読切小説
[TOP]
桃色親子丼
「ねぇ、ダーリン! 今動いた! 動いたよ!」
「ほんとか!?」
 マリは成人男性の腰元ほどの高さのある巨大な卵を愛おしそうに抱きかかえ、目を輝かせている。
 その卵、何を隠そう僕とマリの愛の結晶なのである。 
 数カ月前、マリが出産……いや産卵した直後は、ありふれた鶏の卵のサイズだったが、時が経つにつれ大きくなり、今では抱えて運ぶのさえ困難なほど大きくなってしまった。
 僕が不思議の国に住み着いてからはや半年。
 相変わらず身体は少年のまま戻らないが、マリは今の自分の姿を『かわいらしい』と言って気に入ってくれているし、少し不便なこともあるが、生きていく分には特に問題ないのであまり気にしていない。
「おっ、動いてる動いてる……。一体どんな子が産まれてくるんだろうなぁ」
 サラサラと滑らかな感触の白い殻に片耳をあてると、生命が胎動する音が聞こえてくる。
 殻の表面はマリに暖められていたおかげか仄かに暖かい。
「名前、どうしようか」
「んふふ〜♪ 実は私もう考えてるんだ。『リリ』ってのはどうかな?」
「『リリ』か……。可愛くて良い名前だね」
 僕はジャブジャブの卵、もといこれから産まれてくる愛しの我が子リリに話しかける。
「早く産まれてきてくれないかな……リリ」
 そう言った瞬間だった。
 突然、物言わず鎮座していた卵がガタガタと揺れ始める。驚いた僕とマリは反射的に距離を置く。それでもなお静まらず、中で何かが外へ出ようと暴れているかのようだ。
「え、な、なに? もしかして、もう産まれてくるの!?」
「そ、そんなはずは……。もっと時間がかかると思っていたけど……?」
 僕は事態の急転に慌てふためく。またマリにとっても想定外の事態らしく、動揺を隠せないでいた。
「あっ、ヒビが……!」
 マリが指摘すると、ピキピキと殻の割れる音が鳴り、卵に一筋の亀裂が生じる。
 その亀裂は卵が揺れるたびにどんどん伸びて、大きく広がっていく。僕とマリはいよいよとばかりに、固唾を呑んで見守った。
「う、産まれるっ……のか?」
 僕がそう呟いたとき。殻の一部がポロッと取れて床に落ちた。
 卵の揺れが止まる。一瞬、静寂が場を支配した。
 僕とマリはお互いに顔を見合わせると、おそるおそる中身を覗き込んだ。
「こ、この子が……」
「リリ……?」
 僕らは殻の中にいた我が子の姿を見たとき、呆気にとられた。
 幼児くらいの背丈の、白い白濁とした液体を纏うオレンジ色の半透明の女の子。その姿はまさに『スライム』と形容すべきものだった。
「この子、本当に僕達の子供なのか……?」
「そ、そういえば聞いたことあるかも……。私たちジャブジャブの卵からは稀に、私たちみたいなハーピーじゃなくて、『ダンプティ・エッグ』って呼ばれるスライム族が産まれてくることがあるって」
「そうなのか……。まぁ確かに、よく見てみればマリに似ているな……」
 産まれたばかりの我が子は、自分がこの世に生を受けたという実感を持てないのか、あるいはそんな思考力すら持ち合わせていないのか、ぼんやりと僕ら二人を虚ろな目で見つめていた。
 正直、ハーピーの雛を想像していただけに驚きを隠せない。
 とはいえ、どのような姿であろうとも可愛い子供であることには変わりない。僕らはとぼけた様子のリリを愛おしげに眺めた。
「……ぱーぱ、まーま」
 リリの口から二つの単語がたどたどしい発音で紡ぎだされる。
「い、今、喋ったよね!?」
「うん! 喋った喋った! パパ、ママって! すごい!」
 僕らは愛娘が初めて喋った言葉に感嘆を覚えた。
 こう、改めてパパだなんて言われると何だか嬉し恥ずかしである。
「ほーら、おいでリリ〜」
 マリが産まれたばかりの我が子を抱きかかえようと、殻の中へと翼を伸ばす。
「ぱぱ〜」
 しかし、リリは母親であるマリに目もくれず、僕の方へと飛びついてきた。
 リリは僕の胸元に抱きつき、彼女のスライム肌がべったりとまとわりつく。
 突然のことで吃驚したが、僕を『ぱぱ』とあどけなく呼び続けるリリに堪らず、頭をそっと撫でた。
「え〜、リリはママよりパパの方がいいの〜?」
 自分よりも父親を優先され、口を尖らせるマリ。マリには悪い気もするが、僕は今とっても幸せ者である。
「はは、もしかしてマリの僕への愛情をこの子は受け継いじゃったのかもね」
「むむ! そんな恥ずかしいこと言って、あとで蹴っ飛ばしちゃうんだから」
 しかめっ面でそっぽを向くマリだが、顔を赤らめているのを見る限り、満更でもなさそうである。
 そんな他愛もないことやり取りをしながら、僕らは朗らかに笑い合った。
 これが家庭を持つってことなのかな。なんてしみじみと感傷に浸りながらも、僕は愛すべき者が増えた喜びを噛み締めていた。
 ――はずだった。
 リリは相変わらず僕の下半身につきまとって離れないようだったが、僕はリリの様子がおかしくなり始めていることに少しずつ気付き始めた。
「リリ……?」
 リリの表情を見ると、無邪気な幼児には不釣り合いな女の色気が仄かに滲み始めている。
「ぱぱぁ、しゅきぃ……♥」
 なんだか聞き覚えのあるような媚びた語調。
 すると、リリは素早く僕のズボンを下にずらし、露出した股間へと滑り込む。そして僕のアソコを、周囲にまとう卵の白身ともいうべき白濁の液体が包んだ。
「り、リリ? ちょっと、なにしてんの!?」
「ぱぁぱ……せええきぃ、ちょーらい♥」
 一体、いつそんな言葉を覚えたのやら。リリは確かに『精液』という単語を口にし、液体の流動によって僕のアソコを扱き始めた。
 マリの中とはまた違う、生暖かくてヌルヌルとした感触が愚息を覆い、不覚ながら愚息伝いに快楽が享受される。
 よもや、生後数分も満たないこの子は、父親であるはずの僕に対し、発情しているとでもいうのだろうか。
 しかし、人間の常識に囚われない生態や価値観を持つ魔物はいくらでもいる。それに何と言ってもリリはあの万年発情期のジャブジャブの娘。このような事態も別に不思議なことではないのかもしれない。
 とはいえ、このまま近親相姦を犯してしまうのを看過することは父親の立場上、いかんともしがたい。
 無理矢理引き剥がそうにも相手は産まれたばかりの子供。もし誤って怪我でもさせてしまったらと思うと気が気でない。
 パニックに陥った僕は、とにかくマリに対して助けを求めた。
「マリ! た、助けて……!」
 僕はふとマリの方を見やる。ところが、マリの様子もリリに負けじとおかしい。
 ワナワナと身体を震わせ、俯いたその表情から感情を読み取ることは叶わない。
「ま、マリ……?」
「ずるい……」
「え?」
「もぉ〜! 二人だけでするなんてズルいー! 私も混ぜて!」
 マリは拗ねた顔で言うと、つぶさに僕の上半身へ飛びかかる。そうして、リリに気を取られ身動きの取れないままの僕の顔へと跨がった。
「む、むぐぅ!」
「んふふ〜、リリは初めてだし、ひとまずダーリンのおちんちんはリリに譲ってあげる♪ でも、一回出したら代わってね♥」
「あーい、ままぁ」 
 妙にノリノリなご様子のマリ。
 普通、自分の子供に目の前で愛する夫を寝取られたら、怒りとショックでヒステリックになるものだと思うのだが、マリは怒るどころか娘の不倫を認め、あまつさえ一緒に楽しもうとする始末だ。
 魔物もといジャブジャブの性に対するその大らかな姿勢に僕は恐怖すら覚えた。
「ぱーぱの、ちんちん、たべうぅ」
 先程から薄々と勘づいていたが、彼女の語彙はよもやマリが僕と交わっている時に発した言葉なのではなかろうか。
 もしかしたら、僕らが交わっている際、傍らに居たリリは卵の中から僕らの言葉を聴いて、学習していたのかもしれない。
「あーまだ駄目よ、リリ。もっとパパのが大きくなってからじゃないと。ちょっと待ってね……」
 まるで娘の教育とばかりにマリは、挿入しようとしていたリリを制する。
「ねぇ、ダーリン♥ わたしのおま♥こ、舐めてぇ?」
 マリは僕の顔面に騎乗したまま腰をくねらせ、艶やかな声色で言った。
 僕の鼻筋にしっとりと濡れた薄桃色の毛が茂る割れ目が擦れる。
 彼女との長い性活の中で興奮しやすい体質に調教された僕は、娘との姦通が行われていようとしているにも関わらず、彼女の醸す淫靡な雰囲気にあてられ、容易く理性を呑まれる。
 僕は狂ったように視界いっぱいに広がる彼女の秘所を貪った。
「んんっっ♥ そう、そうよぉっ♥」
 マリにすっかり乗せられ、欲情してしまっている僕。気付いたらブツをすっかり臨戦態勢にさせてしまっていた。
 僕は大きく膨れ上がった肉棒を、惚けた表情で見つめているリリの存在などすっかり頭から消え失せ、夢中になって舐めしゃぶる。
「あ……、ちんちん、はいるぅ♥」
 分身が弾力のある狭い穴をミチミチと通過する感覚。
 視界がマリの股ぐらに覆われていて分からないが、きっとそれはリリの女の中の感触なのだろう。
「はうぅ……♥」
 ついには肉棒が根本まで穴の中に挿入される。すると肉棒の周りを埋め尽くすスライム体が途端にわななき始め、肉棒から精を吸い上げんとばかりに蠕動し始めた。
 娘の暖かい膣内に分身を埋めながら、僕は禁断の快感に震えた。
「んんっ♥ うふっ……リリ、気持ちよさそう……。はやく、私にもぉ……!」
 マリは恍惚する娘へ急かすかのように、グラインド運動を加速させる。
 マリの荒ぶる顔面騎乗によって、僕の興奮のボルテージはさらに増してゆく。僕はさらなる快感を得ようと無意識のうちにリリの中へたぱんたぱんと腰を打ち込み始めていた。
 下から猛然と突かれているリリは、初めての男の肉の味わいに酔いしれ、切なく呻く。
 親子三人の成す快楽の連鎖。
 ほどなくし、いつしか三人は同じ終着点へと向かおうとしていた。
「ダーリン♥ もうっ、イッちゃうかもっ♥」
(も、もう出ちゃうっっ!)
「あっ♥ ああっ♥ んっっ♥」
 僕の意識が白く染まるのと同時に、リリとマリも絶頂の叫喚を上げた。
「ぁあ……♥ ぱぁぱの、みるくぅ……♥」
「はぁはぁ……、ママのミルクよりも先に、パパのミルクを飲んじゃったね……んふふ♪」
 狭いスライム穴の中で肉棒が脈動し、精の奔流をリリの体内へと流しこむ。
 オレンジ色の半透明の中にマーブル模様の白濁が混じっていた。
「あぁ……うぅ……」
「リリ、疲れちゃったみたいね……。もう休んでなさい?」
 魔物といえど、さすがに産まれたばかりでは体力が持たないのか、息も絶え絶えぐったりしているリリ。マリは彼女を翼で大事そうに抱え込んで、卵の殻の中へとそっと戻してあげる。
 すると、リリは自分がもといた場所に安心感を覚えたのか、ゆっくりと瞼を閉じて可愛らしい寝息を立て始めた。
「さぁ、子供は寝かしつけたわ。あとは私たちの時間よ〜♪」
 マリは芝居がかった口調で言いながら僕の方へと向き直り、普段しているようにすかさず馬乗りになった。
「散々見せつけられたちゃったからねぇ、今日は寝かさないから♥」
「僕だって、一回だけじゃあ満足できないよ。こんな風になったのもマリのせいだからな……」
「ほほぉ、可愛いこと言ってくれますな〜♥」
 娘に触発されたせいか、何だかいつも以上に張り切っているよう様子のマリは、欲求不満とばかりにビンビンと張りつめる肉棒を、しとどに濡れそぼる秘所へと招き入れた。
 こうして僕ら家族三人の新しい生活、もとい性活が幕を開けたのだった
15/09/27 17:31更新 / たけかんむり

■作者メッセージ
最後まで読んで頂きありがとうございます。今回は『不思議の国の淫乱ピンク』の続編となります。
ハンプティ・エッグが発表されるまで、続編を書く気はさらさら無かったのですが、「ハーピーと卵スライムの親子ときたらもう、親子丼しかありえない!」と居ても立ってもいられなくなり、急遽筆を執った所存であります。
しかし、ジャブジャブちゃんがまさか、かのハンプティ・ダンプティの魔物娘版の前身だとは思いもよらなかったです。
ハーピーの子供がスライムになっちゃったり、産まれた時点で親にも負けず劣らず淫乱だったり、最初見たときはもう色々と衝撃的な娘でした。
まぁ、荒唐無稽な雰囲気の不思議の国らしい魔物なのではないでしょうか。
では

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33