読切小説
[TOP]
ワームと少年
ゴゴゴゴゴ
とある荒野の丘陵地帯にて。
最初に異変に気付いたのはキャラバンの隊長の商人だった。
彼はかすかな地鳴りを耳にしていた。
「おい、これは一体……」
自分が感じた異変を副隊長に告げると、彼は顔を青ざめさせた。
すぐに望遠鏡を取り出して隊長に報告する。
「まずい! ワームだ! およそ1マイルちょっとのところからこっちに向かって突進してきている!」
報告を聞いて隊長も愕然とする。
ワーム……ドラゴンの一種だ。
ドラゴンの下位種でありながらその力はドラゴンを上回ることもある。
男の気配を察した彼女たちに岩も森も堅固な要塞の防御壁も無力だ。
「すぐに傭兵たちに戦闘準備を……」
「それは無理だ! 準備している間に追いつかれるし、なによりワームと戦うなど自滅行為だ!」
隊長の意見を副隊長は即座に否定する。
仮にもドラゴンの一種であり、ただでさえ岩をも砕く力の持ち主のワームだ。
また力だけでなく防御力も高く、その堅い鱗はいかなる剣も跳ね返すと言われている。
確かに金で雇った護衛部隊で追い返すのは限りなく不可能だ。
「じゃあどうすれば……」
「そこでだな……」
絶望したような顔をする隊長に副隊長は何事か囁く。
見る見るうちに隊長の顔が引き締まった物になった。
だがあまり気持ちのいい表情とは言えなかった。
「なるほどな……よし、早速その手で行こう。おい、チビ! チビ!」
隊長が声を上げる。
4回ほど呼んだところで、小柄な少年が隊長の前にまろび出てきた。
歳は14ほど……結構細身な体つきだ。
手足には筋肉がついているが、あまり戦い慣れしていない雰囲気である。
彼は傭兵でも商人見習いでもない。
一年ほど前、隊長によって買われた奴隷だ。
つまり、隊長にとっては使い捨ての効く人間……
「呼ばれたらさっさと来い、クソガキ。まぁいい……今、この商隊にワームが近づいているんだ」
唐突に隊長は少年を見下ろしながら告げる。
急に言われたことが分からずおどおどしている少年にいつの間にか背後に忍び寄っていた隊長の護衛の傭兵がその腕をひねり上げた。
「という訳でだな……お前にはそのワームのエサになってもらう……!」
「えっ!? そ、そんな……い、嫌だ……! む、むぐ……!」
「うるせぇガキだ。奴隷のくせに……」
嫌がってもがこうとする少年の口に別の傭兵が猿轡を噛ませる。
腕をひねりあげていた傭兵もその腕を縛り、そして脚も縛り上げた。
「よし、そいつをそこらへんに転がしておけ。今のうちに全速前進! ほかの魔物に目をつけられないうちにこの地帯を抜けるぞ!」
こうして奴隷の少年は丘陵の荒野にたったひとり、自由を奪われた状態で転がされ、隊商は煙を上げて去っていった。




ほどなくして何者かが少年の元にやってきた。
女性の上半身にゴツゴツとした鱗を持つ蛇のような下半身と手、頭からは角が数本伸びている……
全力でこちらに向かって来たためか長い暗緑色の髪は乱れている。
その下から美しい女性の顔が覗いていた。
だがその目はギラギラと獰猛な光を放っており、ドラゴンらしい威圧感を放っている。
『ああ、僕……これに食べられるんだ……』
現れた人ならざる者を見て、魔物が人を喰らうと教え込まれている少年の頭を絶望に近い物が支配する。
だがそれでも男の性なのか、彼は目の前の魔物の整った美しい顔立ちと、そしてほとんどむき出しとなっている乳房から目が離せなかった。
一方、目を爛々と光らせていたワームだったが、その光が急に収まっていた。
そして首を傾げる。
「キミ……こんなところでどうして一人、縛られた状態で転がっているの?」
「んんー! んんー!」
少年は声をあげようとするが、猿轡を噛まされているため、言葉にならない。
この状況に戸惑っていたワームだったが、一つだけ確かなことをつかみ、納得した。
「とにかく、男が手に入った! 男っ、男!」
一人そう叫びながらワームはその大きなドラゴンの手で少年を抱え上げ、そして来たときと同じように猛然と走ってその場を去り、彼女の巣に向かった。



「ん〜ふふふ〜♪」
巣について寝床に少年を横たえたワームは早速、鼻歌まじりに少年を剥いていく。
彼を縛めていた縄は服ごと千切った。
「ああ、口もきけるようにしないとね……うーんと……」
大きくて爪が生えている手だと細かい作業がしにくかったが、なんとかワームは少年の猿轡を外した。
「あう、あう……」
話せるようになったと言うのに少年の口からは意味をなさない言葉が漏れている。
「ん? 何を言っているの?」
ワームが鱗と皮膜で成っているドラゴンの耳を彼に向ける。
よく聞くと彼は、食べないで、とうわごとのようにつぶやいていた。
そしてよほど怖いのだろう。
彼は逃げることも忘れたように床にへたりこんでいた。
もっとも逃げようとしても、ワームからは逃げられないだろうが。
「ん〜、何言ってるの? 食べると言ったってむしゃむしゃ食べたりはしないよ〜。性的に美味しく食べる……交尾するだけよ〜」
「交尾……うわっ!?」
その聞きなれぬ言葉をなんとか理解しようとしている少年が驚いた声を上げる。
ワームの胴体が彼に巻きついていた。
さらに腕が彼の背中に回され、そして女性の上半身の方へと抱き寄せられる。
「うわ、わ……」
「うっふっふ〜、これからアタシとキミはエッチするんだよぉ〜……ん……」
少年を腹部のあたりで抱きしめているワームがこれからすることを告げ、そして早速甘い吐息を漏らし始める。
一方の少年も、まだ恐怖が心からぬぐい去れていないが、鱗に反して存外に柔らかく温かい彼女の肌に少しずつ落ち着き始めた。
そして彼女の性を感じ、無意識のうちに男の反応が起こる。
「あっ……ふふふ。キミもその気になったね〜?」
自分が捕らえた、これから番となる牡が自分の牝に対して欲情している。
魔物娘として、女として、嬉しくないはずがない。
「もっともっと、その気にさせてあげるね〜?」
そう言ってワームは尾の先端を少年のペニスにしゅるりと巻きつけた。
鱗がない蛇腹の部分も意外と柔らかい。
その尾が動き始めた。
力勝負な単純なワームだからか、その動きは肉棒をしごくシンプルなものだ。
だが程よい締め付けと、竿と亀頭がしごかれる感触は女などに触れたことがなかった少年をよがらせるのには十分だった。
抱きしめられただけでも立ち上がっていた股間がさらに膨張してピクピクと脈打つ。
「そ、そんなに締め付けて動かないでよぉ! 出ちゃうよぉ!」
「えっ、もう?」
驚いているワームを置き、少年は一声啼いて射精した。
ワームの尾の先端に白濁液が注がれ、からみつく。
「ありゃりゃ、イッちゃったね……そんなに気持ちよかったんだ? 嬉しいなぁ♪」
思った以上に少年の絶頂が早かったのには少々驚いたが、それでも自分の身体で射精したことは嬉しかった。
ニコニコと笑いながらワームは尾をしゃぶり、少年の精液を舐め取っていく……
「ん〜……おいしい……どんなお肉よりも美味しい……こんなの、クセになっちゃうよぉ……」
顔をとろけさせながらワームはつぶやく。
その様子を少年は肩で息をしながら呆然と見ていた。
女性経験はなかったが、射精の経験はこれまでに何度かあった。
だが今のワームの尾でしごかれて導かれた絶頂は今までのどの射精よりも気持ちよかった。
「あふぅ……もう我慢できないよぉ……」
口の端から涎も垂らしながらワームはつぶやいた。
男の精液は魔物を恍惚とさせ、興奮させる効果がある。
少年を抱きしめていた時から発情していたワームは、精液を全て舐め終えるころにはすっかりと出来上がっていた。
「ねぇ……エッチしよ、交尾しよ、子作りしよ……」
「あ、あうう……」
自分はまだ子どもだ、自分には子どもを養う能力はまだない……
そう言いたかった少年だが、射精の余韻でそんなことを言う余裕は少年にはなかった。
また、少年の若く萎えていない肉棒に、とろとろの蜜を垂らしている秘裂が近づいてきている。
自分がこれから迎え入れられるその淫らな女性器に少年は目が離せないでいた。
「いくよぉ……ほぉらっ!」
「あああっ!」
急に肉棒にもたらされた快感に少年は身体を固くし、声を上げた。
ワームの肉壷の中は蛇腹のようにヒダが多くて、温かくぬめっていた。
少年は身体をぴくぴくと震わせ、目を白黒させながらその女性器の快感を受け止める。
一方のワームも少年の肉棒からもたらされる快感によがっていた。
口からは甘い吐息が漏れ、とろけきった表情をしている。
「いい、いいよぉ……やっぱり、指とかなんかよりずっといいよぉ……」
うっとりと、うわごとのようにワームはつぶやく。
そして魔物娘の本能からか、男から精を搾ろうとその腰がうねらせ始めた。
「ああん! 中でおちんちん擦れて……はううっ! 気持ちいいのぉ!」
「うわああっ!」
伸びやかな嬌声を上げながら自分の様子を叫ぶワームだが、少年はたまったものではない。
挿入だけでも声を上げるほどの女の味だったのに、今はその柔肉で肉棒をしごかれている。
猛烈な快楽に思わず少年は目の前にあったワームの女体にしがみついた。
「ふあああっ!?」
しがみつかれた瞬間、ワームが声を上げる。
腰が一時的に止まった。
何事かとちらりとワームの方を見ると、彼女がぽつりと漏らす。
「お肌の部分は弱いのにぃ……」
聞かれてもいないのに、ワームは自種族の弱点を漏らす。
彼女の言葉のとおり、ワームは堅い鱗に覆われていない部分が弱点だ。
すなわち、尾の蛇腹部分と上半身部分……そこは性的に非常に弱い。
それを知らない少年は、もしかして痛かったのかもしれないと身体を離そうとした。
だがそうではないワームは、むしろ腕に力を込めて少年を抱き直し、肌を擦りつけくる。
「ああんっ! いいっ! 男の身体……温かくて、肌にも擦れて……ふぅん! いいのぉ!」
あられもない嬌声と言葉を発しながらワームは腰を振る。
彼女が痛がっている様子はない……そう判断した少年の心に牡の顔が現れた。
欲望の赴くまま、最初から気になって仕方がなかった女の象徴の一つ、乳房をむにゅりと握る。
それだけでは飽き足らず、握った拍子に現れた赤く尖って震えている乳首にまるで赤ん坊のようにちゅうちゅうと吸い付いた。
「やああっ!? おっぱいまで!? ダメェ! そんなにされると……うあっ、は、初めてなのに……くふぅん! すぐにイッちゃうよぉ……!」
ダメと言っているのにワームの腰は止まらない。
それどころか絶頂の階段を駆け上がるべく、その腰使いがさらに激しいものとなる。
お互いに高まっているところにワームのフィニッシュを目指した腰さばき。
限界はすぐに二人に訪れる。
わずかに最初に我慢できなくなったのはワームの方だった。
「はあぁん! イクっ! イッちゃうう! あ、あ……ひあああああっ!?」
目一杯自分の身体を少年に密着させながら、びくびくと身体を震わせて達する。
その身体の震えによって自分の肌と少年の肌が擦れ、ワームはさらなる歓喜に声を上げた。
「うっ、うううっ!」
もちろん少年も無事ではない。
ワームの絶頂と同時に肉壷が蛇のようにうねり、少年の精をせがんでいた。
その動きに誘われ、少年の牡性器が本来の役割を果たす。
びゅびゅっと子種がワームの子宮口に浴びせられる。
「ああ、出てる……キミのせーえきぃ……気持ちよすぎて、おかしくなっちゃうよぉ……ふぅん……」
恍惚とした声を上げながら、ワームはその精液を胎内で受け止めるのであった。



「ねーねー、ご主人さまぁ」
交わった直後の、ほんのひと時の休憩時間。
媚びた声でワームが少年を呼ぶ。
「ご、ご主人様!?」
ワームの元に来るほんの数刻前までは奴隷という身分だった少年は驚く。
慌てている少年に微笑みながらワームはそう呼んだ理由を伝える。
「だって、初めてなのにご主人様はあんなにアタシを気持ち良くしてくれたんだもん……♪」
ワームという種族は弱点を突かれ、交わりで主導権を握られたら相手に従順になる。
今回は偶然と言うこともあるが、少なくとも彼女が少年相手に愛情深く接するには十分の快感が与えられていた。
ゆえに彼女は、今は少年のことを主人と呼ぶのであった。
「だからね……これからも一緒にいっぱい、二人で気持ち良くなろう? それで、アタシに一杯中出しして、一杯ご主人様の子どもを作ってね♥」
目を閉じて少年に頬ずりしながら甘い声でワームはねだる。
そんなワームに少年は愛おしさを感じずにいられなかった。
いきなり元主人のキャラバンの隊長に裏切られ、荒野に打ち捨てられ、そして一時はこのワームに食い殺されるのではないかという恐怖すら味わったが……
「ひゃんっ! もうっ! お肌は弱いからダメなのにぃ……ご主人様のエッチ……」
奴隷という立場から解放され、さらにこの可愛らしいワームと結ばれたことに、少年は喜びを噛み締めるのであった。
12/11/04 17:14更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
起きたらワームが更新されたので、早速書きました!
処女は紅柳 紅葉様に奪われたけどね……
まだワームのページを見ていない人でも「ワームとはいかなる種族ぞや?」が分かるような内容を心がけましたが、如何だったでしょうか?
お楽しみいただければ幸いです。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33