる。フランツは身体を戦慄かせるがそれでもクララは離さない。その射精の最後の一滴が出切るまで。それを確認してから、ようやくクララは手を離した。
「あう、うぅうう……」
 二度の射精でフランツはぐったりと身体を弛緩させる。心地よい疲労感に彼は包まれていた。こんな快感、人生で味わったことがない。これを知らなかった今までをものすごく損した気分だった。この快感を与えてくれる目の前のキャンサーに……いや、女にフランツは身も心も完全に掌握されていた。そして、彼はぼんやりと考える。この快感を彼女と共有はできないのだろうかと。
 一方、彼女も穏やかではなかった。左手のひらに出された精液を彼女は夢中で、犬のように舌を出してべろべろと舐めていた。そして右手は自分の股間に伸ばされている。そこは泡と同じようにぬめっており、ぐちゅぐちゅと音を立てていた。だがそのぬめりは泡ではない。発情した女の身体から出る淫汁であった。
「ん、ん、んんん……!」
 自らが与える快感にクララは嬌声を与える。少し前までは無表情だった彼女の顔は今や快感でとろけている。目はそっと閉じられ、眉尻は快感で下がり、頬は紅潮していた。そのような顔で彼女は股間をいじり続ける。泡でフランツの目からは見えなかったが、親指でクリトリスを転がしながら、人差し指と中指で陰唇を押し広げ、むき出しになった膣口を中指でぬるぬると攻めていた。この複雑な動きをしているのは、彼女が一人で慰めていることも多かったことを示していた。
 淫らな一人遊びをしてよがっているクララを見ていると、二度の射精を経て力を失いかけているフランツのペニスがまた再び起立しだした。彼女一人気持ち良くさせるのはもったいない、彼女とひとつになり、快感を共有したい。フランツの象徴がそう訴える。そしてクララも同じ気持ちだった。精液を舐め終えるともう我慢ができなかった。
「これで……綺麗になったよね……」
 そう言いながらクララは左手を砂浜につき、上体を倒していく。キャンサーのヒトの部分とカニの部分との関節は交わりに都合のいいようにちゃんと動く。フランツの脚にクララのカニの身体が、上半身をヒトの身体が覆い被さった。そしてちょうど二人の性器は、先端と入り口が密着している。クララは右手をペニスに添えた。先端をぬるぬると自分の秘裂に擦り付け、位置を調節する。敏感な亀頭が女性器に擦れる快感にフランツは身体を細かく震わせた。あまりの快感に、完全にクララに身を任せていた。
 入り口を探り当てたところでクララは腰を押し進めた。ずぶずぶとフランツのペニスがクララのヴァギナの中へと迎え入れられていく。
「あ、ああああ!」
「クラ、ラ……あああっ!」
 さざなみに二人の嬌声が混じる。キャンサーの討伐に派遣された勇者とそのキャンサーが今、生まれたままの姿で一つに結ばれた。産まれて初めてのセックスの快感に、勇者もキャンサーも顔をだらしなく緩ませる。
 クララが腰を振る。先ほど丁寧にフランツのペニスを洗った手つきとは裏腹に、その腰使いは大胆で激しい物だった。まるで叩きつけるかのようだ。実際に、クララの下腹部とフランツの下腹部に溢れかえっている泡がぶじゅぶじゅと下品で淫らな破裂音を立てるくらいに激しい。
「ンンンっ! いいっ! 中、ごしゅごしゅされて……いいっ、いいのぉお! はぁああん!」
 戦っている時や身体を洗浄している時のクールさはどこへやら、クララはツインテールを振り乱して喘いだ。グラインドするたびに彼女は嬌声を上げ、そしてその腰使いはさらに激しく、淫らな物になっていく。
 フランツの方は息を詰めてあまり声を上げない。声を出すと我慢できずに射精してしまいそうだからだ。クララの膣内は先程の二回の洗浄を複合したかのような心地よさだった。軟らかくてぬめった柔肉が竿をにゅるにゅると撫で、硬い子宮口がこりこりと亀頭に擦り付けられている。圧迫感は手の方があるかもしれないが、きゅきゅっとクララが味わっている快感に同調するかのように閉まる膣肉は極上の感触であった。彼女の腰振りでもみくちゃにされるのはブラシで擦られるのと似たような快感だ。
 だが、手での洗浄にも下顎のブラシによる洗浄にもない物がフランツを夢中にさせた。それは膣内の温かさ。手、ブラシ、膣……どれも快感では甲乙はつけがたいのだが、この温かさだけは生挿入ははるかに勝っていた。
「ぐ、う……クララ、気持ち、いいよ……」
「私も、気持ち、い……フランツ……! あっ、あっ!!」
 クララの声が昂ってきた。女の体にもオーガズムがあることを、教団の国出身のフランツは知らない。だがオスとしての本能と直感がそれを理解させた。そしてそこに導くのが女に対してする男の仕事の一つであることも。
 快感で反射的なところもあったが、フランツは下から腰を突き上げた。
「ひゃんっ!?」
 感情表現に乏しくクールだった彼女の口から子犬のように可愛らしい声があがった。その声をもっと聞きたくてフランツは何度も腰を突き上げる。
「あああああああ、だめ、だめ、だめぇ……! そんなにされたらイッちゃうからぁああ!」
 そう言いながらもクララも腰の動きは止めない。抜けたりしないように彼女は腰の動きを上下から左右に変えた。正確に言えば、カニ脚を使って身体ごと左右に動かしている。
「ぬ、あ、ああああ……!」
「うぅふううううう!」
 クララは蜜壺を肉棒で撹拌される快感に、フランツは亀頭やカリ首や竿の全周を撫で回される快感に、互いにしがみつきながら声を上げた。ぬるぬるとした泡が二人の密着度をより感じさせる。
 そしてついに、二人の身体にクライマックスが訪れた。先に達したのはクララの方だった。
「くぅううううう!」
 ガクンと彼女の首が反り、身体が固まる。だが動かない身体とは逆に、フランツを咥えこんでいる膣の方は激しい変化を見せていた。ぎゅうぎゅうと彼のペニスを締め付け、しゃぶりながら、じゅるじゅると泡状の愛液を膣壁から分泌して撫で回す。
 この刺激が引き金となり、フランツに三度目の射精が始まる。今まで体外に出されていたが、今度はフランツは牡としての本懐を遂げていた。
 肉棒が脈打ち、鈴口からマグマのように白濁液が膣内に吐き出される。絶頂で溢れ出る愛液に混じって流されること無く、精液は子宮口に浴びせられた。何度も、何度も、何度も……





「私がここから退けば、フランツの目的は達成になるんだよね?」
 事が終わってどのくらいたっただろうか。波の音を子守唄にうとうとしそうになっている中、不意にクララが尋ねた。ああ、とフランツが生返事をする。自分はキャンサーの討伐のためにここによこされたのだった。そのキャンサーに魅了され、セックスの快感に夢中になって忘れていた。
「フランツが一緒に来てくれるなら、ここから引っ越しても、いい……」
「いや、だがクララ一人がここからいなくなったって、他のキャンサーがいるから意味ないだろう」
「……嘘。私一人よ、ここには」
 クララの応えにフランツは舌を巻いた。つまりあの戦いの中、彼女は平然とブラフをやってのけたのだ。情事でない時は彼女は見事なポーカーフェイスのため、見事に騙されたようだ。
「だけどいいのか? ここはクララにとって住み慣れた所じゃないのか?」
「フランツと一緒なら、どこでも、いい……」
「……分かった。じゃあ一緒に、遠くに行こう」
 フランツは頷いた。彼の中にはもう勇者としての使命もしがらみも何もない。それらは全て、洗い流されていた。今はクララだけが全てだ。それだけがあれば何だっていい。
 しかし現実問題、ここに居続けたら元いた国の人間に命を狙われる可能性もあった。クララは別に引っ越す必然性はないが、彼はそうではない。
 二人とももう少し繋がっていたいとは思っていたが、グズグズしているわけにもいかない。立ち上がって身繕いをし、ここを去る準備を始める……




 キャンサー討伐に向かった青年勇者、フランツ・ヴィトリーニはついに帰ってこなかった。彼から連絡が途絶えて数ヶ月して、イルトスト王国は使者を派遣した。使者が件の浜辺に行ってみると、そこにあったのは無残に引き裂かれた鎧の残骸と、砕かれた剣のみがあった。フランツの姿は見つからない。だが同時に、キャンサーの姿も見つからなかった。使者は、勇者フランツはキャンサーと相打ちになったのだろうと判断し、その旨を王に伝えた。
 だが、実際は相打ちになっていない。元勇者のフランツとキャンサーのクララは、シー・ビショップの力を借り、今は深海に暮らしているのだ。そして今もまた淫らに交わっている。
14/02/01 15:17更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
ショタっ子相手に「はぁい、おちんちん綺麗にしましょうねぇ」ってキャンサーさんが泡まみれの手でペニスをしごいて、ショタが「だめぇ、おねえちゃん、何かでちゃうよぉ……ああああ!」って言いながら泡の中にどぴゅどぴゅと射精するのをやりたかったんですよ。

でもなぜかこんなSSになっちゃったよ!?
キャンサーちゃんの性格や他の要素も盛り込もうとするとこんなことに成りました。
初期案と全く違うものが出来上がり、上のセリフもできなかったのは残念ですが……でもまあ、これもこれでいいな♪
特に、あまり長くはかけませんでしたがオナニーシーンはお気に入りです(殴)

しっかし、初期案を消して全部書き直していたらこんな時間や! もう4時半やないけ……明日も朝早いのに何やってんのや、沈黙の天使。
そんなわけで深夜テンション&脳内麻薬もある状況の少々荒削りなSSかもしれませんが、エロエロに仕上げたつもりです。
お楽しみいただけたのでしたら幸いです。

さて、次は順番が前後しましたがジャバウォックSSがかけたら……
??「ところで天使。私のコスプレSSはどうなったのかしら? それに、言わなかったけどこの冬中にお風呂SSを書きたかったはずよね?」
げっ!? ルナ様!? いや、これは、その……
??「スカーレット・ストライク!」
アバーッ!? 次のSSをまでサヨナラ!(爆発四散)

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33