読切小説
[TOP]
サイクロプスとチョコレートケーキ
「くっ、殺せ!」

「へっへっへ。ヴァルキリーさんよぉ。俺たちみたいな無法者が若い女を生け捕りにしてやろうとすることなんざ、一つしかねえだろ?」

「下衆共め……どんなことをされようと、天界の戦士である私が貴様らなんかに絶対屈したりはしない!」


---------------

「うわぁ……こんなの絶対負けるでしょ……私だったら即堕ちだよ……」

サイクロプスのマーシャは、ソファーの上でうつ伏せの体勢になり、ドキドキしながら先程買ってきたエロ小説のページを捲っていた。

「どりゃあ!」

「ふみゅっ!」

マーシャの豊かな尻目掛けて、満面の笑みの少年がダイブする。少年は頬を染めて彼女の躰にのしかかると、背後から柔らかな胸をむにむにっと揉み始めた。

「へへっ、なに読んでるのさマーシャ」

「あんっ、ちょっと、いきなり止しなさいよこのスケベ!」

マーシャはぷりぷりした様子でもがいたが、その動きからは本気で同棲している少年--リオを振り落とそうとする意思は感じられない。

「真っ昼間からシャツと下着姿で『快楽に屈する魔物娘達 ~リザードマンからヴァルキリーまで~』なんて小説読んでる人にいわれたくないよーだ!」

「うぐぅ……別に、休日はいつもシャツと下着姿で過ごすって決めてるんだから……」

「そんな無防備な格好されちゃあ、オレだってムラムラしちゃうじゃん……」

そう言ってリオが立ち上がると、マーシャの目にズボン越しでもはっきりわかる膨らみが飛び込んできた。

「もう……しょうがないなぁ」

マーシャは青い肌をほんのりとしたピンク色に染めると、ズボンから少年らしい大きさのペニスを取りだし、手で軽くしごき始めた。

「うあっ……」

「口でシてあげる。我慢できなくなったらそのまま口の中に出していいよ」

口内に亀頭を収め、飴玉の様にペロペロと舐めあげる。柔らかい舌を裏筋に押し付けてやると、少年の口から可愛らしい喘ぎ声が漏れ出した。

「ああっ……」

「ひもちいい? へんはこえだひちゃって、はわいいね」

サイクロプスの少女はサファイアの様な上目遣いの単眼で、快楽に緩むリオの顔を見つめている。鈴口から溢れだす我慢汁を唾液に絡め、ぬるぬるの口内でペニスを舐め回していった。

「やっぱひまだこどもへ。さっきのおかえひひちゃうんだかは」

「くう……子供扱いするな……うわっ!」

マーシャは一気に根本まで加え込むと、いやらしい音をたてて少年のペニスを吸い始めた。一気に射精感が高まり、慌てて引き剥がそうとするが、両腕を腰に回された状態ではそれも叶わない。

「ま、マーシャ! ちょっとストップ! このままじゃすぐに……ひゃっ」

「いやだよー。このまますいだひちゃふねー」

亜麻色の髪を色っぽくかきあげて、マーシャはラストスパートにかかった。リズミカルな前後運動によってリオの竿を頬肉でしごきあげ、敏感な粘膜部分を唾液でたっぷり濡らした舌でぬるりと這い回る。少年のまだ大人になりきっていないペニスを果てさせるには、十分すぎる動きだった。

「んんっ!」

「んふっ……♪」

若いペニスが口内に元気よく子種を吐き出していく感覚に、マーシャの瞳は欲情で蕩け、いやらしい雰囲気を帯びる。濃厚な精液を舌と喉でたっぷり味わうと、最後の一滴まで吸い出したことを確認してから、少年の肉棒を解放した。

「ごくんっ。……えへへ、凄い量出したね。我慢できなかったんだ」

唇の端から垂れる精液をペロリと舐めとる仕草に、リオは思わずドキリとしてしまう。堪らずマーシャをベッドに押し倒すと、彼女のシャツをまくりあげて弾けるようなサイズと質量を持つ胸を露にした。

「くそ、スケベサイクロプスの癖に! 今度はこっちがひーひーいわせてやる!」

「私のおっぱい見ながら中で爆発したいんだ。いいよ、いっぱい種付けしてね」

リオが今度は純白のパンティを手にかけて横っちょにずらすと、愛液でくちょくちょになった秘貝が外気にさらされた。

「ん……リオの舐めてたら興奮してきちゃったの。触ってもいいよ」

少年がゆっくりと指を沈めると、サイクロプスの性器はぐちゅりと粘着質の水音を立ててその指を飲み込んでいく。既に男を迎え入れる体勢を整えた蜜壺を見て、リオのペニスはギンギンになっていた。

肉付きの良い腰回りを両手でがっしりと掴んで固定し、正常位で挿入する。少年のペニスが肉壁を押し退けていく感触に、マーシャは微かな矯声を上げた。

ソファーの上で仰向けの体勢のまま少年の性欲を受け止める姿が、マーシャの頭の中で先程読んでいた漫画の登場人物に重なる。マゾッ気のある彼女にとって、「いきなり家に上がり込んできた男にソファーの上で組伏せられて、成す術もなく犯される」といった状況を連想する今の姿は、彼女の胸を大いに高鳴らせた。

「はうっ……いいよぉ、もっと乱暴に突いてえ♥」

「(うう……マーシャのオマ○コ、温かくて、口の中よりぬるぬるだ……)」

ぐちゅ、ぐちゅ、ぐちゅ……

リオが腰に力を込めて前後に動かす度に、少女の蜜壺がペニスを咀嚼する音が響く。マーシャの燃え上がる欲情を表すかのように、泡立った白い愛液が結合部から垂れてきた。

「あっ、やっ、ああんっ♪」

マーシャは熱に浮かされた顔で、捲り上げられたシャツの裾を掴み、少年のとの交わりを楽しんでいた。可愛らしい喘ぎ声を、隠そうともしないその様子にリオのピストンも速度を増していく。

「マーシャエロすぎ……で、出そう……」

「えっ、ダメえ! もうちょっと頑張って!」

マーシャの言葉とは裏腹に、彼女の膣は容赦なく少年の精液を絞り出そうとしている。入口は根本をしっかりと締め上げ、膣内はリオが腰を動かさなくても、肉厚の膣肉がぐちゅぐちゅと蠢いて、粘着質の愛液は外に溢れ出す程の量になっていた。

このいやらしすぎる膣内の状況では、大の大人でもそうそう耐えきれるものではないだろう。やがてリオは顔をマーシャの豊満な胸の中に埋めると、腰をビクビク動かして、彼女の中に射精した。マーシャは上気した顔で荒い息づかいをしていたが、まだ達していないようだった。

「んんっ、中でピクピクしてる……もう、私まだなのにぃ」

「うう、ごめん……」

静かな水音と共にペニスが引き抜かれると、白濁液が膣口からコポリと音を立てて流れ出す。マーシャは物足りなさそうな様子で身を起こすと、リオと舌を絡めたキスをしてから彼の耳元で囁いた。

「まだ、出来るよね♥」

「……勃たせることは出来るけど、腰が疲れたからちょっと休ませて……」

「それならリオは寝てていいよ。私が動いてあげるから」

マーシャはそう言ってリオをソファーの上に押し倒すと、シャツの裾を顎で押さえて、パンティの隙間から少年のペニスを当てがった。

「んんっ、リオの、すごく固い……気持ち良くしちゃうから、覚悟してね」


「……お手柔らかにお願いします」

サイクロプスの少女が腰を落とすと、少年のペニスは再び彼女の肉厚な膣の中へと収まった。

「んふぅっ、んっ、んっ……たまにはこういうのもいいかも……」

マーシャが腰を揺する度に、リオのペニスは彼女の膣内で翻弄され、下半身に電流の様な快楽が走る。本人の視線はというと、ゆっさゆっさと揺れる、抜群の存在感を誇る二つのメロンに釘付けになっていた。

「んんっ、こういうのは……どう?」


「うわっ、それヤバイ!」

マーシャがリズミカルな上下運動から押し付けるような回転運動に移行すると、少年の耐久力は早くも陰りを見せ始める。

「おっぱいさわってぇ♥」

サイクロプスの少女は顎で支えていたシャツの裾を離すと、少年の手を取って自身の豊かな双丘に押し付ける。

指が沈み込んでしまうようなもちもちの柔らかさだけでなく、充血してほんのりと桜色に染まった勃起乳首の感触が、少年の手のひらを楽しませる。

「ま、マーシャ!」

「ひゃあっ、あっ、あんっ、あはっ♪」

この調子では長くは持たないと判断した少年は、自分がイく前にサイクロプスをイカせようとして、残る力を振り絞り、精一杯下からの突き上げを始めた。手の方にも力を込めて、ぷるんとした感触と質量を持つおっぱいをムニュムニュと揉みあげる。

「やぁっ♥ ああっ、激しすぎ……」

リオの太股とマーシャの豊かな尻がぶつかり合い、ぱちゅんぱちゅんと音を立てる。擦れあう性器はより一層の熱を帯び、恋人同士の二人は上気した表情で見つめあいながら絶頂への階段を駆け上っていった。

「あはあっ! イク、イッちゃう!」

大きなむっちりとしたサイクロプスの少女の躰がビクビクっと痙攣し、クリっとした単眼から宝石のような涙がこぼれ落ちる。同時に膣全体がキュッと狭くなり、これにはリオも堪らず、彼女の膣内に三度目の精液を撒き散らした。

「はぁ、はぁ……気持ちよかったよぉ、リオ……んっ……」

二人は汗まみれの躰で抱き合うと、情事の余韻が治まるまで、情熱的なキスを交わしながらお互いの唾液を交換する。少年の鈴口と少女の穴からは、愛欲の証である白濁液が、筋となって流れ出していた。



---------------




ソファーの上で横になり、胸の谷間に顔を埋めてリラックスしているリオの頭を撫でていると、マーシャは大切なことを思い出した。

「あっ……今日バレンタインデーなのに、チョコ買うの忘れてた」

「うそだぁ、楽しみにしてたのに。……もしかして、あのエロ漫画を見つけて興奮してたら忘れてちゃったんじゃ……」

「……じゃ、じゃあまた買い物に行って、二人でチョコレートケーキ作って食べようか!」

「そうしよう……でももうちょっとだけ、この体勢でいさせて……」

「……甘えんぼ」






--Happy valentine!




(おまけ)


マーシャ「ねぇ、リオ! 今日はこの小説の『腹違いの弟との交わりを強要されて最初は戸惑っていたものの、秘めていた想いに火が付いてしまい、結局だいしゅきホールドで中出しを決められちゃう火鼠の漫画』のシチュエーションで、やろうよ!」

リオ「……」

マーシャ「やろうよ!」

リオ「……はい……(やっぱり変わってる人……だよなあ)」

16/02/13 10:52更新 / SHARP

■作者メッセージ
はい。本来は書く予定はなかったんですが、何だかんだで去年も一昨年も、バレンタインデーには作品を上げていることに気がついて、プ○シュート兄貴の言葉が脳裏に蘇り、一気に書き上げました。今回は少し二人のヤり慣れた(?)関係を意識してみたのですが、どうでしょうか

次回の更新こそ本編上げます。なるべく早い時期に。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33