読切小説
[TOP]
リザードマンが観光するお話
8月。夏真っ盛りの日差しを照り返すアスファルトが蜃気楼をモヤモヤと浮かびあげる。"~~~PA 〇〇km"の日本語の文が表記された看板がフロントガラス越しに過ぎ去っていく。
「やはりダダ長い高速道路でも、ここまで景色に変化があると面白いものだ。」
コオォォン…とエンジン音を唸らせる軽自動車を駆る緑色の鱗が輝くトカゲのような特徴を持った魔物娘が、高い橋の上から広がる景色。並び立つ山の間から見える地平線まで広大に広がる海を横目に眺めつつ呟く。車内のスピーカーからのFMラジオの…今の時代からすれば古臭い音質だが、どこか懐かしく安心する音楽が耳に心地よい。
「普段見えぬ景色が見える事もまた遠出の良いとこだな…。」
決して居心地がいいとは言えない真夏の暑い空気の車内を涼やかな潮風が開け放たれたウィンドウから流れ、心地の良い空間を作り出している。彼女はその窓の縁に肘をつき、その風を楽しんでいる表れかフッ…っと息を吐く。
彼女の視線の先、緑色に塗られた看板には"白川郷 出口 〇〇km"の文字。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「~~~からの料金ですんで、〇〇〇〇円になりますね。」
「ちょっと待ってくれ。」

やがて料金所に着いた彼女は、高速料金を支払う為に財布をあける。ふと感慨深げな料金所のおっちゃんの声が彼女の耳に届いてくる。
「だいぶ年季の入った車ですねぇ。好きなんですかい?」
「ん?ああ…、このミラの事か?まあ嫌いとは言えぬな。ふむ、これでいいか?」
「へぇ〜、L200型のミラ…しかもキャブのグレードじゃないの!久しぶりに見たよ、出てからもう30年近いんじゃない?今数えるからちょっと待ってな。」
おっちゃんはハハハっと陽気に笑いながらお金を受け取り、少しして発行された領収書とお釣りを手に再び顔を出す。
「ほい、お釣り。まだまだ乗れそうだし、キミみたいな若い魔物っ娘が乗ってるのも味があって俺は好きだなぁ。そういうの。大切に乗ってやってくださいな。」
「ああ、勿論だ。ありがとう。」
「ありがとうございました〜。」というおっちゃんの声に会釈しつつクラッチを繋ぎ、料金所を後にする彼女は一期一会の良い出会いに上機嫌でクォンッ!とダブルクラッチでシフトを繋ぐ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「フム、やはり観光地だな、人が多い。」
料金所をから白川郷へと続く道を下り、主要道路と思われる通りへと入った彼女は、歩道を歩く人と道路を走る県外ナンバーが占める車両の数々を流しみる。
「とりあえず、止められる場所へ向かうとしよう。」
ある程度中心へと進んだ彼女はちょっとした渋滞に引っかかってしまい、「むぅ…。」と少々不満そうな声を上げるが、その先に見える集落が見えた時、その瞳は期待へと輝きを放つ。
「あれが合掌造りというやつか。是非近くで見てみたいものだ…。」
バスの停留所と思われる建物の前を過ぎ、目の前に広がる白川郷のメインストリートに胸をふくらませる彼女は気持ち急ぐかのように交差点を曲がり、事前に調べていた観光客の為の駐車場へ向けて車を進める。
やがて、駐車場の目の前へと進んだ彼女は係員に誘導され、駐車場へ続く道へと入って行く。
「駐車料1000円か、まあ1日観光でそれなら安いものだ。」
入口へと入り、目の前のバーが上がるのを確認した彼女はゆっくりと駐車場の中へと入り、 空きを探してキョロキョロとしながら車を進める。やがて少々奥の方で空きを見つけた彼女は車を駐車させ、荷物を手に車を降りる。
「ふう、遂に到着だ。ん〜〜…っはぁぁ!やはり暑いなぁ、この季節は。」
風を感じられる車内とは打って変わり、日差しが強く照り返す蒸し暑い外に立った彼女は大きく伸びをして手をうちわにして扇ぐ。
「とりあえず昼まではまだ時間があるな、さっきの中心街らしき所を回ってみるか。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「この橋から見える景色もまたいいものだ…。」
サワサワと流れる川と白い砂利が占める川辺が緑の深い土手を挟んで続いている。包み込むように吹く自然の風が橋の上を歩く彼女の肌を撫で、運ばれる匂いは淀みがなく清々しい。
歩く彼女は橋の丁度中心辺りでふと歩みを止め、スゥー
と大きく深呼吸。
「はふぅ…。心地いい…。」
彼女は吹き抜ける風と景色を少しの間楽しむと、また歩みを進め始める。すれ違う人の流れを避けつつ橋の終わりへとたどり着いた彼女は、小道のような入口を抜けると、目的の通りが目の前に広がる。
「これは…言葉にできないな…。」
スイレン池が所々に敷き詰められ、道の端には用水路がサラサラと音を立てる流れる透き通った水には小魚が悠々と泳いでいる。スイレン池と田んぼの合間に建てられた合掌造りや年季を感じる木造の家屋は景観を邪魔する事なく、寧ろ自然豊かなその場所を更に引き立て、まるで絵画のような完成度で視覚を潤す。そんな美しい場所を目の当たりにした彼女は表す言葉を失い、その景観に感嘆しながら用水路の続く道を歩く。世界遺産のある観光地、という事で人の通りは多い。だが、それでも損なわれる事のない美しさがそこにあった。
「ん?白川八幡神社…。ほう、まずはそこに行ってみるか。」
早速目的地を見つけた彼女はその神社がある方角へと歩く。途中途中で並ぶ商店にちょこちょこと歩みを止めつつ目的の白川八幡神社へとたどり着く。
「思っていたよりも立派な神社だなぁ。よし、お参りだ。」
境内へと足を踏み入れ鳥居を潜り、巫女服姿のキツネ娘や白い蛇の娘がせっせと歩く参道を通り拝殿へ続く石段を登る。やがて拝殿の前まで来た彼女は五円玉を取りだし、賽銭箱へと投げ入れると、目の前の縄を揺らしてガラガラと鈴を鳴らす。
「確か二礼二拍手一礼だったな。」
作法に従い、まず二礼し、顔を上げると手を2回大きく打ち目を瞑る。
(今回の旅が、より良いものになりますように…。)
やがて目を開けた彼女は最後に一礼し、拝殿に背を向け歩き出す。
「ん?」
ふと横に目を移すと、沢山の絵馬が掛けられているのを見つける。
「ほう、願掛けの絵馬か。む?…なんというか、アニメの絵が多いな。」
所狭しとかけられた絵馬の中にはアニメのキャラクターと思われる絵が書かれたものが多数含まれている。
「"なんとか"のなく頃にって所か…。ふむ、お参りはしてしまったし、絵馬はとりあえず後にしようか。」
石段を降りる彼女は次の目的地を目指す為に境内の外へと歩みを進める。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「まだ腹は空かないが、喉が渇いたな。」
商店が並ぶ通りを歩く彼女はふと到着してから何も飲んでいない事に気づく。
「ん〜自販機はあるが、どうせなら店で買うか。」
彼女の目線の先には店先に置かれた桶の中の氷水に冷やされたラムネや缶ジュースが売られている。早速彼女は、スイレン池の目の前の店に入り、桶に浮かぶラムネを1本引き抜きレジに立つキツネ耳の娘へと手渡す。
「はい〜120円になります〜。」
「うむ、これで。」
「120円、丁度頂きますね〜。」
にこにことしたキツネ娘は小銭を受け取りしまうと、精算を終えたラムネを渡す。
「そこにベンチがありますので、お好きに休まれて構いませんよ〜。購入なされたお飲み物を飲んでも構いませんので〜。」
「うむ、ならお言葉に甘えるとしようか。」
飲み物が浮かぶ桶の傍、目の前の一面のスイレン池を眺められるように置かれたベンチに彼女は腰をかけると、プシッ!っと子気味良い音を立ててラムネのビー玉を落とす。
「んくっ…ぷはぁ!染みるなぁ!」
暑い日差しに火照った身体に染み渡るラムネの爽快感に思わず舌鼓を打つ彼女。目の前に広がるサワサワと風に揺れて音を立てる一面の緑と、傍を流れる水がたてるちゃぷちゃぷという音が更にその爽快感に味をつける。
「いい所ですよねぇ。ここは…。」
不意に彼女の横から声がかかる。そこには先程のキツネ娘が、流れくる風を気持ちよさそうにその大きな狐耳をぴこぴことさせながら腰をかけていた。
「ああ、とてもいい…。」
「観光ですか?」
「うむ。色々見て回るのが好きでな。」
「そうなんですねぇ、どうです?ここは気に入りましたか?」
「想像していたよりもずっと素晴らしい場所だ。まださわりしか見回っていないのに既に圧倒されているよ。」
「ふふふっ。よかったです。ここにはいい場所が沢山あります。心ゆくまで楽しんでいってくださいな♪」
にこにこ顔を更にニンマリさせながらキツネ娘はころころと笑う。それに釣られるようにトカゲの娘もふふっと笑みを零す。
「上の展望台にはもう行かれましたか?」
「ん?いや、まだだが。」
「是非、行かれた方がよろしいですよ。この村を一望できて、その景色もまたとても綺麗なんですよ〜。」
「ほう、なら次の目的地はそこだな。」
「ええ♪その展望台横にある食事処もオススメですよ〜。時間も丁度お昼前ですので、寄ってみるのも吉ですよ。」
「それはいい事を聞いた。是非寄ってみるよ。んくっ。」
「はい♪」
トカゲの娘はラムネを飲み終えるまでのしばらくの間、キツネ娘との会話を楽しみつつ、次の目的地へと思いを馳せていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「この先か?例の展望台とやらは。」
先程キツネ娘に勧められた展望台への坂道を彼女は登っていた。真夏の暑さの中で歩くには傾斜が多少キツく、すれ違う人々の顔は少々険しい。
「うむ…。食事前のいい運動になりそうだ。」
そう呟く彼女の顔は道行く人々とは打って変わってかなり余裕そうである。しばらく坂を登ると開けた駐車場へと抜ける。
「お、ここか。その建物が食事処だな。」
駐車場の目の前にはこれまた年季を感じる木造の建物が一軒。看板にはそれらしき名前が書かれていた。
「店に入る前にその景色を見てみるとしようか。」
店の裏手へと続くミストシャワーが設置された道を涼みながら通り、開けた場所へ躍り出る。
「いやいや、これは圧巻だな。」
そこには白川郷の主要地域が全て見渡せる高台が存在した。その景色は大きく流れる澄んだ川が1本通り、その川川から広がるように合掌造りと木造の家屋が立ち並ぶ。広く分布している美しいスイレン池と田んぼはその全貌を見せ、広大な青い空が更にその自然豊かな緑の大地を輝かせている。都会のように開発された場所では決して見ることの無い自然と寄り添った景色がそこにあった。
「ふはーっ。ん〜っ!これはあの稲荷が勧めるだけの事はあるな。」
大きく息を吸い、大自然の空気をいっぱいに取り込んで伸びをする。

「何だか"東京へ帰れ…。"って言いたくなる場所だな。」

彼女は目の前の手すりに手をかけ、しばらくの間広がる景色を眺めながら吹き抜ける風を全身で感じていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しばらくして、彼女は展望台横の食事処へと足を運んでいた。
「これが飛騨牛串焼き…。とても美味そうじゃないか。いただきます。」
テーブル席についた彼女の前にいくつかの料理が並んでいる。そのひとつの串焼きを手に取り、頬張る。
「あむっ…。ん〜!美味い!」
やわらかくてジューシーな食感に牛肉の旨みがタレの甘みと程よく絡んで口の中にいっぱいに広がる。空きっ腹であった彼女はその先も一気に頬張り、口に広がる旨みをしっかり堪能していく。牛串を食べきった彼女は次の料理に手をつける。
「ほふっ!はふっ!…んっ!コロッケも負けずに美味い!」
サクサクとした衣の食感に加え、ホクホクとした中身は牛肉の風味とコロッケ本来の甘さが混ざって極上の旨味を醸し出していた。
「あの稲荷には感謝しなくてはな。いい場所を教えてもらった。あむっ…。ん〜♪」
こうして彼女は次々と料理を完食していき、しまいには新たに追加注文して腹を満たしていった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「さて、次はどこを回るかな?」
昼食を終え、展望台を後にした彼女は先程のスイレン池前の通りへと戻ってきていた。
「ん〜…、お?あの合掌造りの家、見学できるのか。」
そこには、ひときは立派な1軒の合掌造りの建物があり、入口は観光客で賑わっている。
「よし、次はあそこへ行ってみるか。」
彼女はその建物へと向かい、興味深げに入口をくぐる。
「お醤油をわけてもらいに来たのです。……何を言ってるんだ私は。」
よくわからない事を呟きながら、古い家屋から漂う独特な香りと現代では想像できない内部構造に彼女は感慨深げな表情を見せる。
「ほぉ…。ここの古い人間はこんな家に住んでいたんだな。」
置いてある資料と民具を交互に眺めたり、家屋の構造を真剣な表情で眺める彼女はとても興味津々で隅々まで見て回るのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「予約した宿の時間までは…、まだ時間あるな。よし、入るか。」
彼女が次に訪れたのは、日帰り温泉であった。
「宿でも風呂は入れるみたいだが、天然露天風呂がとても気になるし、ここで入ってしまおう。」
入口を抜け、券売機で券を買い受付に手渡す。そしてロビーを抜けて女湯へと向かう。
「ふむ、なんというか、銭湯みたいな感じだな。銭湯よりかは豪華だが。」
木目の落ち着いた内装の廊下を抜け、女湯の暖簾をくぐって脱衣場へ入る。
「着替えは…と、OKだ。」
着替えとタオルの有無を確認した彼女はパパッと服を脱ぎ、浴場への扉を開ける。
「まずは身体を清めてしまうかな。」
彼女はまず身体を洗うための場所でゴシゴシと1日歩き回ってまとわりついた汗と汚れを洗い流していく。髪の毛を丁寧にシャンプーで洗い、ボディソープでスタイルのいい身体を艶やかな尻尾の先まで丁寧に泡で擦りああげる、ボディソープの泡で所々が覆われたその姿は魔物らしい妖艶な雰囲気を醸し出している。
「……よし。」
最後にシャワーで泡を流しきると、立ち上がって真っ先に露天風呂へと出る扉へと向かう。扉をあけると、大きく開けた景色が広がっていた。
「うむ、ここもなかなかいい景色じゃないか。では、早速浸からせてもらおう。」
ちゃぷっ…と片足ずつ湯船に入りゆっくりと身体を沈めていく。やがて肩まで温かいお湯に浸かり、全身がほぐれるような温泉の心地良さに「はふぅ〜。」と大きく息をつく。
「い〜い湯加減だ…。」
彼女はとても気持ちよさそうに表情を緩める。緩やかな風が吹き抜け、湯船で火照り始めた彼女頬を優しく撫でつける。
「自然豊かな風を浴びながら湯船に浸かれて、尚且つ、こんな素晴らしい景色を眺められるのが露天風呂のいい所だな…。」
目の前は大きな川が流れ、水の流れるサワサワ…ちゃぷちゃぷ…といった落ち着いた音が響く。温泉の温かさにはちょっと涼やかな風が撫でつける心地良さに思わず目を閉じて音に耳を傾け温かさに身をあずける。
「はふぅ…。」
彼女は間露天風呂の心地良さに全身の筋肉が解され、疲れが溶かされるような感覚を心ゆくまで楽しむのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「ふふっ、とても心地のいい湯だったな。」
しばらくして露天風呂を楽しんだ彼女は、宿へと向かう為に車を止めた駐車場へと向かっている。
「また入りに来たいものだ、帰る前にもう一度入りに来るとするかな。」
露天風呂はかなり気に入ったようで、とても上機嫌で足取りは軽い。あっという間に駐車場まで来た彼女は自分の愛車の鍵を開けて荷物を後部座席に積み、運転席へと乗り込む。
「さて、今日はとても有意義な1日だった…。どこへいっても素晴らしかったな。ここの集落で宿を取れなかったのが悔しい所だが、仕方がない。まだまだ見てない場所は沢山あるようだし、明日はそこを重点的に見て回ろうか。」
彼女は明日の予定に思いを馳せながらセルを回し、アクセルを煽ってエンジンをかける。
「さて、明日も有意義な旅になりますように。」

彼女の旅行はまだまだ終わらない。



19/11/12 10:18更新 / 稲荷の伴侶

■作者メッセージ
どうも、稲荷の伴侶です。
ひっさびさの投稿過ぎて誤字脱字してないか、文がしっかりしてるかが怖いです。もし見つけてしまったら優しくコメしてください…。
私自身が前に訪れた時の経験から執筆していますので、いくらかは実体験となっております。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33