読切小説
[TOP]
ぬらショタ
 儂はぬらりひょん。
 妖怪の総大将(予定)じゃ。
 予定、というのは、今はまだ我が母君が現役で総大将をやっており、まだ幼い儂はその後継者でしかないということじゃの。
 実際、幼い。
 我が母君はぼいんぼいんでケツがでかくて超だいなまいとぼでーなんじゃがのぅ……儂はつるつるすっとんのろりペタずんどーぼでー。あまりにカリスマ性がない、まだ総大将の器ではないとすぐには総大将にはなれんかったのじゃ。
 なんじゃい! このぼでーの何がいけないんじゃい!
 ムキになった儂はいっそサバトに入会してこのロリペタずんどーぼでーを好む輩を探そうとも思ったんじゃが……
 落ち着いて考えるとまだそんな立場には縛られたくない──しばらくは気楽に過ごそう。

 というわけで儂は今、『ぬらりひょん』をやっておる。
 そう、家に侵入して菓子やじゅーすを嗜む。昔懐かしのぬらりひょんじゃ。
 どうもここ最近は総大将、総大将ともてはやされここらへんの業務がなっとらんようじゃ。
 ならば儂が率先してやらんとな。
「……お、ここの家、またぷりんを置いておるの」
 儂がカモ……ん゙っん゙ぅっ、懇意にしておる家が懲りずにぷりんを冷蔵庫に置いておった。儂のおやつれーだーがそれを察知しおった。
 前に食べたときは激しい家族喧嘩が起こっておったんだがのぉ……どうやら何も学んでいないようじゃ、名前すら書いとらん。
 しかも、今回は高級そうじゃ。いつものこんびにで売ってるヤツもぷるぷるであまあまですっごくおいしいのじゃが……やはり高級なのはさらにぷるぷるであまあま、そしてとろとろなのじゃ。
「はぅ……愛しのぷりん」
 儂はすぐさま家に侵入。そして冷蔵庫へ猫まっしぐら!
 しかし。
「え……ぎゃんっ!」
 儂が冷蔵庫のドアに手をかけようとした瞬間、ぐわんと視界が百八十度回る。
 そして、そのまま儂は宙吊りになってしまった。これは漫画で読んだぶーびーとらっぷというやつかの。魔術的ではあるが。

「見つけたぞ! プリン泥棒め!」
 どたどたと、キッチンに入ってきたのは儂と同じくらいの歳の童。
「……うわぁ! 女の子だ!」
 そいつは儂を見ると驚きの声を上げ、腰を抜かす。
「もしかして、この罠をはったのはお主か?」
「え? ま、まぁ、そうだけども」
「ほぉ……」
 どうやら儂が間違っていたようじゃの。何も学習していない阿呆はいないようじゃ。
 むしろ。
 聡明に、人外の者の仕業であると察しを付け罠まではってきた賢者がおるようじゃ。そうでなければ罠に儂の『自然』を封じる『魔力封じ』は組まん。
 この童。やりおるな。将来は上物の魔術師になりそうじゃの……
「ふむ、気に入った。天晴れじゃ」

「ということで、童。儂の婿になれ」

「……え? 婿?」
「そう、婿じゃ」
「……」
 お、真っ赤になっておる。
 愛いやつよのぉ……おやつを探していたらとんでもない収穫があったものじゃのぉ。
「ちゅーしてやりたいぐらいじゃ」
 そんな余裕をぶちかましておると。
 ばさり
 儂の着物が、床に落ちた。
「!?」
 これが母君のようなだいなまいとぼでーならばこうはならんかった。きっと乳房で引っかかっておった。
 しかし、儂に乳房などない。
 よってすとんと落ちるのは至極自然の道理。
「〜〜〜〜〜〜〜っ!!」
 今度は儂が真っ赤になる番じゃった。


「……」
「……」
 正座で向き合い、お互いの口は貝のように閉じておった。当たり前じゃ、儂は裸体をさらしてしまったし、童は儂の女体を目の当たりにしてしまったのじゃから。
 いくらろりペタずんどーぼでーでも。
 この童には刺激が強すぎたじゃろう。
「……」
 あぁ、愛い。儂を見やるたんびに紅くなってうつむくこの童がたまらなく愛い。
 さっさと喰らってしまいたいところじゃが……どうしても恥ずかしいんじゃよ。
 おなごとして恥ずかしい部分を全て見られてしまった……さしずめ、『もうお嫁にいけないっ』というところじゃろうか。
「ね、ねぇ」
「?」
 意外なことに、沈黙を破ったのは童のほうじゃった。
「さっきさ、ちゅーとかなんとか言ってなかった?」
「あぁ、言った」
「その、さ、僕がお婿さんになるならさ、今からちゅーとかはしちゃった方が……いいんじゃない?」
「!」
 心の臓が音を立てる。
「……ふふふ」
 儂の中で何かが切れた。
「ちゅっ」
「!」
 儂は、童に接吻をする。
 最初は軽く。
 そして。
「ちゅっ、んれろっ、んむっ」
「んっ、んっ」
 段々と舌を絡め、淫らにしていく。
「ちゅるっ、んぬっ、れろっ、ちゅぽっ……のぉ童」
 火照った欲はそれだけじゃあ冷めない、むしろ更に熱くなった気もする。
 だから儂は。
 さっさと一線を越えたくなったんじゃ。

「ちゅーの一歩先、してみる気はないかのぉ?」

「うふふ、なんとも愛いまらじゃ」
 童のまらは皮かぶりじゃった。なんとも柔くて幼き、守ってやりたくなるようなまら。
「はむっ、ちゅっ、ちゅるるっ」
「ふぁ、な、なにこれぇ」
「『ふぇらちお』、じゃよ。ちゅるる、るれろっ、じゅぅぅぅぅっ」
 濃くてしょっぱくて、言えば穢れておるのだが、この世のどんなおやつよりもこのまらは美味じゃった。
「んちゅる、ちゅっぷっ、もご、ちゅっちゅっ」
 くちゅくちゅ
 無意識に股に手が伸びておった。そして、これまた無意識に指がほとを撫でておった。
 これが、自慰、『おなにー』なんじゃの……
「ちゅるるるぷっ、ぶちゅ、ぷちゅ、んっ、はぐっ」
「うぁぁっ、か、噛まないでぇ」
「す、すまん、痛かったか?」
「ち、違う、気持ちよさすぎて」
「……はぐっ、あぐっ、むぐっ」
 本気では噛みつかない。まるで犬や猫がするように甘噛みする度に童の腰はぴくんぴくんと跳ねる。
「うぁぁっ、で、出ちゃうよぉ、おしっこでちゃうよぉ」
「いいぞ、儂の口にたくさん出せ」
「で、でも」
「はむっ、ちゅぅぅぅぅぅぅ……」
「んひぃっ、あっ、出ちゃうぅぅ!」
 びゅる
 舌の上に、生臭くて少し苦くてしょっぱい子種汁が広がる。
 やはりそれも。
 愛い。
 びゅっ、びゅっ
「ご、ごめんなさいぃ、口におしっこしちゃったぁ……」
 童は泣き出しそうな顔で言う。
 そんな童に儂は己の口の中を見せてやる。
「あれ? 白くて、ぷるぷるしてる」
「これは子種じゃよ。精子とか精液、外ではざぁめんとも言うのぉ。まぁ、要するに子供の素じゃな」
 ぐじゅぐじゅと、舌で汁をかき回し存分に味わう。
 あぁ、これが儂とこやつの愛の結晶。
 今度はこれが儂の胎を犯してれいぷするんじゃな……なんとも背徳的じゃのう。
 だが、こやつらには申し訳ないが。
 儂の胃に落ちてもらう。
 ごっくん
「ぷはぁ……さて、まだあるぞ。さっさとまらをしゃきっとさせい」
 ちゅこちゅことぬるぬるのまらを手淫し元気づける。
 だが萎えたままじゃ。
「『がんばれ♥がんばれ♥』」
 そこで儂は、巷で聞いた魔法の言葉を耳元で囁いてやる。
 するとすぐにまらは固さを取り戻した。
「ふふふ、ほとのことはわかるかのぉ? まぁわからんじゃろうな。今からする事は『せっくす』と言ってじゃな、子を作るためのとってもきもちいい儀式なんじゃよ。儂らは結婚したら、いや、結婚せずとも毎日これをするんじゃ。そしていつかは、百鬼夜行を作れるくらいの子を作ろうじゃないか」
「う、うん」
「ふふふ、頷いたの。ではこれで正式に」
 御前様は儂の婿じゃ♥

「んんんんっ! ぁぁっ」

 腰を落とし、まらをほとに突き入れる。そして奥の蜜壷をまでそれを案内してやる。
「ど、どうじゃ? 気持ちいいじゃろぉ……?」
「き、気持ちいい。すごく気持ちいい」
「じゃろ? ほれほれ」
 儂は騎乗位の姿勢で腰を揺り動かす。
 中でまらが儂をかき回す光景が頭に浮かぶ。
 童の肌色の淫棒が、儂の桃色の淫肉をぐちゃぐちゃと犯す。
「んっ、はぁ、わ、儂も気持ちよくなってきたぞぉ……」
 頭が、とろけてしまいそうじゃ♥
「もう我慢できん。これから激しくなるから気をやるでないぞ」
「え……うひゃうっ!」
 ぱんっ ぱんっ
 腰を浮かし、そして一気に落とす。
 ごりごりとまらが儂を突き刺し、殺そうとしてくる。胎を突き破ろうと、子の宮の入り口に接吻を繰り返している。
 あぁ、このまま死ぬのもまた一興ぞ♥
「はぁ、あぅ、気持ちいい、気持ちいい、こんなの、初めて、じゃ」
 愛液が、腰をおろす度に滴り落ち、飛び散る。きっと辺りは牡牝の淫臭が混じって獣くさいはずじゃ。
「はぁ、はぁ、また、子種? 出ちゃいそうだよぉ」
「そろそろ儂も果てそうじゃ、たぁーっぷり、奥に注いでおくれ」
 まずは一人目じゃな♥
「あっ、あっ、んぁぁぁぁぁぁっ!」
「あぅぅぅぅっ」

 びゅるるるるるるるっ

 胎の中に、子種汁が溜まっていく。
 あぁ、温かい。
「はぁ、はぁ、はぁ、礼を言うぞ、我が婿様」
 少し動く度に胎がたぽたぽ言う。これはもう着床確定じゃな♥
「これから毎夜毎夜、お互い気持ちよくなろうな」
 接吻。また童のまらが固くなる。
「……今宵はもう少しいけそうじゃの」


 もう総大将なんてどうでもいい。
 ただ儂の隣にこやつが。
 こやつの隣に儂がいれば。
 それでいいんじゃよ。
17/05/31 18:32更新 / 鯖の味噌煮

■作者メッセージ
ロリショタ最高

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33