読切小説
[TOP]
カーニバル・オブ・グール
「ちゅぱっ、はぐっ、はぐはぐ」
 彼女はベッドの上で僕の指を惚けた表情でしゃぶる。
「んっ、おいひい」

 僕が彼女と出会ったのはつい昨日のことだ。
 学校帰り。
「すんすん」
「………………」
 電車の中、制服姿の彼女は隣で僕の匂いを嗅いでいた。
「すんすん」
「あの…………僕臭いですか?」
 ちゃんと毎日風呂は入ってるし、今日もそこまで汗はかいていないはずだ。
「すんすんすん」
「あ、あのう」
「ちょっと黙って、まだアタシが匂い嗅いでるんだから」
「あっはい」
 彼女の顔がだんだんと僕の首の辺りに近づいていく。彼女の胸元は防御が甘く、チラリと谷間が見える。
 男としてドキドキしないわけがない。
 周りからの視線が突き刺さるが、この幸福に比べればなんてことはない。
「すんすん、ぺろ」
「ひゃっ!」
 首筋を舐められる。
「うるせぇな、女みてぇな声出してんじゃねえよ」
 耳元で彼女は囁く。
「はぐっ」
「っ!」
 今度は耳たぶを噛まれる。それも強めにだ。
 電車が駅に着く。
「気に入った。お前、明日の午前十時にここに来い」
 またそう囁いて彼女は電車を降りた。彼女の笑顔が脳裏に焼き付いた。

 家に帰り鏡を見ると僕の耳たぶにはくっきりと歯形が残っていた。
 じっとその歯形を見ているとどうしても彼女の姿を思い浮かべてしまう。
 彼女の腰まであった艶のある長いベージュの髪、少しだけ見えた豊かな褐色の双球が作る谷間、そして去り際に見せた笑顔から見えた八重歯。
 心臓が高鳴る。
 息が荒くなる。
 どうしてだろう、下品な話、こんなにも勃起してしまうのは。
 僕は自分のペニスに手を伸ばすが、何を思ったか手を止めてしまった。
 こんなにも興奮していては眠れない、それはわかっているのだが何故かオナニーができない。
 その興奮は夜中ずっと鎮まることはなかった。

 翌日、休日であることが救いだった。
 僕は寝不足でふらふらする頭のまま電車に乗った。
 昨日、彼女が降りた駅につくと、
「来たな、人間」
 僕は手を引かれ彼女に導かれるまま廃墟の一室に連れ込まれた。彼女は僕の膨らんだ股間を見て言う。
「よく我慢できたな………まあ、アタシがさせないようにしてたんだけどね」
「き、君は何者なんだ!?」
「アタシはグールの蠏葉理澄(かにば りずむ)だ」
「ま、魔物娘!?」
「あんな大胆なことする人間がいてたまるかよ…それよりも」
 彼女は跪いて僕のジッパーを下げズボンを脱がす。
「さっさといただいちゃおうかな」
「お、おい!」
「大丈夫、こんなところ誰も来ないって」
「そういう問題じゃなくて」
「あんただってヤりたいくせに何言ってんのよ」
 彼女は僕のパンツも下ろした。
 すると痛いほどギンギンに固くそそり立つペニスが現れた。
 外気に触れるだけでイってしまいそうだ。
「おっきぃ……………♥」
 僕のペニスに息を吹きかけてくる。
「んんっ!」
「あははっ、イきそうなんだぁ。苦しい?楽にしてあげようか?」
「はぁ………はぁ………」
 僕はゆっくりと頷く。
「あむっ」
「あああああぁっ!」
 ビュクビュク
 咥えられたら瞬間、僕のペニスは噴火し白濁した溶岩を吐き出す。
「んんんん」
 彼女は苦しそうに呻く。口の端や鼻から精液が漏れ出す。
 ビュルル!
 排尿となんら勢いの変わらない射精を十秒ほど続けた。おそらく彼女の口の中はすでに満杯だ。
「んっ」
 彼女は勢いよく口からペニスを引き抜く。その刺激でまた少しだけ精子が飛び出る。
「んくっ…………ぁん」
 彼女は僕に口の中を見せてくる。一回飲み込んだように見えたがそれでもまだたくさん残っている。
 とてつもなく淫靡で淫猥な光景だ。僕のペニスがまたピクリと動く。
「こくっ、くちゃ、んちゅ、ぐちゅ」
 咀嚼し、じっくりと味わった後にまた喉に流し込む。
「はぁ………はぁ、すっごいたくさん。しかも濃くておいしぃ♥」
 顔についている精液を彼女は指で拭い舐める。
「やっぱりアタシの予想通り、最高だよあんたは」
「さ、最高って……」
「さて、まだまだ出してもらうからね、覚悟しときな」

 そして場面は冒頭に戻る。
 その間にも色々とされていたのだが。
「んっ、なかなか大きく、ならないね。やっぱり一晩溜めさせてたときとは違うか」
 理澄は指から口を離す。僕の指は理澄の唾液でてらてらと光っている。
「……………れろ」
「おっ、ノってきたね」
 僕は理澄の唾液を舐める。
「おいしい…………」
「そう?じゃあ………直接あげる」
 理澄が僕にキスをした。
「んちゅ、やっぱあんたの、れろれろ、全部最高、ちゅぅ、全部ぜんぶ、アタシのもの」
 キス、というにはあまりにも激しい捕食とも呼ぶべき行為だった。
 舌も頬も歯も、全て理澄に味わい尽くされる。理澄の舌が僕の口に触れる度に言いようのない快感が走る。
「んっ、わかった………」
「?」
 理澄から口を離して彼女を強く押してベッドに倒す。そして僕は彼女に覆い被さる。
「ぁん」
「僕は理澄のものになる、だから」
 僕は理澄の目を見る。
「理澄も僕のものになってくれ」
 僕は理澄のスカートの中、下着の中を弄る。
「ひぃっ!ちょっと!やめ」
 ついに彼女の入口を探し当てた。
「────────♥」
 一回、割れ目を下から上へなぞっただけで彼女は絶頂に導かれた。
「やめて!イっちゃう!死んじゃうって!」
 さっきまでの強気な態度とは打って変わって、割れ目をこする度に理澄はか弱い乙女のような悲鳴を上げる。
「あぁ!」
 僕の手は理澄のジュースで濡れていた。さっきと同じようにそれも舐める。
「理澄」
「…ひっ、やっ、口で、してあげるからぁ」
 理澄は涙を流し懇願する。だが、僕はそのまま理澄の下半身を露わにしていく。
「いや!やめて!死んじゃう!」
 僕は幾度となくイってびしょびしょの割れ目を押し広げ、一気に奥まで押し込む。
「ぃやあああああ!痛い!」
「………お前、処女だったのか?」
 さっきまであんなにも僕をリードしていたのに。
 結合部からは血が出ている。
「わ、悪かったわね、処女で」
「いや、初めてをいただけた、これほどうれしいことはないよ」
 僕は腰を動かす。
「ぃい!やぁ!」
 一突きして戻す度に彼女は悲鳴を上げる。
「痛いかい!?理澄!」
「い、痛くない!で、でもっ、裂けちゃいそうなほど!きもちいい!」
 それを聞いた僕はピストンの速度を上げる。
「ぁん♥裂けちゃう!あたまおかしくなっちゃう♥許してっ!とめて!」
 口ではこう言っているが一突きする度に理澄は体を弾ませ、絶頂する。
「あん♥いっちゃう!イっちゃう♥たすけてっ!」
「イけっ!理澄」
「ひっ、やっ、ああ!」
 僕は限界までスピードを上げる。
「いっ、あん♥あん♥やああ♥んっ」
 快楽に溺れた理澄にキスをする。
「すきっ、だいすきっ♥もっとたべていいから!」
 熱いものが出口の辺りまでこみ上げてくる。
「で、でるっ!」
「だしてっ!膣内にぃ♥あああああん♥!」
 僕は子宮と思しきところに向かって思いっきり精を吐き出した。
「はぁ………♥はぁ………♥」
 ペニスを引き抜く。割れ目から精液がこぼれる。
 理澄の体が小刻みに震えている。
 理澄は笑顔で言った。
「ご、ごちそうさまでした」
15/10/16 22:16更新 / 鯖の味噌煮

■作者メッセージ
うう…………もうちょい字数書いたつもりだったんだけどなぁ………どうしても短くなってしまいます、すみません。しかもタイトル詐欺。
今回は初めて純粋に単品を書いた気がします

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33