読切小説
[TOP]
魔ショ裁判
 ざわざわと、裁判所内は騒がしかった。
「静粛に! 静粛に!」
 裁判長の席に座るのはダークエンジェル。木槌を叩き傍聴席の魔物娘たちを静める。
 そして。

「これより魔ショ裁判を行う!」

 高らかにそう宣言した。
「被告人、入廷せよ!」
 続けて、一人の幼い少年が、手枷をつけたまま法廷に入る。おどおどと俯いて、周りの魔物娘を見ないようにしながら証言台に立つ。
 またざわざわと魔物娘が騒がしくなる。
「静粛に! 今宵この場に召喚されしこの被告人ジョン・ケイラーには魔ショであるという疑いがかけられている!」
 魔ショ、その単語がダークエンジェルから発せられた途端に魔物娘たちのざわめきはピークに達する。
「ち、違いますっ! ぼ、僕は魔ショじゃありませんっ! っていうか! 魔ショってなんなん」
「被告人は口を慎みなさい!」
 皆まで言わせず、ダークエンジェルはぴしゃりと言った。
「この法廷内で被告人に発言権は与えられていない。警備員! 口枷を!」
 さささとダークヴァルキリーが証言台へ。
「ん、んぐ!」
 ジョンにギャグボールを装着しさささと退場。
「んんん! んん〜!」
「さて、裁判を続けます! まずは証人! 前へ!」
 続いてはヒョコヒョコと可愛らしい女の子が証言台に近づき、ジョンの隣に立つ。人間にしか見えない少女だが、実は魔女である。
「あなたは何故このショ……ジョンが魔ショだと思われたのですか!?」
 ダークエンジェルは問う。
「はい。実はこの子、私の魂を奪おうとしているのです!」
 おおお!
 驚きの声が、法廷中から上がる。
「しかも……見ててください。こうやって目を合わせると……」
 そう言って彼女はジョンの前に立つ。そしてじっと目を合わせ──徐々に己の服をはだけさせていく。
 そして、限界まではだけさせ、ついにはジョンの目に桜色の乳首が映る。
 むくり、とジョンの股間がいきり立つ。
 おおおおおおお!
 割れんばかりの歓声が上がる。中には小さな望遠鏡で彼をのぞいているものもいる。
「そして、さらにですよ!」
 魔女はズボンの上から、屹立した彼のペニスを撫でる。
「んんんっ! んんっ!」
 その手は淫らにペニスを刺激し、すぐに彼のズボンにカウパーの染みを作らせる。
「こうしただけでこれだけの魔力が出てくるんです! これはもう魔ショという他ありません!」
「ふぅむ……だがまだ魔ショというには根拠が足りない気がするな……このままでは無罪だな」
 にやり、と笑いながらダークエンジェルは言う。
「……極めつけはですよ」
 待っていましたとばかりに、魔女は服を脱ぎ
、下半身だけ裸になる。そして、ジョンの衣装も同じように剥ぎ取る。
 傍聴席の魔物娘たちは目を見張る。
「んぁぁん♥」
 ジョンの未発達のペニスが。
 魔女の未発達のヴァギナに挿入される。
 ごくり、と一斉に魔物娘たちはつばをのむ。
「んんんっ! んんんんんんっ!」
「んぁっ♥ぁっ♥ご、ごりゃんのとおりぃ♥」
 ぱんっ、ぱんっ、と魔女は腰を動かしてジョンに無理やりピストンさせる。
「んーーーーっ! ん〜〜〜〜〜っ!」
「こ、こんなにしぇっくしゅがきもひいいのはぁ♥かりぇがましょだかりゃにちがいありませんんぅぅ♥」
 びゅるるるっ!
 そしてあっけなく射精。
「こ、こんなにまりょくそそがれひゃいまひたぁ……こんなの、ぜったいましょれすぅ♥」
「ふむ……どうやらジョンが魔ショなのは決定的のようだな……みなもそう思うだろう?」
 鼻血を出しながらダークエンジェルは言う。
 同じく鼻血を流したり、一心不乱に自慰をしたりしている魔物娘たちは、全員手を挙げた。
「……よろしい……満場一致だ。ジョン・ケイラーは魔ショとする!」
 うぉぉぉっ! と歓声があがる。
「処分は後で決める! それまで魔ショと、魔ショのザー……穢れた魔力を注がれた魔女を一緒の牢屋に閉じこめておけ! これにて閉廷っ!」
 ダークヴァルキリーに連れられ、二人は法廷の外の闇へと消えていった。

 その数分後には甘いあえぎ声が響いていた。
17/05/27 19:46更新 / 鯖の味噌煮

■作者メッセージ
わかっています、おね×ショタでやるべきだったって……でも、なんか、どうしてもロリ×ショタでやりたくって

ほんと、こんなクソSS書いてすみませんでしたぁぁぁっ!

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33