読切小説
[TOP]
士道転生
 文永十一年 鳥飼潟



 手綱から手を離し、弓に矢を番える。空穂に残った矢は残り僅かだ。如何に勇猛果敢な侍でも、顔に焦りの表情が浮かぶ。味方はいずれも剛の者、鎌倉に幕府が建てられてこの方、日の本を守り続けてきた武士たちだ。
 しかし攻めよせる異民族たちは、相手の戦の作法など気にしていなかった。武士の甲冑には遠く及ばない毛皮の服、短い弓。そんな集団が銅鑼や鐘の音に合わせ、まるで一つの生き物のように動いていた。一騎打ちを挑もうとする武士に矢の雨が降り注ぎ、未知の武器が空中で爆ぜる。同胞たちが次々と撃たれ、馬の断末魔が響き渡った。

 だが彼の愛馬は火薬の音響にも怯まず、主人を支え、走り続けていた。お前だけが頼りだ……心の中で告げ、矢を放つ。一射必中、弦音が響くたびに敵兵が倒れ臥す。自分の母衣に敵の矢が刺さろうと、構いはしなかった。

 元より死は恐れていない。問題は死に様なのだ。

 矢が尽き果て、最早これまでだと悟る。弓を放り出し、天神差しにした太刀を抜いた。

 しかしそのとき、敵兵の一人が投げた陶器の玉が、彼の命運を絶った。詰められた黒色火薬が炸裂し、中に仕込まれた鉄片が四散する。
 落馬と同時に、刀が手から離れた。痛みは感じない。最初から恐れていなかったからだ。

 故に意識が途切れる前に感じたことはただ一つ。無念、であった。








 …………







 蛍が群れ成す、静かな闇の中。彼は一人の女と睦み合った。緑の黒髪を腰まで垂らし、豊満な乳房の揺れる優雅な裸体を晒している。微笑を浮かべた口元を向けながらも、両手は慎ましやかに胸と秘部を隠していた。その仕草が、彼の情欲を掻き立てる。暗闇にも関わらず、その女の姿は周囲の蛍火と同様、くっきりと目に見えた。肌は驚くほど白く、血の巡りを感じさせない。それに対して瞳は流血を連想させる、艶かしい赤色だ。
 しとやかさに加え、どことなく淫らな色を秘めた視線。骸の姫の纏う美しさが、腕を伸ばすかのように彼を抱擁する。

 思わず、その乳房へと触れる。姫はそれを受け入れ、そこを覆い隠す手を退けた。つんと尖った乳首が露わになる。最初はそっと、やがて貪るようにその膨らみを揉みしだく。美しくとも骸の体に温もりはない。しかしその蕩けるような柔らかさは興奮を高めるのに十分なものだった。戦場での高揚とはまた違う、どろりとした快感だ。

「んぅ……」

 指先が乳首を弾いたとき、姫の口から艶かしい声が漏れた。その声を吸い込もうとするかのように、彼は唇を奪う。姫もそれに応え、細い腕で彼に抱きついた。唾液の絡む水音が耳に響く。いつしか二人の指先は互いの下半身……性器を愛撫し始めた。白い指が男根を優しく撫で回す度、そこから熱が吸い取られた。その度に姫君の肌が温かみを増し、女性器から滴る雫も熱を帯びていく。
 唇が離れ、唾液が名残惜しそうに糸を引く。二人は見つめ合う。互いに愛おしさを感じている、そんな視線で。だが侍の目には愛や情欲だけでなく、哀しみの色があった。

「すまぬ」

 姫をしっかりと抱き締め、彼は告げた。

「ここに留まることはできぬ」
「存じております」

 悲痛な声に、姫は彼の腕の中で頷いた。彼女は知っていた。彼が死に際に感じた無念を。そして、やり直す機会を求めていることも。
 顔を上げ、彼に向けて微笑む。赤い瞳に優しさを湛えて。

「貴方様がご満足のいく最期を遂げるまで、お待ちいたします。しかれど、今は……」

 指先がつぅっと竿を撫でる。侍は姫を押し倒し、再び唇を吸った。彼女の温かな吐息を感じながら、いきり立ったそれを割れ目に当てがう。ぐっと腰を進めると、それはまるで吸い込まれるかのように、姫君の股へと収まった。
 互いに嬌声を上げる。侍は甘く締め付けてくる蜜壺の妖艶さに、姫は自分の奥へ押し入ってくるそれの熱さに身をよじった。腰を動かす度、そこが擦れ合う。精を放ち、潮を吹き、何度も何度も果てては、また互いを貪る。

 情欲の宴は続いた。彷徨える士魂が、新たな戦場へ赴くまで。








…………









 慶長五年 関ヶ原



 何の前触れなしに、首を貫く鉛玉。

 甲冑へと血が広がっていく。痛みが苦しみへ変わり、やがて寒さに変わる。それでも彼は馬上で耐えようとした。しかし力を失った手が手綱から離れ、愛馬の背からどさりと転げ落ちる。
 隊列を組んでいた足軽の一人が駆け寄り、彼の名を叫ぶ。周囲が騒ぎ出す中、武士は止まりかけた心臓の位置に手を当て、ただ目を見開いていた。

 誰が自分を撃ったのだ。敵がここまで近寄れるはずがない。だが今から向かおうとしてた前線では、すでに熾烈な戦いが繰り広げられている。
 今まで多くの武功を重ねてきた。幾多の死線をくぐり抜け、敵の首級を掲げてきた。戦場で遅れをとったことなどない。

 それなのに。
 何故、前にも増して無様な死を遂げねばならぬのだ。それも海向こうの異民族などではない、同じ日の本の人間を相手に。


 ーー戦は、武士は変わってしまったのか……?


 声にならぬ問いかけは誰にも届くことなく。貫かれた心臓は脈動を止めた。



 ……慶長五年九月十五日。後に『天下分け目の戦い』と呼ばれるこの合戦にて、彼は矛を交えることなく流れ弾に斃れた。








…………







「ンああんっ! はぅん、んぅ、ぁっ……!」

 彼がそれを突き入れる度に、不死者の姫はよがり狂った。腰が臀部に打ち付けられ、音を立てる。群れなす蛍の静けさとは裏腹に、二人は獣のような交わりを続けていた。美しい曲線を描く臀部を押さえつけ、後ろからひたすら密壺を蹂躙する。粘液を孕んだ肉襞が竿にこすれ、その快感に大きく脈打つ。

「オ……オ……オ……!」

 絞り出すような声と共に、彼は姫の膣内に精を放った。だがすでに、彼女の奥を満たした白濁は膣を逆流し、愛液と混ざり合って股から流れ落ちる。姫君の白いふとももはすでに、淫らな液にまみれていた。
 それでも、彼は交わりを続ける。暴力的なまでに激しく男根を突き入れ、姫に嬌声を上げらせる。男根が密壷の中でどれだけ悦ぼうと、まだ足りぬとばかりに腰を動かす。

 側で見るものがあれば、これは男の嗜虐心を満たしているのだと思うだろう。しかし陵辱のような荒々しさとは裏腹に、武士の目には涙が浮かんでいた。
 そして黒髪を振り乱し、這いつくばるようにして悶える姫もまた、涙を浮かべている。苦痛などによるものではない。彼が悲しんでいるから、自分もまた泣いているのだ。最初は四つん這いで男を受け入れていたが、今や腕の力も抜け、豊かな胸も、美しい顔も地面につけて喘いでいる。このような無様な姿でも、彼女は彼を受け入れ続けていた。

 それが彼の無念を癒すのだから。

 お互いに何度目か分からぬ絶頂を迎えたとき、男根の動きがゆっくりと止まった。肩で息をする彼を顧みて、姫はにこりと微笑む。その瞬間、彼は放心したかのように身を横たえた。
 仰向けになった侍の顔を、不死者の姫はじっと覗き込む。赤い瞳で彼と見つめ合い、そして豊かな胸に抱擁した。

「……すまぬ」

 乳房の谷間で呟く彼の頭を、白い掌がそっと撫でる。妖艶な赤い瞳に慈愛の色を浮かべ、姫は愛しい男を慰め続けた。その柔らかな肢体に包まれ、男の意識は次第に、甘い眠りに落ちていった。
 次に目覚めるそのときまで。








…………








 明治二年 宮古湾



 明け方の港。外輪が水しぶきを上げ、彼の乗る艦は突進した。船縁に身をひそめる彼には見えなかったが、停泊中の敵艦の乗組員たちは盛んに手を振っていた。このままでは衝突する、回避しろと言っているのだ。まさか敵だとは思ってもいないのだろう。
 しかしこちらが掲げた星条旗を下ろし、日章旗を上げると、ようやく奇襲だと気づいたらしい。攻撃直前まで他国の旗を掲げての騙し討ちは万国公法で認められている。

 砲声が一つ轟いた。旗艦に敵襲を知らせる空砲だ。だがもう遅い。逸る心を抑え、彼はその時を待った。

 標的は新政府軍の旗艦『甲鉄』。あれを奪取せねば自分たちに未来はない。
 彼の他にも仲間たちが身を伏せていた。今や甲冑を着る時代は過ぎ去り、身軽な服装だ。この日のため訓練を重ね、今こそ自分たちが歴史を動かすのだと信じている。『甲鉄』は仏蘭西で作られた軍艦で、今のところ日本で唯一の装甲艦。それを奪い取れば新政府との海軍力の差は逆転する。諸外国との交渉にも有利だろう。そして自分たちは歴史に名を刻む。

 鈍い衝撃が船を揺さぶった。装甲の重みで乾舷の低い『甲鉄』に、こちらの艦首が乗り上げる。船縁に捕まって衝撃に耐えたとき、待ちに待った号令がかけられた。

「アボルダァァァジュ!」

 移乗攻撃。隠れていた斬り込み隊が一斉に立ち上がり、艦首へ殺到する。『甲鉄』の甲板までの高低差は一丈近い。そこを飛び降りれば敵の只中。いかに侍と言えど、全く怯まなかったわけではない。それでも第一分隊長が「一番!」の掛け声と共に飛び降りると、仲間たちは続々とそれに続いた。

「新撰組、野村利三郎! いざ!」
「彰義隊、伊藤弥七! 参る!」

 決死の士は高らかに名乗りを上げ、宙へ身を躍らせた。彼もまた抜刀する。抜けば玉散る氷の刃、などというほどの業物ではないが、幅広の丈夫な刀だ。高ぶる思いのままに、艦首へ向けて飛び出す。


 しかし。
 その瞬間、鉛玉の雨が甲板を薙ぎ払った。

 一発、二発、三発。彼の胸を弾丸が抜ける。刀を握ったまま、体は後ろへ倒れた。何が起きたのかも分からないうちに。

「ガトリングガンを積んでいるぞ!」

 誰かの叫びが聞こえた。断続的に続く銃声、そして悲鳴。彼は徐々に、自分の心臓が機能を失っていくのを感じた。

 駄目だ。死ぬのは怖くない。だが今回ばかりは死ぬわけにいかない。この戦に負けてはならないのだ。



 自分たちが敗れれば、侍の時代が終わってしまう。


 止まるな、動いてくれ。まだ立ち上がれる。まだ戦える。
 そんな声にならぬ叫びは、誰にも届かなかった。








…………








 侍が目を開けた時、最初に見たのはあの姫君の微笑みだった。そして周囲を舞う蛍火。
 彼女が身に纏う赤い着物に、白い肌がよく映えている。はだけた胸元からはあの柔らかな双峰が顔を出し、えも言われぬ色気を放っていた。彼女の膝に頭を預け、心地よい安らぎに身を委ねる。だがそれでも、心中の悔しさは消えない。

「……俺は、時代と戦っていたのか?」

 目を閉ざし、彼は自問する。ただ武士らしい、納得のいく死に方をしたいだけなのに、戦は次々と変わっていった。泰平の時代には堕落した侍との小競り合いで死に、とうとう侍自体が不要と見なされる時代が来た。
 他国の人間たち。近代兵器の発展。それらが古き伝統を打ち崩し、ひたすらに人を殺す機械が作られていく。そんな時代になってしまうのだ。そして、それを止められなかった。

「侍は、滅ぶ」
「そうでしょうか?」

 淡雪のように朧げな声が、耳に響く。柔らかな手のひらがそっと頬を撫でた。

「貴方様が、いらっしゃいます」

 侍は再び目を見開く。姫の赤い瞳は夕焼け空のような、優しい色を湛えていた。しかしそれでいて、何かを燃え上がらせるような、熱いものを秘めている。
 彼女は生きた屍だ。不死者の姫だ。だがその瞳に宿る生命の残り火は明るい。それは松明から松明へと火を移すかのように、彼の心へ燃え移る。彼女が彼から熱を吸い取ったのと同じように。


 ーー俺の炎は、まだ……


 握りしめた拳を胸に当て、彼は確信した。
 例え必要とされなくなっても、自分はまだ立ち上がれる……と。









…………









 昭和二十年 占守島



 上陸した敵兵の足音、銃声。そして「ウラー」の雄叫びが島を覆う。
 勝ち目などあるはずがない。そもそも自分たちはすでに敗軍だ。敗北を受け入れたはずだ。つまり一切の望みはない。

「突撃!」

 それでも、彼は号令を下した。ディーゼルエンジンが唸りを上げ、鋼鉄の馬は猛進する。四人の乗員で操るこの戦車は、諸外国のそれと比べて明らかに時代遅れだった。装甲は薄く、砲塔から突き出しているのは短い五十七ミリ砲だ。しかしそれでさえ生身の人間には大きな脅威となりうる。
 飛び出してきた戦車に敵は驚愕し、必死で銃撃を浴びせる。しかし機関銃程度で傷はつかない。

 今度はこちらの番だ。年若き機関銃手が引き金を引き、逃げ惑う敵を鉛玉が薙ぎ払う。彼は敵の機関銃陣地の位置を確認すると、おもむろに榴弾を手に取り、砲尾へと押し込んだ。
 砲手に目標を指事し、砲塔が回される。操縦手が戦車を停止させた。

「撃て!」

 刹那、大気が震動した。轟音と共に放たれた砲弾は硝煙を残し、敵陣地へと着弾する。途端に人間も機関銃もまとめて吹き飛んだ。

「蹂躙! 蹂躙しろ!」

 彼の雄叫びに呼応するが如く、鉄の軍馬は荒れ狂った。砲声が轟く度に敵兵は吹き飛び、逃げ遅れた者は無限軌道によって肉片に変わる。如何に獅子奮迅の活躍をしようと、もはや希望など残ってはいない。これは勝つための戦いではなく、一人でも多く道連れを作るための戦いだ。
 それでもこれはやるべきことだ。少なくとも彼はそう信じていた。

 仲間の車両が一両、砲塔の隙間に対戦車地雷をねじ込まれて散華した。また一両、速射砲にやられた。即座に陣地へ榴弾を見舞い、仇を討つ。気づけば彼の車両のみとなっていた。

 操縦手が右のブレーキレバーを引き、車体を旋回させる。再び前進に移ろうとしたとき、それは起きた。
 鋭い音と共に、操縦手の体が後ろへ大きく弾かれる。胸に血を滲ませて。座席の正面にあるのは装甲を貫通された穴。

「対戦車銃……!」

 刹那、今度は機銃手がやられた。彼が目をやったときには既に事切れていた。
 人間が乗っている箇所を正確に狙ってきた所を見ると、場数を踏んだ狙撃手らしい。これで戦車は動けなくなった。しかしここで彼に運が向いた。小さな覗き窓から外を見たとき、偶然にも敵の姿を見つけられた。狙撃手は体を地面に伏せていたが、スコープの反射光が見えたのだ。

「目標、11時の方向! 対戦車銃を持った奴らがいる!」

 砲手に伝えつつ、砲弾を装填する。金属音と共に閉鎖器が閉まり、薬室が密封された。砲手は歯を食いしばって照準器を覗きながら、ハンドルで砲を操作する。

「……見えました! 照準良し!」
「よし、撃……」

 号令をかけた瞬間だった。砲手の頭が吹き飛んだのは。
 照準器を撃ち抜かれたのである。しかしそれでも体は戦車内で立ち続け、その手は主砲のトリガーにかかったままだった。

 彼はその手の上からトリガーを握る。撃発。
 砲声が空気を揺さぶり、空薬莢が蹴り出される。解放された砲尾から砲身を通して外が見えた。狙撃手は消え、後には砲撃で巻き上げられた砂埃のみが残っていた。

 砲手の体がゆっくりと崩れ落ちる。死を受け入れたかのように。

「……ありがとよ。お疲れさん」

 彼の口から出たのは戦友、そして愛馬への感謝の言葉だった。用意しておいた手榴弾へ手を伸ばし、安全栓を引き抜く。後は突き出た信管を叩けば、四秒後に起爆する。

 だがその時、金属的な足音が車内に響いた。何者かが戦車の上に駆け上がってくる。
 途端に天井のハッチが開け放たれ、敵兵の顔、そして銃剣付きの小銃が見えた。彼の戦車に登ったそいつは銃剣を突きつけながら、何事か叫んだ。言葉は分からないが、おそらく降伏しろと言っているのだろう。

 彼の顔に笑みが浮かんだ。向けられた小銃を掴み、力任せに引っ張る。敵はバランスを崩して戦車内へ引きずり込まれた。当然そいつはもがいたが、彼の腕はその頭を抱え込む。もう片方の手で迫撃砲弾を逆手に持ち替え、振り上げた。信管を敵のヘルメットに叩きつける。

 爆発まであと四秒。

「付き合え! 十万両の火葬だッ!」

 叫びつつ、彼は手榴弾を傍らの箱……弾薬庫へと放り込んだ。







…………







 温かな湯に浸かり、彼は蛍火を眺めていた。時にゆらゆらと漂うように飛び、時に弾のように速く飛んでいく。優しい光が心を癒した。その顔にはもう獣の如き凶暴性はなかった。ただ安らぎに身を委ね、静かに蛍を見つめる。こんなに美しかったのか……そう思いながら。

 小さく音を立て、彼女が湯へと入ってきた。一糸纏わぬ裸体を、慎ましやかに手で隠しながら。その豊満な体は湯気の中でさらに妖艶に見えた。姫君が隣に腰掛けて身を寄せると、彼は待ちきれないとでも言うかのように、白い裸体を抱き寄せた。
 唇を奪い、乳房へと手を伸ばす。姫君もそれを受け入れ、彼の腰へ腕を回し、しっかり抱きついた。湯の中で裸体が触れ合い、肌が重なる。生者以上に滑らかな姫の肌は、ただ触れているだけで吸精の快楽をもたらした。男の体から得られる熱気が不死の女体を熱くする。

「……お疲れ様でした」

 唇が離れた後、彼女はそっと囁いた。

「……大分、待たせた」
「いいえ」

 侍に頬を寄せ、微笑を浮かべる姫君。彼女は知っていた。彼は命に尊さを微塵も感じない人間であることを。ただ『生き方』と『死に方』に尊さを求めていることを。死を恐れず、死を軽んぜず……それが彼の武士道だった。
 だから不死の姫は、生死をやり直す機会を与え続けた。その士道の果てを見たかった。

 彼にもう悔いはない。勝利も栄冠もない、悲惨な結末。が、そんな中でやれるだけのことはやったと胸を張れる。変わりゆく時代の中で、武士道を歩み切った。
 後はもう、望みは一つ。

「抱くぞ」

 姫は心得顔に頷いた。正面に回り、赤い瞳で見つめ合う。豊かな乳房が彼の胸板で柔らかくひしゃげた。湯船の中で互いに腰を進め合う。怒張しきった剛直が、ぬめりを帯びた女陰にずぶずぶと飲み込まれていった。

「あ、ンンっ……」

 ただ交わりが始まっただけで、艶かしい声が上がる。吐息の香りは甘かった。彼は片手を姫の臀部へと回し、胸に負けず劣らず淫らな曲線をしたそれを優しく撫で回した。くすぐったさに白い肌が震える。
 二人は互いにゆっくりと腰を動かし合った。蜜壺が竿を擦り上げ、亀頭が奥部を突き上げる。姫は時折体を震わせ、小さな絶頂を楽しんでいた。次第に動きが激しくなり、蕩けるような乳房が胸板を滑る。吐き出される熱く甘い吐息、潤んだ赤い瞳。そして亀頭を抱きしめるかのように艶かしくうねる女の穴。どれもたまらなく甘美だった。

 この姫は自分のためだけに存在する。そのことを改めて自覚し、独占欲が満たされていく。
 やがて一番奥に男根を突き入れた時、溜まりに溜まったそれが吐き出された。

「はぁぅぅぅっ! で、出てる……あぁっ」

 感極まって涙まで流し、悦びの声を上げる不死者の姫。湯船に浸かり温まったにも関わらず、屍の体にその迸りはたまらなく熱かった。さらに黒い髪を振り乱して歓喜する姿が、尚更彼を興奮させた。絶頂の中、精を迸らせたまま腰が動き出す。
 何度も突き上げ、絶頂させ、膣内に熱い物を放つ。不死者の女性器もまた貪欲で、玉袋の中身をいつまでも吸い出そうとしてくる。

 何時間、何日、何年も、肉の宴は続いた。彼が後ろを向くように言うと、姫は微笑んでそれに従い、蠱惑的な臀部をぐっと突き出す。その谷間を手で押し開き、菊門へ男根を突き入れた。妖艶な膣とは違う直情的な締め付けを受けながら、背徳の交わりを行う。その穴にも精を吐き出し、彼女もまた肛門を犯される快楽に絶頂する。
 彼が前に回れば、姫君は心得顔で男根を口に含んだ。舌で丁寧に舐め回し、最後には豊かな胸で包み込む。柔らかな塊で上下にしごき立てられ、やがては胸の谷間に白い池ができた。

 二人の時間はすでに止まっている。彼らは永遠を手にした。彼は高貴で野蛮な戦いを繰り返し、姫はそれを見守り続けた、その果てに。

「……ふふっ」

 いつかのように胸の谷間に抱きすくめられ、優しく頭を撫でられる。柔らかで良い香りのする胸に、顔が沈み込む。
 顔を上げて姫の微笑みを見たとき、侍は気づいた。

 自分が望んだのは誇り高き死。

 だがその先に求めていたのは……安らぎであったと。






17/12/05 19:13更新 / 空き缶号

■作者メッセージ
お読みいただきありがとうございます。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33