読切小説
[TOP]
ラーメン大好きエリナさん
私の名はエリナ。種族はリリム、そう魔王の娘、第515女よ。チャームポイントはそうね……視力があまり良くないから眼鏡をかけていることと、趣味でやってた武術で鍛えた筋力かしら。

私は、今、異世界にいるわ。私は魔王軍の斥候としてこの異世界での諜報活動をしているの。私の世界では代替わりより長く続いた教団との抗争にも決着が付きつつあったわ。魔王もといお母様が次の一手を講じていた矢先、遂に異世界との確固たる往来方法が確立したの。

昔から異世界から来た人々は多く、異世界の存在も認知されていたわ。こちらに住み着いた異世界人の提案で魔王軍にも異世界対策を主眼とする部署も作られたわ。
そして私は通称『異世界部』にて魔王軍最高司令官でもあるお母様の指示の下、この世界で斥候活動を行っているわ。

私が派遣された先は日本、図鑑世界でいうとジパングにあたる地理、風土、文化をもつ国ね。ただ、かなり高度に発展したため、見てくれはジパングのそれとはかなりかけ離れているようね。

刀を挿した武士はおらず、スーツという一様の格好の人々が溢れかえっている、木造の建築物は少なく、無機質かつ高層のビルといわれる建物が多い等色々あるけど多すぎるので割愛しましょう。

そんな私たちの目的はこちらの世界の情報収集、文化から社会情勢等役に立ちそうな情報を集めてはあちらの世界に送っているわ。そしてその情報を下にこちらの世界への最善の進出計画を画策しているようね。
因みに可能であれば女性を魔物化したり、男性を堕としたりて協力者を増やしてもいいわ。

私は日本の北方地域担当支部の隊長をしているわ。大都市S市に潜伏し、各地に潜伏と連絡を取り合いながら活動しているわ。
え、魔王の娘なのになんでそんな事してるかって?それは面白そうだったからよ。ただそれだけ。
…………男に恵まれなかったからとかそんなんじゃないからね!?

さて、そんな私はこちらの世界で外国人を装い、こちらで人気の創作作品から姓をとって『映里奈・ユーティライネン』と名乗り、賃貸住宅の一角で過ごしているわ。事あるごとに街へと赴き、こちらの文化や生活様式にまつわる情報を収集しているわ。
その中で特に感心を持っているのは食文化。こっちの世界は食文化が非常に豊かなようね。玉石混交だけど、向こうの世界にはない美味しいものがたくさんあったわ。魔界植物や魔界動物を使っていないのにもかかわらずね。

その中で特に美味しかったものは『ラーメン』と呼ばれる料理ね。豚や鶏などの動物や鰹や煮干し等の魚介類から採った出汁で作った熱々のスープに細い麺を浸し、アクセントとして、チャーシューと呼ばれる薄切りの肉やメンマと呼ばれるたけのこの加工料理、鳴門と呼ばれる渦巻模様のかまぼこや海苔が乗っけられている料理よ。
ここS市は日本でも選りすぐりのラーメン店が集結する街のようね。多くのラーメン屋があったわ。これも玉石混交なんだけど美味しいものはとことん美味しいわ。今ではすっかりこれの虜になってしまって最近、昼食はラーメンが大半を締めているわね。
最初のうちは色んなラーメンを試したわ。だけど今ではだいぶ食べつくしちゃったし、地雷のお店についても見分けがついたからお気に入りの店ばかりに行っているわね。

おっと前置きはこのくらいにして、今日は『異世界レポート』の中から、私選りすぐりの店を二店紹介するわ。

一軒目:S

S市の象徴とも言える大繁華街S。ここは多くの居酒屋や飲食店が集結している一方で私たちの世界で言う、娼婦街に当たる街のようね。
聞いた話だとお金に困った女性がその身を売って稼いでる事が多いって……
ここは真っ先に掌握すべき所ね……

と深刻な話はここでは置いといて目的地のS繁華街を駅前通りの道を沿って南へ進んだ先、繁華街の南端にあるお店ね。小さくて席も少ないお店だけどガイドブックで丸々1ページ割かれて紹介されるような新進気鋭のお店ね。
店内はカウンター席のみ、内装も派手な色は使っていないかなり落ち着いた雰囲気のいい所ね。上の方には沢山の色紙があるけど、どうやら有名人も沢山来たみたいね。

いつものように食券を買い、カウンターで待つ。カウンターの仕切りが低いから鶏出汁の香ばしい匂いが漂ってくるわ。すると、あっと言う間に出てきた。下手するとカップ麺ができるより早いんじゃないかと思う速さのときもあるわね。

ここの看板メニュー『特製淡麗中華そば』赤みのある茶色のスープに黄金としか形容のしようが無い色の鶏油が浮いているわ。ドラゴンの娘が本当に金と勘違いしちゃいそうね。それに加え二本のメンマと二切れの白い鶏チャーシュー、一個の卵が入っている。だが最も目を引くのは中央にラミアがとぐろを巻くように積み上がったサーモンピンクのレアチャーシュ。全体的に落ち着いた色であり、健康面で罪悪感が沸かない色合いをしているわ。そんな見た目が私の食欲を一層煽ってくるわ。それに、なんともいい香り……。
さて、早速スープを蓮華ですくって一飲み。

……うん、やっぱり美味しいわ。毎度すごいインパクトね。鶏ベースのたまり醤油なんだけどコクの深い醤油味が一瞬にして口の中に広がるわ。とっても濃い味ね。だけどその味の余韻に浸ろうとすると次の瞬間には口内がその味を忘れ去ってる感覚。上手く伝わるかしら?飲み込むと口が一瞬でこの味を恋しく恋しくなるの。そう、例えるならこれは白蛇の恋情ね。一瞬でも離れたくない。そんな気分になるスープね。気がついたらスープだけドンドンすすっちゃうわ。

麺の方は……うん、コシが強いわね。噛むとブッツリ切れる感じ。ちょっと硬めの麺ね。すすると舌の上を強く撫でるような感覚がするわ。とてもいい食感ね。
そしてこれは私のお気に入りの食べ方……まず味玉を半分に割る。そして、それをスープに浸す。この時黄身の中にスープが入るように、尚且黄身が出ていかないように。そして中のスープと溶け出した黄身の混合物をすする……。
あぁ……幸せね……。味玉の黄身がコクのあるスープに溶け出し、まろやかな味がするわ……。ちょっとはしたない食べ方かもしれないけど、これは癖になる味よ。トッピングでも『特製』を注文すると卵が入っているからおすすめね。

さて、次はレアチャーシュー。冷たいサーモンピンクの状態で肉の味を楽しむのもよし。素材の味がしてそのままでも美味しいわ。だけどベストな食べ方はスープに浸し、しゃぶしゃぶのような感じでさっと熱にくぐらせる。白っぽくなってきたら食べる。
……おぉ、肉の柔らかみとほのかな味がコクのある醤油スープとからまって、舌でハーモニーを奏でているわ。まるでオークとコカトリスのハーレムね。
本当に素敵な味だわ……。

その後、長い髪の毛をかき上げながら食し、麺の合間に各種チャーシュー、メンマ、ミント、を織り交ぜながら麺は完食。だけどスープの味が恋しくなってついつい飲んじゃうわね。ホント、このラーメンに恋した白蛇になった気分ね。そして今回もまたスープを飲み干してしまったわ。ホント、こんなにも深いのにすぐ忘れてしまう不思議な食感ね……。

「ごちそうさま、今日も美味しかったわ。」
「ありがとうございます、またお越しくださいませ!」

と店の方に軽く挨拶をして店を後にしたわ。


二軒目:Q

さて、お次の店はがっかりスポットの近くにあるお店。入口が目立たないから初見さんは見つけるのに苦労するでしょうね。
ここはガイドブックで新店ランキングでも上位、総合ランキングでも上位をとった確かな実力のあるお店ね。来たばっかりの頃は秘密のお店みたいな感じだったけど最近では長蛇の列ができることも多いわね。でもラーメンって回転が早いから意外とすぐ順番が回ってくるわ。

入口付近にある立看板と暖簾が目印ね。ここを潜ると地下へ続く階段が、降りていくと券売機と重たそうな鉄の扉があるわ。まずは券売機で食券を購入。そうね、今回は高いけどチャーシュー麺にしましょう。それと追加でスムージーもっと、130円はお得ね。

地下にあるせいか「ゴー、ゴトン」と洗濯機のような大きな音を出しながら発券するわ。そして扉を開けようとするしたわ。だけどダンジョンにありそうなスライド式のその扉は鉄の軋むような音を出しながら勝手に開く……。

「あっ、こんにちは、また来てくださったんですね」
「あっ、ええ、何度食べても飽きませんからね」
「毎度ありがとうございます。こちらへどうぞ」

ここの店員の方は常連さんの顔覚えがかなりいいようだ。私も何度足を運ぶ内に覚えられてしまったわ。でもその御蔭で毎回気分がいいわ。

店の中はコンクリートや鉄骨がむき出しの無機質な感じ。でもアートみたいな模様が描かれているシックな装いで照明も少し暗め。ここも落ち着ける雰囲気ね。色紙の代わりに壁に直筆サインが描かれているようね。

テーブルは中央の大きなガラステーブルとカウンター席それでも席数は少なめね。だけど待合席にあるラーメン、カフェのガイドブックに目を通すのも一興ね。けれども今回は待たずに席に座れたわ。ラッキー♪

今日はカウンターの席。ガラス越しに厨房の男性方が見えるわ。あの人の奥さんはどんな魔物娘がいいかしら?なんてことを考えているとあら、もう来たようね。やっぱりラーメンって早いわね。

「お待たせしましたスムージーでございます、今日は小松菜、バナナ、マンゴー、オレンジ、豆乳です」
「ありがとうございます」

と思ったらスムージーが先に来たわね。店員さんがご丁寧に使用した食材を説明してくれるわ。小さいコップ一杯分と値段相応の量ってとこかしら。このスムージーさっきの店員さんの話から察した人もいるでしょうけど、必ず一品は眉を潜めたくなるような食材が1つ入っているわ。(豆乳とか小松菜とか)だけど、不思議なことにその食材の悪い味は一切しないわ。もうその食材のいい味だけを切り取ったような味。だけど、お互いの味が激しく主張し合うことなく共存し、未知の甘さを引き出した究極のスムージーじゃないかしら。魔物同士が傷つけ合わず、共存する。まるでお母様が作り上げた世界みたいなスムージーね。
だけど、スムージーは締めの分もとっておいくことにしましょう。

「お待たせしました。清湯のチャーシュー麺でございます。」
「わぁ♡おいしそう」
「左からロース、肩ロース、胸肉となっております。ごゆっくりどうぞ。」

……うむ、何度見ても言葉を失う黄金色のスープね……。ドラゴンの宝コレクションにそのまま加えても多分大丈夫ね。深くなるほど褐色がかかってくるけど、それでも透明感が高いわ……それに加え三枚の豚チャーシューに一枚の鶏チャーシュー、細長いメンマにミントの葉、なんとシンプルだけど贅沢な外見なのかしら……。こっちも全く健康面で罪悪感を感じさせない色合いね。鶏の風味がいい感じに漂ってきてお腹を刺激してくるわね。

さあ実食といきましょう。まずは、スープから。……うーん!鶏と醤油のまろやかな風味が舌を駆け抜けていくわ。“あっさり”という言葉はこのラーメンのために作られた言葉なんじゃないかと思うぐらいさっぱりとして後味の残らない風味ね。Sのラーメンが白蛇なら、こっちはそうね、ナイトゴーントかしら。彼女たちは一時も夫と離れたくないために彼らを異型に変え、衣のように身体に纏ってしまう。このラーメンを食べたときも一瞬たりともこの味を口の中から消したくないから持ち運ぶなり自分の唾液をこのスープにしてしまいたい。……なんて思っちゃうくらいに依存性の高いスープね。

そして麺はどうかしら……うん、もちもちとした食感ね。すすると舌の上を弾んでいくような心地よい食感ね。スープのあっさりとした味が麺に染み込んでいてとても穏やかな味がするわ。

三種類の豚チャーシューもいいわね。右からロース、肩ロース、むね肉。それぞれ、食感、味ともの結構異なってるわ。ロースはとても柔らかいわ。舌の上でとろけるような食感がいいわね。肩ロースはロースと同じ感じの柔らかさがあるけど、ちょっと弾力があるわね。いい歯ごたえね。そしてむね肉はいちばん硬いわね。だけど、噛みごたえがあってロースのシンメトリーとしていい味を出しているわね。
スープに浸す前と後のパターンも入れたら6通りの味が堪能できるわね。ハイオークやオークの集団をやっつけて、彼女たちの主人になって輪姦している男の気分ね。ううん♪なんと贅沢……。
眼鏡が曇ってるのも気にせず、麺をすすり、その合間に具を食し、麺をすする、そうしていくうちに残りは麺だけになっちゃうんだけど、やっぱりスープが恋しくなっちゃう。スープをレンゲですくってまた一すすり……そして水を飲んでおしまい!……にできなくて、またスープを飲んじゃう……そして水を飲んで、また物足りなくなっての無限ループ……あぁ……ラーメンの前では私は白蛇かウィル・オ・ウィスプね……。

これを繰り返してスープが空っぽに、そうして締めのスムージーを飲んで、今度こそご馳走様。あぁ……幸せの一時が終わってしまった喪失感……。

そんな感情を懐きながら店を後にしようとすると、また店員さんが重い鉄扉を開けてくれたわ。

「毎度ありがとうございます。どうでした?お味は?」
「最高ね。また来るわ」
「良かったです。またのお越しを〜」


他にもおすすめの店は、S、B、D、A、R、K、山程あるけど、今回は割愛しましょう。どれもおいしいから是非とも食べてもらいたいのだけどね。

…………………………
……………………
………………
…………
……


ある夜の日、今日も諜報活動を済ませた私は帰宅の途についていたわ。潜伏先に着いたら、今日得た情報をまとめ上げて、あっちの世界に報告しなくちゃね。

「うーん!ラーメンもいいけど、こんな寒い日にはスープカレーで温まるのもいいわねー!」

最近はスープカレーに浮気していた。あの液状のカレーにご飯を乗せたスプーンを沈めて、スープで濡れたご飯を食す。カレールーと異なる新感覚の食べ方と刺激のある辛味、あれが癖になってしまったわ。というよりこの街は本当にグルメに恵まれている街ね。本当、来てよかったわ。さて明日は何を食べようか……

♪〜♪〜♪〜

とポケットの中からなにやら音楽が。着信音の『魔王軍行進曲』ということはこれは身内の誰かね。あ、この道具はこちらの世界で言う「スマホ」ではなく、グレムリン工廠特製の【異世界対応改良型映し身の鏡】と呼ばれる道具ね。お母様をはじめ、遠方にいる人々と連絡を取る手段として【映し身の鏡】が用いられているけど、それをこちらの世界でも使用できるように改良したものよ。外見もスマホに似せられて作られている上、こちらの世界の通信機器と互換性があり、同様の機能も使用可能な凄いものよ。最早【映し身の鏡】の機能が使えるスマホになっちゃってるけどね。
説明はこの辺にしといて、電話の相手は……あら、すぐ下の妹、メリナね。何の用かしら。

「はぁ〜い何の用かしら?」
「ちょっとエリナお姉様!何なんですかこの報告は?」
「何がって、私はちゃんと与えられた仕事をこなしてるだけよ?」
「どこがですか!?食べ物の報告ばかりじゃないですか!私たちが求めている情報はそちらの世界の政治、経済、軍事等の社会情勢……」
「そんな面倒くさい情報なんて集めてられないわ。第一、戦争になってもどうせ魔王軍の大勝利よ。問題ないわ」
「そういう問題じゃないです!私たちが平和的に効率よく侵攻を進める上で有益な情報が……」
「十分有益よ。こんなにおいしい食べ物が一杯って分かれば、多くの独身の娘たちが喜んでこちらの世界に移住したがるでしょうね」
「もう!そんなことばっかりしてるとお母様に言いつけて他の娘に変わって貰いますよ!」
「へぇ?そんなことしたら、こっちの世界で堕落プレイが好きな男見つけてあげないわよ?」
「うぐっ……で、でもお姉様こそ未だにいい男見つけられないんでしょ?それなら他の娘に頼んでもらうから、戻ってきても大丈夫ですよ」
「ゔっ……と、とにかくね!あなたにはわからないでしょうけど、多方面から情報を収集するのは大事なのよ!それに独身の男なんてこっちの世界には山程いるから捕まえようと思えばいつでもできるの!今日はこれからレポート作らなきゃいけないからここまでね!じゃあね!」
「あっちょっと!お姉……」

と、ここで切ってやったわ。全く、ちょっとぐらいいいじゃない、楽しんでも。
第一立派な食文化があるってわかった時点で大きな収穫じゃない。異世界出身の人々は口を揃えて物凄いディストピアのような世界だったと証言してたけど、想像よりは案外まともだったし、捨てたもんじゃない文化もいっぱいあったわ。
こっちの世界とあっちの世界の文化を融合させれば、それはそれはまだ見ぬ素敵なユートピアが築けそうね。

あとはいい男さえいればいいんだけどね。こっちの世界はまだ男も余るほどいるから、ナンパすればイチコロでしょうけど、折角だからちょっと運命的な出会いがいいのよね。それにできる限り相手の趣味を尊重してあげたいわ。私なんか眼鏡と筋肉質という人をかなり選びそうな見た目なもの。私の方はそんなにこだわらないけどせっかくなら合意の上で結ばれた方がいいわ。何かいい方法はないかしら?

「……あら?」

前方に何か落ちているものをみつけた。どうやら私の持ってる物とは違う、本物スマートフォンのようね。……これは男性の精の香り!
このスマホを手に取るとその香りははっきりと感じられたわ。しかも女性の匂いは殆しなかった。これは童貞に見られる特徴ね。

「どんな人が落したのかしら……」

試しにロックを解除してみると、あら、パスコードロックは掛ってなかったわ。ラッキーね。壁紙がメイドさん……なるほど、そういうのが好きな男ね……。どんな顔をしてるのかしら。こういうときは写真アプリを開くのがセオリーね。さて、どんな顔なのかしら……?

「あら?これは……?」

その画像アプリは多くのジャンルごとにフォルダ分けされていた。そのじゃんるはというと、
「モンスター娘、サキュバス、メイド、眼鏡っ娘、筋肉娘……へぇ……私と趣味が合いそうじゃない……」

私は相手の趣味も尊重して男選びたいって言ったけど、あたかも私自身を探し求めているような中身のスマホ……これは運命ね!神様っているものね。私たちの世界にはわんさかいるけど。

「ふふふ……私の運命の人……たっぷりとおもてなししてあげるわ……」

やっと見つけた私のパートナーとなるべき男の人。この人がどんな人なのか、私をみてどんな反応をするのか、この人とどんな初体験をするのか、どんな夫婦生活を送るのか、そんな空想を膨らませると笑いが止まらなくなってきたわ……。
18/08/31 22:57更新 / 鉄骨州知事

■作者メッセージ
皆さんこんばんは、鉄骨州知事です。いやあ魔物娘図鑑っていいもんですね。

今日はグルメリポート風SSを書いてみました。前前作でお褒めいただいたので今作は丸々一話グルメリポートにしました。

いかがだったでしょうか?図鑑世界要素を入れるために、リポートに無理矢理魔物娘要素ぶち込みました。我ながら無理矢理な例えが多いかも。

因みに私自身はグルメリポートはメイド喫茶でメイドさんに褒められるくらいにはできると思います。はい。

で今作で登場したラーメン屋はいずれも実在の店がモデルです。
本名が気になる方は私がチャットにいるとき、チャットのささやき機能できいてください。

エロが無いと筆が進みますね……エロが書きたいのに……ですが次回作は真面目な作品に戻ると思います。

それではまた、次回作でお会いしましょう。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33