連載小説
[TOP]
日を刻まれた蛇の話
私は黒き太陽 貴女は赤き太陽
夫は一人 照らすことができるのはどちらか1つの太陽だけ
どちらかの太陽が 相手の太陽を飲みこむゆえに
このひと時を照らすはどちらかの太陽か 
さあ・・・、勝負です!
上 春は目覚めの時期18/07/30 22:45

TOP | 感想 | メール登録 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33