読切小説
[TOP]
私は人間をやめた
悪魔や天使というのは・・・実在するのだろうか。
よくファンタジー世界を解説をする本はあるが実際は "実在" しない。
少なくとも古井 樹輝(ふるい いつき)は実在しないものに飽き飽きしていた。

「先輩、もうやめましょうよ」

1人黙々と悪魔の召喚の準備をする1人の女生徒。
彼女は志堂 紫(しどう ゆかり)は樹輝が所属する非公式の部活 "現代魔術研究部" の部長。
しかし部員は紫と樹輝の2人だけの部でもある。

「やめる?無理な相談だ、私は悪魔を召喚する」

「だったら1人でやってくださいよ俺、もう帰ってもいいですよね?」

「ほほう、君は私を置いて帰るというのか?」

笑顔でこちらを見上げる先輩。
その笑顔には威圧があり樹輝は溜息を吐いて諦める。

「ふふふ心配するな、もうすぐ終わる」

「これでよし」というと部室の床に "魔法陣" のようなものから2歩ほど下がる。
そして窓のカーテンを閉めて部室を暗くする。

「よし古井、蝋燭に火をつけろ」

「はいはい」

やや不満に蝋燭に火を点ける。
すると部室に蝋燭の火の灯りだけになる。

「準備はできた、始めるぞ」

樹輝は「はぁ」っと溜息を吐く。
何故ならこれで3回目の挑戦だからだ。
1回目も2回目も何も起きず "失敗" したから。
そして3度目の正直のようにポケットからナイフを出して、一刺し指を少し切って "血液" を垂れ流す。

「・・・よし」

魔法陣が紫の "血液" に染まる。
すると部室に異様な空気が部室を包み込む。

「血と供物を奉げる」

突然部室を包つむ異様な空気がピリピリとしびれ。
このピリピリとした空気の中「ごく」と樹輝は自身の唾を飲み込んでしまう。

「こ、これは・・・ひょ、ひょっとして」

もしかして本当に召喚できるのかと思ってしまう樹輝。

「我が声、我が血を持って汝を呼ばん」

空気が痺れがますと同時に魔法陣も少しずつ光始める。
そしてその光が大きくなり光がより眩しくなる。

「悪魔よ今こそ我が前に現れよ!!」

呪文の詠唱を終えると一気に光が部室を包み込む。
あまりの眩しさに2人の目は閉じてしまう。
光はゆっくりと消えてゆく。

「う・・・せ、先輩・・・大丈夫ですか」

少し目がチカチカする中、ゆっくりと目を開けて部室を見る樹輝。
目が慣れていき、周りを見ていくと・・・魔法陣には、なにもいなかった。

「せ、先輩・・・」

「・・・」

紫は黙り目から少し涙が出ているのも分かる。
そしてゆっくりと立ち上がる紫。

「ははは・・・」

虚しく笑う。
ただ虚しく笑ってしまうが・・・紫も樹輝も気づいてない。



悪魔ではない者の召喚成功したことに2人は気づいていない。





その日の夜。
樹輝は自室で勉強をしていた。
だがいつもよりも集中できなていない。

「っま、3回も失敗した訳だ、これに懲りて少しは現実を・・・」

色々と考えるもやはり気になってしまう。
初めて見た、流した涙を、これでよかったはずなのに。
何故かもやもやして考えていると携帯電話が鳴り電話に出る。

「はい、もしもし」

『も・・・もしもし、よ、古井ぃ・・・か?』

「はい、そうですけど?」

様子がおかしいと思った。
しかしすぐに気のせいだと思った。

『い、今・・・そ、外・・・で、でら・・・出られるか?は、話・・・話がしたい」

「い、いまですか?別にい、いいですけど」

『そ、そうか!』

嬉んでいる声が聞こえて落ち込んではいない事がわかり。
そして待ち合わせ場所を指定されて待ち合わせ場所へと向かうのであった。



指定された待ち合わせ場所に着き、周りを見て紫を探す樹輝。
待ち合わせ場所は学校近くにある公園。

「先輩・・・いないなぁ」

公園の周りを見渡しながら紫を探す。
だが時間はもう夜で視界が悪く見つけようにも見つけられないでいる。

「これ、見つけられないって・・・どうするべきか・・・」

流石に暗くては見つけようにも見つけられない。
困り果てたその時ポケットに入れていた携帯電話が鳴ってポケットから出す。
掛けてきた相手はもちろん紫で慌てて通話ボタンを押す。

「も、もしもし先輩?」

『もしもし・・・今、公園の茂みにいる古井からでも見えるだろう?』

「し、茂み?」

ふと、辺りを見て茂みを探す。
すると木々が多く、夜の不気味さをさらに引き立てるような茂みを見つける。
そしてまさかこんなところにいる訳がないと思いながらも茂みの方へと歩く。

「せ、先輩・・・今、どこですか?」

携帯電話を持ったまま紫を探す樹輝。
茂みから奥へ、奥へと進んでいく。

「先輩?一体どこにいるんですか?」

どこにも、誰もいない。
それどころか人の気配すらない。

『ああ、いいんだ・・・』

「もう、見つけたから♪」とどこからか声が聞こえたその時。
足首に何かが巻き付いた。
そしてそのまま引っ張られる。

「う、うわぁぁっ」

何が起きたのかわからない。
ただ何かに自分を引っ張っているということだけ。
それだけしかわからない状態だ。

「な、なんだ!?い、一体」

恐怖心が芽生えた瞬間目を閉じた。
目に見えない恐怖に、体も心も固まってしまう。
いつになったら、自分はこの恐怖から解放されるのか。
誰も分からない、誰も助けてくれない恐怖に。



いつしか、樹輝の意識は途切れた。





「ペロペロ・・・」

違和感を感じた。
服を着ているはずが何故か "肌が露出" している感覚。

「ん・・・んん?」

意識がゆっくりと覚醒し始める樹輝。
辺りは暗く自分の身に何が起きて、今はどういう状況かわからない。

「う、うん・・・?」

「あはぁ、ちゅぅぅっ」

「っ!?うわぁ」

完全に意識が目覚めて目の前の状況に驚く。
何故なら樹輝の目の前に紫が自分に密着しているからだ。

「せ、先輩!?な、え、え??」

「やっと目覚めたか・・・この寝坊助(ねぼすけ)め」

スンスンと密着しながら樹輝の匂いを嗅ぐ。
その姿は不覚にも妖艶で美しいと感じてしまう。

「まぁそんなことはどうでもいい、喜べ古井・・・成功したんだ召喚に」

「は、はぁ?な、何言ってるんですか先輩」

意味が分からない事を言ってついに頭がおかしくなったと思った樹輝。

「せ、先輩・・・一体どうしたんですか?様子がおかしいですよ??」

「様子がおかしい??私は正常だ、それにもう・・・止められないんだ」

ゆっくりと樹輝の顔を持って、目を合わせる。
そして唇を合わせて舌を入れる紫。
深く深く舌をねじ込む姿はまるで樹輝の事が好きという意思にも見える。

「ぷは・・・はぁはぁ、嗚呼お前が欲しい、欲しい♡」

「せ、先輩」

ゆっくりと体を起き上がろうとした。
しかし体が起き上がれないことにここで気付く。
まるで何かに引っ付いているようにがっちりと、身動きが取れない状態。

「な、か、体が動かない」

「やっと気づいたか、さっきも言っただろう召喚に成功したと」

引っ付いていた方手が自由になって何度も触れる。
触れた手は地面のザラザラとしたものではなく、まるでゼリーのような質感だ。

「なんだ・・・これ」

「知りたいか?それはスライム、私が召喚したスライム・・・そして私はこのスライムに寄生され、キャリアスライムになった」

「きゃ、キャリアスライム?」

「そうだ・・・こいつは、私に寄生し・・・私の願いを叶えてくれたんだ」

「せ、先輩の・・・願い?」

「そうだ・・・私の願い・・・それは、お前と繋がることだ」

寄生したスライムに「ズボンを脱せ」と命令する。
するとゼリー状の触手が器用にズボンを脱がしスルスルとチンポが露出する。

「ふぁああっなんて素晴らしいんだスライム・・・」

片手を使って、樹輝のチンポを刺激する紫。
手でしごいては、亀頭を弄り、また手でしごいては今度は玉袋を弄る。

「っ・・・っつ!?くぁ・・・先輩・・・な、なんでこんなことを!?」

「何故?さっきも言っただろう??お前と繋がりたいと・・・私はお前が好きなんだ」

密着しながら手でいじるのをやめずに刺激を与える。
その刺激に耐える事も出来ずに勃起してしまう。

「せ、先輩・・・なんでお、俺なんかを?」

「・・・乙女にそんなことを聞くのか、お、お前は・・・」

ちんぽをいじるのを少しやめてもじもじする。

「ひ、一目惚れ・・・だ」

「え・・・」

カァーっと顔が赤くなる紫。
月明りで見えた・・・赤くなった紫の顔。

「み、見るなぁ・・・悪いか?ひ、一目惚れで!」

ややキレ気味で怒る。
そして密着するするのをやめて体を起こす紫。

「ふふふ・・・お前を私の虜にしてやるからな♡」

騎乗位で勃起した樹輝のチンポをゆっくりと挿入する。
自力で奥へ奥へと入れていき紫の表情も蕩け始める。

「き、来たぁぁっ、入って、き、来たぁぁぁぁあぁあっ」

「せ、先輩・・・う、うぁぁ」

ヌルヌルのおまんこに入れられて、チンポも快感に溺れ始める樹輝。
だが体が動けないのが少しもどかしく感じてしまう。

「ああ、い、樹輝ぃぃチンポォォッ良い、私のぉぉ中でェェ暴れてるぅぅっ♡」

腰を振り動かしていく紫。
激しく時折優しく、樹輝のチンポを刺激する。

「くぁぁぁっせ、先輩・・・先輩」

「どうだ・・・私のおまんこは?もう私にメロメロだろぅ?」

その腰の振りはいやらしく妖艶で。
挿入したチンポもさらに大きくなる。

「お、おお・・・中で大きくなったぞ?そんなにメロメロになったか♪」

紫は嬉しくなり、スライムに命令する。
「拘束を解除せよ」っと。
そして紫はゆっくりと立ち上がって、チンポを引き抜く。

「え・・・な、なんで・・・?」

何故抜いたのか?何故やめたのか。
樹輝は理解できなかった。

「はぁはぁはぁ・・・さぁここからはお前が決めるんだ」

「き、決めるって?」

「・・・私は人間をやめた、見た目は人間だがな」

樹輝を下ろして、ゆっくりと立ち上がる。
すると足元から体までスライムが覆っている。
ゲームで言うスライム○イト以上に。

「あ・・・」

月灯りで見える姿に樹輝も理解する。
彼女は・・・本当の意味で、人間をやめたのだと。

「私はお前が欲しい、だが私を受け入れたら・・・きっと元の生活はできないだろう・・・」

「・・・」

2人は黙ってしまう。
どう決断するか。

「ははは、私はみがっ!?」

身勝手と言おうとした。
しかしそれよりも先に唇を唇で塞がれた。
目をぱちぱちと瞬きする、それは樹輝の行動に驚いているからだ。

「・・・ぷは」

再度キスをして胸を揉んでいく。
まるで欲望を満たすように、快楽を得ようとするように。

「先輩・・・先輩!」

「い、樹輝ぃいい、おっぱい気持ちいい」

胸を揉まれて喘いでしまう。
そしてそのまま自分のおまんこを弄る。

「い、樹輝・・・も、もう1回今度はお前から挿入してくれ♡」

胸を揉まれながら懇願する。
そして紫はスライムに「ベットになれ」と命令してベッドの様な形になって樹輝を誘惑する。

「い、いきますよ」

ゆっくりと今度は正常位でチンポを挿入をする。
すると最初に挿入した時よりもチンポがスムーズに入る。

「ま、またぁぁっ入ったぁぁあっ」

2度目の挿入のせいか1回目の挿入よりも滑りがよく。
その滑りの良さが激しく腰を振ってしまう。

「先輩、先輩のおまんこ気持ちいい」

「いいぞ、わ、私・・・私も気持ちいいぞっ」

がむしゃらに、無理やりに腰を振っていく。
その姿に紫は愛しく思い腕を伸ばし抱きしめる。

「も、もう離さないからなぁ・・・」

「せ、先輩・・・そ、そろそろ・・・や、やばいです」

ゆっくりと引き抜こうとする樹輝。
だが "中に欲しい" 紫は両腕を強く抱きしめ。
さらに本能で両足を使い逃がさないように拘束する。

「ちょ・・・せ、先輩!?」

「いい、いいんだお、お前の精液・・・こ、このまま出せ!出せ!!」

勢いよく腰を振る。
締め付けるおまんこ。

「せ、先輩!!」

我慢の限界に達した樹輝は "ドッピュドッピュドピュドピュ!!" と精液を解き放つ。
熱くて、濃厚で、愛おしい樹輝の精液が紫の膣(なか)で暴れる。

「あ・・・あぁ・・・き、来たぁ・・・せ、精液・・・精液ぃ♡」

溶けた。
ドロドロに。
快楽という熱と精液に。
それはここが "外" ということを忘れるほど。
もし誰かに見られていても、例え変態と言われようとも関係ない。



だって彼女は・・・人間をやめたのだから・・・。
15/07/02 20:30更新 / シャルロット♂

■作者メッセージ
投稿が遅れてしまい申し訳ありません そしておはようございます

シャルロット♂です

言い訳を言いますと
@腑抜けてましたA仕事探してましたBサボってました
まぁ実際は@とBが9割以上です本当に申し訳ありません

あと・・・ネタも切れましたどうしよう・・・w

仕事も探さないとですし・・・もう、面倒ですが頑張ります
それでは皆さんまた次の作品でお会いしましょう

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33